エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2019.05.23(Thu)
入試で外来語? 語彙・一般常識を試す
(大宮校:佐藤)
2019.05.06(Mon)
『視野を広げる』
(吉祥寺校:小島)
2019.04.25(Thu)
2019 御三家の哲学②
(成城学園校:福井)
2019.02.28(Thu)
筑駒・御三家中 入試 国語出典
(大宮校:佐藤)
2019.02.25(Mon)
複数の学校で出題された同じ本
(渋谷校:蛯名)
2019.02.22(Fri)
これからが大切!
(吉祥寺校:小島)
2019.02.07(Thu)
2019 御三家の哲学①
(自由が丘校・成城学園校:福井)
2018.12.10(Mon)
冬のことば 
(大宮校:佐藤)
2018.12.06(Thu)
『指さし確認』を国語でも
(渋谷校:蛯名)
2018.11.29(Thu)
「直接そこに現れて(表れて)いないこと」を読み取る
(自由が丘校:齋藤)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
入試で外来語? 語彙・一般常識を試す

2019.05.23(Thu)

●大宮校:佐藤    ●カテゴリー:

先日、小5の国語授業で、知識問題のプリントを実施しました。

「語句の意味」というタイトルで、外来語を答えるというものです。

 

外来語とは、中国以外の外国からはいってきて、日本語として使われるようになった言葉をいい、カタカナで書き表します。

 

問題では、「キャリア」「オーナー」「キャンセル」「ハンディキャップ」「トータル」「ユニーク」「メリット」など、

日常生活でしばしば用いられる単語が出ており、耳にしたことがあれば、そこまで難しくないのですが、

いざ問題をやってみると、生徒によって差が出ていました。

漢字練習や文章読解だけではなく、その子の語彙や一般常識が差となったわけですね。

 

外来語を毎年出題している学校があります。灘中学校(1日目)です。

過去に出題された問題を紹介します。

 

2019年 大問1問3

次の1~5の外来語を漢字の熟語で表現するとどうなりますか。

 1プログラム 2プロジェクト 3プロセス 4プロフィール 5プロポーズ

  ア過程 イ企画 ウ求婚 エ人物紹介 オ番組表 

 

2017年 大問1 問5

次の1~8の    に入る適当な語をA~Hから選び、記号で答えなさい。

1熱心に練習するのはよいが、    ワークにならないように注意しなさい。

2彼は今    テンションでしゃべり続けている。

 3今日の新聞の    ニュースは、アメリカ大統領選挙の結果についてだった。

 4今日のフランス料理の    ディッシュは、鹿のローストだった。

 5私は酒が飲めないので、    ドリンクを注文します。

 6彼女は    トレーニングを積んで、一流選手になった。

 7インスタントではなく、手間ひまかけた料理は、    フードと呼ばれる。

 8再生紙を使えば、    コストで本を作ることができる。

  A オーバー B スロー C ソフト D トップ E ハード F ハイ G メイン H ロー

 

2015年 大問1 問6

「~ション」という形で、次の意味になる外来語をそれぞれ答えなさい。

 1電飾

 2話すときの声の上がり下がり

 3機械が自走的に仕事をすること

 4多様な変化

 5輪番・持ち回り

 

2008年 大問1問5

次の1~6の外来語を漢字で表すとどうなりますか。

 1ポジション     → □置

 2インフォメーション → □報

 3コレクション    → 収□

 4ディスカッション  → □議

 5リアクション    → 反□

 6セクション     → □門

 

2005年 大問1 問6

次のahの外来語の意味を、漢字一字で表す場合、適当な語をア~コから選びなさい。

 a チェンジ bコーナー cインフォメーション dリーダー eプラン fサイド g スペシャル hサポート

 ア録 イ側 ウ首 エ級 オ変 カ支 キ報 ク特 ケ角 コ計

 

どれくらいできましたか?

これらを解くためには幅広い語彙や、一般常識が必要になります。

机上の学習だけでなく、日常の会話やニュース、本で、知らない言葉が出てきたらぜひ調べてみてください。さらに豊かな語彙力や、一般常識が身につくでしょう。

もちろん、普段やっている漢字・知識の練習、文章読解でも同様です。

『視野を広げる』

2019.05.06(Mon)

●吉祥寺校:小島    ●カテゴリー:

 

 GWも終わりました。今年は10連休、しかも元号も変わりました。受験生は連休といえども、勉強に追われたことでしょうが、受験学年以外の人は羽を伸ばした人も多いのではないでしょうか。受験生にとって「天王山」とも言える夏休みまであと2か月です。光陰矢のごとし、などと言われますが、月日の経つのは本当に早いものです。

 

 今月から元号が「令和」と改まりました。発表された当初は、「令」の漢字が「命令・指令・法令」など、上から押さえつけられるようなイメージを持った人も多かったようです。たしかに「令」には、「言いつける・命じる」等の意味があります。が、この漢字には「すばらしい・りっぱな」という意味もあるのです。「令名・令嬢」等の熟語の使い方がそれにあたります。当然「令和」の「令」はその意味でつけられています。『万葉集』の前文からとられたそうですが、日本の古典をもとにできた元号も初めてとのことです。何事も先入観で判断せず、視野を広げた結果とも言えるでしょう。

