公立中高一貫オープン

公立中高一貫オープン

適性検査を体験するためのテストです。教科を問わず幅広いジャンルから出題される適性検査に準拠して出題された問題に対し、限られた時間の中で、お子さまがどれだけ力を発揮できるかを確認します。

※教室により開催日時が異なります。また、答案をご返却する教室は、複数教室から選択可能な場合がございます。ご確認の上、お申し込みください。

日程 6/15(土)・16(日) *教室により異なります
時間 ①10:00~12:00 ②14:00~16:00 *教室により異なります
対象 小4~小6のお子さま・保護者の皆さま
持ち物 筆記用具

お申し込みはこちらから

ご希望の地域を選択してください。
教室ごとの実施日時一覧ページに進みます。

公立中高一貫校の適性検査とは?

公立中高一貫校の入学者選抜の合否を判定するための検査が適性検査です。
公立中高一貫校の適性検査では、算数や社会などの単独の教科知識だけではなく、複数の教科知識を活用して考える力や、それを表現する力が問われます。例えば、以下のような問題が出される傾向があります。

  • 出題傾向 その1
    小学校で習う内容の定着度と応用力を見る問題が出題される
  • 出題傾向 その2
    統計資料や身の回りにある事象の写真や図から、情報の読み取りや計算処理、課題の発見・解決の工夫などを見る問題が出題される
  • 出題傾向 その3
    資料・文章の内容を理解し、自分の考えを論理的に表現する力を見る問題が出題される
  • 制限時間はほとんどが 45~50 分で、制限時間に対して問題量が多いため、慣れやスピードが求められます。また、記述式の問題が多いのも特徴です。教科の基礎学力をベースにしつつも、その枠を超えた総合的な力が求められ、日ごろから適性検査の形式に対応できる応用力を身につけ、多種多様な問題に触れていくことが重要と言えます。

    公立中高一貫オープンのお申し込みはこちら

    栄光の公立中高一貫オープンとは?

    「公立中高一貫オープン」は、適性検査を体験するためのテストです。 教科を問わず幅広いジャンルから出題される適性検査に準拠して出題された問題 に対し、限られた時間の中で、お子さまがどれだけ力を発揮できるかを確認します。答案は丁寧に採点した後、面談にて返却いたします。お子さまの成果を確認したり、課題を見つけたり、どのような部分に重点を置いて学習を進めると良いかをアドバイスいたします。

    • POINT1

      過去の出題傾向に合わせて
      作られたオリジナル問題

      過去に出題された適性検査の問題を分析し、基礎学力と思考力・判断力・表現力を問う栄光オリジナルの問題を出題します。客観的な指標で現在のお子様の課題点を見つけることができます。

    • POINT2

      試験結果を基に今後の勉強の
      仕方をアドバイス!

      面談にて成績報告書を返却いたします。答案からお子さまの現状の学力を分析し、1人ひとりの適性検査対策をお伝えします。また、記述問題は添削して返却し、改善ポイントを具体的にアドバイスします。

    • POINT3

      保護者説明会では入試分析や
      受検対策方法がわかる

      私立中学の入試問題との違いや公立中高一貫校対策に必要な心構えなど、これから受検を検討されている保護者さまにも、わかりやすく、お話いたします。ご不安なことや気になることがございましたら、お気軽にご質問いただけます。

    実施概要

    検査内容

    適性検査(I)
    (文系)
    国語の基礎学力を測る文法・文章問題と、実際の適性検査をベースにした記述問題を出題します。文章を読んで内容を把握し、自分の考え・意見を相手に伝える文章把握力・表現力を検査します。
    適性検査(II)
    (理系)
    算数の基礎学力を測る計算・文章問題と、実際の適性検査をベースにした問題を出題します。算数・理科・社会を中心に、会話・グラフ・写真などから、条件を整理して論理的なものの見方ができるかどうか、思考力・判断力を検査します。

    タイムテーブル(例)

    お子さま

    10:00~10:05 注意事項説明
    10:05~10:50 適性検査Ⅰ(文系)(45分)
    11:00~11:45 適性検査Ⅱ(理系)(45分)
    11:45~12:00 解答配布

    保護者

    10:00~11:30 保護者説明会
    (小4・5) 今から始める適性検査対策
    (小6) 合格力を高める夏休み以降の学習法
    などについて栄光ゼミナールの講師が保護者の皆さまに詳しくご説明します。

    よくある質問

    Q1.適性検査Ⅰ・Ⅱの違いは何ですか?

