エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2017.06.19(Mon)
社会科よもやま話 その12 御三家入試問題より
(自由が丘校:田島)
2017.06.17(Sat)
雙葉中の理科の入試問題より
(吉祥寺校:久道)
2017.06.12(Mon)
算数よもやまばなし
(大宮校:宮下)
2017.06.12(Mon)
『出題者の意図』
(吉祥寺校:小島)
2017.06.08(Thu)
筑駒開成麻布武蔵のホームページを見て
(たまプラーザ校:中村)
2017.06.07(Wed)
雨の日を楽しもう! のおさそい
(ジュニア担当)
2017.06.03(Sat)
Z会エクタス栄光ゼミナール渋谷校開校のお知らせ
(渋谷校:大野)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
社会科よもやま話 その12 御三家入試問題より

2017.06.19(Mon)

●自由が丘校:田島    ●カテゴリー:

今回も2017年度桜蔭中学の入試問題からの続きです。
富山県に関して受験生に持っていてもらいたいイメージはまだあります。今度は歴史的観点からのお話です。


「とろろ昆布」は食べたことがありますか?
山芋のとろろではなく,昆布をうすく削ったものです。
富山県を旅したときにびっくりしたことがあります。食堂やコンビニで売っている「おにぎり」が,のりではなく「とろろ昆布」で包んだものが当たり前のように提供されているのです。しかも,びっしりとたっぷりと使われています。しかも隣の石川県に入るとコンビニでは売られていません。
ちょっと調べてみると,富山県はとろろ昆布に限らず昆布の消費量が全国有数の県です。1家庭当たりの消費量は最近2位になったようですが,それまではずっと1位でした(総務省調査では,2012年まで53年間1位!)。
昆布の生産の90%は北海道産です。富山県では昆布は採れません。しかし,消費量は抜群に多い。なぜかを考えるには,江戸時代までさかのぼらなければなりません。


江戸時代,北海道(当時は蝦夷地)から日本海側を通って大阪へ至る航路(西廻り航路)をさかんに行き来している船がありました。これらの船を「北前船」といいます。
富山県(当時は越中)は北前船が寄港する地域でした。北海道産の昆布や魚などが運びこまれ,富山では米や薬などが積み込まれました。このころから富山では昆布に慣れ親しんでいたことがわかります。
また,明治時代になると北海道の開拓が始まり,富山からも開拓を求めて多くの人々が北海道へ渡りました。その中でも昆布の産地として有名な羅臼町へ行った人の8割近くは富山出身者だったようです。
富山と昆布のこういった関係をみると,自然と昆布を食べる習慣があるのはわかるような気がします。


また,大阪に運ばれた昆布は,私的な貿易によって薩摩に運ばれ,さらに薩摩が貿易をしていた琉球に流れ,琉球が中継貿易をしていた中国(当時は清国)にまで運ばれています。昆布の採れない沖縄で古くから昆布を使う料理が多いのも,このためだったんですね。
この「昆布ロード」では,薩摩藩が富山の薬売りから買った昆布を琉球→清国へ輸出し,清国からは薬の原料を輸入し,それが富山の薬売りの手に渡っていきました。まさに多国間貿易のような規模になっていますね。


さて,とろろ昆布で包まれたおにぎりの味ですが,のりで包まれたものにくらべるとうま味が濃いと思いました。のりも海草ですが,のりよりも昆布の方が出汁としてはすぐれているからかもしれません。ただ,のりに比べると食べるときにとろろ昆布が手にたくさんついてくるので気になる人はいるかもしれません。
のりで包んだおにぎりにしても,関東では焼きのりが主として使われますが,関西では味付けのりがほとんどです。これも地域による食習慣の違いですね。コンビニでも地域によって品揃えを変えているようですから,旅行をしたときも豪華な料理や地域独特の観光客向けの料理だけでなく,スーパーやコンビニを覘いてみてください。特にスーパーの鮮魚売り場や調味料売り場を見てください。珍しいものに出会える可能性が高いと思いますよ。

雙葉中の理科の入試問題より

2017.06.17(Sat)

●吉祥寺校:久道    ●カテゴリー:

 

日に日に暑くなり、たくさんの植物や昆虫が見られる時期になりましたね。夏の天王山を前に、受験生のみなさんは日々学習に励んでいることでしょう。

 

 本年雙葉中で根粒菌に関する問題が出題されました。根粒菌はダイズのようなマメ科の植物の根元に見られ、植物と共生しています。根粒菌は空気中の窒素を使い窒素化合物をつくり、これを植物に与えます。代わりに植物は光合成によってつくった物質を根粒菌に与えます。通常、植物を育てるときには窒素肥料を与えますが、マメ科の植物は根粒菌のおかげで窒素肥料を与えなくてもよく育ちます。

 

 さて、光合成の話が出てきましたが、みなさんは光合成とはどのようなはたらきで、どのような仕組みで行われているか知っていると思います。教科書や参考書を開くと当たり前のように出ていますからね。

 当然、昔は当たり前ではなくたくさんの科学者の実験によって少しずつですが光合成の仕組みが明らかにされてきました。今回は光合成の歴史を紹介します。

 

アリストテレス 紀元前4世紀頃

びっくりするかも知れませんが、当時植物は土を食べて生きていると考えられていました。

 

ヘルモント 1648

水だけを与えてヤナギを5年間育てたところ、ヤナギは74.5kg増加したが、土は57gしか減少していませんでした。このことから、木は土の栄養分ではなく与えた水を使って成長すると考えられました。

 

プリーストリー 1772

ガラスの鐘内のろうそくはやがて消えるが、植物を入れてしばらくおくと、ろうそくは再び燃えるようになりました。このことから、植物がろうそくの燃焼に必要な気体(酸素ですね)を発生することを発見しました。

 

インゲンホウス 1779

ガラスの鐘内のろうそくは植物を入れても暗いところだと燃焼しませんでした。また、ガラスの鐘内のネズミは植物を入れても暗いところだと死んでしまいました。このことから、植物が酸素を発生するためには光が必要であることを発見しました。

 

セネビエ 1788

ガラスの鐘内の植物は二酸化炭素があると酸素を発生しますが、二酸化炭素を吸収する液体を入れると酸素を発生しませんでした。このことから、植物は二酸化炭素があるところで光が当たると光合成を行い、酸素を発生させることを発見しました。

 

ソシュール 1804

ガラスの鐘内の植物に光を当てると、ガラスの鐘内の二酸化炭素が減少し、酸素が増加しました。また、植物中の炭素量が増加しました。このことから、光合成によって空気中の二酸化炭素が取り込まれることを発見しました。

 

ザックス 1864

葉の一部をアルミ箔で多い、光に当てた後ヨウ素液にひたすと色が変化したことから、植物は光合成によってデンプンをつくっていることを発見しました。

 

...実はまだまだ歴史は続きます。上に書いたことはすべてこれまで中学受験で出題されている内容です。たくさんの科学者の功績が、今のみなさんの学習の糧となっていますね。

 

たくさんのことに興味を持ち、情報を収集し、考え、調べ、「なぜ?」を解決していく。

最近の中学入試では様々なことが問われます。

テキストだけの学習ではなく、様々なことを考える習慣をつけていきましょう。

そうすることで、一歩近づきます

 

頑張れ!受験生!

算数よもやまばなし

2017.06.12(Mon)

●大宮校:宮下    ●カテゴリー:

小2で覚える「かけ算九九」ですが、今から1200年~1300年ほど前の奈良時代以前に「かけ算九九」が使われていた記録が残っています。特産物や地名の由来を諸国から集めた『風土記』と同時代に、様々な階級の歌を過去に遡って集めて編纂した『万葉集』の中に見られます。


まだ、ひらがなもカタカナもなかった時代に、かけ算を楽しんでいたようです。


『万葉集』およそ4500首の中から戯訓として使われれているものは、


907首 「二二」と書いて「し」

946首 「奈重二」と書いて「なし」

2710首 「二五」と書いて「とを」

239首・379首・926首・1804首・3278

     「十六」と書いて「しし」()(鹿)()

789首  「情八十一」と書いて「こころぐく」(心ぐく)

1495首 「八十一」と書いて「くく」 (潜く)

3330首 「八十一里」と書いて「くくり」(括り)

2542首 「二八十一」と書いて「にくく」(憎く)

3242首 「八十一隣」と書いて「くくり」

196首 「三五月之」と書いて「もちづきの」

     これは望月=十五夜からきています。



算数でおなじみの特殊算。つるかめ算は「求差分和門」として今から300年くらい前の「算学啓蒙諺解大成」という書物に載っています。もともとは中国の「算学啓蒙」という数学書を翻訳したもの。当時はつるかめ算ではなく「二率分身」と呼ばれていたそうです。


掲載されている問題は「今有鶏兎一百、共足二百七十二隻。只云鶏足二兎足四。問鶏兎各幾何。」


現代文にすると「今、にわとりとうさぎが合わせて100羽いて、足の合計が272本です。にわとりは足が2本でうさぎは足が4本です。それぞれ何羽いますか。」


なんと問題の次のページに面積図を用いて解説しています。


しかも全部うさぎだったときの面積図と全部にわとりだったときの面積図が上下に並べてあり、通りの解説をしているのです。


ちなみに、生類憐みの令で有名な江戸幕府第五代将軍徳川綱吉のころの出版です。


呼び名はつるとかめが縁起が良いということで後に変化したのでしょう。


『出題者の意図』

2017.06.12(Mon)

●吉祥寺校:小島    ●カテゴリー:

 

 梅雨の季節を迎えました。もう、夏休みも目前ですね。受験生にとっては、「天王山」とも言われる夏休み。この時期をいかに有意義に過ごせるか、で来年の入試の半分は決まるといっても過言ではありません。今のうちから夏休みの計画をしっかり立てておくことをお勧めします。

 

 さて、ここ何回かは記述の取り組みについて書いてきましたが、今回は「出題者の意図」について考えてみたいと思います。

皆さんが受験する入試問題はもちろん、様々な塾が行う各種テストでも問題集にのっている問題でも、必ず「出題者」が存在します。特に長文読解問題では、本文の「作者」とは別に「出題者」が存在する、ということを受験生の皆さんには忘れないでいてほしいと思います。

 

 「   線部で作者が伝えたいことを、わかりやすく説明しなさい。」

 「   線部で作者が伝えたいこととして最もふさわしいものを次の中から選びなさい」

よく出題される設問ですね。受験勉強をしている皆さんなら、今までにこのような問題を何回も解いてきたことでしょう。

ここで大切なことは何か?

「作者が伝えたいこと」と言っていますが、その問題を作ったのは「作者」ではなく「出題者」である、ということです。つまり、出題者が何を答えさせたいのか?を理解せずに答えてもいい答案はできないのです。

ここで、出題者側にいる私が問題を作成する際の考え方をいくつか紹介します。

たとえば、記号選択問題を作るとします。当然、正解(○)をまず作りますが、同時に明らかな不正解(×)も作ります。四択であれば残り二つですが、これは

①間違っているとは言い切れないが、本文中に明確な手掛かりがない(△)

②本文中にその言葉はあるが、ここで聞いていることとはつながらない(×)

といった、いわば「ひっかけ用」の選択肢を用意します。入試問題や模擬試験の問題は、学校のテストとは違い「差をつけるため」に作成するので、このような作り方になります。よく、「消去法で間違っているのを消せばいい」と参考書に書かれていたり、受験生の皆さんも言っていたりしますが、上記の①などは、1回読んだだけでは簡単には消せません。さらに、一つ一つの選択肢が長いような場合はなおさらです。そのような場合は、長い選択肢をいくつかの部分に分割して、それぞれを本文と照らし合わせて「○」「△」「×」に区分します。その上で、「×」が一つでも付いたものはすぐに消す。残ったもののうち、「○」の最も多いものを解答する、という手順を踏むと正解率がグンと上がるはずです。なぜなら、出題者の作成手順を追った解き方になるからです。

 

 次に、記述問題の場合ですが、こちらも一つ例を挙げてみます。

「登場人物Aはどのような性格で描かれていますか。わかりやすく説明しなさい。」

2017年の開成中でも出題されているパターンですね。皆さんなら、どのような考え方をしますか?

文学的文章で、登場人物の性格を知る手がかりは、当然「行動」「言動」などです。どのような場面で、どのようなことをして(言って)いるか?を読み取れれば、大まかな性格はつかめます。ただ、ここでもう一歩踏み込んで「人の性格には長所も短所もあるものだ」と考えるべきです。神様や仏様ではなく普通の人間の性格である以上、いいところも悪いところもあって当然、と考えます。

 その上で、今度はどういう順に書くか、を考えます。といっても、次の二通りしかないですね。

 長所 → 短所

 短所 → 長所

どちらで書けばいいか...勘のいい人はピンとくることでしょう。「いいところもあるが、悪い性格」と書くよりも、「欠点もあるが、いい性格」と書いた方が印象がいいですね。私がこうした問題を作れば、間違いなく後者の書き方で模範解答を作ります。

 

 受験生の皆さんは、夏を挟んで模試を受けたり過去問を解いたりする機会も増えていくと思います。その際、今回紹介した「出題者の意図」を頭の片隅に意識して解くようにしてほしいと思います。

筑駒開成麻布武蔵のホームページを見て

2017.06.08(Thu)

●たまプラーザ校:中村    ●カテゴリー:

学校の様子・情報を知る手段として

 ・説明会

 ・文化祭

 ・体育祭

 ・情報誌

 ・通っている生徒、その保護者から聞く

とありますが、各学校のホームページも、その学校の特徴をよく表していて、大変参考になります。毎週、とはいいませんが、月に数回は志望校のホームページをのぞいてみてください。特に6年生の保護者は、「説明会」の日程、「願書発売」の日程、「入試要項」など、見逃せない情報を手遅れにならないようチェックする必要があります。

 

今回は、筑駒・開成・麻布・武蔵の男子4校のホームページを、拝見したいと思います。

 

筑駒

・「駒場棋院(囲碁)」の活躍を報じています。高校生の部では全国大会出場を決め、中学生の部では東京都大会優勝だそうです。

・今年の「説明会日程」「入試要項」「願書配布開始日」等の発表はまだありませんが、基本的に例年と時期は変わらないと思いますので、時々確認してください。

 

開成

・「説明会」日程もう発表されています。10/21(土)22(日)

全5回、要予約。

 「予約方法」の発表はまだありませんので、時々確認してください。

・「入試概要」→もう発表されています。受験日・科目・時間等例年と変更ありません。

 

麻布

・「説明会」日程もう発表されています。10/14(土)15(日)21(土)

午後2時から。

 「予約方法」の発表はまだありませんので、時々確認してください。

・東京都私立学校展(進学相談会・東京国際フォーラム)8/19(土)20(日)

・学校行事やクラブ紹介のところに生徒たちの写真が生き生きと映し出されています。入学式の文化祭実行委員会メンバーの姿も麻布ならではですね。

 

武蔵

・「説明会」日程もう1回目は5月に終了しています。

今後は夏前の6/10()と10/14(土)11/18(土)に午後1時半から行われます。予約不要ですので、ぜひご参加ください。

・「よくあるご質問」のところで、様々な質問に丁寧な回答をされています。

 

よくながめていると、各学校の目指すもの、生徒の学校での様子等が、ありありと伝わってきて、それぞれ魅力的で、全校通わせたくなってくるのではないでしょうか。

 

すべての学校を実際に見に行くことは難しいので、まずはホームページから伝わってくる雰囲気から、気に入った学校の発見もあると思います。

 

 

雨の日を楽しもう! のおさそい

2017.06.07(Wed)

●ジュニア担当    ●カテゴリー:

 だんだんと梅雨の気配も近づいてきました。5月のからっとした晴れとはちがい、晴れても少し空気がべたべたしているのを感じます。例年この時期から1か月半ほど梅雨がおとずれますが、よくお父さま・お母さまからご相談を受ける「なんにもしないんですけど...」問題も5・6月が多いです(先月、齋藤先生も書いてくださいました)。でも、子どもたちは本当に「なんにも」したくないのでしょうか?実は私自身は少しちがうと思っていて、「大人が思っていること」にうまく巻き込めていないだけな気がするのです。子どもたちのオモシロセンサーはすごいです。夏休みまではまだ少し時間がありますし、雨の日の楽しい過ごし方をいっしょに考えてみましょう。

 

 例えば家の中で手軽に遊べる、おもしろそうなこととしては、パズルや工作があります。エクタスジュニアの算数教材にもあるような紙ベースのものから、アルゴクラブで遊んでいる平面・立体図形のパズルなどジャンルは様々です。また、工作も折り紙を何等分かに折ってから切って広げてみたり、展開図を作って組み立ててみたり、厚紙を重ねたり丸めたりして動物を作ってみたりと色々なバリエーションがあります。折り紙や厚紙・工作用紙などがあると楽しめますね(紙を切る時には手を切らないように気をつけましょうね)。ちなみに私は折り紙が大好きだったので、よく折り紙でパーツをたくさん作って立体のはこを組んでいました。ひもを通すとかざれて楽しかったです。

 

また、読書も楽しいですね。夏休みになって読書感想文の宿題のためと言われると読みたくない本でも、この雨の降る静かな季節だと浸って読める作品もあるかもしれません。図書館に行って、本棚(又はエリア)を1つ決めて、今日はここから面白そうなのを1冊借りよう! とゲーム感覚で試してみるのも面白いですね。まるで宝さがしのような気分です。

 

おでかけ場所に困ったら、夏休みには大混雑の美術館・博物館などに行ってみるのもおすすめです。夏休みとは違う特別展がやっていると思いますし、やはり雨の降る静かな環境の中で見ると、絵や古代のものが違う風に見えるかもしれません。また、気に入ったものを見つけられたら、自由研究のテーマにとっておこう! というのも良い作戦かもしれません。みなさんが思っているよりもたくさん、宝物の眠った美術館や博物館がお近くにあるはずです。動物園は傘をささないと行けないかもしれませんが、実は雨の動物園もおもしろいですよ。どの動物は雨が好きで、どの動物はきらいなのか、わかったら先生に教えてくださいね!

 

 なんでもそうなのかもしれませんが「特別に!」「今だけ!」と言われたり、「宝探しだよ!」といわれたりすると、なんだか少しうれしくなりませんか?こういう「考え方で良い風にも悪い風にも考えられる」のを「気のもちよう」といいます。かんたんに言うと気分しだいということですね。せっかくの梅雨です。楽しんで、すてきな日々をすごしましょう。

Z会エクタス栄光ゼミナール渋谷校開校のお知らせ

2017.06.03(Sat)

●渋谷校:大野    ●カテゴリー:

渋谷校・たまプラーザ校・自由が丘校の大野です。

今週木曜日、渋谷校が開校しましたのでお知らせします。


対象:

筑駒・御三家・駒東・聖光・栄光など最難関中学を志望する小学1年生から小学6年生


住所:

東京都渋谷区渋谷1-15-21ポーラ渋谷ビル7F


電話番号:

03-6427-3657


入塾説明会:

6月10日(土)13:00~14:00
6月24日(土)15:00~16:00
7月8日(土)13:00~14:00


体験授業期間:

6月12日(月)~7月15日(土)


教室までの順路:

JRでお越しの場合は、「JR渋谷駅宮益坂口」を出てください。
東横線、副都心線、田園都市線、半蔵門線、銀座線でお越しの場合は渋谷駅地下道の「11番出口」を出てください。

それぞれの出口から明治通りを宮下公園の方向に直進します。
右手に三菱東京UFJ銀行渋谷明治通支店が見えてきますので、そのビル(ポーラビル)の7Fが、Z会エクタス栄光ゼミナール渋谷校です。


6月1日から現地での受付を開始しております。


入塾説明会、体験授業については、電話でお申し込みください。

(受付時間は、月曜日から土曜日の13時から20時までです)


大きな志を持った意欲ある皆さんのご入塾をお待ちしております。


記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。