エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2016.03.15(Tue)
数え上げの問題
(池袋校:滝澤)
2016.03.10(Thu)
小2・3生のみなさんとお話の世界へ
(ジュニア担当)
2016.03.01(Tue)
筑駒男女御三家2016年国語入試問題出典から見えてくるもの~読書の思い出⑤・出典編~
(自由が丘校:中村)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
数え上げの問題

2016.03.15(Tue)

●池袋校:滝澤    ●カテゴリー:

 

次のような問題を考えましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 

上のような図があります。次の5つの操作に従ってコマを

動かします

 

ルール

操作1 ①においてあるコマは,次に②か④に動かす。

              または①にとどまる。

操作2 ②においてあるコマは,次に③か⑤に動かす。

操作3 ③においてあるコマは,次に①か④に動かす。

操作4 ④においてあるコマは,次に②か③か⑤に動かす。

操作5 ⑤においてあるコマは,次に①か②か③に動かす

 

たとえば②からスタートして,5回の操作を行うと,コマは

②⑤①①①④と移動することができます。この

「②⑤①①①④」を移動の表記と呼びます。

このように②からスタートして5回の操作でコマが④にいる

ような移動の表記を「②⑤①①①④」も含めて

すべて書き上げなさい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 



このような問題は,やみくもに考えても正解は出ません。

また,まともに数え始めるとキリがなく思われるかもしれま

せん。この場合,前からと後ろからの両方向から可能性を

限定していくトンネル方式が有効です。

 

まず,②からは③か⑤,また④に動けるのは①か③なので

 

②③□□①④,②③□□③④,②⑤□□①④,②⑤□□③④

 

次に③からは①か④,⑤からは①か②か③に動けるので

②③①①④,②③④①④,②③①③④,②③④③④,

②⑤①①④,②⑤②①④,②⑤③①④,②⑤①③④,

②⑤②③④,②⑤③③④

 

①と動かせるのは①①①,④①と動かせるのは④③①と④⑤①,①③と動かせるのは①②③と①④③,④③と動かせるのは④②③と④⑤③,②①と動かせるのは②③①と②⑤①,③①と動かせるのは③①①,②③と動かせるのは②⑤③,③③と動かせるのは③④③

 

よって

②③①①①④,②③④③①④,②③④⑤①④,②③①②③④,

②③①④③④,②③④②③④,②③④⑤③④,

②⑤①①①④,②⑤②③①④,②⑤②⑤①④,②⑤③①①④,

②⑤①②③④,②⑤①④③④,②⑤②⑤③④,②⑤③④③④

 

15通りとなります。実はこの問題は今年2016年度の開成

入試問題を改題したものですが,この問題を正解した生

徒がやはり合格をしっかり勝ち取っているようです。いかに

効率よく漏れなく書き上げられるか,研究しておきたいテーマ

です。

小2・3生のみなさんとお話の世界へ

2016.03.10(Thu)

●ジュニア担当    ●カテゴリー:

 

 春と冬が行ったり来たりしているような毎日で、冬物のコートをいつクリーニングに出そうか悩む日々ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。私も、私が飼っている犬もひどい花粉症なので、くしゃみ連発の毎日ですが(それでもお散歩には行きたいみたいです)、経験上暖かくなる前触れとは分かっているので、本格的な春を待ちわびています。

 

 春の行事にはおひなまつり、卒業式、入学式、お花見、つくし狩りなどがありますね。国語のお話を読んでいる時によく思うことなのですが、年中行事や旬というのは、触れていて実感するからこそ分かる部分というのは大きいようです。もちろん今と昔では時代が違うので、変わってしまったこともたくさんあるでしょう。だからこそ、何の説明もなく、体験したことがない世界を想像するのは、小2・3生のジュニアのみなさんには特に難しいことですね。お話を書いた人は、本当の内容が頭で分かって書いていますから、ファンタジーのお話を読んで想像するように、自由に想像するというわけにもいきません。例えば怪獣「ハルナンダ(※私が今考えました)」の姿に正解はありませんから、自由に想像すればいいわけですが、植物「つくし」にはある程度の正解があります(「つくし」が気になった人は、インターネットや植物の本で調べてみましょう)。

 

 もし「つくし」の姿形が想像できないまま、土手につくし狩りにいってつくしをつもうとしたら、たくさんのつくしの中から声がして、話しかけてきて...!というファンタジーが出てきたら大変です。まず、「土手」と書いてあるので、なんとなく手で丸めた土を想像して、「狩り」だから鉄砲かナイフでも持って行くのかと思ったら、「つむ」と書いてあります。ここあたりでだいたいの場合は、頭の中に手で丸めた土のおだんごやら、ナイフやら変な植物やらが出てきてもう大混乱です。

 

 さすがに上に書いたような例は少し極端だったとしても、経験がないことをジュニア生の方が想像するというのは、それだけ難しいことなのでしょう。小3の4月から始まるマンスリー名作国語でも、よだかっていったい何(誰)なのか、海水浴場まで半日かけて歩くって、いったいどれだけ遠かったのか、いつも様々な疑問が生まれました。いわゆる優秀生のお子さま方にとっても、体験したことがなく、想像しづらいお話に飛び込むのは、とてもハードルが高いことです。私たちは、将来的に記述で答えが書けるようになることも目標の1つとして掲げて授業を進めていますが、それだけではなく、名作に触れ、そのお話の世界を想像し、飛び込む手助けもていねいに行います。マンスリー名作国語を受講予定のみなさんは、どうぞどんなお話が出てくるのかわくわくして開講をお待ち下さい。もちろん通常の国語のクラスでも、お話に出てくる分からないことは、その都度私たちが説明させていただきますので、ご心配なくお越し下さい。辞書の使い方も、分からなかったらぜひ先生に質問してみましょう。

 

 エクタスジュニア・アルゴクラブの体験会、試行力・記述力テストのお申し込みも随時受け付けております。春期講習をお考えの方も、どうぞご遠慮なく各校舎までお電話下さい。ジュニア担当が(元気いっぱいのお友達も)、みなさまに会えるのを楽しみにお待ちしております。

筑駒男女御三家2016年国語入試問題出典から見えてくるもの~読書の思い出⑤・出典編~

2016.03.01(Tue)

●自由が丘校:中村    ●カテゴリー:


筑駒・男女御三家の今年の入試問題国語の出典の出版社、出版年をわかる範囲で調べてみました。簡単な著者略歴も掲載しましたので、ぜひ志望校の、あるいは興味のある学校の出典に思いを巡らしてみましょう。


 


筑駒


角野栄子「トンネルの森 1945」(KADOKAWA・2015年7月出版)1935年生まれ。「魔女の宅急便」の作者。


園子温「死を刻む」(「特別授業 死について話そう(14歳の世渡り術)」)(河出書房新社・2013年9月出版)所収。1961年生まれ。


木坂涼「秋の砂」1958年生まれ。女性絵本作家。翻訳家。


開成


星野道夫「アラスカ 光と風」(福音館書店・1995年出版)

    1996年逝去


吉田修一「つまんない」1968年生まれ。映画「悪人」の作者


麻布


辻村深月「家族シアター」(講談社・2014年出版)


代表作に「ツナグ」「鍵のない夢を見る」


武蔵


井上ひさし「あくる朝の蝉」(1973年別冊文藝春秋)2010年逝去


 

桜蔭


香山寿夫「建築を愛する人の十二章」(放送大学叢書・2010年3月上梓)


    1937年生まれ、東京大学名誉教授、建築家


梨木果歩「岸辺のヤービ」(福音館創作童話シリーズ・2015年9月上梓)


     1959年生まれ、児童文学作家、「西の魔女が死んだ」



女子学院


田中淑恵「本の夢 小さな夢の本」(芸術新聞社・2015年7月上梓)


清水眞砂子「幸福に驚く力」(かもがわCブックス・2006年7月上梓)


     1941年生まれ。翻訳家(「ゲド戦記」)、児童文学研究家。



雙葉


森下典子「日日是好日」(新潮文庫・2008年10月上梓)


  横浜葉髙、日本女子大卒、エッセイスト


好本恵「俳句とめぐりあう幸せ」(リヨン社・2005年10月上梓)


     1956年生まれ。


 今回は文章の内容ではなく、出典から感じたことに触れてみたいと思います。


 


・偶然でしょうが、開成大問一・武蔵で出題された文章は、お亡くなりになっている作家の作品でした。


筑駒大問一・桜蔭大問二は児童文学からの出典でした。


・昨年(2015年)出版された本からの出典は筑駒大問一・桜蔭大問二・女子学院大問一でした。


筑駒大問二・開成大問一・大問二・桜蔭大問一・女子学院大問一・大問二・雙葉大問一・大問二は、日頃中学生高校生を指導されている先生が、指導の中で触れた本、又はご自身の研究の中で触れた本の中から、中学入試問題に使用出来そうと判断したものがベースになっているのではないか、と感じました。


 


書店の児童書コーナーに置いてある児童文学からの出題もありますが、中学生・高校生・社会人が読むような一般書籍の中から、小学生でも読める内容のものを選んでの出題が主流になっているようです。


 


無理強いは禁物ですが、ちょっと背伸びをして主として大人が読む本で、子どもにも十分読めるという本に触れてみるのも良いのではないかと思います。


 



記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。