エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2016.11.26(Sat)
小5生用受験学年準備について
(たまプラーザ校:深川)
2016.11.21(Mon)
皆さんはネズミの笑わせ方を知っていますか?
(池袋校:川島)
2016.11.21(Mon)
小2プレスクールを開講いたします。
(自由が丘校:齋藤)
2016.11.17(Thu)
社会科よもやま話 その8 御三家入試問題より
(自由が丘校:田島)
2016.11.16(Wed)
アメリカの大統領
(たまプラーザ校:大野)
2016.11.11(Fri)
小3以上向け・場合の数の問題 解答編
(吉祥寺校:太田)
2016.11.10(Thu)
『基本』の大切さ
(吉祥寺校:小島)
2016.11.07(Mon)
和が一定の場合の数
(池袋校:滝澤)
2016.11.04(Fri)
小3以上向け・場合の数の問題
(吉祥寺校:太田)
2016.11.03(Thu)
「筑駒の国語 詩の攻略法」
(自由が丘校:中村)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
小5生用受験学年準備について

2016.11.26(Sat)

●たまプラーザ校:深川    ●カテゴリー:

 

 一昨日は11月とは思えない寒さでしたね。一昨日の気温はまさに「受験当日」のそれでした。インフルエンザも全国的に流行り始めた様ですし、受験生にとってはあと2か月で入試本番。体調を崩すことの無いように気をつけながら、「勉強時間を最大限確保」出来る様に頑張っていきましょう。

 

 

 ところで今回のブログでは小5生の皆様に向けての提案を書いてみたいと思います。

 

 小6受験生があと2か月で受験を迎えると同時に、小5生の皆様は「受験学年」を迎えます。受験学年を迎えるということは「今よりもやらなくてはならない課題が増え」、そして「学習難易度が上がる」ということです。

 小5の今の段階ですでに「家庭学習をこなすのに必死」になってしまっている場合、小6の家庭学習に対応できず、いっぱいいっぱいになってしまう恐れがあります。

 

まだまだ家庭学習が余裕を残して実行できている方は大丈夫ですが、受験学年を迎えて「睡眠時間を削る」ことが無いように、この12月1月や冬休みを利用して普段の学習のやり方についての見直しを行い、「受験学年準備」を行ってみるのはいかがでしょうか。

 

 

(例)

  1. 各教科における学習優先順位を決め、次に取り組むべき課題で迷わない様にする。

    ⇒その日に「何をどんな順にどんなやり方で行うべきか」が決まっていれば、「何の勉強を行うか迷っている時間」という無駄を省くことができます。

     

  2. 「終わるまでやる」をやめ、全ての課題に「実施してよい時間」を作り、テストと同じ様にタイマーで時間を計りながら実施する。

    ⇒入試には時間制限があり、「終わるまで実行する」ことは認められていません。「時間内に最後まで行く」ことを身につけることで「時間内に終わらない」という受験にとって最悪の事態を防ぐことができます。また、難問やわからない問題にあたったときに「どんなアクションを行うべき」か(1分考えてわからないものは付箋を貼って質問するなど)を決める事で当日行うべき課題が後ろにずれていくことを防ぐことが可能です。もしも適正な時間がわからない場合はエクタスの教師に質問しましょう。

    ※じっくり考えることも大切ですがそれは別に時間を設定すればよいのです。

     

  3. その日その日または曜日ごとに実施する学習計画を立てる。

    ⇒②が行われていれば意味のある学習計画を立てることが可能になります。そもそも計画は「課題実施にかかる時間」が決まっていなければ立てられません。

     

  4. 寝る時間と起きる時間を固定する。

    ⇒睡眠不足と昼寝の悪循環ができてしまうと多くの時間的無駄が生じます。寝起きにすぐ集中して勉強することはとても難しく、1時間半昼寝をしてしまった場合、2時間以上の時間が無駄になります。昼寝をするくらいならばその分夜にきちんと寝て、寝る時間と起きる時間を固定し体を慣れさせた方が学習時間をたくさん確保できます。

