英検®の合格ラインがどのくらい?受験前に知っておきたいこと

今度、英検®2級に挑戦しようと思ってるんだ。

男子生徒

そうなんだ!英検®は、私も気になってる!
上位の「級」に合格しておくと、高校入試や大学入試で有利になるって聞いたよ。

女子生徒
先生

入試の際に、英語4技能(聞く、話す、読む、書く)を測る手段として英検®が利用されることも多くなってきました。
大学入試では、大学側が指定した級以上を持っていると英語の試験が免除されることもあるんです。

ちなみに、2級の合格点はどのくらいなんですか?
リスニングは自信が無いから、筆記で頑張ろうと思ってるんです!

男子生徒
先生

ちょっと待って!
今の英検®は、4技能全てをバランスよく点数を取らないと、合格できませんよ!
英検®のしくみを正しく理解して、合格ラインを突破できる勉強の仕方を考えましょう!

英検®ってどんなテスト?
まずは英検®の内容としくみを理解しよう

英検®とは?

英検®(正式名称:実用英語技能検定)とは、日本英語検定協会という民間団体が主催する、英語技能の検定試験です。小学生から社会人まで、年間360万人以上が受験する日本で最も知名度の高い検定の1つです。

英検®を受験するメリットは?

英検®には、1級から5級まで7つの級があり、実力に合わせて上の級へステップアップしていけるので、習熟度のチェックにも効果的。語学の運用能力を測る国際的基準「CEFR」(セファール)にも対応しているので、自分のレベルをグローバルな基準で把握することができます。
また、最近では入試に活用されることも多く、上位の級を持っておくと様々なメリットがあります。

英検®の各級にはどんな違いがある?
試験内容とレベルをチェックしよう

英検®の試験内容は?

日常生活から学校、職場など幅広い場面と話題から多く出題されます。1級~3級は、4技能(聞く、話す、読む、書く)、4級・5級は、2技能(読む、書く)のテストを受験し、その合否が判定されます。

※ただし、4級・5級は自分で用意したパソコンやスマホを利用して、スピーキングテスト(録音方式)を受けることができます。

新しい試験方式「英検CBT®」とは?

2級、準2級、3級のみ、これまでの英検®とは別に、コンピュータを用いた新方式の試験「英検CBT®」も受験できるようになりました。リーディング・ライティング・リスニング・スピーキングの試験すべてが、会場に設置されるパソコンを用いて1日で行われます。英検CBT®の内容は従来のものと同じで、問題や難易度、採点基準などに変更はありません。特にライティングテストではタイピングが必要になるため、パソコン操作が得意な人に向いています。

[従事式と英検CBT®の受験方法]

読むReading 聞くListening 書くWriting 話すSpeaking
1級 マークシート 記述式 面接
準1級
2級 従来式 マークシート 記述式 面接
CBT® パソコン タイピング 録音
準2級 従来式 マークシート 記述式 面接
CBT® パソコン タイピング 録音
3級 従来式 マークシート 記述式 面接
CBT® パソコン タイピング 録音
4級 マークシート なし
5級

※自分で用意したパソコン・スマホ・タブレットなどを用いてスピーキングテスト(録音方式)を受けることができる。

英検®各級の試験レベルは?

英検®には、1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級の7つの級がありますが、主に大学入試に利用されるのは、英検®準2級以上となります。下記の表にある試験レベルを目安に、自分に合った級を確認しましょう。

レベルの目安 審査基準
1級 大学上級 広く社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用することができる。
準1級 大学中級 社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用することができる。
2級 高校卒業 社会生活に必要な英語を理解し、また使用することができる。
準2級 高校中級 日常生活に必要な英語を理解し、また使用することができる。
3級 中学卒業 身近な英語を理解し、また使用することができる。
4級 中学中級 簡単な英語を理解することができ、またそれを使って表現することができる。
5級 中学初級 初歩的な英語を理解することができ、またそれを使って表現することができる。

英検®各級の合格ラインは?
合否の判定基準を確認しよう

合格ラインとなる点数は?

