高校受験のために塾はいつから行くべき?~メリット・デメリットを解説~

そろそろ、塾に行こうかな...
みんなが塾に通う理由はなに?

僕は、難関高校を志望しているから、学校よりも難しい問題に挑戦したくて。

わたしは、高校受験に向けてしっかり勉強したいから。

内申点のために定期テスト対策をしているよ。

苦手教科で悪い点数をとっちゃったから

中学校では授業のスピードが速く、ついていけなくなってきたから...

部活動が結構ハードになって、自分では勉強できなくなったからだよ。

いろいろな理由があるんだね!

中学生が塾に通う理由、タイミングは人によってさまざま。
「友だちが通っているからなんとなく焦っている...」、「部活動が忙しいから塾通いは難しいかも...」という人も高校受験に向けて、「どんな高校に行きたいのか?」「今の勉強で問題ないか?」など自分の状況を一度見つめ直してみよう。
その理由によって、いつから塾に行くべきか、どんな勉強法が合うのかも変わってくるよ。

今回は塾通いを始めるタイミングと自分に合った塾の選び方を考えてみよう!

塾は、いつから行くべき?!

中学生が高校受験に向けて塾に通うには何年生からが良いのかな?どの時期に通い始めるのが自分に合っているのか考えてみよう。

CASE1. 中学1年生から通う場合

内申点対策も万全!難関高校に行ける可能性も広がる!

高校進学をめざすなら、中学に進学したばかりの中1から塾に通うことがおすすめだ。中学校は小学校とは違い、定期テストが重要になってきて、高校受験で重要な要素の1つである、内申点にもかかわってくる。
しかも、公立高校の受験の場合、中1や中2の内申点も入試にかかわってくる地域が多い。内申点を気にしている人はすでに知っているかもしれないけれど、この機会に一度自分が住む地区の高校受験の仕組みを確認しておこう。

東京・神奈川・千葉・埼玉の公立高校入試の内容は、別のコラムで解説しているから下のリンクから読んでみてね。

各地域、受験の制度は違うけれど共通して言えるのは、中1のうちから各教科、基礎を身につけ、定期テストのための勉強方法を身につけること。定期テストの結果が内申点に直結していくから、定期テストは自分の勉強法を見つけてきちんと対策しておくこと必要だ。
それに、学力面でも中1から通い始めた方がいい理由があるんだ。下の図をみてごらん。

この表は同じ中学に入学した3人の中学3年間の偏差値の推移を表したものだ。全員が中1の最初の成績と中3の最後の成績がほぼ同じになっているよね。実は、これはよくあるパターンなんだ。もちろん、成績がずっと上がり続けていく子もいるし、途中で失速してしまう子もいる。しかし、中1の一学期の成績が、中3の二学期の成績とほぼ同じという結果になることが多い。小学校とは違い中学校の定期テストは出題範囲が広い。なので範囲が狭く、学習内容がやさしい最初の定期テストで勉強方法を身につけ、いいスタートを切ることがとても大切なんだ。
栄光ゼミナールでは、授業以外でテスト対策会で対策指導を行ったり、各学校の教科書に対応した副教材「教科書ワーク」といった定期テストのためのツールも豊富にそろっている。また、わからない問題は授業時間外でも先生が教えてくれるから安心だよ。 それに授業の受け方、ノートの取り方、復習の仕方なども教えているんだ。
塾のカリキュラムは学校より先の範囲を教えるように組まれているけれど、テキストは関連した単元の復習も組み込まれているので限られた時間で効率よく勉強ができる。部活との両立もしやすくなるよ。

中1から通うメリットはもう1つある!

それは難関といわれる高校へ合格できる可能性が高くなることだ。難関高校の入試では難しい問題が出る。特に私立の難関高校は学校レベルを超える勉強が必要になるから、勉強することも必然的に多くなる。最近では公立高校も偏差値上位校で学校が独自に作成した問題を入試で利用することがある。独自問題は公立高校の共通問題に比べ難しいことが多い。
では、いつから始めるのが理想的か?
とても単純だけど、早く塾通いを始めるほど、難関高校進学を実現できる率が高くなっている。一般的な受験生よりゴールが遠い分、その目的に合わせて勉強する時間が長い方が成績も上がりやすく合格のチャンスが大きくなるとは言えるだろう。それに、塾には難関校をめざす人向けのカリキュラムがあるので、効果的な学習をすることができるよ。

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

CASE2. 中学2年生から通う場合

忙しい中学生活で勉強の中だるみを防げる!

