エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2019.07.18(Thu)
初めての記述力テスト
(渋谷校:蛯名)
2019.07.02(Tue)
マーキング
(吉祥寺校:小島)
2019.07.01(Mon)
2019 御三家の哲学③
(成城学園校:福井)
2019.05.23(Thu)
入試で外来語? 語彙・一般常識を試す
(大宮校:佐藤)
2019.05.06(Mon)
『視野を広げる』
(吉祥寺校:小島)
2019.04.25(Thu)
2019 御三家の哲学②
(成城学園校:福井)
2019.02.28(Thu)
筑駒・御三家中 入試 国語出典
(大宮校:佐藤)
2019.02.25(Mon)
複数の学校で出題された同じ本
(渋谷校:蛯名)
2019.02.22(Fri)
これからが大切!
(吉祥寺校:小島)
2019.02.07(Thu)
2019 御三家の哲学①
(自由が丘校・成城学園校:福井)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
初めての記述力テスト

2019.07.18(Thu)

●渋谷校:蛯名    ●カテゴリー:

 

今年度から小学一年生対象の『試行力・記述力診断テスト』が始まりました。

テスト慣れしている方もいらっしゃいますが、多くの方々は塾のテスト未経験。

一生懸命頑張ってくださいました。

 

私は国語科の採点をいたしました。一年生が間違えたのはどんな問題だったのか。ちょっとお伝えしますね。

 

ひらがな

ひらがなを正しく書くのは大人が想像するより難しいことです。日々文字を使うようにして、しっかり書けるようにしましょう。

学校での勉強が大切ですね。

 

仮名遣い

「は・わ」「へ・え」「を・お」などの使い分けが難しいようです。時と場合を考えなければならないので、音から文字に直すのに精いっぱいの今の時期、

一年生の皆さんにとっては難しいと思います。逆にまったく間違えないという方は、実は普通ではなく、できている方なのかもしれません。

 

生活の中の言葉

今後学年が上がるにつれ、様々な文章に巡り合うと思います。物語、随筆、論説文・・・。

科学や社会、思想なども触れることになります。

けれどもやはり基本は人間が生きているということ。この出発点となる普段の生活を大切にして、その中の身近な物事を表す言葉をたくさん覚えていくことが、

難しい文章に取り組む土台となります。

 

話の流れ

どのような状態が、どのような結果になったら「お話になる」のか。これは物語に触れ、面白く感じた経験を積むことで身についていくものです。

様々なお話の中で共通していること、違っていること。悲しい結末、ハッピーエンド。色々な読書経験が「お話になる」とはどういうことか教えてくれるでしょう。

 

答え方

空欄にあてはまるように書いたり、文末表現を整えたりするのは慣れが必要ですね。

 

エクタスでは二学期にも一年生の『試行力・記述力診断テスト』を予定しております。一学期に受けた方も、そうでない方も、ぜひお越しください。

マーキング

2019.07.02(Tue)

●吉祥寺校:小島    ●カテゴリー:

 

 中学受験を目指す小学生なら、今まで何問も国語の文章問題を解いてきたと思います。テキストの問題、テスト等、何問も文章を読み、答えてきたことでしょう。

 小学校でのテスト(いわゆる「カラーテスト」)レベルなら、受験生の皆さんならすらすら読んで、全問解いても時間が余る...という人が多いでしょう。もちろん、100点を取ることも珍しくないと思います。ところが、塾でのテストやテキストの問題となると、とたんに難しくなる。同じ国語なのに...と感じたことがある人もいるでしょう。

 まず、塾のテキストや問題は普通に小学校で習う国語の文章に比べ、①分量が多い②難解な語句も含まれる(=小学生向けの文章ではなく、一般大衆向けの文章が多く使用される)③問われ方が小学生には難しい...等々、様々な理由があります。

 

 入試問題や塾でのテスト等に使用される文章は、上記の理由から一度読んだだけで内容を完全に把握することはとても困難です。それでも8割~9割得点できる人もいることも事実です。「そんな人は天才なんだ」「僕にはそんな力はつくはずがない」...などと嘆く前に、そういう人がどんな解き方(読み方)をしているのか、を考えましょう。

