エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2018.07.23(Mon)
夏のことば 季節感とイメージ
(大宮校:佐藤)
2018.07.19(Thu)
新しい発見
(成城学園校:川島)
2018.07.19(Thu)
夏休みをきっかけとした読書
(渋谷校:蛯名)
2018.07.16(Mon)
夏においしい郷土料理
(エクタス事務局)
2018.07.09(Mon)
「続・続・続・続・算数よもやまばなし」
(大宮校:宮下)
2018.07.05(Thu)
夏休みに向けて
(吉祥寺校:小島)
2018.07.02(Mon)
「連想」の抽斗を作る
(自由が丘校:齋藤)
2018.07.02(Mon)
2018 御三家の哲学①
(エクタス事務局)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
夏のことば 季節感とイメージ

2018.07.23(Mon)

●大宮校:佐藤    ●カテゴリー:

 

暑い日が続いています。

本日723日は、二十四節気でいう「大暑」です。

このころは快晴が続き、気温が上がり続けるころ。

『暦便覧』には「暑気いたりつまりたるゆえんなればなり」と記されています。

つまり、1年のうちでもっとも暑いということです。

 

連日ニュースや新聞で厳しい暑さの報道もされ、

「猛暑」「酷暑」「厳暑」「炎暑」など、

同じ意味でもさまざまな表現がされていますね。

漢字から、いかにも暑いというイメージがします。

 

暑い話ばかりしているとげんなりしてくるので、

ここでは夏をあらわし、夏によく聞くことばを紹介していきます。

 

「打ち水」

あつさやほこりが立つのをおさえるために、庭や道に水をまきます。

打ち水には場を清める神道的な意味合いがあり、玄関先などへの打ち水は「来客への心遣い」のひとつでもありました。

また、気化熱を利用し涼気をとる、湿度が高くなり体感温度を下げる、蒸発によって対流し、湿った風が発生するなど、科学的にも効果があります。

 

「お盆(ぼん)」

お盆は祖先を大事にする日本古来の伝統行事です。祖先の霊をなぐさめるためにおどるのが「盆おどり」です。お盆は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」とよばれる仏教行事です。

「盂蘭盆(うらぼん)」とはインドのシャカの弟子が地獄に落ちた母親を救うため、シャカの教えにしたがって供養したことが始まりといわれています。

 

「お中元(ちゅうげん)」

中元は、中国に由来する年中行事で、もともと旧暦の715日に行われていましたが、現代の日本では新暦の715日または815日に行われます。

この時期に、お世話になった人に贈り物をする習慣を「お中元」と呼びます。年末の「お歳暮(せいぼ)も同じようなものです。

 

「かぎや~、たまや~」

花火を見物するときのかけ声です。

鍵屋も、玉屋も、江戸時代に東京・隅田川の花火を盛りたてた二大花火師です。

 

「草いきれ」

夏の強い日差しに照りつけられて、草むらが蒸し暑く感じられることです。

むせるような熱気やにおいのことを「いきれ」といいます。

人がたくさん集まって、熱やにおいでむんむんするとき「人いきれ」といいます。

 

「土用の丑の日(どようのうしのひ」

「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の期間を示し、昔の暦では日にちを十二支(子・丑・寅・卯・・・)で数えていました。

夏の土用(立秋直前)のを指すことが多く、2018年は720日、81日にあたります。夏の土用の丑の日にはウナギを食べる習慣があります。

由来は諸説ありますが、江戸時代に平賀源内が発案したといわれています。

 

このほか、「秋」といいながら、夏をあらわすことばがあります。

「麦秋(ばくしゅう・むぎあき)」

実りの季節といえば秋ですが、麦は秋の終わりから冬にかけて種をまき、夏の初めに穂が実ります。

麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから、「麦秋」は夏の初めを意味します。

 

「夜の秋」

夏も終わりになると、夜は涼しく、秋のように感じられます。そこから生まれたことばです。

明治から昭和にかけて活躍した俳人、高浜虚子はこの季語を使い、「涼しさの 肌に手を置き 夜の秋」という句を読みました。「秋の夜(あきのよ)」は、そのまま秋です。

 

自分が育つ環境や季節感にまつわる言葉を知ることで、イメージがつかめるようになります。

季節の言葉だけでなく、ふだんの漢字練習も同じような意味があります。

イメージができるということは、問題を解く手助けになります。

だとすれば、言葉をたくさん知っていたほうが国語は有利になる、といえます。

この夏、たくさんの言葉を知り、問題に生かしていきましょう。

新しい発見

2018.07.19(Thu)

●成城学園校:川島    ●カテゴリー:

 

皆さんは太陽系の惑星についてどんなことを知っていますか?最近、木星について新しい発見があり、ニュースになりました。木星は太陽系の5番目の惑星で、惑星の中で1番大きな星ですね。そして地球のようなかたい地面がなく、ガス状の星であると考えられています。さて今回、発表されたことはどのようなことかというと、木星の周りに新しく12個の衛星が見つかった、と発表されました。惑星の周りを公転する星を衛星と呼びます。地球には月という衛星が1個ありますが、木星の周りにはとてもたくさんの衛星があり、今回見つかったものをあわせると全部で79個になります。もし、木星に住むことができて、夜に空を見上げると、とてもにぎやかなことでしょう。

もう少し木星の衛星について話をしましょう。木星に衛星があることを初めて発見したのは、あの有名なガリレオ・ガリレイです。今から400年も前に自分で作った望遠鏡を使って4つの衛星を発見したのですから、すごい科学者であったことがわかりますね。現在では、そのときに発見されたイオ、エウロパ、ガニメデ、カリストの4つの衛星をガリレオ衛星と呼んでいます。偉大な科学者の名前はいろいろなところに残っています。その良い例ですね。一度、皆さんも科学者の名前がどんなところに残っているのか調べてみるのもおもしろいのではないでしょうか。

さて、79個見つかっている木星の衛星をくわしく調べていくといろいろなことがわかってきました。大きさや形もバラバラですし、他の衛星とは逆に公転しているものもあり、とても複雑です。これらの研究から、大きな衛星が何回もぶつかったりして現在のような姿になったのではないか、と考えている科学者もいます。つまり長い年月の間には星と星がぶつかることもある、ということを意味しています。少しだけ地球のことが心配になる考えですね。

1つのニュースからでもこのようにいろいろなことに話が広がっていきます。興味・関心をいろいろなことに持つことができる人は、何にも興味を持たない人と比べて多くの知識や考えに触れることができ、驚きと楽しさを知ることができます。このような経験は、自分を大きく育てることにつながります。

夏休みをきっかけとした読書

2018.07.19(Thu)

●渋谷校:蛯名    ●カテゴリー:

 いよいよ夏休みですね。

学校から課題図書がでていて、感想文が宿題になっている方も多いのではないでしょうか。

さて、課題図書・感想文にも頑張ってとりくんで欲しいと思いますが、それ以外の読書にも挑戦して欲しいと思います。

どのような本か具体的に申し上げますと、「お婆ちゃんもお祖父ちゃんもお母さんもお父さんも読んだ本」。

二代にわたって読まれた本というものは名作であり、お子様が面白く感じる可能性が高い。

そして、共通の話題があれば、家族の会話が弾みます。学校の先生や他のお友達とも話題を共有できるでしょう。


大人の方々とお話しをしていると、自然に言葉が整ってきます。

助詞の使い方・接続後の使い方もうまくなります。

主語述語の「ねじれ」もなくなりますし、修飾関係もわかりやすくお話しできるようになります。

そうすると、記述式の解答でもうまく文が書けるようになりますね。


特に低学年のお子様をお持ちの方は尋ねてみてください。有名な昔話、アンデルセン、グリムの童話、イソップ物語など。

ご自分が知っているのにお子様が知らないお話があったらチャンスです。

ご本を買うなり借りてくるなりなさって、一緒にお読みになってはいかがでしょうか。


夏においしい郷土料理

2018.07.16(Mon)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

 

7月も中旬になり、最高気温が30℃を超える日が続くようになりました。暑さだけでなく、日差しの強さや室内との寒暖差で体力を奪われがちなこの季節ですが、受験生の皆さんはこの夏で一気に力を伸ばしたいところですよね。そのためにはしっかり栄養を取って体調を万全にすることがとても大切です。

そんな皆さんのために、今日は夏が旬の野菜がたくさん入った「冷汁うどん」をご紹介したいと思います。

実はこの料理、れっきとした埼玉県の郷土料理で、農家の方がお昼ごはんとして食べていたもののようです。農林水産省の「農山漁村の郷土料理百選(10年ほど前に発行)」にも載っていて、地域によっては「すったて」とも言うそうですよ。

主な材料・作り方はこちらです(分量や野菜の種類は皆さんのお好みに合わせて調整してみて下さい)。

 

【材料】

 ・味噌

 ・いりごま(時間がなければすりごま)

 ・(好みで砂糖)

 ・きゅうり

 ・しそ、みょうがなど(ねぎ、おくらなど他の野菜を入れてもおいしい)

 ・氷、もしくは少量の水

 ・ゆでたうどん(ひやむぎ、そうめんでもおいしい)

【作り方】

 ①きゅうりは薄切り、しそ、みょうがは細切りにする

 ②すり鉢でごまをすり、味噌(お好みで砂糖も)を加えてさらにすり混ぜる

 ③きゅうりを②に入れ、きゅうりを押しつぶすようにすり混ぜる

  初めは硬く感じますが、きゅうりから水分が出てくるので徐々に混ざってきます。

  きゅうりの90%以上が水分でできているということを実感できます。

 ④氷や水で味の濃さを調整する

 ⑤しそ、みょうがを乗せ、ゆでたうどんをつけて食べる

 

ちなみに「冷汁」という名前の郷土料理は他にもあり、宮崎県のものは魚の身や豆腐、山形県のものは乾物が入るなどの違いがあるそうです。それぞれの地域の気候や特産物を思い出しながら味わうと、郷土料理が昔の人の知恵の賜物であることを実感できるのではないでしょうか。

 

最後に、郷土料理にちなんだ入試問題を1つご紹介します。

 

「次の1~5の郷土料理で知られる都道府県を下のあ~くから選びなさい。」

 1 あさり飯  2 きりたんぽ鍋  3 柿の葉寿司  4 しじみ汁  5 ます寿司

 

 あ 北海道  い 秋田県  う 岩手県  え 富山県  お 東京都 

奈良県  き 島根県  く 宮崎県

 

この問題は、平成25年の桜蔭中の入試で出題されたものです。「使われている材料が何なのか」「その材料が多くつくられている都道府県はどこか」をヒントに考えてみましょう。これまでに習った社会の知識を駆使して、ぜひ挑戦してみて下さいね!

「続・続・続・続・算数よもやまばなし」

2018.07.09(Mon)

●大宮校:宮下    ●カテゴリー:

今回は、見た目のきれいな計算を紹介します。


11×11=121

111×111=12321

1111×1111=1234321

11111×11111=123454321

111111×111111=12345654321

1111111×1111111=1234567654321

11111111×11111111=123456787654321

11111111×111111111=12345678987654321


×9+2=11

12×9+3=111

123×9+4=1111

1234×9+5=11111

12345×9+6=111111

123456×9+7=1111111

1234567×9+8=11111111

12345678×9+9=1111111111

123456789×9+10=1111111111


1×9+1×2=11

12×18+2×3=222

123×27+3×4=3333

1234×36+4×5=44444

12345×45+5×6=555555

123456×54+6×7=6666666

1234567×63+7×8=77777777

12345678×72+8×9=888888888

123456789×81+9×10=9999999999


123456789×9×1+10=1111111111

123456789×9×2+20=2222222222

123456789×9×3+30=3333333333

123456789×9×4+40=4444444444

123456789×9×5+50=5555555555

123456789×9×6+60=6666666666

123456789×9×7+70=7777777777

123456789×9×8+80=8888888888

123456789×9×9+90=9999999999


最後に、知っておくと便利な知識です。

3×37=111

7×11×13=1001

11×101=1111 

73×137=10001 

3×7×11×13×37=111111 

11×73×101×137=11111111

夏休みに向けて

2018.07.05(Thu)

●吉祥寺校:小島    ●カテゴリー:

 

 「柔よく剛を制す」という言葉をご存知でしょうか?日本のお家芸とも言える柔道でもよく使われることばです。この部分の意味は「しなやかなものは、弱そうに見えてもかたいものの矛先をうまくそらして、結局は勝つことになる」つまり、力の弱そうなものが強そうなものに勝つという意味です。柔道などの格闘技で、ひ弱そうに見える小さな選手がいかにも強そうな体格のいい選手を投げ倒す...こんなシーンでよく使われる言葉です。

 ただ、意外にこの続きに「剛よく柔を断つ」とあるのを知っている人は少ないようです。「かたくて強そうなものは、ひ弱なものを寄せ付けずに勝つ」という意味です。なんだか、矛盾したようにも聞こえる言葉ですね。

 通して意味を考えると、「柔」であっても「剛」であっても、勝てる機会は必ずあるのだ、ということでしょうか。

 

 いよいよ7月に入り、夏本番を迎えました。1学期の学習内容や各種テストの成果から、一人一人、この夏は「何を中心に」勉強しないといけないか、目標を立てていることと思います。夏を制する者は受験を制する、と言われるようにこの夏休みにどれだけ成果を得られるか、で受験校が決まってくるといっても過言ではないでしょう。

 学習の「量」と「質」両面からきちんと目標を立てましょう。やみくもに長い時間机に向かっても、効率の悪い学習では力はつきません。かと言って、いくら効率だけを意識しても学習の絶対量が不足していればやはり良い結果は期待できません。

学習量の目安は「100×(学年-2)」などと言われます。つまり、小6なら400時間となります。夏休みが40日あるとして、1日10時間が学習量の「目安」です。もちろん、行事がある日もあるでしょうし、毎日完全にとはいかないでしょうが、トータルで400時間を超えよう、という目標を持ってはどうでしょう。

よく、目標を立てる際「苦手な社会をがんばる」とか、「算数の図形を解けるようにする」といったことを掲げる人がいますが、達成できたかどうかはどこでわかるのでしょうか。何となくできるようになった...という感覚的な達成感では、あまり意味がありません。その点、「○○時間は勉強する」とか、「△△問の問題を解く」といった、数字を含めた目標であれば、時期が来た時に達成できたかどうかははっきりわかりますね。今年の夏は、それぞれ自分の目標を明確にし、「やり切る!」という意識で臨んでほしいと思います。

 

特に小6の受験生諸君は、この夏休みをどう過ごすかで2学期以降の意識やモチベーションが大きく変わります。11月・12月になった頃の自分の姿を想像してみてください。先のこと...などと思っていたら大間違い。あっという間にその時期がやってきます。その時になってあわてずにすむように、今のうちから準備を始めましょう。

 

4科目それぞれの自分の現状は「柔」なのか「剛」なのか。「柔」と意識する科目は、土台をこの夏にしっかりしあげる。また「剛」だと言えるのなら、さらにワンランク上を狙えるような深い学習をする...そうした大枠を意識した上で、前にも述べたように具体的な目標を掲げ、「天王山」とも言える夏休みを有意義に過ごしてください。

「連想」の抽斗を作る

2018.07.02(Mon)

●自由が丘校:齋藤    ●カテゴリー:

梅雨が明けて、一気に夏到来です。教室にやってくる子どもたちも、みんな「暑かった~」と真っ赤な顔をしてやってきます。
大人よりも元気にたくさん動き回っている子どもたちですから、よりいっそう暑いことでしょう。
外で遊ぶときだけでなく、エクタスに来るときにも、水やお茶などの飲み物を持ってくるようにしましょうね。

今日はアルゴクラブで授業の最初に行っている「連想ゲーム」についてお話をしたいと思います。
アルゴクラブ、特に1年目クラスでは、毎週授業のはじめに、連想ゲームを行っています。
子どもたちにテーマを与え、短い時間での連想を促し、思いついたら「できた!」と元気に意思表示します。
ユニークな発想や、これまでに出ていない答えを高く評価しています。
お題は「家でやっているお手伝い」「好きな動物」など、子どもの生活に密着しているもの・親しみやすいテーマから、
徐々に「身の回りの四角いもの」「暮らしの中の単位」「漢数字のつくことば」「体の一部を表す字が入っている言葉」など、算数や国語の言葉の知識を問うものに変化していきます。
最初はなかなか連想できなかったり、連想してもお友達と重なってしまって言い出せなかったり、
そもそも「タンイ???ってなんだ???」という顔をしていたり、お子様の個性によって反応は様々でしたが、最近はいろいろな意見が挙がるようになってきました。

では、この連想ゲームはどんな良い点があるのでしょうか。
①発想・連想することで脳が活性化する
②語彙力が鍛えられる
③「覚えやすくなる」「思い出しやすくなる」方法を得ることができる
他にもたくさんあるかもしれませんが、実際に授業をしていて感じる長所はこんなところです。

お題の意味がよく分からなかったり、言いそびれたりして、教室であまり意見が言えなかった・・・・・・とがっかりしている子もいるでしょう。
そんなときはぜひ、同じお題でおうちのみんなでやってみてください。
毎日、毎週でなくてもかまいません。夏休みやお正月など、親戚のみんなと集まったときに遊ぶ、というので十分です。細かなルールはお子様が得意げに説明してくれるはずです。





2018 御三家の哲学①

2018.07.02(Mon)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

 

当連載では、本年の最難関中学の国語科・入試問題で扱われた文章のテーマから、いくつかの考察を加えてまいります。個々の設問の細部よりは、本文にもられたであろう思想を掬い取り、今日的な意義を考える場とさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

~開成中の出題から~

キャリアウーマンの妻、心の声。家事に勤しむ、絵描きの夫。ばりばり働き、家計を支える私。夫にも収入ができたら、私は一体、なんのために...。いや、人それぞれ、得意なもので頑張れば大丈夫(夫)。なんだか、居場所ができた気がする。(青山美智子「きまじめな卵焼き」)

 

主人公の女性は、好きなことに熱中し無収入の夫が、自身の苦手な家事・育児を買って出てくれたことで、仕事上のキャリアに自身の存在意義を見出すことができたようです。当然、そこには、家計を支えているという自負心が伴います。しかし、夫の側にも雑収入が発生していたことを知り、また、珍しく幼稚園に子どもを迎えに行ったとき、母仲間に入れず、言いしれぬ疎外感を感じます。さらに、料理作りもままならない自分にいらだち、私は一体、何のために生きているのかと落胆します。そんなとき、夫が、うまく励ましてくれて、彼女は、自分らしく頑張れば大丈夫だと希望を取り戻すことができました。

 

 彼女のつまずきの原因は、どこにあったのでしょうか?得意でないこと(=家事)に、無理に取り組もうとするとき、人は、心のバランスを失って、行き詰まってしまうのかもしれませんね。そこには、納得感が、決定的に欠けています。他方、得意分野(=仕事、経済的支援)に、極度にとらわれすぎると、それが少しでもおびやかされようかというとき、アイデンティティの危機に見舞われるといえるのかもしれません。

 

 今日の、高度に複雑化した社会に身を置きながら、真の「自分らしさ」を探求することは、決して容易ではないと思われます。しかし、消極的な表現ながら、"やりたくないことを無理にやらず"、また、"好きなことにもこだわりすぎず(いつでも手放すつもりで)"、ごく自然体の自身を他者にさらけ出す覚悟の果てに、何らかのヒントがみつかるのかもしれません。

 

 現代的な自己存在のあり方について、考えるきっかけを与えてくれた、開成中の出題でした。

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。