 

 皆さんも、問題を解くときに「先入観」にとらわれてしまうことはないでしょうか?たとえば記号問題で正解を選ぶ際、何の根拠もないままに「ウが多いはず...」とか、三問続けて同じ記号になった場合「こんなに同じものが続くはずはない...」とか。視野の狭い人ほど、余計な邪念が災いし失点しやすいものです。

 

 国語が苦手...という生徒を今まで何人も見てきましたが、本当に「出来ない」と思える生徒はほとんどいませんでした。では、なぜ苦手意識がつくのか...まさに、自分は国語が出来ないのだという「先入観」を持ってしまっているのです。そういう人は、そもそも国語の勉強をすることも「嫌い」であるだけでなく、成績が伸びなくても「当然」と思い、悔しさを感じることもないでしょう。そんな気持ちで勉強を続けても楽しくないでしょうし、成績向上は見込めません。

 

 「好きこそものの上手なれ」ということわざがあります。また「下手の横好き」などとも言います。意味としては違いますが、この二つに共通するのは「好き」ということです。今、国語が得意なのか不得意なのか、ということは一旦置いて、「好き」という気持ちを持ってほしいと思います。苦手だ...という先入観も捨て、楽しみながら勉強を続けることで、間違いなく成績も伸びてきます。是非、意識を変えていきましょう!

2019 御三家の哲学②

2019.04.25(Thu)

●成城学園校:福井    ●カテゴリー:

麻布中の出題から。 

当初、父の仕事都合だという転居や引っ越し先の暮らしに違和感があった少女。でも、娘の幼い頃を思い出して帰郷を願う「おじさん」の愛情や、出稼ぎに出た父の帰りを待ちわびる友の思いやりや、的確なアドバイスをくれる姉の優しさにふれるうちに...家族や今の生活の大切さに少しずつ気づけたかな?               (安東みきえ『天のシーソー』による)

 

 私たちは、とりまく環境が大きく変わったとき、少なからぬ葛藤を抱えることがありますね。たとえば、みなさんは、学年が上がってクラス替えが行われ、それまで仲の良かった友達と別れなくてはいけなくなったことはありませんか?それが、新しい仲間を作るきっかけになることはわかっていても、それまで自分に居心地の良さを与え続けてくれた環境の喪失は、他の何者をもっても補うことはできないというべきでしょう。その気持ち、よくわかります。

しかし、いつまでもうつむいているわけにもいきません。日々の学校生活が新しいクラスで営まれる以上、せつない現実となんとか折り合いをつけて前に進まない限り、殻に閉じこもって塞ぎ込んだままです。そんなつまらない自分でいれば、誰も得しませんよね。

 

 本年の麻布中の出題文においては、環境が激変した新生活に慣れる第一歩を踏み出すきっかけとしての、いつでもどこでも、どんな自分でも受けいれてくれるであろう「家族」との絆にスポットを当てています。"娘の幼い頃を思い出して帰郷を願う「おじさん」の愛情"も、"出稼ぎに出た父の帰りを待ちわびる友の思いやり"も、"的確なアドバイスをくれる姉の優しさ"も、一貫しているのは、「無条件性」といえるかもしれません。相手がある一定の条件を満たさなければ愛情を注げないのであれば、それは部分的かつ偏頗な感情であって、何らかの障害にぶつかれば、もろくも崩れ去る危うさを伴うのではないでしょうか。

無償の愛をもって見守ってくれる存在は、必ずしも家族に限定されるものではないでしょう。これから、自分が、どんな学校に進学し、いかなる職業に就いても、また、万人が見捨てんばかりの苦境に立つことになったとしても、最後の砦ともいうべき存在として背中を押してくれるかけがえのない知己を得るには、やはり、自分から他者に対してそのような接し方を心がけるしかないのかもしれませんね。

 「絆」の力に改めて気づかせてくれた、麻布中の出題でした。

筑駒・御三家中 入試 国語出典

2019.02.28(Thu)

●大宮校:佐藤    ●カテゴリー:

2019年 筑駒・御三家中学入試 国語出典


<筑波大駒場>

椹木野衣『子供の絵』(説明文)

石垣りん『シジミ』()

     『ユーモアの鎖国』(随筆)

 

<開成>

荻原浩『空は今日もスカイ』(物語文)

松村圭一郎『うしろめたさの人類学』(説明文)

 

<麻布>

安藤みきえ『天のシーソー』(物語文)

 

<武蔵>

中脇初枝『神に守られた島』(物語文)

 

<桜蔭>

山極寿一『ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」』(説明文)

中脇初枝『神に守られた島』(物語文)

 

<女子学院>

ペーター・ヴォールレーベン・著/長谷川圭・訳『樹木たちの知られざる生活 森林管理者が聴いた森の声』(説明文)

夏川草介『五月の贈り物』(随筆)

 

<雙葉>

岩合光昭『生きもののおきて』(説明文)

寺田寅彦『科学者とあたま』(説明文)

童謡『鯉のぼり』(詩)

 

 