 得点力の高い人にほぼ共通しているのは、「マーキング」、つまり文章の中のポイントに印をつけながら読んでいるということです。

 その際、やみくもにあれもこれも...と線を引くと、線だらけになってしまいかえって重要なことが見えなくなってしまいます。文章ジャンルによって、自分なりの「ルール」を決めてマーキングしていくことが大切です。

 たとえば、物語文の場合は

①できごと

②心情変化(気持ちことばだけではなく、表情や情景描写にも注目)

③人物の行動・言動

この3つと決めて、それぞれ自分なりのルールで線を引きます。この3つは、ほとんどの場合因果関係になっているので、矢印でつないでいきます。この作業をしながら読み進めていくと予め設問になっている傍線部にいつかはあたるので、矢印を戻るとそこに答えがある...という読み方です。

 同様に説明的文章の場合は、

①キーワード(文中に何回も出てくる言葉)

②「しかし」「だが」等の逆接のことば

③「つまり」「だから」「したがって」等、それまでの内容をまとめる言葉

④筆者の強い意見

この4つと決めて、同様に線を引いて行きます。①で話題がわかり②では逆接の後半が筆者の意見になります。また③④から筆者の主張を読み取れれば、その文章は理解できたことになります。

 

 いよいよ、長い夏休み。受験生はこの夏の成果が合否に直接影響するといっても過言ではありません。その大切な時期に、ここで紹介したような「マーキング」を意識して読み、解くようにしてみてはどうでしょう。今までとは違った読み方ができると思います。また、初めからうまくいくとは思わず、試行錯誤をしながら自分なりのやり方を身に着けていくのがコツです。

2019 御三家の哲学③

2019.07.01(Mon)

●成城学園校:福井    ●カテゴリー:


桜蔭中・武蔵中の出題から。 


(沖永良部島に墜落した特攻機に乗っていた)伍長「ぼくだけ生き残ってしまった...死んで神になるはずだったのに」 少女「ずっとここにいれば?戦争が終わるまで隠れていれば?」 伍長「いきててよかった」 ...少女「(伍長には、戦死した父や兄にしたように)お国のためにがんばってきてねって...もう手は振らない」      (中脇初枝『神に守られた島』による)


戦時中、沖永良部に墜落した特攻兵の伍長は、仲間と一緒に軍人としての使命を果たせず、"神"になれなかったことを深く悔いています。そんなとき、天真爛漫な地元の少女から、「もうヤマトゥに戻らないで、ずっとここにいれば? 戦争が終わるまで隠れていれば?」と、当時としては異例の率直な言葉をかけられ、衝撃を受けたようです。彼は、涙しながら大いに笑い、「生きててよかった」とつぶやきます。そこに、もはや軍神の面影はありませんでした。また、少女も、「お国のためにがんばってきてね」と、父や兄に手をふった結果、それがかえって「呪い」になり、二人とも帰ってこなかったのではないかと思い至った末、「もう手は振らない」と言い切ります。


社会全体が戦争遂行を要求していた時代でも、したたかな民衆は、水面下でこのような人間らしいやりとりを交わしていたのでしょうか。発見・摘発されれば大変なことになったでしょうから、仲間内や家族間でも、発言には相当な覚悟が必要だったにちがいありません。当時を経験していない私たちは、想像の域を出ませんね。


しかし、物語の中で、伍長が本心を吐露するきっかけになったのは、命を賭した勇気あるヒーローの殉難行動などではなく、少女の何気ない一言です。皆、言いたいけれども言えない本心を、あっさりと口にしてみせる。その強さ、明るさ、正しさ、屈託のなさ、正直...いつの時代も、社会を変える発火点になったのは、意外とこんなところにあるのかもしれません。


もちろん、多様な人間模様を一律には括れないでしょうけれども、何か問題がこじれ、複雑な論理を駆使したり、議論の応酬を繰り返したりしても前に進めないときこそ、心の本性に即した単純素朴な「一言」が、導き手になってくれることもあるかもしれません。今日、言葉の発信方法には、事欠きませんから、その気になれば、声をあげることはできそうです。時代の底流を形成する「一言」の力に気づかせてくれた、本年度の桜蔭中・武蔵中の出題でした。



