エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2019.05.06(Mon)
『視野を広げる』
(吉祥寺校:小島)
2019.04.25(Thu)
2019 御三家の哲学②
(成城学園校:福井)
2019.04.23(Tue)
小1ジュニアコース開講
(たまプラーザ校:深川)
2019.04.23(Tue)
入試で出る統計データ ②乗用車保有台数
(成城学園校:髙原)
2019.04.18(Thu)
令和と梅と桜
(渋谷校:松井)
2019.04.15(Mon)
2年生のときに取り組みたいこと
(自由が丘校:齋藤(初))
2019.04.08(Mon)
雙葉の入試問題より
(池袋校:滝澤)
2019.03.19(Tue)
『はじめ』と『初め』と『始め』
(成城学園校:清水)
2019.03.16(Sat)
入試で出る統計データ ①昼夜間人口比率
(成城学園校:髙原)
2019.03.13(Wed)
東大合格者上位校
(たまプラーザ校:中村)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
2019 御三家の哲学②

2019.04.25(Thu)

●成城学園校:福井    ●カテゴリー:

麻布中の出題から。 

当初、父の仕事都合だという転居や引っ越し先の暮らしに違和感があった少女。でも、娘の幼い頃を思い出して帰郷を願う「おじさん」の愛情や、出稼ぎに出た父の帰りを待ちわびる友の思いやりや、的確なアドバイスをくれる姉の優しさにふれるうちに...家族や今の生活の大切さに少しずつ気づけたかな?               (安東みきえ『天のシーソー』による)

 

 私たちは、とりまく環境が大きく変わったとき、少なからぬ葛藤を抱えることがありますね。たとえば、みなさんは、学年が上がってクラス替えが行われ、それまで仲の良かった友達と別れなくてはいけなくなったことはありませんか?それが、新しい仲間を作るきっかけになることはわかっていても、それまで自分に居心地の良さを与え続けてくれた環境の喪失は、他の何者をもっても補うことはできないというべきでしょう。その気持ち、よくわかります。

しかし、いつまでもうつむいているわけにもいきません。日々の学校生活が新しいクラスで営まれる以上、せつない現実となんとか折り合いをつけて前に進まない限り、殻に閉じこもって塞ぎ込んだままです。そんなつまらない自分でいれば、誰も得しませんよね。

 

 本年の麻布中の出題文においては、環境が激変した新生活に慣れる第一歩を踏み出すきっかけとしての、いつでもどこでも、どんな自分でも受けいれてくれるであろう「家族」との絆にスポットを当てています。"娘の幼い頃を思い出して帰郷を願う「おじさん」の愛情"も、"出稼ぎに出た父の帰りを待ちわびる友の思いやり"も、"的確なアドバイスをくれる姉の優しさ"も、一貫しているのは、「無条件性」といえるかもしれません。相手がある一定の条件を満たさなければ愛情を注げないのであれば、それは部分的かつ偏頗な感情であって、何らかの障害にぶつかれば、もろくも崩れ去る危うさを伴うのではないでしょうか。

無償の愛をもって見守ってくれる存在は、必ずしも家族に限定されるものではないでしょう。これから、自分が、どんな学校に進学し、いかなる職業に就いても、また、万人が見捨てんばかりの苦境に立つことになったとしても、最後の砦ともいうべき存在として背中を押してくれるかけがえのない知己を得るには、やはり、自分から他者に対してそのような接し方を心がけるしかないのかもしれませんね。

 「絆」の力に改めて気づかせてくれた、麻布中の出題でした。

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。