    A.適性検査Ⅰ(文系)では、国語の基礎学力を測る、漢字や文法、物語文・説明文の文章読解問題の他に、実際の適性検査をベースにした記述問題を出題します。文章を読んで内容を把握し、自分の考え・意見を相手に伝える文章把握力・表現力を検査します。 適性検査Ⅱ(理系)では、算数の基礎学力を測る計算、文章問題の他に、実際の適性検査をベースにした問題を出題します。算数・理科・社会を中心に、会話・グラフ・写真などから、条件を整理して論理的なものの見方ができるかどうか、思考力・判断力を検査します。

    Q2.受験料はかかりますか?

    A.栄光ゼミナールの「公立中高一貫オープン」は無料の模試となっております。申し込みフォームでご希望の日時・教室をお選びいただき、お申込みください。当日の模試の受検の他に、添削、後日実施する返却面談など、すべて無料でご提供いたします。

    Q3.当日の答案はどのように返却いただけますか。

    A.添削した後に面談形式で返却いたします。面談時には詳細を解説すると同時に、今後の対策として何が最も効果的なのか、お子さまに合わせた学習方法など、公立中高一貫校指導担当教師がアドバイスいたします。
    ※面談を希望する教室は、お申し込み時にお選びいただけます。

    公立中高一貫オープンのお申し込みはこちら

    先生からのメッセージ

    公立中高一貫オープンは、現時点でお子さまは何がどこまでできているのか、今後どのような点に注意して学習を進めていくべきか、を明確にするのにとても有効な模試です。
    公立中高一貫校合格へ向けた対策学習のスタートとしてぜひご活用ください。

    適性検査で合格するためには、思考力や表現力など「小学校の学習内容+α」の力が求められ、それぞれ対策が必要です。
    栄光ゼミナールの公立中高一貫校受検コースでは、どんな問題にも対応できる確かな基礎学力の養成と志望校別対策を行うゼミの組み合わせで、総合的でバランスの良い学習力や対応力を育む指導を行っています。

    公立中高一貫校受検コースの新規入塾生を募集中です。
    私たちと一緒に志望校合格をめざしましょう!

    先生からのメッセージ

    栄光ゼミナールの公立中高一貫校対策の指導方針

    これからの教育のカタチとして注目される公立中高一貫校。その合格のために必要とされるのは、各教科の基礎力を土台とした学力と学んだ知識をもとに、自らの頭で考え、答えを導き出す力。栄光ゼミナールでは、この"本物の実力"が身につくように生徒1人ひとりに、まず学び方から指導していきます。


    >> 公立中高一貫校受検コースを見る

    公立中高一貫校対策に特化した塾 E-style

    公立中高一貫校対策をご検討中の皆さま、都立中高一貫校対策に特化した新しいスタイルの教室が上野、巣鴨、両国に開校。皆さまをお待ちしております。

    都立中高一貫校対策に特化した指導体制

    これまで栄光ゼミナールで培ってきた公立中高一貫校対策のノウハウを結集、進化させた指導で白鷗高附中対策(上野校)、小石川中対策(巣鴨校)、両国高附中対策(錦糸町校)を行います。

    公立中高一貫オープン開催!

    E-styleの各教室でも公立中高一貫オープンを実施いたします。公立中高一貫校対策専任担当が、対策方法と指導内容について詳しくご説明します。

    >> E-styleのウェブサイトはこちら
     

    最新のイベント

    一覧を見る

    学年別イベント

    過去のイベント