英検®では、各級の合格基準となる点数(スコア)があらかじめ決められていて、基準点より高い点数をとれば合格となります。また各技能の問題数は異なりますが、配点は同じ。各技能に均等に配点されているので、各技能でまんべんなく得点しないと合格できません。問題ごとの配点は公表されていませんが、1級、準1級は各技能での正答率が7割程度、2級以下は各技能6割程度の正答率が合格の目安となります。

満点 1次試験の配点 1次試験
合格基準
スコア
2次試験
の配点
2次試験
合格基準
スコア
リーディング リスニング ライティング スピーキング
1級 3400 850 850 850 2028 850 602
準1級 3000 750 750 750 1792 750 512
2級 2600 650 650 650 1520 650 460
準2級 2400 600 600 600 1322 600 406
3級 2200 550 550 550 1103 550 353
4級 500 500 500 なし 946 324 324
5級 425 425 425 なし 685 266 266

英検®で合格ラインを突破するには?
4技能を伸ばす効果的な勉強法

リーディング(長文読解)

長文内容をいち早く理解するためには、文章の構成をつかむことが大切です。結論と具体例、結果と理由、異なる内容の対比など、論理展開を意識して文章を読む意識を持つことが重要です。その練習に最適なのが、英語のニュースサイトです。初心者向けから上級者向けまでレベルに合ったニュースサイトを活用しましょう。

リスニング

できるだけ多くの英文を聞くことは重要ですが、ただ聞き流すだけではリスニング力は向上しません。意味のわからない単語や文章は聞き取ることができないので、新しい単語を覚える際には必ずネイティブスピーカーの正しい発音を確認したうえで、自分でも同じ音を発声できるまで繰り返しトレーニングすることが大切です。

ライティング

英作文に使えるフレーズを数多く暗記し、それを活用するのがライティング力をアップするコツです。まずは単語集などにある短文やフレーズをしっかり覚えるようにしましょう。また英作文では、普段使わない難しい単語を無理に使う必要はありません。自分の使いやすい単語を使って日記を書くことを習慣にすると、スキル向上につながります。

スピーキング

スピーキング力は何より、実際に英語を話す機会を増やすことが重要です。ネイティブの友だちを作るのは難しいかもしれませんが、ネイティブスピーカーの先生と話してみたり、友だちと英語で話してみるなど、下手でもいいので積極的に話すことが大切です。また普段からできるトレーニングとして、日常生活で目に入ったものやその時の感情を、その場ですぐ英語で口にするようにするのも効果的です。

高校入試や大学入試が有利に!

英検®をはじめとする英語外部資格・検定試験(以下、民間試験)の結果を入試の合否判定に活用する動きが急激に広がっています。大学入試では、推薦・AO入試で335大学、一般入試では152大学がすでに民間試験を導入(2018年度入試)。高校でも、公立高校入試に民間試験を導入する自治体が増えるなど、英語4技能対策の学習は必ず取り組まなければならないものとなりつつあります。英検®をはじめとする民間試験の結果は、出願資格として利用されたり、学校独自の英語試験に得点がプラスされるなど、より上位のグレードやスコアの高さによって優遇されます。目標校の合格に近づくためにも、早いうちから英検®対策の学習を始め、1つでも上の級めざしましょう。

栄光ゼミナールは小学生のうちから英語4技能鍛えます。

英語教育は大学入試を中心に、読む書くの2技能から聞く話す読む書くのいわゆる英語4技能を求める内容に変化していきます。
そのため、栄光ゼミナールではお子さまが楽しく学びやすい、英語の4技能を養成する小学英語クラスを設置しています。1回の授業を、読む力・聞く力を身につける[story]・語彙力と美しい発音を身につける[chants]・英語のルールを身につける[Grammar]の3つのパートに分け4技能をバランスよく指導します。
また、月に1回程度(年10回)、日本人教師で学んだ英語をネイティブ教師(外国人教師)で実践する授業を行い、生きた英語を楽しみながら聞き話すおとで、実践力を鍛えます。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検 討を受けたものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE