中学受験での面接対策!親はどんなことを聞かれるの?

 
中学受験での面接対策!

中学受験での面接試験には、大きく3種類あります。個人面接・保護者面接・親子面接です。それぞれ準備をしておけば、慌てることなく面接試験にいどむことができます。中学受験の面接試験対策をまとめました。

アイコン:パレット 目次

中学受験の面接とは

写真

年々減少傾向ではありますが、入試で面接試験を行う中学校があります。中学入試の合否はほとんど筆記試験で決まるため、面接はさほど重要視されませんが、ある程度の準備はしておくと良いでしょう。

子どもの面接試験対策は?

面接試験で見られるは、受験者の性格や態度、言葉遣い、生活習慣、服装、校風と合うかどうか、入学の意思などです。緊張で言葉に詰まったりしても減点材料にはなりません。必要以上に身構える必要はありませんが、どの学校でも想定される質問というのがありますので、そういう質問に対してはあらかじめ答えを準備をしておきましょう。

答えはなるべくポジティブに

質問に対しては、なるべくポジティブな答えを返すようにすると好印象に繋がります。
例えば、「短所を教えてください」と言われて短所だけを話してしまうと、面接官にお子さまのダメなところしか伝わりません。短所と長所は表裏一体であると考え、長所を付け加えるようにしましょう。例えば、「集中力が続かないところが短所なのですが、勉強する場所を家から誘惑が少ない塾の自習室に変えたら、集中力が続くようになりました。また、勉強時間を測ることで、『1時間は集中して勉強し、終わったら休憩をする』と決めたところ、メリハリをつけられるようになりました。」など、短所と長所を合わせて説明することで、自分のアピールに繋がります。

中学入試の面接試験で子どもがよく聞かれる質問

中学入試の面接試験でお子さまへの質問は以下のようなものです。このような定番の質問には対応できるようにしておきましょう。

・なぜこの学校を志望したか
・得意な科目と不得意な科目
・筆記試験の感想
・小学校時代に取り組んだこと
・併願校について
・趣味・特技
・将来の夢

塾で面接の練習をしておこう

保護者の方には質問の答えの良し悪しは分かりにくいものです。また、他者の目からみると別の指摘が生まれることもあります。お通いの塾が面接対策をしているようであれば、見てもらうようにしましょう。栄光ゼミナールでは、どの学校でもでるような定番の質問や過去に出題された質問などを元に、面接の練習を行っています。面接が実施される学校を受験する予定の方はご相談ください。

親の面接試験の対策は?

写真

保護者の面接では、学校の教育方針への理解や志望度の高さがチェックされます。面接がある学校が併願校の場合でも、お子さまが通うことになるかもしれない学校です。受験前にしっかりと調べて答えられるようにしておきましょう。

中学入試の面接試験で保護者がよく聞かれる質問

中学入試の面接試験で保護者の方への質問は以下のようなものです。お子さまへの質問と被る項目は、親子で食い違いが無いかを確認される項目でもあります。お子さまと保護者の方の答えの方向性に違いが無いか確認しておきましょう。

・志望動機
・学校の印象
・通学経路と時間
・併願校について
・家庭での教育方針
・子どもの性格について
・子どもにどのように育ってほしいか

親子面接の対策は?

親子面接では親子で回答に食い違いがないかも確認されています。あらかじめお子さまと模擬試験の練習をしておくようにしましょう。面接中は、お子さまの回答に内心ヒヤヒヤすることもあるとおもいますが、子どもの話を遮るように保護者が回答するのは良い印象を与えませんので、注意したい点です。

中学入試の面接対策も栄光ゼミナールにご相談ください。

写真

栄光ゼミナールなら筆記試験はもちろん、面接対策も行っています。少人数制の指導なので、指導にあたる講師がお子さまの性格や長所・短所まで把握。お子さまの良い点が志望校に伝わるような面接での答え方をアドバイスいたします。
また、長年中学受験生を指導してきた実績から、中学受験の情報が豊富です。過去の面接で実際に問われた質問や面接の形式、どのような解答をしたお子さまが合格したのかなどもお伝え出来ます。面接に不安のある方は、一度ご相談ください。

 
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE