勉強がはかどらない人は必見!集中力アップの方法

アイコン

あーーーーー!もうだめだ〜〜〜〜

おや?どうしたのかな?

中学受験対策
アイコン

最近、勉強をしててもすぐに集中力が切れちゃうんです…。

わかる、私も!勉強しててもLINEが来るとスマホいじったりしちゃって、集中力が途切れちゃうんだよね。

中学受験対策
アイコン

1時間勉強しても、集中が途切れ途切れだからあんまり進んでなかったりするんだよね。
春からは受験生だからどうにかしないと…

先生。集中力をアップさせるために、何か良い方法はありませんか?

中学受験対策
アイコン

そうですね…。でも実は人間の集中力は長く続かないものなんですよ。

え、じゃあ、どうにもならないんですか!?

中学受験対策
アイコン

いえ、けっしてそんなことはありません。勉強の仕方を少し工夫すれば、途切れた集中力を取り戻すことができます。いくつか集中力を長続きさせる方法を教えますから、自分に合った方法を探してみてください。

目次

集中力を高めるためには?

もともと人間の集中力には限界があり、延々と勉強を続けることはできません。とはいえ、受験勉強などはできるだけ長時間集中したいですよね。集中力を長く続かせるために、まずはいつもの勉強の仕方を見直すことからはじめましょう。効率のよく勉強することで時間に、無駄がなくなり集中力が長続きします。

見直しポイント①

毎日の勉強内容は行き当たりばったりで決めない!

勉強中に集中力が切れてしまう原因のひとつが、その日にやる内容が決まっていないこと。自分が今日何をすべきなのかがあいまいになっていると、集中できなくても机に向かっただけでなんとなく勉強した気になります。しかしその日に勉強する範囲を明確にしておくと、学習範囲を終わらせるために集中できるようになります。
集中して勉強するには、事前に学習計画を立てることが必要です。また、学習計画は受験勉強をする上で大変重要です。学習計画を立て、計画的に学習することで、入試日までの限られた時間を、集中して効率よく勉強できるようになります。

目標から逆算して、学習計画を立てよう!

学習計画を立てためには、目標から必要な学習内容を逆算していくことが大切です。
まずは、入試や定期テストまでにやらなければならない項目をすべて書き出してみましょう。そのうえでテスト本番までに残された時間を計算して月単位・週単位の学習スケジュールに落とし込んでいくと、その日にやるべき勉強内容が明確になり、「今日の目標を達成しよう」と考えることで、集中して勉強に取り組むことができます。

勉強内容のレベルを上げすぎてませんか?

難しい問題ばかり解いているとストレスが溜まり、勉強のつらさから逃げたくなり集中力が途切れてしまいます。また、いきなり難しい問題から取り組んでも学習効果は上がりません。学習計画を立てる際は、基礎にしっかり時間をとるようにしましょう。
また、勉強中に行き詰まってしまったら、一度勉強内容のレベルを下げてみましょう。確実に解けるという自信や達成感を得ることで勉強へのモチベーションが回復し、集中力が長く続くようになります。

毎日の学習は好きな教科から勉強しよう

志望校に合格するために苦手教科の克服は避けては通れないものです。しかし、苦手な勉強ばかりだとモチベーションが上がりません。1日の学習スケジュールの中に好きな教科を組み込むようにすると気持ちが和らぎ、集中力の回復につながります。また、勉強をはじめる時は、得意教科から手を付ける方が勉強にリズムが生まれ、効率が上がります。毎日の学習は、得意教科→苦手教科の順でスケジュールを組みましょう。

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

見直しポイント②

勉強の仕方も工夫しよう!

集中力を上げるには、勉強の内容だけでなく学習方法にもこだわってみましょう。学習環境を整えたり、独自のルーティーンを取り入れたりすることで、集中力とパフォーマンスが高まります。

勉強する場所を決める

勉強をスムーズにスタートさせ、長く集中力を維持するためには、勉強する場所を決めておくのも効果的です。自宅の勉強机であれば、スマホやマンガなど集中力の妨げになるものは視界に入らない場所に片付け、部屋の中と机の上を整理整頓しておくこと。特にスマホのメール通知や着信は、集中を妨げる一番の要因になります。特に必要がなければ電源を切って引き出しの中に隠すなど簡単に触れられないようにしておきましょう。
また、自宅だとテレビ・ゲームなどが気になり集中できないという人には、塾の自習室がおすすめです。栄光ゼミナールの自習室には勉強の妨げになるものが一切ありません。部屋の温度や湿度・照明・座りやすいイスなど、快適に勉強できる環境に整えられた学習ブースで、勉強に専念することができます。

自分だけのルーティーンをつくる

勉強の集中力を高める方法として、勉強をはじめる前に必ず行う自分だけのルーティーンをつくってみましょう。たとえば、勉強をはじめる前には必ず炭酸水を飲む、お風呂から出たら20分間英単語を覚えてから机に向かうなどのルーティーンをつくっておくと、自然と勉強モードに切り替えることができます。日常生活の中で勉強を始めるまでの流れが自然とできるので、はじめから勉強に集中できる態勢が整いやすくなります。

音楽で勉強のリズムをつくる

机に向かったもののどうにもやる気が起きず、手が止まってしまうときは、音楽をかけて勉強にリズムをもたせるのもおすすめです。音楽にはリラックス効果があり、アップテンポの曲であればテンションを上げたり、眠気覚ましにも有効です。勉強を再開するためのサポートとして活用するのが良いでしょう。ただし好きな曲に聴き入ってしまったり、歌詞の意味が気になってしまうという人には向いていません。かえって勉強に集中できなくなるのでやめておきましょう。

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

見直しポイント③

適度に休憩を取ろう!

長い時間勉強していると脳や身体が疲れてしまい、だれでも集中力が途切れてしまいます。個人差はありますが、一般に人間の集中力は90分が限界といわれており、そのまま勉強を続けても疲労が溜まって集中力が落ちるだけです。途切れた集中力を取り戻すためにも、定期的に休憩を取るようにしましょう。また、25分勉強したら5分休憩するなど、インターバルを設けながら勉強する方が集中力も続き、効率の良い学習につながります。

集中力アップのカギは「学習習慣」の定着!

学習の習慣が身についている人は、勉強するのが当たり前になっているので、難なく勉強モードに切り替えることができます。集中力がないから勉強が続かないと悩んでいる人は、まず毎日の学習習慣が確立できているかを見直してみましょう。学習計画を立て実行すること、勉強の仕方を工夫することで、定着させましょう。
栄光ゼミナールは、部活動が終わった後でも通える時間割、効率よく学習できるカリキュラムで忙しい中学生の学習習慣の定着をサポートいたします。また、先生と距離が近い少人数用の教室や個別ブースで集中できる自習室など、中学生に最適な学習環境を整えています。教室見学も行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

学習や受験に関するご相談など、
栄光ゼミナールに気軽にお問合わせください

初めての方はご希望の全ての教科を1回ずつ無料で体験できます。

関連記事

合格に繋がるブログの活用法

中学生の勉強時間ってどのくらい?~高校受験に必要な勉強時間を考えよう~ 今度の定期テスト、範囲が広いからどこま… 続きを読む

受験勉強はいつから始める?~今年のスケジュールをたてよう~ 受験勉強って進んでる? え!だってまだ中2になった… 続きを読む

作るだけで暗記ができる!?暗記ノートのつくり方 先生!定期テスト対策の暗記ノートを作ったので、見てください! … 続きを読む

一覧へ戻る

関連情報

高校入試対策コースは、高校受験を目指す中2・中3対象のコースです。各地域の公立高校入試制度に沿った... 続きを読む

高校入試準備コースは、高校受験を目指す小6・中1対象のコースです。早い段階から高校受験を見据え、部... 続きを読む

栄光ゼミナールの高校受験情報カテゴリー