ゼロからわかる!中学受験の基本

中学受験を考え始めた方必見!中学受験を考える上で知っていてほしい基礎知識をQ&A方式でまとめました。

目次

中学受験はした方がいいの?

私国立中学校や公立中高一貫校は、学校ごとに教育理念に特徴があり、ご家庭の教育方針やお子さまの性格に合う学校を選ぶことで、お子さまの長所を伸ばすことができます。しかし、入学するには、入試に合格しなければなりません。中学入試には、小学校で習う範囲よりも難しい問題が出題されます。そのため、小学校とは別に、学習塾で中学入試のための勉強が必要です。中学入試対策には、多くの時間と経済的負担がかかります。
ご家庭のご希望とお子さまの意思を確認し、納得がいく目的をもった受験対策をが必要となります。

志望校選びはどうしたらいいの?

私立・国立・公立中高一貫の違いを知ろう

私立中は教育方針や理念がしっかりとしていますし、国立中は先進的な教育が受けられます。また公立中高一貫校は多様な学びができ、学費が比較的低く抑えられるのもポイント。各学校の特長を把握し、志望校を考えていきましょう。
私国立中学校と公立中高一貫校で入試の内容も大きく違っているため、学校選びは早めに行っておくと良いでしょう。

共学と男子校・女子校の違いもあります

共学は男女の違いを認識し協力しあう姿勢が生まれますが、男女の役割が固定化されやすい傾向もあります。男子校・女子校は男女の特性に合わせた指導が魅力ですが、反面、異性の目を気にしなさすぎて、マナーやモラルが乱れがちになることがあります。お子さまの性格に適している学校を選びましょう。

学校説明会や文化祭などに行ってみよう!

偏差値や進学実績などのデータも大切ですが、気になる学校は実際に足を運んで学校の生徒や教職員の雰囲気、学校の設備、通学環境などを確かめてください。足を運べるチャンスは学校説明会や文化祭など、年に複数回ありますので、できるだけ多くの学校に行くのがおすすめです。

塾代や入学後の必要な費用は?

小学生の間は、塾と模試の費用、受験の際には出願校数分の受験料、合格が決まったら払う入学金が必要です。また、入学後は授業料のほか教材費や施設費、交通費、寄付金などがかかってきます。

模試や過去問の活用法は?

模試は何回くらい受ければいいですか?

成績の変化を見るために、同じ種類の模試を定期的に受けるのが好ましいです。小4・小5は年に数回、小6が毎月~隔月受けるのがおすすめです。また、早いうちから模試を受けておくことで試験の雰囲気に慣れ、問題を解くペースなどを身に付けられます。

過去問はどのくらい解くべきですか?

受験する学校はすべて解いてみましょう。第一志望の学校の過去問は5年分は解いておきたいですね。解く時期が早すぎると解けない問題が多く、お子さまのやる気をそいでしまうことも。解き方にもいろいろと注意が必要です。

入試当日や直前に気をつけることはありますか?

入試当日にお子さまの力が最大限発揮できるようにしたいですよね。問題の取り組み方は模試で身についているかと思いますが、念のためにもう一度確認しましょう。また、電車の遅延や受験票忘れなど当日に起こりうるトラブルもあります。しかし事前に保護者が対処法を考えておけば、慌てずに対応することが可能です。お子さまの動揺を最小限に抑えられるように事前に準備をしておきましょう。

事前に必要なものがそろっているかチェックしよう!

入試当日に必要な持ち物は早めに揃えておきましょう。学校によって定規やコンパスが必要な場合があります。また、腕時計や上履き・上履きケースなどは忘れやすいので早めに準備しましょう。

当日はリラックスできる服装で

入試シーズンは1年で最も寒い時期です。外は寒いですが、試験を受ける教室内は温かいことも多く、体温調節のしやすい重ね着がおすすめです。また付き添いの保護者はオフィスカジュアル、面接がある場合はスーツスタイルがおすすめです。

中学受験対策なら栄光ゼミナールにお任せください

栄光ゼミナールの私国立中入試対策コースは生徒1人ひとりに自信と意欲を持って学習を進めてもらうために、少人数指導にこだわっています。先生が、生徒1人ひとりの進み具合や、つまずきそうなポイントを把握し、対話しながら授業を進めるので苦手を作りません。
また、長年中学入試にかかわっているため、中学入試の情報が豊富です。生徒のことも入試のことも知っているから、お子さまに合った学校選びお手伝いができます。学習での悩み、併願入試の日程決めなど、なんでもご相談ください。

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

冬期講習バナー
1年の総復習。栄光の少人数授業を体験しよう!

一覧へ戻る

関連情報

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

栄光ゼミナールの中学受験情報カテゴリー