エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2016.01.22(Fri)
2016年渋谷教育学園幕張中第1回入試 解答速報
(エクタス事務局)
2016.01.20(Wed)
新小1~小3のみなさん向けの体験会の様子
(ジュニア担当)
2016.01.20(Wed)
時事問題について
(吉祥寺校:久道)
2016.01.14(Thu)
2016年浦和明の星女子中第1回入試 解答速報
(エクタス事務局)
2016.01.05(Tue)
「合格発表見落とし事件顛末記」~うそのような本当にあったお話~
(自由が丘校:中村)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
2016年渋谷教育学園幕張中第1回入試 解答速報

2016.01.22(Fri)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

本日行われた渋谷教育学園幕張中学校第1回入試の解答例をアップ致します。


国語はこちら

算数はこちら

理科はこちら

社会はこちら


新小1~小3のみなさん向けの体験会の様子

2016.01.20(Wed)

●ジュニア担当    ●カテゴリー:

 

とうとう冬本番という寒さになってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。相変わらず半袖・短パンスタイルの子どもたちも元気に通ってきてくれていますが、上着は大分もこもこした感じの装いになってきた気がしています。

 

ここ最近はジュニア(小1~小3)のみなさん向けに、2月から始まる新年度に向けたイベントがたくさん続いています。このイベントのことを、今の小1~小3生に話してみると、「私も去年そういうのに出たよ!」「僕たちはもう3年生になるんだね!(現小2生)」といった、先輩らしいコメントが出てきて、頼もしい限りです。今日はせっかくなので、そのイベントの様子をみなさんにお伝えしたいと思います。

 

まずはアルゴクラブの体験会です。アルゴクラブは4月から小1~小2の方向けのクラスですので、現段階で体験会に来て下さる方は、学年でいうと、幼稚園の年長さん~小1さんということになります。まだ少し椅子も机も大きく感じる方も多い中、緊張の面持ちで椅子に座る体験生のみなさん。でも、それは最初の5分くらいでしょうか。元気にあいさつをして、「できた!」と言う練習や自己紹介をしているうちに、あっという間に元気が出てきます。たくさんのパズルや数字にとまどいながらも、一生懸命コーチ(アルゴクラブで先生のことはコーチと言います)の話を聞いて競争します。「うわー!もう少しだったのに!くやしい!」「できたー!」「はやいよー!」「もう一回やりたい!」感想を口々に出しながら、競技に集中します。そして、がんばってポイントをもらった時の自信に満ちあふれた笑顔は、特別にキラキラしています。あっという間の90分。楽しそうに保護者の方に報告をしながら帰っていく後ろ姿は、一回り成長したようにも見えました。

 



そして、2月開講の新小2(現小1)生対象の新小2プレスクールですが、こちらも初めて来て下さった方はみなさん緊張の面持ちで、配られるプリントをまじまじと見つめています。何をするんだろう...難しいのかな...という心の声が聞こえてくるようです。しかし、こちらも元気にご挨拶をした後、音読をしたり、計算をしたりして作業を進め、丸を付けた瞬間、顔つきがガラッと変わります。大人でもそうですが、できた、ということ1つ1つが自信になるようで、すごいね、と声をかけた時のにっこり顔は素晴らしい笑顔です。お迎えにいらした保護者の方に、難しかったけれど出来たところを報告している姿は、まさに元気いっぱい。さようなら、の声もワントーン明るく感じます。



 

アルゴクラブでは2月いっぱい、無料の体験会を行っています。また、新小2プレスクールは1月23日(土)が最終回。こちらは今まで来て下さった方も、初めてでまだ参加を迷っている方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。各校舎のジュニア担当は、元気いっぱいのみなさんにお会いできるのを、とても楽しみにしています。

 

また最後になりますが、小6生のみなさんは、いよいよ受験が始まりました。自分の精一杯の力を発揮できるように、たくさん食べて、よく寝て、元気に受験会場に向かってください。直接勉強を教える機会は少ないかもしれませんが、私たちもみなさんが笑顔で帰ってくるようにと、心から応援しています。

時事問題について

2016.01.20(Wed)

●吉祥寺校:久道    ●カテゴリー:

 

 本日から千葉県の私立中学入試がスタートしました。

 2月1日まであと10日あまりです。受験生のみなさん、体に気をつけて最後の追い込みをかけていきましょう。

 この時期は生活のリズムを整えることも重要です。一時限目の試験開始時にベストな状態で頭をフル回転させるには何時に朝食をとれば良いのか、そのためには何時に起きれば良いのか、そのためには何時に寝ればよいのかをしっかりと考え、できるだけ決まった時間に寝るようにしましょう。眠れなくても大丈夫です。次の日の朝に早く起きれば夜早く寝ることができます。朝寒くてなかなか布団から出られないときには思い切って体を大きく動かしてみましょう。そうすることで体の中で熱を作り出すことができ、体があたたまってきます。

 

 さて、中学入試の理科ではここ10年くらいの間に時事問題の出題が定着し、時事問題を出題する学校が増えてきています。もはや時事問題は中学入試の理科の定番と言えます。

 本年度出題されそうな出来事の一部(全部はのせませんよ!)を以下にあげておきます。

 細かくのせないのは受験生のみなさんに最後に学習をしてほしいからです。

 以下の内容を確認し、知らないことがあれば最後に時事問題の参考書や問題集を使って内容を確認しておきましょう。

 

 エルニーニョ(だから今年の冬はあたたかい!→でもあたたかい理由はほかにもありますね!)

 4月4日の皆既月食(今回は皆既月食が見られた時間が大変短かったですね!なぜなら・・・)

 火山と噴火警戒レベル(レベル1~レベル5までありますね)

 感染症・新型のウィルスについて

 台風の同時発生について

うるう秒について

 ひまわり7号と8号の違いについて(なぜ同時に打ち上げておくの?)

 宇宙開発について(ISS、ソユーズ、各種探査機、日本の宇宙開発、宇宙飛行士・・・)

 ノーベル賞受賞者について

 生物多様性について

 地震について

 

 一例ではありますが、知っているか知らないかで得点はもちろんのこと、問題を解くためのアプローチの仕方にも差が出てきてしまいます。

 最後にこれらのことをしっかりと詰めた状態で入試に臨みましょう。

 

 頑張れ!受験生!

2016年浦和明の星女子中第1回入試 解答速報

2016.01.14(Thu)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

本日(1月14日)実施された浦和明の星女子中学校第1回入試の解答例をアップします。


国語はこちら▽

算数はこちら▽

理科はこちら▽

社会はこちら▽

「合格発表見落とし事件顛末記」~うそのような本当にあったお話~

2016.01.05(Tue)

●自由が丘校:中村    ●カテゴリー:

 

だいぶ前の出来事です。約30年の塾教師人生でたった1回の、誰もが経験したことのないであろう、あってはいけない出来事のご紹介です。小6受験生の保護者の皆さん、そして小5生以下のこれから受験を迎える保護者の皆さんも、お子様の努力を無にしないためにも、ぜひ他山の石としてお読みいただければ幸いです。

 

どこの塾でも同じだと思いますが、ご家庭から受験校の受験番号をお聞きしています。塾でも発表を確認させていただき迅速に対応させていただくためですが、聞き間違い・書き間違いという場合もないとはいえないので、正式にはご家庭との確認をもって正式な合否結果とさせていただいています。

