エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2019.02.28(Thu)
筑駒・御三家中 入試 国語出典
(大宮校:佐藤)
2019.02.25(Mon)
入試報告会、ぜひお待ちしています
(池袋校:白田)
2019.02.25(Mon)
複数の学校で出題された同じ本
(渋谷校:蛯名)
2019.02.22(Fri)
これからが大切!
(吉祥寺校:小島)
2019.02.13(Wed)
「続・続・続・続・続・続・続・算数よもやまばなし」
(大宮校:宮下)
2019.02.09(Sat)
2019 筑波大附属駒場中 入試出題分析
(エクタス事務局)
2019.02.07(Thu)
2019 御三家の哲学①
(自由が丘校・成城学園校:福井)
2019.02.01(Fri)
2019年 桜蔭中入試 解答速報
(エクタス事務局)
2019.02.01(Fri)
2019年 開成中入試 解答速報
(エクタス事務局)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
筑駒・御三家中 入試 国語出典

2019.02.28(Thu)

●大宮校:佐藤    ●カテゴリー:

2019年 筑駒・御三家中学入試 国語出典


<筑波大駒場>

椹木野衣『子供の絵』(説明文)

石垣りん『シジミ』()

     『ユーモアの鎖国』(随筆)

 

<開成>

荻原浩『空は今日もスカイ』(物語文)

松村圭一郎『うしろめたさの人類学』(説明文)

 

<麻布>

安藤みきえ『天のシーソー』(物語文)

 

<武蔵>

中脇初枝『神に守られた島』(物語文)

 

<桜蔭>

山極寿一『ゴリラからの警告「人間社会、ここがおかしい」』(説明文)

中脇初枝『神に守られた島』(物語文)

 

<女子学院>

ペーター・ヴォールレーベン・著/長谷川圭・訳『樹木たちの知られざる生活 森林管理者が聴いた森の声』(説明文)

夏川草介『五月の贈り物』(随筆)

 

<雙葉>

岩合光昭『生きもののおきて』(説明文)

寺田寅彦『科学者とあたま』(説明文)

童謡『鯉のぼり』(詩)

 

 

それぞれの中学の出題傾向や対策は3/17(日)の入試報告会で報告いたします。

皆様、ぜひご来場ください。

入試報告会、ぜひお待ちしています

2019.02.25(Mon)

●池袋校:白田    ●カテゴリー:

「入試報告会、ぜひお待ちしています。」

 

こんにちは、エクタス池袋校の白田です。今年の中学入試も終わり、最難関中学入試の状況が少しずつ判明してきました。

3/17(日)は例年ご好評をいただいておりますエクタス入試報告会ですが、その前にプロローグ的に状況報告させて頂きます。

まずは出願数についてです。筑駒御三家を初めとする最難関校に関しては、昨年度比で出願数が大きく上昇した年となりました。具体的な数値では筑駒男子御三家の出願者総数は、前年3376人に対し本年は3583人で前年比106%。女子御三家は、前年1598人に対し本年は1682人で前年比105%となりました。背景として考えられることは①リーマンショックなどの影響により低迷していた経済の回復基調②ここ数年継続している上位校人気の2極化③御三家においてもネット出願がいくつかの学校で開始され、ネット出願が増えたことによるダブル出願、などが挙げられます。

実際の受験者数を見てみると、開成・武蔵・桜蔭・雙葉などはほぼ昨年と変わらない受験者数で、麻布と女子学院が増加となりました。

また、合否を分けたであろう教務的な傾向として特に感じられたのは、どの学校も算数の難化が著しく、教科バランスを意識して取り組んでいる生徒の合格率が高いのが印象的でした。つまり、事前の模試などで算数が高得点を取れていても、実際の入試になると分布は団子状態になるため、ここでの優位性が模試のときと比べて小さくなり、本番では模試の結果と比較して逆転現象が起きている、ということが非常に多くありました。

この傾向は今後も継続されていくことになると予測されます。受験生の皆さんにおいては「全教科100点満点の意識」で常に学習に取り組んで欲しいと考えています。

 

さらに詳しい併願分析や本年の入試トレンド分析などは3/17の入試報告会でお話しできたらと思います。皆様のご来場、お待ちしています。

複数の学校で出題された同じ本

2019.02.25(Mon)

●渋谷校:蛯名    ●カテゴリー:

 

日本にはたくさんの私国立中学校があり、世界では日々たくさんの本が出版されています。その中で、同じ本の文章が複数の中学校で出題されることがあります。

 

エクタス生にかかわりの深い御三家中学の問題では、桜蔭中・武蔵中で出題された中脇初枝さんの『神に守られた島』、開成中・海城中・香蘭女学校中・豊島岡女子中で出題された松村圭一郎さんの『うしろめたさの人類学』、桜蔭中・香蘭女学校中・淑徳与野中で出題された山極寿一さんの『ゴリラからの警告 「人間社会、ここがおかしい」』が複数の学校で出題されています。

