エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2018.10.30(Tue)
計算の工夫
(池袋校:滝澤)
2018.10.30(Tue)
「筑駒 出題予想模試」 開催のお知らせ
(たまプラーザ校:中村)
2018.10.25(Thu)
社会科よもやま話 その17 御三家入試問題より
(自由が丘校:田島)
2018.10.22(Mon)
雙葉中の理科の入試問題より
(吉祥寺校:久道)
2018.10.15(Mon)
どれくらいの時間をかけて国語の文章を読むか
(大宮校:佐藤)
2018.10.11(Thu)
大人の常識 お子様の常識
(渋谷校:蛯名)
2018.10.04(Thu)
秋にほっこり郷土料理
(エクタス事務局)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
計算の工夫

2018.10.30(Tue)

●池袋校:滝澤    ●カテゴリー:

 

入試まで3ヶ月になってきました。この時期算数において頭の痛いことの1つはケアレスミスです。今回は計算ミスが少なくなるかもしれない計算のちょっとした工夫を紹介します。

 

1 11と2けたの数のかけ算   11×AB

 

 AとBを少しはなして「A□B」と書きます。

 □の中には,A+Bの答えが入ります。

 A+Bの答えが10以上になる場合は,百の位のAに1をたします。


 例)11×34→3□4 3+4=7なので 11×34=374

   11×69→6□9 6+9=15なので,11×69=759

 

といった具合です。

 

2 12~19までの2つの数のかけ算 1C×1D

 

 一の位→C×Dの一の位を書きます。

 百の位と十の位→10+C+DとC×Dの十の位の和を書きます。


 例)12×14

 →一の位は2×4なので8,百の位と十の位は10+2+4=16        

  よって168

   18×19

 →一の位は8×9の一の位なので2,   

  百の位と十の位は10+8+9+7(8×9の答の十の位)=34

  よって342

 

といった具合です。


なぜこのようにして求められるのかは長方形の面積図を使って説明することができます。考えてみましょう。

 

計算ミスを防ぐためには,気持ちの問題も重要ですが、楽で正確な計算ができるような工夫も必要です。本当に自分の解き方が最もミスの少ない解き方なのか?もう一度自分の計算スタイルを振り返ってみることも必要です。

「筑駒 出題予想模試」 開催のお知らせ

2018.10.30(Tue)

●たまプラーザ校:中村    ●カテゴリー:

今年エクタスでは,6年生対象に前期「筑駒必勝特訓講座」と3回の即日返却「筑駒模試」を行ってまいりました。

また,筑駒だけに内容を絞った「保護者会」を,エクタスとしてすでに今年4回行ってまいりました。12月24日(月・祝)の保護者会で5回目の保護者会となります。筑駒だけに内容を絞った「保護者会」を,年間5回も行った塾はそんなにないのではないかと自負しております。

さて,エクタスでは今年の最後,入試6週間前に筑駒に合格を希望する生徒対象に「筑駒 出題予想模試」を行います。エクタスの各教科担当が,総力をあげて「予想問題」を作成致します。

「保護者会」では,「出題予想についての根拠」と「あと6週間の学習法」と「親の役割」についてお話しさせていただきます。

筑駒受験生に少しでもお力になれればと願っておりますので,ぜひご参加下さい。

 

 

12/24(月・祝)「筑駒 出題予想模試」

 会場   エクタス渋谷校

 時間   「テスト」(9:00~11:55)   

「解説授業」(12:20~14:50)

      「答案・個人結果票即日返却」(14:50~)

      「保護者会」(9:10~10:50)

受験料  3240円(税込)

 申込方法 エクタス渋谷校,またはエクタス各校舎にお電話でお申込み下さい。

 ご注意  ・即日返却を行うため,定員に達し次第〆切とさせていただきます。ご希望の方はお早めにお申込み下さい。

・「解説授業」「保護者会」にはなるべくご参加下さい。

・「保護者会」のみの参加は出来ません。ご了承下さい。

      ・「解説授業」参加生徒は,昼食をご用意下さい。

      ・「答案・個人結果票」は当日返却し,「解説授業」も含めて,当日中に見直し解き直しを完結させるように致します。

      ・このテストを受けただけで,エクタスの合格実績に加えることはありませんので,安心してお受け下さい。

 

筑駒に合格を希望する生徒の積極的な参加を,お待ちしています。

 

 

社会科よもやま話 その17 御三家入試問題より

2018.10.25(Thu)

●自由が丘校:田島    ●カテゴリー:

