エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2018.09.27(Thu)
「続・続・続・続・算数よもやまばなし」
(大宮校:宮下)
2018.09.24(Mon)
「得点源」を侮るな
(吉祥寺校:小島)
2018.09.20(Thu)
2018 御三家の哲学②
(自由が丘校・成城学園校:福井)
2018.09.19(Wed)
算数オリンピック結果報告書 掲載問題の解答
(エクタス事務局)
2018.08.30(Thu)
桜蔭中の理科の入試問題より
(吉祥寺校:久道)
2018.08.23(Thu)
「よく聞くこと」が記憶力を育てる
(自由が丘校:齋藤)
2018.08.07(Tue)
「筑駒夏期実戦演習講座」「第2回筑駒模試」 開催のお知らせ
(たまプラーザ校:中村)
2018.08.02(Thu)
社会科よもやま話 その16 御三家入試問題より
(自由が丘校:田島)
2018.07.23(Mon)
夏のことば 季節感とイメージ
(大宮校:佐藤)
2018.07.19(Thu)
新しい発見
(成城学園校:川島)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
2018 御三家の哲学②

2018.09.20(Thu)

●自由が丘校・成城学園校:福井    ●カテゴリー:

~桜蔭中の出題から~

亡くなった「ばあば」が、ちいさい人になってやってきた。少女は、「とつぜん、いなくなって...」と、ばあばを問い詰める。ばあばは、「かえちゃん(少女)だって、とつぜん、やってきたよお」と応じる。少女「へえ、とつぜん?」。祖母は、きっと、少女の成長と幸せを願っているに違いない。 (大久保雨咲「五月の庭で」)


 幻想的な場面設定のもとで、物語が展開します。亡くなった祖母が、花の中に身を隠せるほど小さくなって、少女のもとに現れたというのです。彼女にとって、突然、訪れた祖母の死は、大きな悲しみをもたらしました。だから、今、何事もなかったかのように、ちいさい人になって花房に腰掛け、遊び戯れる祖母の姿を見て、愛する肉親の死に対する真摯な悲嘆をあざ笑われているように感じ、いらだちを募らせたのかもしれません。そして、少女は、なぜ突然いなくなったのかと、祖母を問い詰めます。しかし、それに対し、祖母は、"かえちゃんも前日までいなかったのに、次の日には突然いたよ"と、当然の道理でかわします。少女は、何か新しい気づきがあったようで、驚き、感嘆してしまいました。

 

 私たちにとって、出生と死去は、突発的かつ偶発的に起こりうる現象であるという一面は、誰も否定できませんね。誰しもが、「とつぜん」この世に出現し、そして、「とつぜん」の退出を余儀なくされます。では、その中で私たちは、波間に漂う木の葉のごとく、ただ、運命の偶然性に身を委ねてさまよう以外にないのでしょうか?

 

~女子学院中の出題から~

震災の悲惨、兄弟の生まれ順による差別・不遇...しかし、「人には運命を踏んで立つ力があるものだ」(幸田露伴)。自分にはどうしようもないめぐりあわせも、希望と向上心をもって開拓すれば、きっと立派に改善できる! (青木奈緒「幸田家のことば」)

 

「運命を踏んで立つ力」とは、なんと力強く、希望に満ちあふれた言葉でしょうか。私たちは、自分の力ではすぐに改善することの難しい、多くの理不尽ともいうべき先天的条件に囲まれているといわざるをえません。時には、その自身の宿命を呪い、うめき、一歩も前に進めないこともあります。しかし、人間であるならば、勇気をもって頭を上げ、運命のどん底を踏みしめて、自分の意志と力で立ち上がり、未来を変える自由は許されているに違いないし、その権利は、誰人も奪うことはできない...というべきではないでしょうか?

 

気まぐれな運命に挑む力があるとするなら、自身の胸中に...大事なことに気づかせてくれた、本年の桜蔭中・女子学院中の出題でした。

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。