 

私もその中の一冊、『ゴリラからの警告 「人間社会、ここがおかしい」』を購入して読みました。

 

筆者の山極寿一さんはゴリラ研究の第一人者で、京都大学の総長をなさっている方です。サルやゴリラの研究から、人間という動物の原点を推測し、現代日本社会のトラブルは、人間が備えている特徴の由来や本質を誤解することから生じているのではないか、と警告を発してらっしゃいます。

 

『うしろめたさの人類学』もまだ入試問題の範囲でしか読んでいませんが、現代社会の人間関係に対する問いかけがなされています。そして、その疑問に共感した中学校の先生が多かったからこそ、複数の学校で入試問題として出題されたのではないでしょうか。

 

『ゴリラからの警告 「人間社会、ここがおかしい」』は毎日新聞のコラム「時代の風」の連載をまとめたもので、一つ一つの文章が短く、勉強の合間に読むのにもおすすめです。ただし、桜蔭中・香蘭女学校中・淑徳与野中志望の方がお読みになると、過去問演習のときに正確な実力の判定が難しくなるのでご注意を。

これからが大切!

2019.02.22(Fri)

●吉祥寺校:小島    ●カテゴリー:

 

2019年度、「平成最後」の中学入試もほぼ終了しました。受験生の中には、存分に力を発揮できた人もいれば実力の半分も出せずに終わってしまった...などと思う人もいることでしょう。誰もが「終わってみて初めてわかること」。これが中学入試なのです。希望通りの結果を出せた人、逆に消化不良で終わってしまった人...様々かと思います。

 

私は受験が終わるこの時期に、必ず生徒に伝えている言葉があります。それは

 

「ここからが本当の勉強だ」

 

ということです。

 

やっと受験勉強が終わったところなのに...などと思っている受験生も多いでしょう。もちろん、入試直前まで頑張ってきた皆さんですから、少しくらい遊んだり気を抜いたりしてもいいでしょう。ただ、その状態を新しく迎える中学の入学式まで引きずってしまったとしたら...その先は違った苦労を背負い込むことになりかねません。

どこの中学に進学しようと、私国立の中学に入学すると周りは自分同様に受験勉強をしっかりしてきた人ばかりです。ちょっと気を抜けば、順位はすぐに下がってしまいます。既に中学から入学式の日までの宿題を出されている人も多いでしょう。なぜ中学が新入生に宿題を課すのか?おそらく、せっかく一生懸命に勉強してきた一人一人に、将来(6年後)を見据えて気を抜いてほしくない...そんな気持からではないでしょうか。

私国立中に入学できる諸君は、公立中に進む生徒とは違い「高校入試」は基本的にありません。が、6年後には大学入試が控えています。僕は大学の附属校に進むから...などとたかをくくってはいけません。附属校でも、学内成績順に志望学部が優先的に選べます。言い換えれば、学内成績が悪ければ悪い分、「残った学部」にしか入れない、ということです。もちろん、筑駒や御三家に進むのであれば、100%大学受験になります。

2020年問題、というとほとんどの人は東京五輪を思い浮かべることでしょう。でも、諸君にとっての2020年問題とは「大学入試改革」なのです。

今年も行われた「センター入試」...マークシート方式という「答えを選ぶ」という入試から、思考・記述力重視の問題へと様変わりするのです。

でも「大変だ!」などと心配する必要はありません。筑駒・御三家を目指して勉強してきた人であれば、下地は十分できています。ただ、「継続は力なり」と言われる通り、コツコツと続けて勉強する習慣のある人は心配ないのですが、ここで思い切り手を抜いてしまうと、それを取り返すのは容易ではありません。

さらに中1の学習内容は受験勉強をしてきた諸君にとっては「易しい」と感じるはずです。これもまた、中1生が手を抜く原因の一つと言えるでしょう。

ゴールデンウィークが終わった頃、大半の中学で「中間テスト」があります。国語は記述問題もあるので簡単に満点は取れませんが、英語や数学なら範囲も短く初歩的な内容なので狙って満点が取れるはず。まずは第一目標として、1学期中間テストで英数満点を目指してください。

 

せっかく努力してきてつかんだ栄光です。そのよい経験を無にすることなく、6年後にさらに飛躍してくれることを期待しています。

「続・続・続・続・続・続・続・算数よもやまばなし」

2019.02.13(Wed)

●大宮校:宮下    ●カテゴリー:

前回の文末に会った問題です。

 

次の等比数列(3倍の数列)の和を求めてください。

 

1+3+9+27+81+243+729+2187+6561+...+43046721+129140163

 

まず A=1+3+9+27+81+243+729+2187+6561+...+43046721+129140163 とします。

 

Aの3倍を考えます。Aの3倍とはそれぞれに3をかけることになりますから、


A×3=(1+3+9+27+81+243+729+2187+6561+...+43046721+129140163)×3

=3+9+27+81+243+729+2187+6561+...+43046721+129140163+387420489 です。

 