 前回の開成中入試問題から寄り道の続きです。


 さて,五街道の中で中心となる東海道について思いついたことを書いていきます。
 ご存じのように起点は江戸の「日本橋」になります。そして最初の宿場が,以前書いたように「品川」になります。そして53番目の宿場が「大津宿」で,終点が京都の「三条大橋」になります。
 東海道新幹線のルートとは少し違っているのはご存じですか。
 新幹線は,東京→神奈川→静岡→愛知→岐阜→滋賀→京都→大阪です。
 江戸時代の東海道のルート(今の都道府県)は,東京→神奈川→静岡→愛知→三重→滋賀→京都です。
 違いは愛知からのルートです。岐阜に入らずに三重に入ります。


 今回は,この三重にある宿場のトピックスを書いていきたいと思います。
 東海道で唯一海路で移動する場所が愛知と三重の間にあります。「七里の渡し」といって,41番目の宿場「宮宿(愛知県名古屋市熱田区)」と42番目の宿場「桑名宿(三重県桑名市)」を結んでしました。
 宮宿があった熱田区には「熱田神宮」があります。ここは,三種の神器の1つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)がご神体になっている神社です。
 桑名宿があった三重県桑名市は「その手は桑名の焼きはまぐり」という故事で有名ですね。「その手はくわないよ。だまされないよ。」とういしゃれです。ここに出てくるように「はまぐり」が有名なところです。「東海道中膝栗毛」の弥次さん・喜多さんもここで焼きはまぐりを食べています。桑名で知っておいてほしいのはこのしゃれだけではなく,「七里の渡し」跡にある鳥居です。この鳥居は,元々伊勢神宮の内宮(ないくう)にある宇治橋のところにたてられている有名な鳥居です。伊勢神宮には外宮(げくう)と内宮があって,内宮のご神体が「天照大神」です。このご神体が祀られている正宮へ向かう最初の橋が宇治橋です。

 伊勢神宮では,20年に一度「式年遷宮」という儀式が行われます。式年遷宮とは伊勢神宮のHPによると「20年に一度宮地(みやどころ)を改め,古例のままにご社殿やご神宝をはじめ全てを新しくして,大御神(おおみかみ)に神殿へお遷り(うつり)いただく神宮最大のお祭りです」だそうです。
 わかりやすくいうと,神様のお引っ越しです。神様には常に新しい建物に鎮座していただくために,同じ敷地を隣同士2つ作っておいて,20年に一度隣の敷地に新しい建物を建ててお移りいただくという形です。この儀式は持統天皇のころより行われていて平成25年が62回目の式年遷宮でした。
 話が少し横道にそれましたが,このお引っ越しは,伊勢神宮にあるすべての建物などが該当します。鳥居も同様です。この鳥居を再利用したのが桑名にある鳥居なのです。元々伊勢神宮にあったものですから,機会があれば見てください。


 もうひとつ上げておきたいのが47番目の宿場「関宿(せきしゅく)」です。ここは三重県の亀山市にありました。亀山市というと,昔から地場産業としてろうそくの生産がさかんでした。「亀山ろうそく」という名前で有名です。近年ではテレビの液晶パネルを生産をしていた電気メーカーが品質のよい液晶として「亀山モデル」という名前でテレビを販売していたので聞いたことがあるでしょう。
 この関宿は今でも当時の町並みが保存されている場所があるので観光にもいいと思います。また,かつてここの夏祭りで使う山車(だし)が大変立派だったそうで,もうこれ以上のものはないという意味の「関の山」という故事も生まれました。


雙葉中の理科の入試問題より

2018.10.22(Mon)

●吉祥寺校:久道    ●カテゴリー:

 

 秋も深まり肌寒い日が続いていますね。受験生のみなさんは授業、課題、過去問、模試と受験本番に向けて大忙しの毎日だと思います。少し寒くなっていますので健康管理にも気をつけて下さい。

 

 さて、本年の雙葉中の大問2では、魚類のエラに関する問題が出題されました。

 口から水を飲み、エラを通じて酸素を血液に取り込み、エラぶたから水を排出するのが魚類が酸素を体に取り入れるまでの流れです。

 今回は呼吸器について話をしたいと思います。

 呼吸器とは外呼吸を行うための体のつくりです。外呼吸は呼吸のうち空気(水)中の酸素と血液(体液)中の二酸化炭素を交換することを指します。細胞で酸素とでんぷんを利用して生活のためのエネルギーを作ることは内呼吸といいます。人の呼吸器は肺だけではなく、肺に空気を取り込み、不要な空気を排出するためのすべてのつくりが呼吸器です。たくさんありますが、中学受験で出てくるのは気管、気管支、肺、横隔膜、肋骨、肺動脈、肺静脈、心臓などです。では呼吸器の中でも肺やエラのように酸素を体内に取り入れているつくりを紹介します。

 肺

 ほ乳類、鳥類、は虫類、両生類をはじめとする陸上で生活(一部は水中)する動物が酸素を体に取り入れるつくりです。鳥類には気嚢と呼ばれる袋が2つ肺につながっています。ヒトは息を吸ったときは肺が膨らみますが息を吐いたときには肺が縮みます。つまり、息を吸ったときにしか新しい空気が肺に入りません。しかし鳥類は2つの気嚢のおかげで、息を吸ったときにも吐いたときにも新しい空気が肺に入ります。長時間飛行を続けられることの要因の1つと言えますね。ちなみにカタツムリも肺呼吸です。

 エラ

 水中生活をするほとんどの動物が酸素を体に取り入れるつくりです。魚類のエラはくしのようになっており、ヒトの肺胞と同様に表面積を広げ、ガス交換の効率を良くしています。エラは動物によって様々な形へと進化しています。

 気管

 陸上生活をする節足動物のほとんどが酸素を体に取り入れるつくりです。気門から空気を取り入れ、気管でガス交換を行います。

 気管エラ

 ヤゴなどの水中生活をする昆虫の幼虫が酸素を体に取り入れるつくりです。気管エラを持つ昆虫には気門がありません

 皮膚

 ミミズや一部の両生類、は虫類が酸素を体に取り入れるつくりです。また、無セキツイ動物のほとんどは皮膚呼吸をすることができます。特に体が小さい場合は皮膚呼吸のみで他の呼吸器を必要としません。

 

 色々とありますね。

 最後に、ちょっと変わった呼吸器を紹介します。

 エクタス吉祥寺校では「ベタ」という魚を飼育しています。ベタは別名「闘魚」とも呼ばれ、オス同士を同じ水槽に入れるとどちらかが死ぬまで激しく争いをします。そんなベタは自然下では水の流れが少なく、水中の酸素があまり多くない環境に生息しています。そして何と!魚類なのに空気呼吸ができます。「ラビリンス」という呼吸器官を持っていて、水面に口を出して、何と空気中から直接酸素を取り入れることができます。ですから酸欠にとても強い魚です。

 「闘魚」とあると恐そうなイメージですが、写真のようにとても美しい魚です。

 興味がある人はぜひ吉祥寺まで見に来て下さい。

 

 これまでの努力とここからの努力が必ず実を結びます。

 限界まで努力を続けて下さい。

 

 頑張れ!受験生!

雙葉中の理科の入試問題より
どれくらいの時間をかけて国語の文章を読むか

2018.10.15(Mon)

●大宮校:佐藤    ●カテゴリー:

 

読書の秋となりました。

秋の虫の音に包まれながら、好きな本をゆっくり読んでいたいものですね。


ところが、国語の入試問題となると、ゆっくり読んでいるヒマはありません。

 

年度によりますが、御三家中では麻布中、桜蔭中が約10000字に及ぶ年もあります。

また、女子学院中は約6000字の文字数と大問3題を40分で解かなければなりません。

普段の国語の学習でも、読むことに時間がかかってしまう、テストの時間配分に苦しんでいる方も多いのではないでしょうか。

 

日本人の1分間の平均読書速度は400~600字だそうです。

仮に1分500字で読むとしたら、麻布中や桜蔭中では読むだけで20分もかかってしまいます。

問題を解く時間もありますから、平均速度では記述を書く時間がなくなってしまいますね。

 

では、速く、しっかりと読むためにはどうすればよいでしょう。

ここでは家庭学習でできることを紹介したいと思います。

 

①えんぴつでなぞりながら読む

文字をえんぴつでなぞりながら読みます。

こうすると、手の動きを追えば、自分が今どこを読んでいるかがわかり、2度も3度も同じところを読んでしまうことはありません。

また、大切なところに印や線をすぐに引くことができ、問題を解くスピードも上がっていきます。

 

②よい環境、よい姿勢で問題を解く

音がうるさいところやテレビをつけながらやると集中できません。

また、文字に目を近づけすぎたり、遠ざけすぎたり姿勢が悪いと読みにくくなります。

どの教科もそうですが、集中できる環境・姿勢で取り組みましょう。

 

③時間を計る

入試問題もそうですが、問題を解く時間配分が大切です。

ストップウォッチなどで時間を計りながら問題を解くと時間配分が身につくだけでなく、宿題にかける時間も管理しやすくなります。

 

④毎日、少しでも国語の問題や活字に触れる

一日に1520分間練習するだけでも、総合的に見たときの読むスピードには大きな違いが現れます。

国語の問題だけでなくても、本や新聞などで活字に触れることでも自然に読むスピードが上がっていきます。

 

他にも、設問をよく読む、記述をすばやく書くなど、解く方法でもスピードを上げることができます。これはいろいろなやり方があります。

授業を受けて、自分なりの読み方や解き方でやってみましょう。

大人の常識 お子様の常識

2018.10.11(Thu)

●渋谷校:蛯名    ●カテゴリー:

 

甲子園で活躍なさった選手の方々の進路がスポーツニュースで報道される季節になりました。今年もたくさんの熱い試合が、多くの人々の感動を呼びましたね。甲子園の土を販売する人がいることについても話題になるなど、注目度は相変わらずだと思いました。

 

さて、われわれ大人にとって常識である『甲子園』、わからない・知らない小学生もいらっしゃると申し上げたら驚くでしょうか。『甲子園』は国民的に人気のある野球というスポーツの大会です。高校生が試合をします。それは聞いたことがある。しかし、この『青春』『誇り』『努力』『チームワーク』『正々堂々』・・・これらのイメージを背負った日本人の愛する『甲子園』がわからないのです。

 

わからないと何が問題でしょうか。それは、高校野球を扱った、あるいは甲子園にあこがれる中学生・小学生を扱った文章が入試問題で出てきたときに、登場人物が野球にかける熱さ、真剣さを軽く考えてしまう恐れがあることです。おとな、つまり問題を作る中学校の先生と、お子様たちの間には常識のギャップが存在し、そのことで読んだ際のイメージが不安定なものになる場合があるのです。そうなると、知っているお子様と知らないお子様、ずいぶん差が付きますよね。

 

『甲子園』の他には『フイルム』が挙げられます。『現像』『写真屋さんにフイルムを出す』『暗室』・・・。撮った写真をその場で見られないという感覚が今のお子様にはわからないし、わからないことに大人が気付かない。気付かないから注もついていない。

 

仕方ないとはいっても試験は試験、できなければなりません。そのためには同世代とだけでなく、自分より年上の人たちと会話したり、少し昔の名作に触れたりするなどして、様々な知識を身につけることが大切です。

秋にほっこり郷土料理

2018.10.04(Thu)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

 

10月に入り、少しずつ涼しさを感じる季節となりました。音楽会や学芸会などの練習の後に、勉強を頑張っている秋の夜長に、ちょっと甘いものを食べて元気が欲しいな・・ということはありませんか?

 というわけで、前回の「冷汁うどん」に引き続き、今日は秋に旬を迎えるさつまいもを使った「いきなりだご」をご紹介したいと思います。

これは熊本県の郷土料理で(「農山漁村の郷土料理百選」)、「いきなり団子」と書くこともありますが「だご」と発音するのが正しいそうです。「いきなり」は熊本の言葉で「簡単に」「手早く」という意味があり、その名の通り「いきなり」お客さんが来てもすぐに出すことのできる、昔ながらの農家のおやつです。

 さつまいもやあんの種類、皮の材料の違いで様々な「いきなりだご」が作れますので、代表的な作り方をご紹介します。

 

【材料】

 ・薄力粉、団子粉、砂糖、塩

  ※団子粉以外にも、白玉粉や上新粉などで作ることができます。

   粉の種類によって食感が変わるので好みに合わせて下さい。生地に絹ごし豆腐を   入れて、柔らかさを保つ方法もあります。

 ・お湯

 ・つぶあん、あるいはこしあん

 ・さつまいも

  ※さつまいもの太さが団子の大きさとほぼ同じになります。

 

【作り方】

 ①薄力粉、団子粉をふるいにかけ、砂糖と塩を加え、お湯を少しずつ入れながら耳たぶくらいの固さになるまでこねる

  その後ラップなどで包み30分ほど常温で寝かせる

 ②さつまいもは皮をむき、厚さ5mm1cmの輪切りにし、水にさらしてあく抜きをする

  水から引き上げたらしっかり水分を拭き取る

 ③①の生地を小さくちぎり、薄く円形にのばす

 ④②のさつまいもの上にあんをのせたら、上から生地をかぶせて包む

 ⑤蒸し器に④をならべ(生地のつなぎ目が底になるように)て蒸す

  竹串で刺してスッと通るようになれば完成(すぐ食べないときはラップなどで包んで乾燥を防ぐ)

 

 さつまいもがそのまま入っているので、12個食べるだけでも十分満足感が得られます。普段のおやつや夜食がわりに、旅行や行事のお供にいかがでしょうか?

 

 最後に、食べ物の旬に関する入試問題を1つご紹介します。

 

「(旬の魚・野菜・果実をまとめた表から)1月・3月・5月・8月・10月に入る野菜の組合せを下記より選び、それぞれ記号で答えなさい。」

 

 ア うど、からしな、こまつな

 イ まつたけ、さつまいも、れんこん、はくさい、さといも

 ウ ほうれんそう、れんこん、こまつな、だいこん

 エ とまと、とうがん、なす、きゅうり

 オ たけのこ、きゃべつ、えんどうまめ、ふき、たまねぎ

 

 平成28年渋谷教育学園幕張中学校(第1次)からの問題です。社会の教科書に載っている知識だけでなく、普段の生活で培われた経験がカギになります。ぜひ挑戦してみて下さいね!

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。