それぞれの中学の出題傾向や対策は3/17(日)の入試報告会で報告いたします。

皆様、ぜひご来場ください。

複数の学校で出題された同じ本

2019.02.25(Mon)

●渋谷校:蛯名    ●カテゴリー:

 

日本にはたくさんの私国立中学校があり、世界では日々たくさんの本が出版されています。その中で、同じ本の文章が複数の中学校で出題されることがあります。

 

エクタス生にかかわりの深い御三家中学の問題では、桜蔭中・武蔵中で出題された中脇初枝さんの『神に守られた島』、開成中・海城中・香蘭女学校中・豊島岡女子中で出題された松村圭一郎さんの『うしろめたさの人類学』、桜蔭中・香蘭女学校中・淑徳与野中で出題された山極寿一さんの『ゴリラからの警告 「人間社会、ここがおかしい」』が複数の学校で出題されています。

 

私もその中の一冊、『ゴリラからの警告 「人間社会、ここがおかしい」』を購入して読みました。

 

筆者の山極寿一さんはゴリラ研究の第一人者で、京都大学の総長をなさっている方です。サルやゴリラの研究から、人間という動物の原点を推測し、現代日本社会のトラブルは、人間が備えている特徴の由来や本質を誤解することから生じているのではないか、と警告を発してらっしゃいます。

 

『うしろめたさの人類学』もまだ入試問題の範囲でしか読んでいませんが、現代社会の人間関係に対する問いかけがなされています。そして、その疑問に共感した中学校の先生が多かったからこそ、複数の学校で入試問題として出題されたのではないでしょうか。

 

『ゴリラからの警告 「人間社会、ここがおかしい」』は毎日新聞のコラム「時代の風」の連載をまとめたもので、一つ一つの文章が短く、勉強の合間に読むのにもおすすめです。ただし、桜蔭中・香蘭女学校中・淑徳与野中志望の方がお読みになると、過去問演習のときに正確な実力の判定が難しくなるのでご注意を。

これからが大切!

2019.02.22(Fri)

●吉祥寺校:小島    ●カテゴリー:

 

2019年度、「平成最後」の中学入試もほぼ終了しました。受験生の中には、存分に力を発揮できた人もいれば実力の半分も出せずに終わってしまった...などと思う人もいることでしょう。誰もが「終わってみて初めてわかること」。これが中学入試なのです。希望通りの結果を出せた人、逆に消化不良で終わってしまった人...様々かと思います。

 

私は受験が終わるこの時期に、必ず生徒に伝えている言葉があります。それは

 

「ここからが本当の勉強だ」

 

ということです。

 

やっと受験勉強が終わったところなのに...などと思っている受験生も多いでしょう。もちろん、入試直前まで頑張ってきた皆さんですから、少しくらい遊んだり気を抜いたりしてもいいでしょう。ただ、その状態を新しく迎える中学の入学式まで引きずってしまったとしたら...その先は違った苦労を背負い込むことになりかねません。

どこの中学に進学しようと、私国立の中学に入学すると周りは自分同様に受験勉強をしっかりしてきた人ばかりです。ちょっと気を抜けば、順位はすぐに下がってしまいます。既に中学から入学式の日までの宿題を出されている人も多いでしょう。なぜ中学が新入生に宿題を課すのか?おそらく、せっかく一生懸命に勉強してきた一人一人に、将来(6年後)を見据えて気を抜いてほしくない...そんな気持からではないでしょうか。

私国立中に入学できる諸君は、公立中に進む生徒とは違い「高校入試」は基本的にありません。が、6年後には大学入試が控えています。僕は大学の附属校に進むから...などとたかをくくってはいけません。附属校でも、学内成績順に志望学部が優先的に選べます。言い換えれば、学内成績が悪ければ悪い分、「残った学部」にしか入れない、ということです。もちろん、筑駒や御三家に進むのであれば、100%大学受験になります。

2020年問題、というとほとんどの人は東京五輪を思い浮かべることでしょう。でも、諸君にとっての2020年問題とは「大学入試改革」なのです。

今年も行われた「センター入試」...マークシート方式という「答えを選ぶ」という入試から、思考・記述力重視の問題へと様変わりするのです。

でも「大変だ!」などと心配する必要はありません。筑駒・御三家を目指して勉強してきた人であれば、下地は十分できています。ただ、「継続は力なり」と言われる通り、コツコツと続けて勉強する習慣のある人は心配ないのですが、ここで思い切り手を抜いてしまうと、それを取り返すのは容易ではありません。

さらに中1の学習内容は受験勉強をしてきた諸君にとっては「易しい」と感じるはずです。これもまた、中1生が手を抜く原因の一つと言えるでしょう。

ゴールデンウィークが終わった頃、大半の中学で「中間テスト」があります。国語は記述問題もあるので簡単に満点は取れませんが、英語や数学なら範囲も短く初歩的な内容なので狙って満点が取れるはず。まずは第一目標として、1学期中間テストで英数満点を目指してください。

 

せっかく努力してきてつかんだ栄光です。そのよい経験を無にすることなく、6年後にさらに飛躍してくれることを期待しています。

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。