2年生にとっての大問題は「中だるみ」だ。学校生活にすっかり慣れて緊張がなくなる頃、部活には1年生が入部してきて先輩の立場になる。夏になれば3年生が部活を引退して責任もぐっと重くなる。

中学校生活は楽しいけれど忙しくなるので、1年生の頃は予習・復習などの自習もおろそかになりがち。しかし、勉強の内容がだんだん難しくなるばかりか、進みも早くなってくる。このギャップによって、勉強についていけなくなり、学力も成績も落ちてしまうのが中だるみだ。

中だるみになる時期に塾に通い始めると、忙しい学校生活の中でも、毎週塾に通い授業を受け、宿題を行うだけで一定の勉強量を確保することができる。実際、志望校に合格、進学した多くの先輩が、2年までは塾を休まないことと宿題をやることだけを守ったと言っている。
2年生になって勉強に不安を覚える人は通塾を考える時期と言える。繰り返すが、通塾には中だるみを防いでくれる力があるんだ。
ただ、1年生の段階で学習習慣がついていない場合、そのリズムを整えるのは大変だ。通い始めはつらいかもしれないけれど、一度リズムを作れれば、学力の向上も期待できるので、がんばろう!

毎週の通塾が継続的な学習を途切れさせず、基礎の底上げにつながってくるよ。

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

CASE3. 中学3年生から通う場合

入試対策ができる!ただし、復習の期間が短いので覚悟して挑もう!

入試本番の年。中3から塾に通いはじめようと思っている人も多いはず。そういう人は、以下の表を見てほしい。これは一般的な塾の中3受験生の1年間のスケジュール表だ。

全カリキュラムが11月に終わるんですね!

過去問対策などの入試対策の期間を確保するためのスケジュールになっているよ


中学校はカリキュラムの終了が2月だから、終わるとすぐに入試が始まってしまう。これはかなり厳しい。受験勉強は部活が終わった夏期講習から始めるという人も多いけれど夏からカリキュラム終了の11月までに、1・2年の復習をすべて終わらせるのはかなり厳しい。復習も加味して逆算すると学力検査の対策は最低でも中3の4月から受験勉強を始めることが必要だ。
また、カリキュラムだけではなく、栄光ゼミナールでは比較的早いうちから志望校決定ための面談をおこなったり、学校が長期休みの間はたくさん勉強する目標を立てたりして、早めに受験生としての自覚を持って勉強できるように盛り上げている。そして、教室内・自習室には志望校に向かって一生懸命勉強している友だちの姿があるから、自分もやらなければという気持ちになりやすい。スケジュール管理、受験テクニックはもちろんのこと空気を作り、やる気がでることこそが栄光ゼミナールに通塾する人の強みだ!

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

栄光ゼミナールは、少人数グループ指導で1人ひとりに合った勉強ができます。

栄光ゼミナールは、少人数のクラスで高校受験対策を行っている進学塾です。生徒全員の顔が見える教室で、先生は1人ひとりの表情を確認しながら指導をしています。都県別カリキュラムによる受験対策指導はもちろんのこと、定期テストや内申点対策、入試本番までの学習計画の立案や志望校・併願校の選定など、高校受験を総合的にサポート。
部活動や習い事との両立の方法や家庭学習の取り組み方まで一緒に親身になって考え、1人ひとりに寄り添う指導で、志望校合格へと導きます。
高校受験でお悩みの方は栄光ゼミナールにご相談ください。

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

カンタン30秒!学び方診断

毎月LINE公式アカウントで配信

開催中のイベント

(中学生) 学力診断テスト+学習相談
初めての方は、ご希望コースのすべての教科を受講料無料で体験できます。

関連記事

高校受験を成功に導く!賢い塾の選び方 目次 塾には2種類の授業形式がある 高校受験のための塾は、授業形式によっ… 続きを読む

高校受験の結果を左右する[内申点]を上げる方法

高校受験の結果を左右する[内申点]を上げる方法 学校で通知表を受け取ったと思うけど、どうだった?評定は内申点に… 続きを読む

内申書とは?内申が高校入試でどう活用されるのか知っておこう!

内申書とは?内申が高校入試でどう活用されるのか知っておこう! 内申書や内申点という言葉、聞いたことがあるかな?… 続きを読む

一覧へ戻る

関連情報

中学部グループ指導

高校入試対策コースは、高校受験を目指す中2・中3対象のコースです。各地域の公立高校入試制度に沿った... 続きを読む

小学部質問風景

高校入試準備コースは、高校受験を目指す小6・中1対象のコースです。早い段階から高校受験を見据え、部... 続きを読む

栄光ゼミナールの高校受験情報カテゴリー