    ※どうしても昼寝をしなくてはならない場合は「20分以内」にしましょう。

     

     

     上記すべてを実行しなければならないわけではありませんが、「今の学習が正しいかどうかを定期的に振り返る」ことは必要だと思います。冬休みで一度1週間のルーティンが壊れますから、リセットして「家庭学習のやり方のレベルを高める」良い時期ではないでしょうか。

    「学習量や難易度」が変化するように、「受験生の学習法」も適正にレベルアップしていかなくてはライバルに勝つことはできません。今後どんどん成長していけるように工夫をしてみることをお勧めします。

皆さんはネズミの笑わせ方を知っていますか?

2016.11.21(Mon)

●池袋校:川島    ●カテゴリー:

 

そもそもネズミが笑うことを知っていましたか?1999年にネズミもくすぐると笑う、という研究結果が発表されました。そのころは人間に近い霊長類のサルがはたして笑うのだろうか、と多くの研究者が議論をしていた時期で、「サルは笑う!」「いや人間以外の動物は笑わない。」と熱い議論を交わしていました。そんなときに「ネズミも笑うよ。」と研究結果が発表されたのですから、その当時いかに大騒ぎになったか簡単に想像することができますね。しかも人間の子どもと同じようにくすぐると笑いながら喜んで走り回る、というのですからすごいですよね。

さて、このようにネズミもくすぐると笑う、ということは研究者の間で次第に認められていきましたが、くすぐったさとは何か、脳ではどのように処理されているのか、そのメカニズムまではわかっていませんでした。

しかし、今月、ドイツのフンボルト大学の研究者から、ネズミの脳のどの領域が「くすぐったさ」を感じているかを特定した、と発表がありました。しかもネズミの気分によってくすぐりの反応が違うことも分かりました。これはどういうことかというと、人も子供のときと成長して大人になるとくすぐったさが違って感じられますし、例えばすごく嫌なことがあったときにくすぐられてもあまり笑うことはないですよね。それと同じで、ネズミも幸せなときはくすぐるとよく笑うし、嫌な気持ちのときにはくすぐっても笑わないことが、研究で確認できたそうです。

さて私たち普通の人が「動物をくすぐる実験」とだけ聞くと、「え? 何でそんなことを調べているの?」と思うかもしれません。現代の科学も積極的に取り組んできたとは言えない現状があった、と今回のネズミの研究の共同研究者である石山晋平さんがおしゃっていました。確かにとてもおもしろい実験ですが、この実験はこのあと何につながっていくのだろう、と私も初めは疑問に思いました。でも今回の研究発表のニュースを調べてみると、この研究の先には、人の脳や行動のしくみ、精神に対する影響のしくみなどを知る手掛かりとなり、いずれはより大きな人の秘密を解明するヒントになるかもしれない、とわかりました。

他人にくすぐられるととてもくすぐったいのに、自分で触ってもくすぐったく感じない、とてもあたり前のことに疑問を持ち、真剣に研究に向かい合うその姿勢はとても素晴らしいことだと、今回のニュースをみて感じました。皆さんも将来、他の人は関心を持たないあたり前のことに興味や疑問を持ち、全力で取り組むことができるような人間になって欲しいと思います。そのためにもいろいろなものに目を向けることが第一歩です。中学入試の理科の問題を見ると、受験生の科学的な興味・関心の強さを問う問題が多く出題されていますね。中学校の先生たちも同じような希望を受験生の皆さんに対して持っているからなのでしょう。入試問題はそのメッセージの1つのあらわれかもしれません。

小2プレスクールを開講いたします。

2016.11.21(Mon)

●自由が丘校:齋藤    ●カテゴリー:

  木枯らしが吹き、ひときわ冷え込むようになった今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
大人たちは寒い、寒いとすぐに暖房をつけたくなってしまいますし実際つけるのですが、
そうすると教室では必ず「教室が暑いです!」という声が上がります。
子どもたちは心も体もエネルギーでいっぱいなのだなあ、と毎日驚かされます。

 さて、エクタスジュニアコースでは年末年始に向けて、さまざまな体験会をご用意しております。
本日はその中でも「小2開講プレスクール」の「国語の授業」についてご紹介します。

 エクタスのジュニアコースは筑駒・御三家をはじめとする【最難関中学合格に必要不可欠な力】を分析し、
「低学年の今しかできないこと」「低学年だからこそやるべきこと」に特化した内容となっております。

 その、エクタスジュニア国語の長所とは?


①宿題が少ない
 「筑駒・御三家」対象講座、と言うと、低学年のうちからたくさんの勉強をさせられるのでは?と心配される方がいらっしゃいますが、エクタスの低学年コースでは、宿題を多く課していません。国語ではなく、算数もです。各科目、一日15分もやれば十分終わる量・内容です。

 これは数多くある進学塾の中でも突出して少ないといえます。
 では、なぜそうしているのか?
 低学年のうちに、勉強以外の見聞を広げてほしいということが理由です。おうちの方とのお話やお出かけや、習い事や遊び、そして好きな分野の読書や調べ物に時間を割いてほしいのです。

 小5・6年の優秀な生徒に話を聞いてみると、小学校1・2年の頃は特別たくさん勉強した記憶がない子がほとんどです。そのかわり、何かひとつのことにはまって一生懸命それをがんばっていた、という思い出話が多く聞かれます。

 では今、低学年の子どもたちは何にはまっているのか。

 どうも、某人気ドラマ・人気ゲームの影響で戦国武将にはまっている子が多いようです。彼ら・彼女らは好きな戦国武将の本を読むうちに、その武将が生まれ育った場所に興味を持ち、調べ始めたりまた、どう考えても習っていないような漢字であっても自主的に練習したり(その動機は「漢字で書けたらかっこいいから」)しているようです。

 一見勉強に繋がっているような、遊びの延長のような、わかりにくい例に思えるのですが優秀な受験生にはこういう、「好きだからとにかく調べてみた、覚えてみた」体験が必ずと言っていいほどあるのです。

 低学年時に勉強以外の好きなことをする時間がいかに大切か、我々は身にしみて分かっている。だから、低学年時にはたくさんの宿題を出さず、その代わり好きなことをたくさんするように指導しているのです。


②早期から「書くこと」に親しめる
 「低学年のうちに好きなことをたくさんしてほしい」とは言っても、現実問題として、中学受験で高い能力を求められることは間違いありません。
 特に、筑駒・御三家の問題では、反復練習によって解き方を身につければクリアできる、いわゆる「典型題」では差がつかないため、その場で考えさせる問題が数多く出題されます。そして、その場でどう思考したのか採点者に示すため、多くの学校でたくさんの記述をさせるのです。

 そこで、エクタスの国語の指導では、「小さな頃からたくさん書かせる」ようにしており、ゆくゆくは「書き言葉で考えられる」ようになることを目標として指導しております。文脈整序・段落要約・読解問題の3つの課題を用意していますが、特に子どもの国語の力を引き上げてくれるのが「段落要約」のプリントです。一つの文章へ、いろいろな角度・異なるアプローチで取り組むことで、徐々に客観性が養われます。
 特に、小2のうちは「素材となる文章」が比較的易しいので、「要約する」技術の養成だけに注力することが可能です。学年が上がれば上がるほど、素材文が難しくなり、トレーニングを始める前に「そもそも文章の意味がわからない」ということにもつながるので読み書きが少し苦手かも、と思われる子ほど早めに受講を始めることをおすすめいたします。


③ただの「答え探し」「答え合わせ」以上の学習ができる
 前項で述べた「小2のうちは『素材となる文章』が比較的易しい」という点は、扱い方によってはデメリットになることもあります。
 ただ単に子どもたちに任せて問題を読ませ、解かせるだけの学習法だと、子どもたちを「問われたことの答えを記号的に探す」という方法に走らせてしまうのです。

 文章が易しければ、その分答えとなりそうな言葉も見つけやすいです。小2のうちは、それで済むのですが、「国語はそれでOK」と子どもの中でインプットされ、その考え方が子どもの中で習慣化してしまうと学年が上がって苦労することになります。

 子ども向けの読み物であれば、要点も表現も、わかりやすくされていて当然なのですが対象年齢が中学生以上(そしてそのレベルが、中学受験でも出題される!)になれば、作家たちは要点の繰り出し方にあれこれ工夫をしかけてきます。
そう簡単に「言いたいこと」を教えてはくれず、手をかえ品をかえ、いろいろな方法で主張をするのです。

 こうなったときに、「問われたことの答えを記号的に探す」解き方をしてきた子は太刀打ちが出来なくなってしまいます。
そうなる前に、文脈整序・段落要約・読解問題といろいろな手段でひとつの文章にじっくり取り組ませることを子どもに体験させ
「答えは簡単に導けない」ことを知っておけば、学年が上がって文章のレベルが上がっても、多角的な視野から文章を見つめることが出来るのです。

 以上の理由から、エクタスジュニアコースの国語は強くおすすめできる内容となっております。
 是非、この機会に授業を体験してみてください。

 

 次回は算数について書いてみたいと思います。


プレスクール 各校舎での実施要項はこちら
https://www.eikoh-seminar.com/echtas/course/preschool.html#shindan


社会科よもやま話 その8 御三家入試問題より

2016.11.17(Thu)

●自由が丘校:田島    ●カテゴリー:

前回に続き,麻布の2016年度入試からのよもやま話です。
この年のテーマは「境」でした。前回は「暮らしから生まれた境」を取り上げました。今回は「支配者がつくる境」に注目してみたいと思います。

文章を引用します。〈村の暮らしからできた境とは違った理由で設けられた境もありました。関所です。とくに戦国時代の大名たちは関所を置くことに熱心でした。〉とあります。
この関所とよばれるものは,時代によって様々な意味がありました。
古くは壬申の乱が発生した飛鳥時代に実在していた記録があります。
古代の関所は,東海道に面した三重県亀山市付近にあった鈴鹿関(すずかのせき),東山道に面した岐阜県の関ヶ原付近にあった不破関(ふわのせき),北陸道に面した福井県敦賀市付近にあった愛発関(あらちのせき)が三関とよばれていました。これらの関は街道の大事なところへ置かれていたわけですから,公地公民制を保つため勝手に移動させないためや防衛のためとわかります。

室町時代に入ると,荘園領主や寺社などが好き勝手に関所を置いて通行料金(関銭)を取っていたことは,歴史で学習したと思います。都である京都へ出入りする7つの道すべてにも関所が置かれていました。都に通じる道ですから当時でも,かなり通行量が多かったはずです。この7つの関所を操っていたのが8代将軍足利義政の妻日野富子だったようです。これにより莫大な収入を得ていたことになりますが,これが山城国一揆のきっかけのひとつになったともいわれています。
こうした交通の便の妨げになる関所を廃止し,産業をさかんにしたのが織田信長です。歴史に「もし」は禁物ですが,もし関所を廃止していなかったら,明智光秀はあんなに早く本能寺へ到着できなかったかもしれませんね。

江戸時代に入ると関所が復活します。
信長や秀吉が関所を廃止した理由と,江戸幕府が関所を設けた理由を答える問題が出題されています。これは歴史で必ず学習することなので解答できた受験生は多かったと思います。
江戸時代は,古代の関所が政治的に規制するためだったのと同様に,江戸の防衛が主目的になります。
江戸の防衛といって思い出すのは「入り鉄砲に出女」です。江戸に武器が流入するのを防ぐためと,江戸に住まわされている大名の妻が,夫の領地へ逃げ帰ることを防ぐための関所という意味合いですね。江戸にいる妻子は幕府の人質としているわけですから,逃げ出すことは防がねばなりません。
また,これに関連して,幕府が大名に課した参勤交代という制度も思い出してください。これは学校の教科書や塾のテキスト・プリントなどでも「参勤させることによって大名の財政を苦しくして幕府に背けないようにした」と学習していると思います。でも最近では,大名の財政が苦しくなったのはあくまで結果であり,幕府の目的は別のところにあったという考え方が広がりつつあります。これは別に異説というわけではなく,武家政治の中心である封建制度の本来の意味,つまり,家臣である大名は将軍に奉公せよという意味合いの行事だったようです。戦がなくなった江戸時代では,このような行事が封建制度を維持するために必要だったのかもしれませんね。

因みに関東という表現は,関所の東側という意味です。どこの関所かについては諸説あるのですが,古代では最初にあげた三関から東を関東といったようです。その後三関のひとつ,愛発関が滋賀県大津市付近にあった逢坂関(おうさかのせき)に変わっています。また,箱根の関所を境にする説もあるようです。
関西という表現は,元々都があり畿内とよばれていたところを,関東が武家社会の中心になってから区別するために関西というようになりました。

このテーマ,次回も続けます。

アメリカの大統領

2016.11.16(Wed)

●たまプラーザ校:大野    ●カテゴリー:

アメリカ合衆国大統領選挙が、11月8日、全米各州で投票、即日開票された結果、共和党候補のドナルド・トランプ氏(70)が、民主党候補のヒラリー・クリントン氏(69)を破り、来年1月に第45代大統領に就任することになりました。
超大国アメリカの大統領は、国内のみならず、日本をはじめとする諸外国にも経済・軍事・政治面でさまざまな影響を与えます。
今回は、入試によく出る歴代のアメリカ大統領を紹介します。


ジョージ・ワシントン(初代大統領)在任期間 1789年~1797年
アメリカ合衆国初代大統領で、アメリカ独立戦争時の軍人。アメリカ合衆国独立に大きく寄与したとして、「アメリカ合衆国建国の父」とも呼ばれます。
少年時代、父親が大切にしていた桜の木を斧で切ってしまった際、正直に「僕がやりました」と打ち明け、その正直さに父親が「お前の正直さは千本の桜の木よりも値打ちがある」と褒めたという逸話は、皆さんも知っているでしょう。
アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.は、彼の名にちなんで命名されました。


トーマス・ジェファーソン(第3代大統領)在任期間 1801年~1809年
「アメリカ独立宣言」(1776年)を起草した人物です。アメリカ合衆国の共和制の理想を追求したことで最も影響力のあった人物です。


エイブラハム・リンカーン(第16代大統領)在任期間 1861年~1865年
アメリカ合衆国の歴史上初の共和党所属の大統領。「奴隷解放の父」と呼ばれるように、「奴隷解放宣言」によって、黒人の奴隷を解放しました。また、「人民の人民による人民の政治」で知られる「ゲティスバーグ演説」は有名です。


セオドア・ルーズベルト(第26代大統領)在任期間 1901年~1909年
日露戦争の停戦を仲介(ポーツマス条約の締結)したことから、1906年にノーベル平和賞を受賞しました。また、「野球の試合は、終盤4-7から逆転して決着がつく8-7のゲームがいちばん面白い」と言ったとされ、これが「ルーズヴェルトゲーム」の由来です。


ウッドロウ・ウィルソン(第28代大統領)在任期間 1913年~1921年
第一次世界大戦後の1918年に「十四か条の平和原則」を発表し、その中で国際平和機構の設立を提唱し、国際連盟の発足を実現しました。しかしながら、アメリカは議会の反対で加盟しませんでした。



フランクリン・ルーズベルト(第32代大統領)在任期間 1933年~1945年
第二次世界大戦時のアメリカ大統領。ニューディール政策と大戦参戦による空前の戦時景気は、アメリカ経済を世界恐慌から回復させました。アメリカ政治史上で唯一、大統領を4期務めた人物です。また、重度の身体障害を持つ大統領でもありました。


ハリー・S・トルーマン(第33代大統領)在任期間 1945年~1953年
フランクリン・ルーズベルトの死を受けて、戦時中に大統領に昇格。ポツダム会談に臨んで、日本に無条件降伏を勧告しました。広島・長崎への原爆投下を決定・実行し、日本にポツダム宣言を受諾させ、戦争終結を実現しました。


ドワイト・D・アイゼンハワー(第34代大統領)在任期間 1953年~1961年
第二次世界大戦中、連合軍総司令官としてノルマンディー上陸作戦を指揮。戦後、大統領として共産圏への巻き返しをはかる一方、朝鮮戦争・インドシナ戦争を解決しました。1960年、新日米安全保障条約を岸信介首相と調印しました。


ジョン・F・ケネディ(第35代大統領)在任期間 1961年~1963年
在任中の1963年11月22日、テキサス州ダラスで遊説のため市内をパレード中に暗殺されました。


リチャード・ニクソン(第37代大統領)在任期間 1969年~1974年
ベトナム戦争からのアメリカ軍の完全撤退を実現。ソ連とのデタントも実現しました。しかしながら、ウォーターゲート事件により、大統領辞任に追い込まれて任期中に辞職した唯一のアメリカ大統領となってしまいました。



小3以上向け・場合の数の問題 解答編

2016.11.11(Fri)

●吉祥寺校:太田    ●カテゴリー:

1週間前に上げたいすの問題の解答編です。ひたすら書き上げていくと途中で行き詰るので,発想の転換(というか逆転)が必要になります。

 

(1)は準備体操ですので,絵を描いたりして調べ上げればよいでしょう。いすに1~5の番号をつけると,1-3,1-4,1-5,2-4,2-5,3-5の6通り

 

(2)3人になると,調べ上げるのは少し大変になりますが,先ずはそれで解いてみます。場合分けをきっちりと行うことが必要ですね。いすに1~9の番号をつけて,若い番号の2脚を決めます。

1-4のとき,3脚目は7~9の3通り

1-5のとき,3脚目は8,9の2通り

1-6のとき,3脚目は9の1通り

2-5のとき,3脚目は8,9の2通り

2-6のとき,3脚目は9の1通り

3-6のとき,3脚目は9の1通り

以上より,3+2+1+2+1+1=10(通り)

 

なかなかに面倒です。算数に限ったことではありませんが,こういうときは「物事をひっくり返して見る」ということが役に立ちます。ここまでは「座ったいす」に注目をして問題を解いてきましたが,今度は「座らなかったいす」で考えてみましょう。

 

9脚あるいすのうち,9-3=6(脚)が座らなかったいすです。座ったいすを順にA,B,Cとすると,□A□B□C□の4つの□に座らなかったいすが入ります。AとB,BとCの間の□には少なくとも2脚ずついすが入るので,6-2×2=2(脚)のいすがどの□に入るのかを考えます。4つの□を順にア,イ,ウ,エとすると,アア,アイ,アウ,アエ,イイ,イウ,イエ,ウウ,ウエ,エエで10通り

 

(3)97-20=77(脚)の座らなかったいすに注目します。座ったいすが20脚あるので,それらの間に4×19=76(脚)の座らなかったいすが置かれます。よって,77-76=1(脚)について考えればこの問題の答えは決まります。1脚のいすは,座ったいすの間の19箇所か,左端か右端の,19+1+1=21(箇所)のどこかに入ればよいので,21通り

 

『基本』の大切さ

2016.11.10(Thu)

●吉祥寺校:小島    ●カテゴリー:

 

リョウヤクはクチにニガし

(良薬は口に苦し)

 

ヤマのあなたのソラトオく

(山のあなたの空遠く)

 

アサいカワもフカくワタれ

(浅い川も深く渡れ)

 

シるモノはイわず、イうモノはシらず

(知る者は言わず、言う者は知らず)

 

ヒャクブンはイッケンにしかず

(百聞は一見にしかず)

 

筑駒志望の受験生なら、ここ数年の過去問に目を通してふれていることでしょう。毎年、というわけではありませんが、これらのことわざ・格言・詩の一部をかなで表記しておいて、「カタカナは漢字に直してていねいに大きく一行で書きなさい」という設問が頻繁に出題されています。

決して難しい問題というわけではありません。むしろ、ここで得点できなければ合格は遠のく...とも言えそうな問題です。でも、入試問題として出題されている以上、何の意図もなく出題されているとは思えません。

 

以前、開成中学で「は・ひ・ ・へ・ 」の にあてはまるひらがなを答えさせる出題がありました。また「あまぞん川」の「あまぞん」をカタカナに直させる出題もありました。ただし、『正しい筆順、正しい形、正しいバランスで』という指示がついていました。ひらがな・かたかなですから、当然小学1年生の履修範囲です。この出題を初めて見たときに、基本中の基本である「ていねいに・正しく字を書く」ことの大切さを要求されているのだろう、と思ったものです。(その年に開成中学に入学した生徒から、「出題された先生が、合格者の中でもこの問題で得点できていない生徒がかなりいた、とおっしゃっていた」と聞きました。)

 

難関校を目指したい=簡単な問題では力がつかない→難問を数多く解かないと...

 

こんな考えに行きつく受験生・保護者の方が大勢いらっしゃいます。もちろん、その考え方を頭から否定する気はありません。ただ、基本をないがしろにしているように見受けられる生徒がいるのを見過ごせないのです。

2月1日まで残り2か月ちょっと、というこの時期は過去問を解くことが大切なのは言うまでもありません。出題傾向を知る・自分との相性を見る・苦手単元を絞り出す・時間感覚を養う...等々、効用はかなりあります。エクタスでも、過去問指導はとても重要視しており、生徒各自に解いたものを提出してもらっています。その解き方(書き方)を見ていると、毎年のことですが、生徒個々に大きな差が見られます。とてもていねいに(本番のつもりで)一字一字きちんと書いてある答案もあれば、なぐり書きとも言えるような、書いた本人でも判読が難しい字で書いてくる人もいます。

また、記述問題でもせっかくいいところに目をつけることができても、誤字・脱字や文末ミスで点を失う人が少なくありません。

もちろん、その都度注意していますが、その時に返ってくるのはたいてい同じセリフです。

 

「本番の時は気をつけます。」

 

入試本番でていねいに、気をつけて書くのは言うまでもありませんが、私はそのセリフは信用しません。練習でできないことが、なぜ本番でできるのか?野球で、練習もしていない変化球を本番で突然投げられるでしょうか?アイススケートで、練習もしたことのない4回転ジャンプをいきなり本番で飛ぶような選手がいるのでしょうか?

 ちょっと考えればわかることです。いきなり上手になる人はいませんが、日ごろから意識して練習するうちにどんなことも上達してくるものです。自分の解いた過去問や、授業で書いたノートなどをじっくり読み直してみて下さい。そして、「この書き方ではいけない」と、今気づいた人はまだ間に合います。

 

『木の長きを求むる者は必ず根本を固くす』

 

 どういう意味の言葉なのか、よく考えてみて下さい。この言葉を理解できた人は、もう大丈夫。ラストスパート、全力を出し切って下さい。

和が一定の場合の数

2016.11.07(Mon)

●池袋校:滝澤    ●カテゴリー:

 

2016年の麻布の入試問題を2017年用に改題した問題です。

 

2017は各位の和が10となる4けた整数です。このような整数を小さい順に並べると、次のようになります。

 

1009101810271036,......,90109100

 

2017は何番目になりますか。 」

 

いかがでしょうか。この問題は,書き上げ,数えて解いた方が多いのではないでしょうか。

千の位が1の場合

10□□......09,18,27,......,90 の10個

11□□......08,17,26,......,80 の9個

12□□......07,16,25,......,70 の8個

13□□......06,15,24,......,60 の7個

以下省略しますが,これを19□□まで考え,10+9+8+7+......+1=55個

千の位が2の場合は,2008,2017の2つだけなので,答えは57番目になります。

 

ところが,千の位が1の場合をもう少し早く解く方法もあります。この問題は0~9までの数を和が9になるように並べればよいので次のように考えます。

 

「 ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ 」と9つの○を書き、これを「|」で区切ることによって数字を表すことを考えます。

たとえば,「 ○ ○ | ○ ○ ○ ○ ○ | ○ ○ 」は252を表し,

「 ○ ○ ○ | | ○ ○ ○ ○ ○ ○ 」であれば,306を表すわけです。

このように考えると,0~9までの数を和が9になるように並べる場合の数は,

「 ○ 」9個と「 | 」2本の置かれる11か所の中から「 | 」が置かれる2か所を選べばよいことになるので,

11×10÷(2×1)=55通り となります。和が定まっているという条件の,場合の数の問題では,このような解法を覚えておきましょう。
小3以上向け・場合の数の問題

2016.11.04(Fri)

●吉祥寺校:太田    ●カテゴリー:

 小3以上向けの,場合の数の問題を一問あげます。解き方をどう組み立てていくかという事に加えて,文章で提示されている事態をきっちりととらえられるかが問われる問題です。難易度自体はあまり高くありません。よろしければ取り組んでみて下さい。解答解説は1週間後にアップします。



いすがいくつか並べてあり,そこに何人かの人が1つ以上の席をあけて座ります。例えば,いすが4脚あり,2人の人が座る場合,下の図のように席を1つあけた座り方が2通り,席を2つあけた座り方が1通りで,あわせて3通りの座り方があります。


(1)いすが5脚あり,2人の人が座る場合,全部で何通りの座り方がありますか。


(2)いすが9脚あり,3人の人が席を2つ以上あけて座る場合,全部で何通りの座り方がありますか。


(3)いすが97脚あり,20人の人が席を4つ以上あけて座る場合,全部で何通りの座り方がありますか。


小3以上向け・場合の数の問題
「筑駒の国語 詩の攻略法」

2016.11.03(Thu)

●自由が丘校:中村    ●カテゴリー:

 

筑駒国語の入試問題の時間配分を考えると,大問一15分+α,大問二15分+α,大問三(詩)10分-α,となり,最大10分,実際は10分も使えない場合が多いでしょう。

その10分以内で問題に立ち向かえるアプローチ方法を身につけて試験会場に向かうか,漠然と向かうかでは,大きな差が生じる可能性があります。

 

以下の「アプローチ法」をぜひ参考に,まずは過去問演習で実行してみてください。

 

題名を見て,題名に、瞬時に「は何」か「はなぜ」をつけて,考えてみる

 

19年「たこ」は何

20年「めまいよ こい」はなぜ

21年「月のひかり」は何

22年「母はサボテンが好きだ」はなぜ

23年「虻」は何

24年出題なし

25年「居直りりんご」はなぜ

26年「終電車の風景」は何

27年「なれ」は何

28年「秋の砂」は何

 

①題名がそのまま比喩になっているもの、が多い(19・21・23・26~28)

  ↓

何が「たとえ」られているのか、を瞬時に判断する

 (例)19年「たこ」では→「自分の心」が表れている、と思えると、「このまま 空のたびにでるんだ、と しきりに ぼくの手をひっぱる」は「ぼく」のどんな気持ちを表していますか。という問四の問題にも答えることが出来ます。「たこ」に意志はないわけなので、「ぼく」がたびに出たいのだとわかります。

 

②「題名はなぜ」で考える問題(20・22・25)

  ↓

 ・めまいがきてほしいのはなぜか(20)

・母がサボテンを好きなのはなぜか(22)

・りんごはなぜ居直るのか(25)

を瞬時に判断する

 

(例)22年「母はサボテンが好きだ」では→なぜ好きなのか→「手がかからない」から→「父」や「私」への「母」の思いが感じられる

と整理してから、問題を解いていきましょう。

 

過去問を解いて答え合わせをする、も大事ですが、それだけで終わらず、上記の区分けを参考にぜひ一度「題名は何」「題名はなぜ」を考えて、まとめておきましょう。

実際の入試では、「題名は何」「題名はなぜ」のどちらかで考えて、瞬時で自分なりに結論を導き、それをふまえて問題を解いてみてください。

ただ漠然と解く、ではなく、自分にはこういう「アプローチ法」があるんだ、という「技」を身につけて入試に臨めると、余裕と自信を持って試験にチャレンジ出来るはずです。

 

あと90日! 悔いのない毎日を積み重ねて、素晴らしい結果をつかみましょう。

 

 

 

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。