エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2016.08.09(Tue)
ブラジルは今、何の季節?
(ジュニア担当)
2016.08.02(Tue)
初の女性東京都知事誕生!小池百合子氏、圧勝!
(たまプラーザ校:大野)
2016.08.02(Tue)
「あわよくば筑駒へ から 確実に筑駒へ」
(自由が丘校:中村)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
ブラジルは今、何の季節?

2016.08.09(Tue)

●ジュニア担当    ●カテゴリー:

 

 熱中症に厳重警戒の暑い毎日が始まりましたが、みなさんお元気ですか?せっかくの夏で太陽も出ているからぜひ外遊びを...と言いたいところですが、今日のような厳重警戒レベルの日は、外遊びは原則中止です。外で遊ぶときは、時間や場所や方法を選んで、熱中症などにならないよう、安全に楽しい毎日を過ごしましょうね。

 

 今日は小学1年生から3年生のみなさんが、夏によく聞く言葉を簡単にご説明したいと思います。(簡単に説明するために、本当の意味とは少し違う部分もあります。気になる人は自分で調べてみましょう。)

 

☆ブラジル(リオデジャネイロオリンピックをやっている国)は今、何の季節?

 あんなに暑そうなのに、実は冬です。日本から見て、地球の反対(裏)側にあります。

 

☆熱中症って何?なんで具合が悪くなるの?どれくらい危ないの?

 運動や暑さで、体の具合が悪くなることをまとめていう言葉です。

 運動したり暑すぎたりすると、体が熱を下げたり、汗をかくのが上手くいかなくなることがあります。その時に、体の水分が足りなくて、体温が上がりすぎてしまうことがあります。さらに体温が上がりすぎてしまうと、体の色々な部分が上手く働かなくなってしまいます。これで具合が悪いと感じるのですね。

 ものすごく危ないです。熱射病という重症の状態になると、後遺症が残ったり(元の病気が治っても、体が元の通り元気にならずに、具合が悪い部分が残ることを言います)、最悪の場合は死んでしまったりする場合があります。気を付けましょうね。

 

☆パラリンピックって何?

 主に体を動かす機能の一部が、生活に不便なくらい、ずっとうまくいかない身体障害者を対象(目の見え方に不便がある人も対象)としたオリンピックです。オリンピックと同じ年に、同じ場所で開催されます。

 

☆オリンピックやパラリンピックって、どれくらいの競技があるの?

 毎年少しずつ変わりますが、今年でいえば、オリンピックは28競技、パラリンピックは22競技もあります。ちなみに「競技」というのはいくつかの「種目」をまとめていう場合があります。たとえば「陸上」という競技の中には、「男子100メートル走」や「女子棒高跳び」という種目が入っているということです。

 

☆炎天下って何?

 炎天下は「炎(ほのお)」という字を書きますが、何かが燃えてしまうわけではありません。夏の太陽が激しく照りつける空の下、という意味です。さらに簡単にいうと、夏のおひさまかんかんでり、ということですね。

 

ちなみに私のオリンピックのおすすめは男子10種競技と女子7種競技、それから馬術です。パラリンピックではボッチャです。あまりなじみのない競技かもしれませんが、もし放送されていたら見てみてください。とても面白いですよ。

 

大宮校でも低学年の方はもちろん、6年生は連日塾に来て一生懸命勉強を続けています。何かをわかりたい! と勉強する姿勢が素晴らしいですね。まだまだ夏休みが続きます。体調管理には気を付けて、充実した夏休みを過ごしてください。

初の女性東京都知事誕生!小池百合子氏、圧勝!

2016.08.02(Tue)

●たまプラーザ校:大野    ●カテゴリー:

舛添要一前知事の辞職に伴う東京都知事選挙は、731日、投開票されました。


開票の結果、元防衛大臣の小池百合子氏が、元総務大臣の増田寛也氏、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏らを破って、初当選を果たしました。


政党の支援を受けない小池氏は、自民党都連との対決姿勢を鮮明にし、「東京大改革」(都政の透明化、五輪関連予算・運営の適正化、行財政改革の推進、都知事報酬の削減、特区制度の徹底活用など)を訴えて、広く支持を集め、圧勝しました。女性の東京都知事誕生は初めてのことです。

 

今回の都知事選挙には、史上最高の21名が立候補しました。開票結果は、以下の通りです。

立候補者数 21

有権者数 11,083,306

投票率 59.73

候補者名

票数

小池百合子

2,912,628

 増田 寛也

1,793,453

鳥越俊太郎

1,346,103

上杉 隆

179,631

桜井 誠

114,171

マック赤坂

51,056

七海ひろこ

28,809

立花 孝志

27,241

高橋 尚吾

16,664

中川 暢三

16,584

山口 敏夫

15,986

岸本 雅吉

8,056

後藤 輝樹

7,031

谷山雄二朗

6,759

武井 直子

4,605

宮崎 正弘

4,010

望月 義彦

3,332

山中 雅明

3,116

今尾 貞夫

3,105

内藤 久遠

2,695

関口 安弘

1,326

 

最終投票率は、59.73%で、前回選挙を大きく上回りました。

 

東京都が管轄する領域は、東京特別区(23区)、多摩地域(26市・3町・1村)および島嶼部(2町・7村)です。

東京都に住所を持つ人を「東京都民」あるいは、略して「都民」と言います。

人口は、13,617,445人(20167月)で、これは、日本の都道府県の中では最も多く、日本の人口の10%以上が住んでいることになります。

また、ベルギー(約1,116万人)やギリシャ(約1,102万人)、ポルトガル(約1,045万人)などのそれぞれの国全体の人口よりも多いことになります。

その東京都の首長が東京都知事で、任期は4年。被選挙権は、満30歳以上の日本国籍を有する男女で、東京都民が候補者の中から投票で選出するしくみになっています。

最近では、青島幸男氏(1995年~1999年)、石原慎太郎氏(1999年~2012年)、猪瀬直樹氏(2012年~2013年)、舛添要一氏(2014年~2016年)が務めていますが、猪瀬氏、舛添氏については、いずれも政治資金の問題により、任期途中で辞職しています。


現在、東京都の職員数は、一般行政職だけでも18,000人以上で、さらに警視庁職員、都立学校の職員、消防吏員、都の公営企業部門(都営病院・交通・上下水道など)まで含めると、総計約17万人近い職員を抱える巨大な組織になります。東京都知事は、東京都の職員の頂点に立つ者としてこの組織を指揮します。

東京都庁舎は、かつては千代田区有楽町にありましたが、1991年4月1日に現在の新宿区西新宿に移転しました。都知事の執務室も東京都庁舎の中にあります。

 

小池百合子新知事は、3つの「新しい東京」を公約に掲げています。

 

(1)セーフ・シティ東京

もっと安心、もっと安全、もっと元気な首都・東京

住宅の耐震化・不燃化を2020年までに加速させる。

都道の電柱ゼロ化、技術開発を支援する。

新たなテロへの脅威に備え、公共施設や重要施設でのセキュリティー対策を本格化する。

町会・消防団の機能を高め、支援する。

商店街維持発展のために、事業承継対策と空き店舗の活用などを推進する。

多摩格差をゼロへ。

環境に配慮しつつ、島嶼での命と安全を守る。

災害時にも使える乳児用液体ミルクの普及を図る。

など

 

(2)ダイバー・シティ東京

女性も、男性も、子どもも、シニアも、障がい者も、いきいき生活できる、活躍できる都市・東京

女性が健やかに希望を持って、生き、学び、働き、愛し、子供を産み、育む社会を実現する。

「待機児童ゼロ」を目標に保育所の受け入れ年齢、広さ制限などの規制を見直す。

あらゆる都内遊休空間を利用し、保育施設、介護施設不足を解消。同時に、待遇改善等により保育人材、介護人材を確保する。

④都立高校跡地を韓国人学校に貸与する前知事の方針は白紙撤回。

⑤高齢者・障がい者の働く場所を創出。ソーシャルファームの推進。

⑥健康寿命延伸のための予防医療、受動喫煙対策を推進し、地域の医療機関を支援する。

⑦「残業ゼロ」などライフ・ワーク・バランスの実現を、都庁が先行実施する。

⑧満員電車をゼロへ。時差出勤、2階建通勤電車の導入促進。

⑨都独自の給付型奨学金を拡充し、英語教育を徹底する。

⑩「ペット殺処分ゼロ」を実現。

など

 

(3)スマート・シティ東京

世界に開かれた、環境・金融先進都市・東京

①エコハウス・スマートハウスへの補助を強化する。

②都内のガソリンスタンドをエネルギーステーション化。

③街灯や公共施設のLED化。

④老朽廃棄物処理場の集約。

⑤ヒートアイランド対策の強化と、都市農業の維持、発展。

⑥東京の森林を守り、若者たちの就業の場とする。

⑦アジアナンバーワンの国際金融市場としての復活。

など


小池新知事の述べる「これまでにない都政、これまで見たことのないような都政。」を期待したいものです。

「あわよくば筑駒へ から 確実に筑駒へ」

2016.08.02(Tue)

●自由が丘校:中村    ●カテゴリー:

小6生対象「筑駒御三家土曜スーパー講座」の前期分が無事終了しました。自由が丘校と新規開校のたまプラーザ校で指導を担当致しましたが、かなり高度な記述問題に、みんな一生懸命取り組んでくれました。

過去の筑駒合格生の「並べ替えプリント」での全問正解数は1回で全問正解、またはもう1回見せて、2回提出で全問正解出来る生徒がほとんどでした。それだけ文章の構造を早く正確に読み取れる力を備える必要があるということですね。今年、そんな「並べ替えプリント」を前期全7回の授業で、すべて1回で正解出来た生徒がいました。過去にも例のない素晴らしさです。責任持って「確実に筑駒へ」導くべく今後とも指導していきたいと思います。

(「並べ替えプリント」といっても一般の方にはおわかりいただけないと思いますので、ご興味のある方は最寄りのエクタス校舎の国語担当にお聞き下さい。)

 

「あわよくば筑駒へ から 確実に筑駒へ」合格するために国語で必要なこと。

 

1 スピード

40分で大問3題解かなくてはいけません。論説文・物語文各15分、詩10分という時間配分で解ききれるスピードが必要です。スピードといってもさらに2通りのスピードが必要です。


①読むスピード

これはいままでの蓄積された読書量がものをいうのですが、いまから読書で鍛えましょう、という時期ではありませんね。読むスピードに課題がある生徒はどうすれば良いのでしょうか。塾の担当の先生に相談してみましょう。エクタス国語科担当にもぜひご相談ください。文章を早く正確に読めれば、それだけ問題を考える時間、答える時間が多く取れることになるわけで、正答率もあがります。

 ② 答える(書く)スピード

   論説文・物語文を15分で、読みかつ解答を書ききるスピードが必要です。字を書く物理的なスピードのことではなく、大切なのは「判断のスピード」ですね。誤解を恐れずに言えば、「考えている時間」はありません。悩んでいたら、迷っていたら、5分10分は、あっという間に経ってしまいます。問をみたとたん、あそこにこう書いてあったから、答えはこうだな、と瞬時に頭に浮かぶような「判断のスピード」が必要になるわけです。そのためには、問を解くだけでなく、どこを根拠にして、何を答えるべきか、を常に確認する必要があります。後期の「筑駒御三家土曜スーパー講座」では、この部分を徹底的に点検していきます。参加出来ない方は、塾の担当の先生にぜひ直接指導してもらいましょう。

 

2 記述力

ご存じのとおり、筑駒国語の入試問題はほとんどが記述で解答する問題です。「記述力」がなくては到底「筑駒国語」を突破することは出来ません。ただここでいう「記述力」というのは、単に「書く」力のことではありません。筑駒受験生は、答案を埋める「記述力」自体は備わっているはずです。大切なのは、「正しい記述力」すなわち「得点出来る記述力」です。これを身につけるためにあるのが、「過去問演習」とその「解き直し演習」です。特に大切なのが「解き直し演習」です。「過去問を解く」のも大切ですが、それは今の自分の実力でしている学習ですね。「過去問を解く」演習は、今の力を出す練習にはなりますが、そこで終わっていたら、力をつける演習にはなりません。答えを読んでなんとなくわかった気になっても、先生が書いてくれたコメントを読んでなんとなくわかった気になっていても、そこで終わってしまっていたら、次回自分で出来るようには、なかなかなりません。

必要なのは、最小限のヒントをもとにして、「もう一度自分で書き直し」、それをさらに先生に見てもらって、「合格答案」を自分の手で書ききる練習です。「得点出来る記述力」を身につけるには、この地道な作業を、粘り強くやりこなせるかどうか、にかかっています。

 

3 「いつでもできる」ために

 「わかる」から「できる」になろうと、よく言われます。もちろん大切なことです。しかし、筑駒合    

 格のためには、その先の、「できる」から「いつでもできる」、レベルにまで到達しなければなりません。筑駒受験生は基本的にはみんな「できる」のです。その中で、2月3日、たった1日の、たった40分で、母校になるかどうかが決まるわけです。「家ではできたのに」とか「時間があればできたのに」は通用しません。悔いのない万全な準備をしていく必要があるわけです。

 そのために大切なことは「正しい努力」をすること、させてあげることです。例えば、ロンドンの地図を持ってニューヨークの街を朝から晩まで歩いても、目的地にはたどり着けませんね。この人は、朝から晩まで歩いているのですから、努力はしているわけですが、根本の使う地図が間違っていたわけです。そんな学習になっている部分はないかどうか、常に見つめ直しましょう。

 一例をあげます。市販の筑駒の「過去問題集」の解答は、よく出来てはいるのですが、解答によっては長すぎるものがあります。解答用紙に小さい字で何行も書く必要があります。また、そのような解答を書いている生徒も時々みかけますが、筑駒ではそのような解答は求めていません。的を射た簡潔な答案が求められています。だらだらと書かず、要点を簡潔にまとめるトレーニングが必要です。

  過去問を解く→先生に採点してもらう→最小限のアドバイスをもとに解き直す→再度、先生に見てもらう→すべての記述問題で○がもらえるまで書き直す、を粘り強く繰り返す必要があるのです。

 

「スピード」「記述力」「いつでもできる」、この3つのキーワードを忘れず、日々の正しい努力を積み重ねることで、「あわよくば筑駒へ から 確実に筑駒へ」を実現させましょう。

 

 

 

 

 

 

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。