よみこみ中

5人の賢者とつくる自由研究のアイデア むげんだい

研究サンプル

電車×理科

電車の中で感じる力の正体は?

電車の働き方を調べる(ハコダイヤ)研究イメージ写真

説明

電車に立っていると、前後や左右に倒れそうになることがある。あれは、なぜだろう?

その力の正体を、糸におもりをつけた「ふりこ」で探ってみよう。
ふりこの糸を、家の車の天井や、電車のおもちゃに取り付けて、おもりの動きを観察すれば、何かわかるかも?

道具を用意しよう
  • ・スーパーボール
  •  
  • ・糸 
  •  
  • ・セロテープ
  •  
  • ・ノート
  •  
  • ・鉛筆
  •   
  • ・アルミ針金
  •  

ここがポイント

ポイント1

【1】
糸をセロテープでスーパーボールにはりつける。
糸の先を結ぶと、糸がセロテープから抜けにくい。
おもちゃで実験する人は、なるべく小さなスーパーボールを使おう。

ポイント2

【2】
アルミ針金を写真のように曲げて先端の輪にふりこをつけ、下の輪をガムテープではりつける。

ポイント4

【3】
おもちゃが動くと、おもりはどのように動くかな?
車の動きに合わせて、スーパーボールがどう動くかを観察し、記録しよう。

レベルアップに挑戦

おもりの動きを観察すると、おもりはそれまで進んでいた方向へ進み続けようとすることがわかる。
おもりの動きと、電車に立っている人間に働く力の関係について考えよう。


自分でふりこを持って歩いても、いろんなことがわかるよ!
トップページからテーマを選ぶ

Copyright (c) 1998-2016 Eikoh Inc. All Rights Reserved.