この式と元の式を比べてみると、 


3+9+27+81+243+729+2187+6561+...+43046721+129140163 の部分が共通ですね。

 

わかりやすくするために


3+9+27+81+243+729+2187+6561+...+43046721+129140163=B とすると、

 

A=1+B A×3=A+A+A=B+387420489 

 

この2つを比べると、


A+A=387420488 なので、A=387420488÷2=193710244

 

正解は 193710244 でした。

 

こうしたアプローチの方法は、算数や数学で必要になりますから、ぜひ覚えておきましょう。

 

算数では「パスカルの三角形」と呼ばれるピラミッド型の数列が有名です。

 

1   1

1    2     1

1     3   3     1

1     4      6       4       1

1     5     10     10      5      1

1     6     15     20     15      6     1

1     7     21     35    35      21     7     1

1     8     28    56     70     56     28     8     1

1     9     36    84      126  126       84    36    9     1

 

それぞれの列の和を1列目から10列目まで合計してみると、


1+2+4+8+16+32+64+128+256+512


なので今回のアプローチを利用すると、


1+2+4+8+16+32+64+128+256+512=A


A×2=2+4+8+16+32+64+128+256+512+1024


A+A+1=1+2+4+8+16+32+64+128+256+512+1024


A+A+1-A=1024


A=1024-1=1023


と簡単に計算ができます。

2019 筑波大附属駒場中 入試出題分析

2019.02.09(Sat)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

2019年2月3日に行われた筑波大附属駒場中入試問題の出題分析を掲載します。

算数はこちら▽

国語はこちら▽

理科はこちら▽

社会はこちら▽
tsukukoma_shakai2019.pdf


2019 御三家の哲学①

2019.02.07(Thu)

●自由が丘校・成城学園校:福井    ●カテゴリー:

 

開成中の出題から。

 

訳あり、母とともに居候先のおじ・おば宅に転居した少女。冷遇、母の職探しの行き詰まり...もう、こんな生活は嫌。家出して、憧れの海に行こう。そこには、夢と冒険がある!でも、海に着くと、すぐに帰宅を促すかのような日暮れが。現実逃避の果ての希望は、「役立たずのがらくたのおもちゃ」ともいうべき?向き合う勇気をくれた海よ、ありがとう。

                                   (萩原浩『空は今日もスカイ』)

 

 小学三年生の茜(あかね)は、母の失業をきっかけに、おじ・おば夫婦の住む家にやってきました。しかし、母の仕事は、なかなかみつかりません。おばは、最初のうちこそ母子を歓待していたものの、十日もたつと、家計を圧迫する厄介者のように扱います。以前の学校の友達との別れを思うと、涙があふれてくるばかりです。茜にとって、今、住んでいるところは、閑散とした土臭い田舎村そのものであって、とても好きにはなれません。

そんな茜が、冒険を求めて向かった先は、家族で楽しく過ごした思い出のある海でした。海に到着し、しばらく遊んでいると、ほどなく空が暗くなり始めます。子供だけの宿泊などできないことはわかっていますから、日暮れとともに、家に帰らねばならない現実に否応なく直面します。そのとき、家出という夢は、全く無力なものであったことに気づかざるをえませんでした。この体験は、茜が、今の境遇と向き合うきっかけになっていったのかもしれません。

 

私たちは、日々、現実のなかに暮らしています。学生、社会人、主婦...どんな立場の人でも、何の課題も悩みもなく、夢心地に、ただ、自分の好きなことだけに熱をあげていればいいような人は、なかなかいないと思われます(仮に、一見、そのように見受けられる人でも、実は、人知れず苦闘を重ねてきた、または重ねているケースがほとんどでしょう)。皆、何かにぶつかりながら、試行錯誤と工夫を繰り返して、道なき峰を登攀しようともがいているにちがいありません。

 だからこそ、時に、現実逃避の夢を見て、疲れを癒やすことがあっていいかもしれませんね。むしろ、そこで養った英気を、今度は、繁多な実際生活上の活動に還元していくことこそが、価値ある生き方と言えるのではないでしょうか?

 

音楽、読書、映画、旅行...そこで心に蓄えた栄養をもって実生活に向かい、疲れたら、また、夢の世界で充電する往復過程。「現実か、理想か」という二律背反的な議論を止揚する道に気づかせてくれた、本年の開成中の出題でした。

2019年 桜蔭中入試 解答速報

2019.02.01(Fri)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

本日(2月1日)行われた桜蔭中学校入試の解答例を掲載します。

算数はこちら▽
国語はこちら▽
理科はこちら▽
社会はこちら▽
2019年 開成中入試 解答速報

2019.02.01(Fri)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

本日(2月1日)行われた開成中学校入試の解答例を掲載します。

算数はこちら▽
国語はこちら▽
理科はこちら▽
社会はこちら▽

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。