栄光の取り組み

小2・3「物語を書こう」作文コンテスト結果発表

栄光ゼミナール 小2・小3夏期講習 後期(8月集中授業)の国語では、4日間を通して1つの物語を書きあげました。登場人物や場面設定から結末まで、1人ひとりで考え完成させた力作に対し、作文コンテストを実施したところ、1,142通の応募作品が寄せられました。たくさんのご応募ありがとうございました。

ここに受賞に輝いた5作品をご紹介いたします。

1612_sakubun02.png


1612_sakubun01.png
選考:北川達夫先生
公益財団法人 文字・活字文化推進機構調査研究委員
星槎大学大学院 教育学研究科 客員教授
2016光文社古典新訳文庫 読書エッセイコンクール審査員


[ビューティフル賞]
端正に結末までまとめられた作品

小2 織田 緑さん

作品を読む(PDF)

【選評】
物語の型に忠実に守りながら、端正な作品に仕上がっています。要所を「果物」で統一したことで、作品に一貫性が感じられます。


小3 坂田 陽南さん

作品を読む(PDF)

【選評】
物語の型に忠実にのっとりながら、やさしさの感じられる作品に仕上げています。「村人を笑わせて苦しめる」という設定が、おもしろいですね。


[ドラマチック賞]
独特な設定・結末で書かれた作品

小2 信夫 花さん

作品を読む(PDF)

【選評】
物語の型を巧みに利用して、独自の物語世界を描き出しています。なぞなぞ勝負を話の中核にすえ、なぞなぞの質的差異を勝負のわかれ目にしたところが秀逸です。


小3 柳澤 駿年さん

作品を読む(PDF)

【選評】
物語の型をたくみに利用しながら、独特の世界観をみごとに描き出しています。猫の世界の設定がしっかりしていて、楽しく読める作品に仕上がりました。


[特別賞]
読み手を楽しませることができた作品

小3 赤池 晴也さん

作品を読む(PDF)

【選評】
この作品には驚かされました。豊かな発想、力強い表現、周到な構成、そして衝撃の結末。今後このすばらしい才能が、どのように成長していくのか、楽しみです。


お知らせカテゴリ

資料請求(無料)

  • 教室ごとの時間割
  • 受講料のご案内 など、

詳しい資料をお送りします。

資料請求(無料)