第2回「中学受験の勉強はいつから?小4から始めるのがベストといわれる理由とは」

中学受験の勉強はいつから?小4からがベスト!

中学受験の勉強はいつから?
小4から始めるのがベストといわれる理由とは

栄光ゼミナールには、小学生の保護者の方から「中学受験って、いつから始めるのが理想?」「4年生ってよく聞くけど、5年生からじゃ遅い?」などのご相談が寄せられます。
例え小5や小6の始めからでも、遅すぎると決めつけることはできません。ただし受験までの時間がないほど、勉強は詰め込み型になりがちです。急いで身に付けた学力は、失われやすいもの。
受験で結果を出した上で、"受験後も活きる学力"を養うためには、現在の習熟度やお子さまの性格を考えながら、計画的に学習していく必要があります。 そのためにも、栄光ゼミナールでは小3の2月、つまり小4になる直前までに始めるのが良いと考えています。

中学受験の勉強を始めるなら、小3(新小4)の2月からがおすすめ!

中学受験は4教科が主流です。あわせて受験対策は小4の2月頃から本格的に始まります。
特に算数は、高学年での学習に向けて難易度が上がり、学習量も一気に増加。そこから先は、小4の2月以降の勉強スケジュールは、算数に1週間の学習時間の8割ほどを使うイメージです。
その時、4年生の1年間の準備期間を経て4教科での学習リズムができている子と、小4の2月からスタートする子との差は大きいものとなります。学習習慣が身についていない、また通塾リズムに慣れていない状態からのスタートですと、突然大きな負担がかかります。
少しずつでも小3の2月から始めていれば、一定量の宿題に取り組む習慣が身につき、また1週間の学習サイクルも作られるので、本格的な受験学習にも、よりスムーズに入っていくことができるのです。

まずはお近くの教室で
栄光ゼミナールの授業を
体験してみませんか?

体験学習のお申し込み

小3小4
中学入試準備コース(私国立入試対策)

週2日(小4)/算数・国語・理科・社会

栄光ゼミナールのカリキュラムと専用教材に沿って学習を進めることで、中学入試に必要な学習内容を基礎から学び、 本格的な入試対策の準備ができるコースです。ゼミや合宿などの特別講座も充実。

中学入試準備コースとは?

小4
公立中高一貫校対策コース

週2日/算数・理系、国語・文系

適性検査対策のための専門コースです。小学校で学ぶ各教科の基礎学力をしっかり身につけながら、その知識を組み合わせて自由に発想したり、グラフや表などの資料を正確に読み取ったり、自分の意見を論理的にまとめる力を養います。Z会通信教育コースとの併用で、作文対策もばっちり!

公立中高一貫校対策コースとは?

関連記事

塾なしで中学受験は可能か?
中学受験のための塾の選び方

まだ小3?
もう小3?
とお悩みのみなさまへ

「小4は進路の分かれ道。
個性を伸ばせる
"10歳の選択"を!」

栄光ゼミナール 中学入試担当 
奥田 章人

栄光ゼミナールは担任制で少人数指導が特長です。お子さまの理解度、学習状況から普段の様子や性格までを含めて、成長過程をトータルで見て、柔軟に指導の仕方やプランを考えることができます。栄光ゼミナールでは、中学受験をするかどうかの選択をサポートすることはもちろん、志望校選びも偏差値だけで決めるだけでなく、ご家庭の希望とお子さま1人ひとりの夢や個性を考えて、一番ぴったりの学校をご提案するなど、どんな進路にもきめ細かく対応いたします。

詳しい資料をメールですぐにお届け!
まずは資料請求をどうぞ

資料請求(無料)

低学年は、
学ぶことの楽しさや面白さを!

もちろんもっと早め、小1~小3のうちから中学受験を考えているという方もいらっしゃるでしょう。この時期なら、学びの土台を築くことが大切です。子どもはもともと、好奇心が旺盛。新しいことを知る面白さや、頑張ってわかったときのよろこびをなるべくたくさん経験させるほど、学びへのモチベーションが高まっていきます。栄光ゼミナールでは、他の子どもたちや先生と自分の考えを自由に出し合って「考える力」や「伝える力」を伸ばしながら、わかったぞ!もっと知りたい!という気持ちを育てていきます。

小3
ジュニアコース

週1日/算数・国語

低学年指導の専門的な研修をうけた、ジュニアコース専任教師が指導します。まずは週1日のジュニアコースで塾の雰囲気に慣れてみませんか?「学ぶたのしさを学ぶ」をモットーに、お子さまが深く考える力を伸ばしながら、正しい学習姿勢を身につけます。

ジュニアコースとは?

無料体験を受けてみる

体験学習のお申し込み

関連記事

私立?国立附属?公立中高一貫校?中学受験の学校選び?
早稲田や慶應...近年の中学受験は大学附属校が人気!
中学受験と習い事の両立は可能?親が考えるべき選択とは
公立中高一貫校とは?適性検査の内容と私立との違い



 
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE