エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2016.12.28(Wed)
小6生の年末年始学習
(池袋校:白田)
2016.12.26(Mon)
桜蔭中の理科の入試問題より
(吉祥寺校:久道)
2016.12.23(Fri)
冬休みを前に小6生へ向けて
(たまプラーザ校:深川)
2016.12.21(Wed)
「おもしろい整数」に挑戦:解答編
(吉祥寺校:太田)
2016.12.15(Thu)
社会科よもやま話 その9 御三家入試問題より
(自由が丘校:田島)
2016.12.14(Wed)
「おもしろい整数」に挑戦
(吉祥寺校:太田)
2016.12.10(Sat)
『受験生の心構え』
(吉祥寺校:小島)
2016.12.08(Thu)
行事や暦の説明は難しい
(ジュニア担当)
2016.12.07(Wed)
文章を「動画化」できますか?
(たまプラーザ校:蛯名)
2016.12.02(Fri)
【アルゴ生・小2ジュニア生に取り組んで欲しいこと】
(池袋校:白田)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
小6生の年末年始学習

2016.12.28(Wed)

●池袋校:白田    ●カテゴリー:

 

こんにちは。池袋校室長の白田です。今日は小6生の年末年始の自宅学習において優先的に取り組んで欲しいことを「算数科」という立場で少し書いておこうと思います。

 

①志望校過去問の解き直し

今までに何本も解いてきた過去問ですが、この年末年始に大きく時間を割いて取り組んでください。

 

・誤答問題をリストアップ

     ↓

・自力で枝問含め大問全問解ききれるかを試す

     ↓

・解き切れればリストから削除・解ききれなければその場で復習

     ↓

・翌日以降など時間を少しあけて再チャレンジし、その後も同様の動きをとる。

 

これはほとんどの受験生が疎かになってしまっていますから、ラストチャンスだと思って取り組んでください。

「過去に出た問題は今後出題されることはない」というのは上位校においてごく自然なことですが、そもそも人間というのは「習得したぶんだけパフォーマンスを上げる」生き物だということを忘れないでください。今までの過去問演習を「過去問ごっこ」で終わらせるか「過去問習得」として自身の血肉に変換できるかどうかは、受験生1人1人の意識の差で決まるものです。実際に「過去問習得」の完成度で勝負が決まる学校もあります。

 

②教科としての基礎力学習

いわゆる、「テキスト学習」というものです。エクタス生であれば通常プリントや冬期テキストなど、基礎力を身に付けていくためのものが配布され、指示を受けていることと思います。手がまわっていないようならば優先的に取り組みましょう。①の過去問解き直しと同じくらい重要度が高いです。「基礎力学習」が欠けるとどうなるか。これは簡単な話で、本来の勝負所にたどり着く前に負けてしまいます。「プロスポーツ選手が、走り込みなどの基本的な練習をせず、難度の高い技の練習だけをしている」ようなものと言えます。

 

③志望校以外の過去問に取り組む場合、扱いは慎重に

エクタス指導陣は特定単元・ジャンルの訓練目的以外で志望校以外の過去問演習を指示することは基本的にありません。

というのも、①のようなフローの中にその後取り込んでいくことが難しいものになり、かつ、ほとんど効用が無いからです。中には「緊張感を維持させるために、志望校以外の問題でも4科目通しでやらせ続けたい」という保護者の方もいらっしゃいますが、解き直し時間確保などの観点からもあまりお勧めできないというのが本音です。取り組まれるものは、あくまで実際に受験する学校の過去問にしていただければと思います。

桜蔭中の理科の入試問題より

2016.12.26(Mon)

●吉祥寺校:久道    ●カテゴリー:

 今年も残りわずかとなりましたね。寒い日が続いています。受験生のみなさん、勉強はもちろんですが体調管理も万全ですか。今年の冬は日によって気温や湿度が大きく変化することが多いようです。病気にかからないことももちろんですが、急な寒さや暑さにも対応できるように備えましょう。

 

 さて、桜蔭の入試問題の紹介です。2016年の入試では、植物の成長ホルモンがどのように移動するかが問われました。師管を切り取る(冠状除皮といいます)とそれより先にホルモンが移動せず、花芽が形成されなくなることを観察、考察する実験観察問題でした。

みなさんの身体と同じように、植物の体の中では様々なホルモンが形成され、植物の生長や体の変化に影響を与えます。有名な植物の成長ホルモンをいくつか挙げていきます。

 

オーキシン

 一番最初に成長ホルモンとして発見された物質です。植物は太陽の方向に伸びていきますね?このことに最も関係が深いホルモンです。実はオーキシンは光が当たると死んでしまいます。だから結果的に・・・この続きは自分で考えてみてください。

 

ジベレリン

 日本人が発見した唯一のホルモンです。主に発芽や開花の促進をします。

 

サイトカニン

 細胞分裂や気孔が開くことに関係するホルモンです。植物を切断したときに切り口を治癒させることから発見されました。

 

アブシジン酸

 種子の休眠維持や気孔が閉じることに関係するホルモンです。オーキシンの成長促進作用を阻害するはたらきがあります。

 

エチレン

 植物の老化を促進させます。果実が熟することなどがこの一種です。

 

このように、様々なホルモンの影響で植物は生長し、開花、結実をし、一生を終えます。いろいろな条件が重なることで様々なホルモンが分泌、抑制され、それらが組み合わさることで条件に適した時期に植物が生育することになります。

 

植物の成長ホルモン(タンパク質)の問題で最近流行の問題を一題紹介します。

 

問題文 植物は次々と新しい芽をつくり成長します。成長すると葉になる芽を葉芽といい、花になる芽を花芽といいます。ある時期になると、植物は葉芽ではなく花芽をつくるようになります。花芽は4つの区域に分かれていて、下の図のように区域1にはがく、区域2には花びら、区域3にはおしべ、区域4にはめしべができます。花芽の各区域が花のどの部分になるかは、アブラナ科のシロイヌナズナで詳しく調べられていて、花の形成には、3種類のタンパク質a、b、cが深く関わっており、このタンパク質の働きによって決まります。正常な花と比べると、これらのタンパク質が働かない場合、異常な花になります。表は、正常な花について、花芽の区域、働くタンパク質、花のどの部分になるかの関係をまとめたものです。

 

  正常な花

花芽の区域

働くタンパク質

a、b

b、c

花のどの部分になるか

がく

花びら

おしべ

めしべ

 

問 もし、タンパク質bが働かなかったら、花芽のそれぞれの区域はどうなるでしょうか。表のア~エにあてはまる言葉をそれぞれ答えなさい。


  異状な花(タンパク質bが働かないとき)

花芽の区域

花のどの部分になるか

 

 

花芽で働く3種類のタンパク質のうち、タンパク質aが働かないとタンパク質cが働き、タンパク質cが働かないときはタンパク質aが働きます。下の表は、タンパク質が正しく働かないため異状な花になったときのようすを示しています。

 

  異状な花(タンパク質aが働かないとき)

花芽の区域

花のどの部分になるか

めしべ

おしべ

めしべ

 

異状な花(タンパク質cが働かないとき)

花芽の区域

花のどの部分になるか

がく

 

問 タンパク質a、あるいはcが働かないときの異常な花の表ア~エにあてはまる言葉をそれぞれ答えなさい。



 

答えはのせません。

興味がある人は自分で考えてみて下さい。

 

 

 

受験生のみなさん、いよいよ最後の追い込みの時期ですね。


体調管理は万全に、自分の限界を超えられるよう努力を重ねましょう。


頑張れ!受験生! 

 

 

 

 

 

冬休みを前に小6生へ向けて

2016.12.23(Fri)

●たまプラーザ校:深川    ●カテゴリー:

 

 いよいよ今年もあとわずか。受験生としても最後の大きなお休みである「冬休み」を迎えます。これが終わるとすぐに「受験」が始まります。特に埼玉県や千葉県にお住まいの方はそれが本番の方もいらっしゃるかもしれません。

 体調管理はとても大切ですが、この休みを利用して「がむしゃらに取り組んで来るライバル受験生」も多いはず。たとえ模試の成績や過去問の成績が充分確保できていたとしても「油断」することなく「ルーティン」を守り、しっかり学習量の確保をしてください。

 

 さて、今回は冬以降、入試直前の学びのため、過去問演習と1月校受験について今一度確認してみたいと思います。

 

1)過去問の得点について

 もう既に過去問演習の大部分は終了していると思いますが、過去問実施において最も気になるものは「合格最低点」ではありませんでしたか。中学校が公表してくださっている場合は「受験者平均点」「合格者平均点」まで過去問集にも掲載されていますので、生徒さん達はもちろんのこと、保護者の方々はより強く「どの教科も合格者平均を超えさせたい」と思いながらお子様の過去問演習をご覧になっていたのではないでしょうか。

しかし...今の受験生が実施する過去問のほとんどが

 

 ①推定配点であること

  過去問集の解答用紙などに書かれている配点の多くはその出版社が設定した「推定配点」であることが多く、実情と異なります。つまり、過去問演習で出した得点は正しい得点ではありません。

 

 ②夏休み終了後から過去問実施が始まっていること

  学校発表の合格者平均点や合格最低点は「過去の受験生が受験日に出した得点」であり、まだ受験日を迎えていない受験生が受ければ「点が低くてあたりまえ」です。もちろん過去問実施日から受験日までまったく成長しないのであれば別ですが、受験日を迎えるまで「正しい学習」を行っている受験生が成長しないわけありません。

 

 よって過去問の得点は「塾の教師や保護者の方が受験校選択相談時の目安に多少なるだけ」の存在であり、受験生にとってはあまり意味が無いものです。

 問題演習から「課題」を発見し「克服」することをくりかえす。受験生が得点力を上げるための「調査ツール」が過去問の正体です。

 冬休みに「弱点補強」を実施するためにも過去問の間違えた問題をもう一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

 

(2)1月校受験について

 千葉県・埼玉県にお住いの方にとっては「進学先になりうる受験」でしょうが、東京都・神奈川県にお住いの方は「進学先ではない受験」が大部分だと思います。よって1月校受験の意味とは「合格して自信をつけさせること」と受験情報誌などにも書かれているものですが...

 

①1月校は「合否」が問題ではない

 1月校の受験後に塾で振り返りを行うと、「模試や過去問演習では1度も無かったミス」を起こす生徒が毎年たくさん出ます。

 

・模試であればうまく使えていた余白に何も書かずに解いて間違えていたり

・模試や過去問であれば出来ていた時間配分が出来なくなっていたり

・模試や過去問では線を引きながら読んでいた文章に何も書かれていなかったり

 

 つまり1月校は練習などではなくやはり「受験」なのです。受験だからこそ起こりうるアクシデントの存在を「知り」、それを起こさない様に次回の受験では「意識して動く」ための1月校なので、「合否」は関係ないのです。

 

 ②1月校から学び成長する

 プロ野球の有力選手の中には「1打席毎にメモを取る」方も多くいらっしゃるようです。その打席から学び、次の対戦のときにはその反省を生かそうとする。それは野球に限ったことではなく、受験もまったく同じだと思います。模試や過去問から学んで成長した以上に、レベルの近いライバル達と中学校と言う舞台で緊張感を持って受ける機会だからこそ、よりそこから学べるものは多いでしょう。

 

・1教科目に失敗して落ち込んでしまったために次の教科も足を引っ張ってしまったり

・自分が難しいと感じた問題を「易しかった」と言っている受験生たちの会話を聞いてしまいショックをうけたり

・暖房は効いていたのにもかかわらず、手がとても冷たくなってしまい、字が書きにくかったり

 

 1月校の問題から「学習面における振り返り」をしっかり行うことで成長するのはもちろんのこと、上記のような「現場の経験」から学び、本番への課題とすることも大変重要だと思います。

 

 

 過去問も1月校もすべては「合格のためのツール」です。ただ、そこから何を学び、何を克服するかで受験生としての差が生まれます。

 受験まであと40日。無駄な時間を使うことなく成長し、最難関中学の合格を勝ち取れるように頑張りましょう。

「おもしろい整数」に挑戦:解答編

2016.12.21(Wed)

●吉祥寺校:太田    ●カテゴリー:

1週間前にあげた問題の解答編です。まずは,問題を再掲します。

2015のように各位の数字がすべて異なる整数を「おもしろい整数」とします。(駒場東邦中・改題)

(1)「おもしろい整数」ではない3けたの整数が最も長く連続するのは,(ア)から(イ)の(ウ)個です。ア,イ,ウにあてはまる整数を答えなさい。

(2)「おもしろい整数」ではない4けたの整数が最も長く連続するのは,(エ)から(オ)の(カ)個です。エ,オ,カにあてはまる整数を答えなさい。

(3)「おもしろい整数」ではない5けたの整数が最も長く連続するのは,(キ)から(ク)の(ケ)個です。キ,ク,ケにあてはまる整数を答えなさい。





3けたの整数から設問は始まっていますが,2けたの整数から順に見ていきましょう。(1けたの整数の場合,「おもしろい整数」「おもしろくない整数」の区別がつきません)

(0)2けたの場合
 11,22,33,...,99といったぞろ目の整数だけが,「おもしろくない整数」です。一応ここでは,99を代表にしておきましょう。つまり,99から99までの1個

(1)3けたの場合
 十の位と百の位が同じ数である場合を考えてみます。11☆のばあい,☆に入る数は0から9までの10個ですから,「おもしろくない整数」は10個続くことになります。11☆~88☆の場合それは変わりませんが,99☆の場合は,990~999に加えて,990の手前の989,988も「おもしろくない整数」になります。よって,999-987=12(個)「おもしろくない整数」が連続します。
答えは,988から999の12個

(2)4けたの場合
 百の位と千の位が同じ数である場合を考えてみます。11☆★のばあい,1100~1199の100個に加えて,1099,1200,1201,1202の4個が「おもしろくない整数」なので,104個です。11☆★から88☆★まで調べていくと,あまり個数に違いはありません。99☆★の場合,9900~9999の100個に加えて,9899~9890,9889~9880,9879,9878,9877が「おもしろくない整数」です。よって,9999-9876=123(個)「おもしろくない整数」が連続します。
答えは,9877から9999の123個

(3)5けたの場合
 2けたから4けたの場合の「おもしろくない整数」が連続する個数について振り返ってみると,2けたでは99のみで1個,3けたでは999-987=12(個),4けたでは9999-9876=123(個)となっていました。もうあきらかでしょう。5けたの場合は,99999-98765=1234(個)となります。
答えは,98766から99999までの1234個
社会科よもやま話 その9 御三家入試問題より

2016.12.15(Thu)

●自由が丘校:田島    ●カテゴリー:

今回も「境」をテーマに書き進めてみます。
2016年度麻布中の文章にある「自然と境」ですが,島国である日本は海が国家としての境になっているのはご存じですね。
では,47都道府県の場合はどうでしょう。沖縄や北海道は海が境になっていますが,それ以外の都道府県はほとんどが山(山地)や河川を境目にしています。国土の4分の3が山地ですから,人々が住んでいる場所であったり,となりの村へ行き来する場合に通過する峠など,生活の中で実感として感じる境目というのがあったはずです。また,戦国時代などでは戦いによって確保した土地の端が境界になったり,その境界が戦果によって変動したりすることもあったでしょう。近代に入ってからの世界の国境の変化もそうした戦さによるもの,政治的な都合がほとんどであったと思います。

よく授業でお話しすることなのですが,日本は海に囲まれている国であるにも関わらず,海に面していない都道府県が8つもあります。これはほとんどの受験生が覚えていることでしょう。群馬県・栃木県・埼玉県・山梨県・長野県・岐阜県・奈良県・滋賀県,いわゆる「海なし県」です。では,山がほとんどない,いわゆる「山なし県」はどこでしょうかと問いかけると,なかなか答えられないお子さんも多くみられます。


基準を500m以上の山がひとつも存在しない都道府県と考えると,それは1つだけです。
千葉県です。つまり,千葉県が「山なし県」なのです。「山があっても山梨県」なんていう語呂合わせもありましたっけ。「山がないから山なし県」は千葉県なのです。
千葉県の最高峰は「愛宕山(あたごやま)」といって標高408mしかありません。


因みに,各都道府県の最高峰を調べてみると,1000m未満なのは千葉を含めて4つしかありません。
並べてみましょう。
47位 愛宕山 千葉県                 408m
46位 於茂登岳(おもとだけ) 沖縄県        526m
45位 大和葛城山(やまとかつらぎさん) 大阪府 959m
44位 皆子山(みなごやま) 京都府         972m


日本で標高が高い山ベスト3はご存じですか。1位はだれでも知っていますが,2位・3位は意外と知らなかったりします。
1位 富士山   3775m
2位 北岳     3193m
3位 奥穂高岳 3190m


話を千葉に戻すと,千葉は山が少ないばかりでなく県境がすべて河川になっています。これも千葉県だけです。


河川の境目から少々脱線しますが,地域によって名称が異なる河川もたくさんあります。受験生として有名なのは,信濃川や淀川,紀ノ川などでしょう。
信濃川 ... 長野県内 千曲川 犀川 → 新潟県内 信濃川
淀川   ... 滋賀県内 瀬田川 → 京都府 宇治川その他 → 大阪府内 淀川
紀ノ川  ... 奈良県内 吉野川 → 和歌山県内 紀ノ川
これら名称が異なる場合でも,その河川全体の名称は下流での名称に統一されています。
その土地土地で呼び方が異なるので受験生は大変でしょうが,昔からその土地で暮らしている人々にとっては当然の違いですね。昔は自分の生活拠点の前に流れている川がすべてであり,そこに名前をつけるわけです。そうなると,それぞれの土地で名称が違ってくる方が自然であり,むしろ揃っている方が不自然です。なぜなら,村と村にもそれぞれ境があり,それぞれの暮らしがあったからです。このへんのお話は「よもやま話 その7」で書きました。


「自然と境」を書いているうちに,くらしと境,人為的な境まで話が逸れてしまいました。
境は人を分けるものであると同時に,人々のくらしを豊かにしたり,それぞれ特色のあるくらしは風景を作り出すものでもあるのですね。


次回も,この話題を続けるかどうか......。

「おもしろい整数」に挑戦

2016.12.14(Wed)

●吉祥寺校:太田    ●カテゴリー:

2015年の駒場東邦中入試で,次のような問題が出されました。


2015のように各位の数字がすべて異なる整数を「おもしろい整数」とします。「おもしろい整数」ではない4けたの整数が最も長く連続するのは,(ア)から(イ)の(ウ)個です。ア,イ,ウにあてはまる整数を答えなさい。


算数の得意な高学年の生徒でないと手がでない問題ですが,少し誘導問題をつけると3年生くらいから大人までが楽しめる問題にできます。


2015のように各位の数字がすべて異なる整数を「おもしろい整数」とします。

(1)「おもしろい整数」ではない3けたの整数が最も長く連続するのは,(ア)から(イ)の(ウ)個です。ア,イ,ウにあてはまる整数を答えなさい。

(2)「おもしろい整数」ではない4けたの整数が最も長く連続するのは,(エ)から(オ)の(カ)個です。エ,オ,カにあてはまる整数を答えなさい。

(3)「おもしろい整数」ではない5けたの整数が最も長く連続するのは,(キ)から(ク)の(ケ)個です。キ,ク,ケにあてはまる整数を答えなさい。



解答は1週間後に書き込みます。なかなかに鮮やかな答えになりますよ。
『受験生の心構え』

2016.12.10(Sat)

●吉祥寺校:小島    ●カテゴリー:

 

早いもので、2016年も残りわずかとなりました。小6生はいよいよ今までの成果を発揮する受験が目前です。そんな時期ですので、今回は1月から2月1週目にかけての受験生の過ごし方についてお話ししようと思います。

 

まず、何よりも大切なのは体調管理です。インフルエンザが例年より早く流行の兆し...とのニュースもありましたが、冬場は気温が低い上、空気も乾燥しやすいので、風邪が流行る条件がそろっています。そんな病気に対しての大敵は睡眠・栄養の不足です。「寝る間を惜しんでも勉強したい」「食事の時間も削って勉強したい」等と理由をつけてインフルエンザになって1週間寝込んでしまう、では本末転倒ですね。生活スタイルも朝型に切り替えなくてはなりません。「早寝早起き」を意識して、食事はしっかり食べる。うがい、手洗いや、人ごみの中に行くときはマスクを着用するといった予防策をとりましょう。

 

つぎに、大事なのは精神面でのコントロールです。日一日と入試当日が近づくにつれ、様々な不安がよぎってしまうのは、どの受験生も同じです。今まで頑張ってきた自分の努力を思い起こしましょう。

 

これだけ頑張ってきたのだから、絶対に結果が出せるはず

 

自信を持って臨めるかどうか、特に中学入試においては受験が始まるところでの気の持ちようで半分は決まってしまう、と言っても過言ではありません。

 

ところで、勉強面においてはどのような意識が必要でしょうか。

まさか、この期に及んで新しい問題集を買おうなどと思う受験生はいないと思いますが、変に難しそうな問題をこの時期にやるのは逆効果です。むしろ、2学期以降に解いてきた過去問や各種テストをもう一度引っ張り出してきて、自分が間違えた漢字や知識の見直しをしておきましょう。直前に見直すことで、冷静に自分の弱点を補えるだけでなく、本番の入試で1問でも同じ問題が出れば精神的にも相当余裕ができます。

また、自分の第1志望校はもちろん、併願する各校の出題傾向を再度確認しておきましょう。

・文章量はどのくらいか

・設問数はどのくらいか

・漢字は何問出ているか

・記述量はどの程度か

・制限時間は何分か

 

ざっと、頭に入れておくことで、試験当日あわてることもなくなるでしょう。

 

最後に、試験当日の手順です。

当日は、会場に入ったらまずトイレの場所を確認し、試験前にかならず用を足しておきましょう。

学校の授業中とはわけが違って、「トイレに行かせてください」と試験中に言うことは基本的にできません。(不正行為防止のため)つまり、試験中に席を立つ=受験はその段階で終了、と思わなくてはいけません。ですから、あまり出そうもない...と思ったとしても、事前に済ませておくべきです。

 

いざ、試験が始まったら...

 

難は安心・易は用心

 

このことばを意識してください。難問は誰にとっても難しいもの。それを見て焦ってしまうようでは、自滅するようなものです。「これは難しいから後回し」くらいの気持ちで、解きやすそうなものから1問でも多く解く、という気持ちで取り組みましょう。

逆に、一見易しいと感じたものこそ、要注意。上記同様、易しいものは誰にでも易しいはず。ここで落とすのは命とりです。答え方や設問の意図をしっかり考えて取り組みましょう。以前も書きましたが、過去には開成中学でもひらがなやカタカナを書かせる出題がありました。桜蔭中学ではごく基本的な敬語を答えさせる出題もありました。筑駒でも、ことわざや詩の一節を簡単な漢字に直す問題がよく出題されます。こうした取るべき問題をしっかり取れる人が合格出来る人なのです。

そして、1教科目が終わったら2教科目、そして次...と、終わったことをくよくよ振り返らず、前向きに次に向かいましょう。2/1が終われば2/2、そして2/3...という風に。この割り切りができるかどうかも、結果を左右する一因となります。

 

エクタスの教師は、来春皆さんの笑顔が見られるよう、全員が残る期間全力で授業に取り組みます。「あと○○日しかない」ではなく、「まだ○○日もある」と意識を変えて、残された期間も全力を出し切って下さい。2月に、皆さんと笑顔で会える日を楽しみにしています。

行事や暦の説明は難しい

2016.12.08(Thu)

●ジュニア担当    ●カテゴリー:

   急に寒くなってまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。さて、私の最近のおもしろかった出来事ですが、今が旬のにんじんでフランスの家庭料理を作ろうとしたら、夜中ににんじん刻み機のように刻む羽目になってしまいました。今は千切りスライサーを買おうか真剣に検討中です。夜の冷えを感じると分かる気もしますが、学校によってはすでに色々な感染症が流行り始めているようです。手洗い・うがいなどをしっかり行い、すてきな冬休みを過ごせるようにしましょう。

 

今日は行事や暦って何だろう、というお話です。私は個人的にイベントがとても好きな性格なのですが、世の中ではイベントムードが先行して、意味がよく理解されていない行事や暦がとても多いような気がします。繰り返しますが、私はイベントが好きなので、楽しい! という気持ちを否定する気は全くありません。ただ、自分を含め、意外と細かい部分までは知らないのではないかという実感があるのです。

 

例えばクリスマス、冬至、鏡開きなどです。大体どんな日で、どんなことをするかは知っていても、それがなぜそういうことになったのか等の細かい部分までそらで説明をするのは、なかなか難しい気がします。特にジュニア(小1~3)生への説明となると、さらに難しいです。色々な言葉を置き換えすぎると、話や意味が変わってしまったり、つながらなくなってしまったりという感じです。でも、海外はもちろんですが、日本にもすてきな行事や暦がたくさんあります。せっかくなので、こういったものがたくさんある季節には、少し体験しつつ、お話ができる機会があればとても良いのではないかと思います。何か面白いことをお子さまが体験された際や、説明が難しいものがありましたら、ぜひ私たちにも教えて頂ければと思います(ご本人が言って下さるとさらに良い学びの機会になるかもしれません)。

 

最後に少しだけ121月の新小12年生向けイベントについてご案内させて頂きます。アルゴクラブの体験会が12/23(金・祝)と1/9(月・祝)に、新小2プレスクールが12/23(金・祝)と1/21(土)・28(土)に開催されます。すでに満席に近い校舎もあるようですので、ご希望の方はお早めにお問い合わせをお願いいたします。今年もわくわくでいっぱいのみなさんにお会いできることを、担当一同楽しみにお待ちしております!

文章を「動画化」できますか?

2016.12.07(Wed)

●たまプラーザ校:蛯名    ●カテゴリー:

小説や漫画から「映画化」されたものが多いですよね、最近の邦画。原作ファンの入場が見込めるので企画が通りやすいとか、宣伝しやすいとか、色々理由はあるのでしょうが、原作ファンの人たちにとっても、新たな魅力を発見できるのが楽しみなことでしょう。

私も「ルパン三世念力珍作戦」(1974年・坪島孝監督)を成人してから観たときには色々な発見がありました。田中邦衛さんの次元大介とか、伊東四朗さんの銭形警部とか魅力的でしたねえ。

 

さて、お話ししたいのは国語授業・テストでの「脳内動画化」です。特に物語。

 

私は授業中、間違えた答えを出した生徒の目の前で、その間違えた答えの通りに登場人物を演じて見せることがあります。間違えた答えですから、本文や設問と矛盾した行動・表情・台詞になり、おかしくなるので、生徒の皆さんは笑います。間違えたご本人も一緒になって笑っています。しかし笑いごとではないのです。書いた通りに目の前で演じて見せればご本人もおかしいと気づく誤答に、書いている最中に気づいていないからです。筑駒・御三家を目指し、エクタスに通う優秀な生徒でもそのような答えを書いてしまうことがあります。

 

自分の頭の中で、自分の書いた通りに登場人物、最近の言葉でいえばキャラクターを動かしてみれば間違い・矛盾・おかしさに気づきやすくなり、珍解答が減っていきます。試してみてください。

 

・・・そんなことくらい簡単だろう、と思いますか? ためしに吉野弘さんの「虹」という詩をお子様に読ませて、16行目くらいまでを絵にさせてみましょう。いかがですか? 詩に登場する目に見えるもの、全部描けましたか? 位置関係はおかしくないですか? 意外と難しいものです。

 

お子さんはどうしても刺激の強い娯楽を求めます。自分の意志で自分の娯楽を選ぶ際、テレビやビデオゲームに読書は負けてしまいます。つまり、自分の力でビジュアルにしなくても済む娯楽が選ばれます。しかし、文章を読んで情景を想像する力こそ、「読解力」を構成する重要な要素なのです。低学年のうちは特に気を付けて本を読ませてあげてください。想像させるとは言っても、文字だけの本でなくても大丈夫ですよ。挿絵はビジュアル化を助けてくれます。

 

高学年の方は・・・エクタスの授業を受けていれば大丈夫です。頑張りましょうね。

【アルゴ生・小2ジュニア生に取り組んで欲しいこと】

2016.12.02(Fri)

●池袋校:白田    ●カテゴリー:

 

こんにちは。池袋校室長の白田です。今回は、先日11/23に開催された小2プレスクールを終えての指導所感と、今後に向けたお話をさせていただきたいと思います。

小学校低学年の今の時期、まだお子様の学力差はそこまで大きく感じない、あるいは、まだどの子もほぼ同じくらいの学力であるという認識が世間一般ではされています。

では実際はどうかというと、今回のプレスクールにおいてもそうですが、非常に大きな差がすでについている現状は否めません。

例えば、100マス計算をやったとします。スラスラと解けるお子さんもいれば、100マス計算そのものを初めて見るという生徒さんもいます。これは単に100マス計算をやったことが有る・無いの違いだけではありません。出来る生徒さんはすでに「表の見方」が身についています。逆にいうと、出来ていない生徒さんは、世の中にある「表」がなんのことか分からないので、これからその意味を理解していくことになります。このように、差がつくきっかけとなる様々な経験の違いが、今までにもたくさんあったということになります。

 

さて、話を大きく変えまして、最近のご面談のときに受けたご相談の中で最も多かったものを紹介します。内容としては、「小学校のカリキュラム『が』まったく追いついていない」というもの。『に』の間違いではございません。例えば、小学校2年生の2学期に入ると学校の算数では「かけ算」を学習するはずですが、これが塾生が通っている多くの公立小学校では11月に入ってからの学習開始と、予定の進度と比較すると少々遅れをとっているのが実情です。

 

エクタスは最難関中学受験の専門塾としてジュニアコースのカリキュラムを策定し展開しておりますが、これは文部科学省が定めたカリキュラムをきちんと履修していることを前提としています。この前提が崩れている、担保されていない場合には何かしらの方法でこのギャップを埋めなければ、お子様があとで苦しむ・困ることになりかねません。

低学年のうちだからこそ、色々なことを習得しやすい時期です。基礎力を身に付けていくご相談ももちろん塾として受け付けています。エクタスは筑駒・御三家を目指す皆様が「何でも相談できる」「かゆいところにも手が届く」存在でありたいと考えています。

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。