エクタス成城学園校

開催コース一覧

講師のご紹介

高原 篤史

煬エ 篤史 (タカハラ アツシ) 教室責任者

●担当教科:社会  ●指導歴:23年

『単なる社会科ではなく、社会科学の扉を開こう』

小学校で学習する社会科は地理・歴史・公民、どれも覚える内容が多く、無機質な勉強になりがちです。しかし、筑駒・御三家をはじめとする最難関中の入試問題は、単純な知識量だけで勝負するようなものではなく、過去・現在そして将来の人間の生活について深く思考を重ねてゆく「社会科学の扉」と言えます。私の授業で、常に社会科に対する興味や関心を維持し、楽しみながら知識と思考力を身につけてください。この「思考を楽しむ力」こそが、最難関中を突破する力です。そしてそれはきっと、「君たちの未来の扉を開く力」にもなるのです。

高山 幹生

大矢 展樹(オオヤ ノブキ) 

●担当教科:算数・数学  ●指導歴:36年

『エクタスでは御三家、最難関校合格のため最適環境を提供いたします』

御三家・最難関中学を目指すことは、誰にでもできることではありません。
学習をさせることのできる環境があり、そこに到達するだけの才能や高い学習能力を持ち、何よりも本人がその学校に入学したいという強い意志があり、始めてスタートラインにたてるものです。 それだからこそ、同じ目的と同じ夢を持った生徒が集うことにより、楽しく・真剣で真摯な授業が実現するのです。大きく目を見開いて真剣な表情で授業を受ける生徒から、目からうろこが落ちたように『わかった、すごい』『○○っておもしろい』『えっ、授業もう終わりなの』という声が上がることが、私たちの最大の喜びです。
最難関校の受験は、つらいものではありません。大変だけれども生徒1人ひとりの成長にとても有意義な経験だと思っています。 中学入試はそれ自体が目的ではありませんし、ゴールでもありません。ただ12歳の子供にさせる入試であるからこそ、しっかりとした合格への方法論を持った指導を行いたいと思います。今後も合格の精度を100%に近づけて行くために、カリキュラム、そのための教材、そのための教師をそろえ、そのための指導力を前提に指導をしていきたいと思います。

田子 武志

田子 武志 (タゴ タケシ)

●担当教科:国語・英語  ●指導歴:28年

『「読む力」・「考える力」・「書く力」一生の財産となる国語力を身につけよう』

国語力は単に一受験科目として求められるものではなく、 全学習科目の基礎となり、ひいては一生涯生き続ける技能です。 私たちはこの技能を、難関中学合格を目指す全ての受験生に修得してもらいたいと願い、まず、読解問題と記述トレーニングをリンクさせることによって生徒が長時間集中して取り組めるように工夫したオリジナル記述教材を用意しました。そして、授業も講義形式の集団授業ではなく、生徒が主体的に課題に取り組み、適宜講師 の助言を得ながら、要約文や答案を着実に完成させていく、エクタス独自の半個別ワークショップ方式を採用しています。これら により、読解・思考・表現という生徒の全人格的作業をサポートします。是非エクタスの授業で国語を得意科目にしてください。

佐藤 圭介

清水 栄一(シミズ エイイチ) 

●担当教科:算数  ●指導歴:29年

『大切なのは何を学ぶのか…ではなく、どうやって学ぶのか』

「科学では証明できないくらい不思議なこと」と言われたりもしますが、 正しくは「今の科学では証明できないが、いつか必ず科学によって証明されるはずのこと」です。 「ない」ことと「あるけど見えない」ことは大きな違いです。 そしてその科学の道具としての第一歩、非常に重要な役割をもっているのが「算数」です。 大事だからこそ、中学入試でも大きなウエイトを占めるのです。入試で出るから大事…なのではありませんよ。 1人だと不安になることも、素敵な仲間や先生と一緒ならきっと前向きに取り組めるはず。 勉強に近道はないけれど、正しい習慣やアドバイス、コツは必ず存在するからです。 皆さんそれぞれの最難関中学合格、そしてその先の目標のために、Z会エクタスで一緒に頑張りましょう。

 

福井 健

福井 健 (フクイ タケシ)

●担当教科:国語  ●指導歴:23年

私達は、支えられ・支え合う多くの大切な人々と、言葉によって、心を通わせることができます。また、言葉によって、古今東西の英知に触れ、生きるための知恵を得ます。ゆえに、言葉に対する感性を高め、正しい運用に努め、そこで語られる思想を敏感に捉える力を磨くことこそが、人生を豊かにするといえるのではないでしょうか。
御三家・筑駒中の国語科で求められる力は、まさにこの、言葉と意味の世界に対する最高位の習熟度です。
これは、一朝一夕に身につくものではありません。また、一問一答式暗記の延長線上にも、決して実現できません。情緒的なコミュニュケーションだけでも、達成されないでしょう。ハイレベルな言語力を養成する意図をもって、計画的に組織され、訓練される必要があります。
エクタスでは、長時間、集中して、広大無辺な「言葉の海」を泳ぎきることができる環境を、ご準備しています。そして、「段落整序プリント」や「読記プリント」を通して、具体的に最難関校の出題に対応した、読解・記述力を形成していきます。
志のある皆さんは、ぜひ一度、体感してみて下さい。ご納得いただける方とは、目標実現まで、共に手を携えて進んでまいります。

相馬 英明

川島 良久(カワシマ ヨシヒサ)

●担当教科:理科  ●指導歴:28年

『新しい世界をみつける理科』

理科を学ぶと世界が違って見えてきます。いつもと同じ風景のはずなのに、その裏側にある物事の成り立ちが見えてくることで、次々と新しい世界が広がっていきます。それが理科の学習の魅力です。受験勉強を通してもその楽しみは得られます。むしろ普通の勉強よりもわくわくする問題がたくさんあります。中学受験の理科にはそんな魅力がたくさん詰まっているのです。さあ、一緒にその秘密を解き明かしていきましょう。

 

松井 猛已

櫻井 頼朋 (サクライ ヨリトモ)

●担当教科:算数  ●指導歴:37年

『明るく!元気に!前向きに!』

「先生!ちがう解き方でやったよ!」「このやり方でいいの?」等々小学生の発想の豊かさにはいつも感心させられます。また逆に、「こういう解き方もあるよ!」と違う視点からの解法を紹介すると「なるほど、そうか!」「これいいねー、おもしろい!」と素直に反応してくれます。この子どもたちとの発想のキャッチボールの瞬間が授業において相乗効果を生みます。私の授業は一方的な解説授業ではなく、子どもたちの力を引き出すような工夫を心がけて展開しています。特にある程度レベルの高い刺激し合う集団であればなおのこと効果があります。エクタスではまさにそういった質の高いエネルギッシュな授業を展開することができます。エクタスの扉を叩いていただき、結果的に難関中学が求めている柔軟な算数的思考力を身につける環境を整えていきましょう。

 

齋藤 史

齋藤 史(サイトウ フミ)

●担当教科:社会・アルゴ

『最高の6年間のための”今”を創る』

どんなに時代が変わっても、最難関校は多くの受験生を惹きつける存在であり続けています。それは、最高の学習環境・生活空間・仲間の中で、人生で一番成長できる時間を過ごすことができるからではないでしょうか。それこそが中学受験で得られる一番の”実り”であると私は考えます。 志望校合格も、その先の素晴らしい時間も勝ち取るために、単なる記憶やテクニックだけには頼らない、頭を柔軟に・豊かに使うための勉強をしてみませんか?

 

 

教室のご紹介

TEL
03-6277-9860
住所
東京都世田谷区成城6-5-29 成城フルールウエストビル4F
最寄駅
●小田急線成城学園前駅 北口より徒歩1分
教室までの順路
成城学園駅前駅北口改札を出てすぐに左折して2つめのビルの4階です。1階はパリミキ眼鏡店となっています。
印刷用はこちら
COPYRIGHT© 1998- EIKOH INC.ALL RIGHTS RESERVED.