Aさんの合格発表をインターネットで確認したところ、無事受験番号を確認することが出来ました。しばらくするとお友達Bさんのママ友Bさん母から電話が入りました。

「先生、Aちゃん合格しましたよね。お互いに番号教え合っていて、今インターネットで確認しました」

「はい、ただ、まだご家庭と確認が取れていないんです」

「先生、おめでとう、の連絡してもいいものでしょうか」

「塾としては、ご家庭とまだ連絡が取れていませんので、何とも言えませんが、Aさんからの連絡を待ってからの方が良いのではないでしょうか」

「そうですか」

でBさん母とのお電話は終わりました。

Aさんになかなかお電話がつながりませんでしたが、やっとAさん母がお電話を下さいました。が、なんと

「先生、残念ながら不合格でした」

とおっしゃるのです。私もやや気が動転してしまい、Bさん母に早く伝えなければと思い、電話が終わるやいなや、Bさん母にお電話で状況をお伝えしたところ、

「合格おめでとう、と書いてFAXでさっき送ってしまいましたあ。先生、どうしてくれるんですかあ」

(心の声、えええ、おれえ、FAXなんて聞いてないし、OKなんて言ってないよう)と思いつつ、

「送ってしまったものは仕方ないので、なるべく早くお詫びのお電話をさしあげてください」

で電話を切りました。

少し落ち着くと、でもいただいた受験番号では確かに合格しているのです。念のため確認をと思い、Aさん母にお電話しました。確認したところ受験番号は合っていたのです。

合格していたのです。

お母様がどうせ受かっていないだろうという心理で発表を見てしまったことと、その学校は確か縦に合格者番号を掲示していたのですが、お母様は横に見て、番号がない、と思い込んでしまったのです。

Bさん母にもお伝えしたところ、あの後すぐにFAXのお詫びのお電話をしたそうなのですが、Aさん家には部屋の間取りのような意味不明のFAXが届いていただけだったのでした。実はBさん母は広告の裏に書かれたのですが、広告の裏表を間違えてFAXしていたのです。しかも実際には合格だったので、FAXもちゃんと届いていれば、結果的には間違いではなかったことになります。

 

しかし話はこれで大団円、とはならないのであります。

合格手続き書類の受け取り締切時間(確か当日の午後5時頃だったと思います)をすでに過ぎてしまっていたのです。Aさん母はとても落ち込んでしまっています。自分のせいで子どもの努力を台無しにしてしまった。子どもに正直に話すか、いっそだめだったことにするか、そこまで思い詰めておられました。

ここでBさん母が活躍されます。当事者でない分、かえって大胆に発想、行動が出来るようです。とにかく学校に行ってみようということで、Aさん母を連れて学校に向かいました。

ところが既に教職員の方すべてが帰宅されていたようで学校には誰もいません。校舎もセキュリテイがかかっていて中に入れません。仕方ないのでお母様二人は事情を書いたメモを門の扉という扉に挟んで、その日は帰ってこられました。

その報告をBさん母からいただくとともに、Bさん母から

「先生、明日Aさん母と一緒に学校に行って手続き書類をいただけるよう、一緒にお願いしてあげてください」

と頼まれました。

そこまで立ち会ってよいのだろうか、という思いも少し頭をよぎりましたが、大変な緊急事態ですし、自分に少しでも出来ることがあるならばということで、了解致しました。本来行くはずだった翌日の入試激励は担当を変更していただいて、Aさん母に連絡を取り、翌日早朝待ち合わせをして学校に向かいました。入試担当責任者の先生が出勤されるまで、応接室で待ちました。

責任者の先生がお越しになり、お母様がご事情を説明したところ、

「わかりました。合格しているのは事実ですので、今書類をお持ち致します」

ということで、無事手続き書類を受け取ることが出来たのです。

無事、手続きも終了し、Aさんは第一志望校に入学することができました。

結果的には、問題なく事態は収拾したのでありました。

 

合格発表の確認はくれぐれも丁寧に慎重にお願い致します。特に補欠合格の発表がある学校はご注意ください。受験番号順ではなく、繰り上がり順の発表の場合が多いです。

お子様の努力の成果を最後のかたちにしてあげるのは親の努めでもありますし、親にしか出来ないことでもあります。

 

2月1日まで、あと少し。悔いのない1日1日を積み重ねて行って欲しいと思います。

 

きっと きっと 春は来る

そう信じて! そう祈って!

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。