エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2018.12.05(Wed)
冬にしっかり郷土料理
(エクタス事務局)
2018.11.29(Thu)
「直接そこに現れて(表れて)いないこと」を読み取る
(自由が丘校:齋藤)
2018.11.26(Mon)
「続・続・続・続・続・続・算数よもやまばなし」
(大宮校:宮下)
2018.11.22(Thu)
記述の「イロハ」
(吉祥寺校:小島)
2018.11.19(Mon)
2018 御三家の哲学③
(自由が丘校・成城学園校:福井)
2018.10.30(Tue)
計算の工夫
(池袋校:滝澤)
2018.10.30(Tue)
「筑駒 出題予想模試」 開催のお知らせ
(たまプラーザ校:中村)
2018.10.25(Thu)
社会科よもやま話 その17 御三家入試問題より
(自由が丘校:田島)
2018.10.22(Mon)
雙葉中の理科の入試問題より
(吉祥寺校:久道)
2018.10.15(Mon)
どれくらいの時間をかけて国語の文章を読むか
(大宮校:佐藤)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
「直接そこに現れて(表れて)いないこと」を読み取る

2018.11.29(Thu)

●自由が丘校:齋藤    ●カテゴリー:

 師走ももうすぐそこ、一年が経つのは早いものです。

 

 小6のみなさんは今まさに、受験する予定の学校の過去問題を解いていて、もうすぐ一段落、というところでしょうか。国語が難しい学校ほど、筆者の言いたいこと、表現したいことが回り道をして書かれていて、読み取るのが難しかったり、なんとなくわかっていても、自分の言葉で書くとなると難しかったり、苦戦している人もいるかもしれませんね。


  という話を突然始めたのは、アルゴゲームでも似たような能力を求められている、と思うことがあるからです。(入試が近づいてくると、どうしても試験の話をしたくなる塾の先生の性、というのもありますが)


  アルゴゲームでは、自分の手持ちのカード、相手の開いているカード、伏せてあるカードの色、などから相手の手持ちのカードを推理して、その数字を当てていきます。 その際、参考にしている情報はカードだけではありません。
  アルゴゲームが強い生徒は、相手の発言・行動(アタック・ステイ)、相手の表情をとてもよく見ています。つまり、盤面から読み取れる以外の情報を有効に活用しているのです。

 

 国語の入試問題でも似た能力が求められます。
 そこに書いている出来事だけを表面的に読み取るのではなく、(物語文であれば)そこにいる人物の表情、行動、(説明文であれば)筆者の、ちょっとした文末の工夫、そういったものから、表面に書かれていない小さな変化を読み取れるか、他人の頭の中を読めるか、を試されているのです。


  アルゴゲームはゲームだから、特に勉強には関係がない、とは言い切れませんよ。

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。