5人の賢者とつくる自由研究のアイデア むげんだい

  • テーマ選びのヒント
  • 研究のヒント
  • まとめのヒント
  • 5人の賢者に会いにいこう

テーマ選びのヒント

  • 自分が好きなことをテーマにしよう
  • テーマの中から「なぜ?」「ほんと?」「もっと知りたい!」を見つけよう
  • 詳しい人や家族、友達に相談しよう
  • 色々な角度から見てもっと深めよう
自由研究は、自分で調べたいことを“自分で考えた方法”で調べて、その結果をまとめることです。
ですから、やりかたにただ1つの正解があるわけじゃないから、肩の力をぬいて、まずやってみよう。
その1歩が、次の1歩のヒントになるんだ。
その1歩を踏み出す練習が、自由研究なんだよ。

自分が好きなことをテーマにしよう

動物やスポーツ、食べ物など、自分が好きなものから、もっと知りたいと思えることを探してみましょう。「こんなの自由研究にならない!」なんて思わないで、「どうやったら自由研究になるかな?」と考えてみましょう。好きなものをもっと好きになるチャンスです。

テーマの中から「なぜ?」「ほんと?」「もっと知りたい!」を見つけよう

好きなことをテーマにした後、“何を研究すればいいのか?”が次の悩みですね。そんなときはまず、そのテーマについて詳しくかかれた本を2~3冊準備しましょう。図書館に行って、司書の人に教えてもらってもいいし、今はインターネットで本を探すのも便利ですね。その本の中で、自分が知らなかった新しい知識について、「ほんとかな?」「もっと知りたい!」という気になるものを見つます。とくに自由研究は、“やってみる”ことが大事。だから、書いてあることが本当かどうか、どうやったら確認できるかを考えることができたら、研究スタートです。

詳しい人や家族、友達に相談しよう

研究したいことが決まったら、次は“研究の方法”を決めます。そのテーマについて詳しい人に相談するのが1番です。研究は1人でやるものではないので、まわりの大人にどんどん相談します。研究の方法に「正解」はありません。失敗も大事な研究です。「この方法で調べたいことがわかると思ったけど、わからなかった。その理由は・・・」と、書かれていれば立派な研究者です。自分だけができた貴重な経験だと示すことが大事。失敗を楽しみましょう。

色々な角度から見てもっと深めよう

好きなものを研究するとき、「もっと知りたい!」が続いて、終わりはありません。
このサイトでは、その色々な見方が、それぞれの賢者の先生から紹介されています。好きなものをトコトン研究してみてください。

 
トップページからテーマを選ぶ
  • テーマ選びのヒント
  • 研究のヒント
  • まとめのヒント
  • 5人の賢者に会いにいこう

Copyright (c) 1998-2016 Eikoh Inc. All Rights Reserved.