エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2017.04.28(Fri)
【緊急告知】エクタス渋谷校開校決定!
(たまプラーザ校:大野)
2017.04.21(Fri)
社会科よもやま話 その10 御三家入試問題より
(自由が丘校:田島)
2017.04.18(Tue)
円の回転移動問題・2017年灘中学・第1日の解答解説
(吉祥寺校:太田)
2017.04.13(Thu)
すてきな春のお話(小1~小3生の成長)
(ジュニア担当)
2017.04.11(Tue)
円の回転移動問題・2017年灘中学・第1日
(吉祥寺校:太田)
2017.04.03(Mon)
「文章を速く読むコツ」
(自由が丘校:中村)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
【緊急告知】エクタス渋谷校開校決定!

2017.04.28(Fri)

●たまプラーザ校:大野    ●カテゴリー:

エクタス渋谷校・自由が丘校・たまプラーザ校の大野です。

エクタス渋谷校開校の概要が決定いたしましたので、お知らせします。



開校日:

6月1日(木)



対象:

筑駒・御三家・駒東・聖光・栄光など最難関中学を志望する小学1年生から小学6年生



住所:

東京都渋谷区渋谷1-15-21ポーラ渋谷ビル7F



教室までの順路:

JRでお越しの場合は、「JR渋谷駅宮益坂口」を出てください。
東横線、副都心線、田園都市線、半蔵門線、銀座線でお越しの場合は渋谷駅地下道の「11番出口」を出てください。

それぞれの出口から明治通りを宮下公園の方向に直進します。
右手に三菱東京UFJ銀行渋谷明治通支店が見えてきますので、そのビル(ポーラビル)の7Fが、Z会エクタス栄光ゼミナール渋谷校です。



6月1日から現地での受付を開始いたします。

それまでは、エクタス自由が丘校で受付を行いますのでお気軽にお問い合わせください。

大きな志を持った意欲ある皆さんのご入塾をお待ちしております。

社会科よもやま話 その10 御三家入試問題より

2017.04.21(Fri)

●自由が丘校:田島    ●カテゴリー:

新しい年度が2月から始まり,新しい学年の授業にも慣れてきた時期だと思います。
今回は桜蔭中学校の2017年度入試問題から思いつつままに書き連ねていこうと思います。


桜蔭中学校の入試問題は2016年度入試から本年度の入試まで多少易しい問題が増えてきています。ただ,このブログでは問題解説をすることが本意ではありませんのでここでの講評は避けます。
2017年度入試問題,大問Ⅰでは富山県を例にとって,高度経済成長期の人びとの暮らしや町や村のようすが書かれています。大問Ⅱではお茶(喫茶の習慣など)をテーマに採っての歴史問題,大問Ⅲでは,日本の世界遺産をテーマとしての日本の近現代史問題,大問Ⅳでは,毎年出題されている公民分野の基本問題でした。


大問Ⅰの富山県についての文章に出てくる砺波平野はチューリップの球根の栽培で有名です。観光客向けにチューリップを見せる施設もあります。受験生の皆さんは,なぜ富山でチューリップの球根栽培がさかんになっているかわかりますか?これは文中にも書かれていますね。
こういうことは知識として暗記しておこうではなく,富山の気候を理解することから考えてみましょう。
文中に書かれていることを少し詳しく書いていきます。


富山県は稲作がさかんなのは知っていると思います。稲作の裏作として球根を植えるわけですが,その時の気候が適しているわけです。
冬の間雪が降ることで,雪の下は一定の湿度と地温が保たれます。雪の下は意外と暖かいのです。0度前後に保たれているようです。この環境の中で球根は生育していきます。そして,雪が解けて生長している間,チューリップの球根は特に大量の水を必要とします。それも雪解け水によって充分にまかなわれるのです。また,花が咲いた後に球根が大きくなっていくわけですが,その時期は降水量も少なく,日照時間も長い気候が生長を助けています。

つまり日本海側の気候,冬の降水量が多く,春先の雪解け水に恵まれ,日照時間にも恵まれている条件が栽培に適していることになるのです。

同じような条件で,新潟県でもチューリップの球根栽培がさかんなのは,小4の授業でも学習していると思います。


この砺波平野は散居村(さんきょそん)の例としてもよく入試問題で登場します。散居村とは,広い耕地の中に民家が散らばって点在しているところです。散村という言葉の俗語のようですが,この砺波平野では散居村という言い方をしています。こういった民家の建て方なので,桜蔭の問題文にもあるように屋敷森などで囲んで風を防ぐ必要があるのですね。
屋敷森というと,群馬県の「からっ風」対策で覚えているかもしれませんが,この散居村も記憶にとどめておきましょう。


次回は,この富山県など北陸地域が「日本の電源地帯」とよばれていることや,江戸時代の輸送拠点から考えられる食習慣などについても触れていきたいと思います。


円の回転移動問題・2017年灘中学・第1日の解答解説

2017.04.18(Tue)

●吉祥寺校:太田    ●カテゴリー:

先週紹介した灘中の問題を解説します。


求める図形は,下図のイ2つとウ1つを組み合わせた図形と等しい面積になります。イ2つとウ1つを組み合わせたうえで,左下の白い四分円を中央に移動させると,ちょうど円が通過しない部分を空けることができます。


イの面積はアの面積に等しいので,ア×2+ウ×1によって,答えを求めることができます。


12×12×3.14×1/6×2+12×12×3.14×1/12=188.4(㎠)


式は単純ですが,大変にやっかいなパズルですね。短時間で解くよりもじっくりと考えさせて子供を伸ばしたい問題です,



円の回転移動問題・2017年灘中学・第1日の解答解説 円の回転移動問題・2017年灘中学・第1日の解答解説
すてきな春のお話(小1~小3生の成長)

2017.04.13(Thu)

●ジュニア担当    ●カテゴリー:

 

ご入学、ご進級おめでとうございます。さすがに寒さも和らぎ、冬のコートもクリーニングに出して良いような陽気になってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。私は先日晴れたタイミングで犬を連れて春の公園に出かけ、お花見(という名のお散歩)をしてきました。桜が大好きな日本人の国民性をとてもすてきだなと思いながら歩いていたら、桜のほかに菜の花・チューリップ・すみれ・なずな(ペンペン草)・タンポポなどがたくさん顔を出していて、とてもさわやかな優しい気持ちになりました。

 

今日はせっかく学校も新年度のタイミングなので、小学校1年生から3年生を担当していて、すてきだなと思った春のお話をみなさまにお伝えしようと思います。

 

①卒園式・入学式・給食

3月からアルゴクラブの体験会を行っていますが、新1年生の方は幼稚園や保育園にお通いの方が多かったので、3月の終わりごろの授業になると「今日は卒園式だった!」「私も!」という声が相次ぐようになりました。1年目クラスはまだ春期講習の授業がないので春休みはお休みでしたが、4月の初回授業時には「入学式だったからもう1年生!」「何組だった?」「私は2年生になったからお手伝いをした!」とたくさん報告をしてくれました。アルゴクラブ1年目クラスは1・2年生がまざっているので「学校の給食っておいしいんだよ」といった先輩のコメントも見られ、ご入学・ご進級をみんなで喜ぶ日にもなりました。

 

②アルゴクラブのチーム名

 アルゴクラブではよくチーム名を決めて授業をしているのですが、そのチーム名を決める時に「春のお花」というテーマを出してみたところ、とりあえずお花を言ってみようとことで「ひまわり!」「コスモス!」などの不思議な答えもちらほら。でもそれを「ちがうよ!それは夏だよ!」「秋だよ!」とさらっと修正しあえるのが集団授業のよいところです(これは2年生以上のジュニアのクラスでも同じだと思います)。自分の知らないことはお友達から教えてもらえるといいよね、とお伝えしていますので、お友達と優しく助け合い成長しあう空間にできるよう私たちもフォローしていこうと思っております。

 

③アルゴクラブでの成長

 初めてアルゴクラブの体験に来たときは、2分かかってもPキューブのはこづめが出来ずに苦労したり、ナンバーリンクは何をしていいかルールがわからなかったりする方も多くいらっしゃいます。でもこれは全く心配いりません。なぜかというと、1~2か月ほどすると、大体の方は2分以内には箱づめができるようになり(まだ焦ると失敗することはもちろんありますが)ナンバーリンクも簡単な問題はすらすら解き始めるようになります。実際12月の体験会からご参加のお友達は、すでに1分かからずに箱づめができるようになっていて「私も最初はぜんぜんできなくて失敗したけど、練習したからできるようになったの!」と体験の方に優しく声をかけてくれる成長を見せています。小さいお子様の成長は本当にすごいです。これからご体験を検討していらっしゃる方も、ぜひ怖がらずにお越しください。優しいお友達と楽しいコーチがお待ちしています。

 

④ジュニアクラス(小2・3生)での成長

 小2の最初はパズルに苦戦していた方も、小3の授業では「僕このパズル得意なんだよね!」「算数ラボ、こんなに進めたよ!」と自信をもって言って下さる方が増えてきます。何より「もう一回消してやってみる!」「順番に確認してみる!」など、以前は若干投げ出しそうになっていたものにも、着実に粘り強く取り組む姿勢が身についてきました。国語では3年生に上がると文章が難しくなり、まだ苦戦することも多いですが「残りは家でやってきてもいいですか?」「書いてきたから見て下さい!」と前向きにしっかり取り組んでくれています。本当に頼もしい成長ぶりです。まだ体験授業を迷っている方も、エクタスジュニアは特にカリキュラム学習にはなっておりませんので、始めたいと思った時がよいタイミングです。ぜひ一度体験にお越しください。

 

小1~3年生を見ていて思うことは、夏休みまでに一回り、夏休み中でも一回り大きくなるなということです。好きこそものの上手なれとはよくいったもので、日々楽しそうにゲームや勉強に取り組む姿は、本当に目がキラキラしていてすばらしいですね。ジュニア担当は今日も楽しそうなみなさんにお会いできることを楽しみにお待ちしています。

円の回転移動問題・2017年灘中学・第1日

2017.04.11(Tue)

●吉祥寺校:太田    ●カテゴリー:

今春の中学入試問題から,灘中学・第1日の大問12を紹介します。

灘中学の1日目算数は一行問題集の試験なのですが,大変な高難度です。

大問12については,ほぼ捨て問と言ってよいでしょう。

ですが,じっくりと取り組む分には大いに楽しませてくれる問題です。

輪の動きをていねいに追いつつ,図形のパズルを行うとすっきりと解くことができます。

解答解説は次週に上げますので,取り組んでみてください。

単元的には円の面積の知識が必要です。

円周率は3.14とします。


2017年・灘中学・第1日・大問12

平面上に辺ABの長さが6㎝の直角二等辺三角形ABCの板があり,半径が6㎝の円の形をした輪をはじめ図1の位置に置きます。

この輪が,下のの順に動き,図1の位置にもどるまでの間に通過する部分の面積は   ㎠です。

ただし,板は動かず,輪の太さは考えないものとします。また,回転の向きは時計の針が回る向きです。

 点Cの周りに60°回る。

 点Bの周りに30°回る。

 点Aの周りに60°回る。

なお,図4は,図1,図2,図3の位置にある輪を重ね合わせてかいたものです。

円の回転移動問題・2017年灘中学・第1日 円の回転移動問題・2017年灘中学・第1日
「文章を速く読むコツ」

2017.04.03(Mon)

●自由が丘校:中村    ●カテゴリー:

模擬試験や入学試験で、文章を速く読めれば、それだけ「考える時間」「答案を書く時間」が多くとれるので、その分正答率も上がる、という好循環が生まれます。

ではどうすれば文章を速く読めるようになるのでしょうか。

 

まずは「読書」ですね。本を多く読んでいる子は、総じて文章を読むのが早いです。ぜひ「読書」の大切さを再認識していただきたいと思います。

 

とはいえ、「読書」は言われなくてもする子と、言ってもなかなか出来ない子に分かれるのも事実です。今回は「読書」の苦手な子への、「速読」のとっておきの「コツ」をアドバイスしたいと思います。

 

それは「1文字1文字読まないで、意味のかたまりで読む」という方法です。例えば、

 

「今日の運動会は、雨で中止です。」を1文字1文字読むと、

「きょうのうんどうかいは、あめでちゅうしです。」と、頭の中では20文字で受け止めていることになります。これを文節のかたまりを1文字として読むと、

「今日の」「運動会は」「雨で」「中止です」と、4文字の感覚で読めることになります。

さらに慣れてくれば、

「今日の運動会は」「雨で中止です」と、2文字の感覚で読めることになります。

 

気をつけなければいけないのは、早く読もうとするあまり、意味がわからなくなってしまうことです。速く読み終わっても、何が書いてあったのか頭に入らず良くわからなかった、では意味がありませんね。

 

自分のペースで、「意味がわからなくならない」ことを意識して、試してみてください。少しずつでも、速く読めるように、意識していくことがまずはスタートです。

 

このアドバイスをきっかけに、文章を少しでも速く読めるようになった、という受験生が一人でもいてくれれば、とてもうれしく思います。

 

 

 

 

 

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。