入試で外来語? 語彙・一般常識を試す

2019.05.23(Thu)

●大宮校:佐藤    ●カテゴリー:

先日、小5の国語授業で、知識問題のプリントを実施しました。

「語句の意味」というタイトルで、外来語を答えるというものです。

 

外来語とは、中国以外の外国からはいってきて、日本語として使われるようになった言葉をいい、カタカナで書き表します。

 

問題では、「キャリア」「オーナー」「キャンセル」「ハンディキャップ」「トータル」「ユニーク」「メリット」など、

日常生活でしばしば用いられる単語が出ており、耳にしたことがあれば、そこまで難しくないのですが、

いざ問題をやってみると、生徒によって差が出ていました。

漢字練習や文章読解だけではなく、その子の語彙や一般常識が差となったわけですね。

 

外来語を毎年出題している学校があります。灘中学校(1日目)です。

過去に出題された問題を紹介します。

 

2019年 大問1問3

次の1~5の外来語を漢字の熟語で表現するとどうなりますか。

 1プログラム 2プロジェクト 3プロセス 4プロフィール 5プロポーズ

  ア過程 イ企画 ウ求婚 エ人物紹介 オ番組表 

 

2017年 大問1 問5

次の1~8の    に入る適当な語をA~Hから選び、記号で答えなさい。

1熱心に練習するのはよいが、    ワークにならないように注意しなさい。

2彼は今    テンションでしゃべり続けている。

 3今日の新聞の    ニュースは、アメリカ大統領選挙の結果についてだった。

 4今日のフランス料理の    ディッシュは、鹿のローストだった。

 5私は酒が飲めないので、    ドリンクを注文します。

 6彼女は    トレーニングを積んで、一流選手になった。

 7インスタントではなく、手間ひまかけた料理は、    フードと呼ばれる。

 8再生紙を使えば、    コストで本を作ることができる。

  A オーバー B スロー C ソフト D トップ E ハード F ハイ G メイン H ロー

 

2015年 大問1 問6

「~ション」という形で、次の意味になる外来語をそれぞれ答えなさい。

 1電飾

 2話すときの声の上がり下がり

 3機械が自走的に仕事をすること

 4多様な変化

 5輪番・持ち回り

 

2008年 大問1問5

次の1~6の外来語を漢字で表すとどうなりますか。

 1ポジション     → □置

 2インフォメーション → □報

 3コレクション    → 収□

 4ディスカッション  → □議

 5リアクション    → 反□

 6セクション     → □門

 

2005年 大問1 問6

次のahの外来語の意味を、漢字一字で表す場合、適当な語をア~コから選びなさい。

 a チェンジ bコーナー cインフォメーション dリーダー eプラン fサイド g スペシャル hサポート

 ア録 イ側 ウ首 エ級 オ変 カ支 キ報 ク特 ケ角 コ計

 

どれくらいできましたか?

これらを解くためには幅広い語彙や、一般常識が必要になります。

机上の学習だけでなく、日常の会話やニュース、本で、知らない言葉が出てきたらぜひ調べてみてください。さらに豊かな語彙力や、一般常識が身につくでしょう。

もちろん、普段やっている漢字・知識の練習、文章読解でも同様です。

『視野を広げる』

2019.05.06(Mon)

●吉祥寺校:小島    ●カテゴリー:

 

 GWも終わりました。今年は10連休、しかも元号も変わりました。受験生は連休といえども、勉強に追われたことでしょうが、受験学年以外の人は羽を伸ばした人も多いのではないでしょうか。受験生にとって「天王山」とも言える夏休みまであと2か月です。光陰矢のごとし、などと言われますが、月日の経つのは本当に早いものです。

 

 今月から元号が「令和」と改まりました。発表された当初は、「令」の漢字が「命令・指令・法令」など、上から押さえつけられるようなイメージを持った人も多かったようです。たしかに「令」には、「言いつける・命じる」等の意味があります。が、この漢字には「すばらしい・りっぱな」という意味もあるのです。「令名・令嬢」等の熟語の使い方がそれにあたります。当然「令和」の「令」はその意味でつけられています。『万葉集』の前文からとられたそうですが、日本の古典をもとにできた元号も初めてとのことです。何事も先入観で判断せず、視野を広げた結果とも言えるでしょう。

 

 皆さんも、問題を解くときに「先入観」にとらわれてしまうことはないでしょうか?たとえば記号問題で正解を選ぶ際、何の根拠もないままに「ウが多いはず...」とか、三問続けて同じ記号になった場合「こんなに同じものが続くはずはない...」とか。視野の狭い人ほど、余計な邪念が災いし失点しやすいものです。

 

 国語が苦手...という生徒を今まで何人も見てきましたが、本当に「出来ない」と思える生徒はほとんどいませんでした。では、なぜ苦手意識がつくのか...まさに、自分は国語が出来ないのだという「先入観」を持ってしまっているのです。そういう人は、そもそも国語の勉強をすることも「嫌い」であるだけでなく、成績が伸びなくても「当然」と思い、悔しさを感じることもないでしょう。そんな気持ちで勉強を続けても楽しくないでしょうし、成績向上は見込めません。

 

 「好きこそものの上手なれ」ということわざがあります。また「下手の横好き」などとも言います。意味としては違いますが、この二つに共通するのは「好き」ということです。今、国語が得意なのか不得意なのか、ということは一旦置いて、「好き」という気持ちを持ってほしいと思います。苦手だ...という先入観も捨て、楽しみながら勉強を続けることで、間違いなく成績も伸びてきます。是非、意識を変えていきましょう!

2019 御三家の哲学②

2019.04.25(Thu)

●成城学園校:福井    ●カテゴリー:

麻布中の出題から。 

当初、父の仕事都合だという転居や引っ越し先の暮らしに違和感があった少女。でも、娘の幼い頃を思い出して帰郷を願う「おじさん」の愛情や、出稼ぎに出た父の帰りを待ちわびる友の思いやりや、的確なアドバイスをくれる姉の優しさにふれるうちに...家族や今の生活の大切さに少しずつ気づけたかな?               (安東みきえ『天のシーソー』による)

 

 私たちは、とりまく環境が大きく変わったとき、少なからぬ葛藤を抱えることがありますね。たとえば、みなさんは、学年が上がってクラス替えが行われ、それまで仲の良かった友達と別れなくてはいけなくなったことはありませんか?それが、新しい仲間を作るきっかけになることはわかっていても、それまで自分に居心地の良さを与え続けてくれた環境の喪失は、他の何者をもっても補うことはできないというべきでしょう。その気持ち、よくわかります。

しかし、いつまでもうつむいているわけにもいきません。日々の学校生活が新しいクラスで営まれる以上、せつない現実となんとか折り合いをつけて前に進まない限り、殻に閉じこもって塞ぎ込んだままです。そんなつまらない自分でいれば、誰も得しませんよね。

 

 本年の麻布中の出題文においては、環境が激変した新生活に慣れる第一歩を踏み出すきっかけとしての、いつでもどこでも、どんな自分でも受けいれてくれるであろう「家族」との絆にスポットを当てています。"娘の幼い頃を思い出して帰郷を願う「おじさん」の愛情"も、"出稼ぎに出た父の帰りを待ちわびる友の思いやり"も、"的確なアドバイスをくれる姉の優しさ"も、一貫しているのは、「無条件性」といえるかもしれません。相手がある一定の条件を満たさなければ愛情を注げないのであれば、それは部分的かつ偏頗な感情であって、何らかの障害にぶつかれば、もろくも崩れ去る危うさを伴うのではないでしょうか。

無償の愛をもって見守ってくれる存在は、必ずしも家族に限定されるものではないでしょう。これから、自分が、どんな学校に進学し、いかなる職業に就いても、また、万人が見捨てんばかりの苦境に立つことになったとしても、最後の砦ともいうべき存在として背中を押してくれるかけがえのない知己を得るには、やはり、自分から他者に対してそのような接し方を心がけるしかないのかもしれませんね。

 「絆」の力に改めて気づかせてくれた、麻布中の出題でした。

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。