エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2018.09.27(Thu)
「続・続・続・続・続・算数よもやまばなし」
(大宮校:宮下)
2018.09.24(Mon)
「得点源」を侮るな
(吉祥寺校:小島)
2018.09.20(Thu)
2018 御三家の哲学②
(自由が丘校・成城学園校:福井)
2018.09.19(Wed)
算数オリンピック結果報告書 掲載問題の解答
(エクタス事務局)
2018.08.30(Thu)
桜蔭中の理科の入試問題より
(吉祥寺校:久道)
2018.08.23(Thu)
「よく聞くこと」が記憶力を育てる
(自由が丘校:齋藤)
2018.08.07(Tue)
「筑駒夏期実戦演習講座」「第2回筑駒模試」 開催のお知らせ
(たまプラーザ校:中村)
2018.08.02(Thu)
社会科よもやま話 その16 御三家入試問題より
(自由が丘校:田島)
2018.07.23(Mon)
夏のことば 季節感とイメージ
(大宮校:佐藤)
2018.07.19(Thu)
新しい発見
(成城学園校:川島)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
「得点源」を侮るな

2018.09.24(Mon)

●吉祥寺校:小島    ●カテゴリー:

 

長かった夏休みも終わり、9月も末になりました。6年生は最後の追い込み期に入り、過去問・模試に追われ、11秒を惜しんで勉強しなくてはならない時期を迎えています。

筑駒をはじめ、御三家等の最難関校を目指す諸君は、「長文を読む」「自分の考えを的確に表現する」力を徹底的に伸ばしていかなくてはなりません。が、その一点に追われるあまり、肝心な土台ともいえる「知識力」をないがしろにしてしまう人も少なくありません。せっかくいい記述が書けたとしても、誤字脱字や文法ミスを多発してしまっては、得点が残らなくなってしまいます。かといって、限られた時間の中なので知識の学習にばかり時間をかけるわけにもいきません。

そこでお勧めしたいのが「ミスノート」の作成です。すでに作っている人もいるでしょうが、自分がテストや演習で間違えた漢字(知識)を書き出すノートを、「ミスノート」と呼び、直接担当している生徒には作るように話しています。

これから年末まで、受験生はいろいろな塾の模試を受けたり、過去問を何年分も解いたりしていくことになります。通常授業でも漢字テスト等、チェックテストがあるはずです。それを「あ、間違えた...」で終わりにしてしまっては意味がありません。コツコツと自分が一度でも間違えた問題を一冊のノートに書き込んでおき、年が明けて入試直前になった時期に見直していくのです。

私の経験からもそうですが、一度誤って覚えてしまったものは何回も同じミスを繰り返してしまうことが多いのです。みなさんも、「また同じミスをしてしまった...」などと思った経験が何回かあるのではないでしょうか。そうしたことを防ぐためにも「ミスノート」は効果的だと思います。「自分だけの参考書」を今から作っていくわけです。

 

夕焼け小焼けの赤とんぼ  オわれてミたのはいつのヒか

 

これは、筑波大付属駒場中で平成17年に出題された漢字の問題です。有名な童謡の歌詞になっている一節ですが、意味をよく考えずに「追われて」としてしまう人が毎年います。自分が幼かった頃、姉の背中にオわれて=背負われて、ということだとわかれば「負われて」が正解とわかりますね。

 

漢字や知識はわかっていれば必ず正解できる問題です。どの中学でも必ず出題される「得点源」ともいうべき問題の正解率を上げるために、今からコツコツと準備を始めてみてはいかがでしょうか。

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。