エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2016.07.29(Fri)
開成中の理科の入試問題より
(吉祥寺校:久道)
2016.07.20(Wed)
整数2017について②
(エクタス事務局)
2016.07.15(Fri)
社会科よもやま話 号外
(自由が丘校:田島)
2016.07.14(Thu)
社会科よもやま話 その6 御三家入試問題より
(自由が丘校:田島)
2016.07.13(Wed)
読書感想文に困っている小学校2・3年生のみなさんへ
(ジュニア担当)
2016.07.13(Wed)
整数2017について①
(吉祥寺校:太田)
2016.07.11(Mon)
第24回参議院議員通常選挙。与党大勝!
(たまプラーザ校:大野)
2016.07.07(Thu)
天王山の戦い
(池袋校:白田)
2016.07.06(Wed)
指示内容の指摘
(たまプラーザ校:蛯名)
2016.07.05(Tue)
『読む』ことの大切さ
(吉祥寺校:小島)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
開成中の理科の入試問題より

2016.07.29(Fri)

●吉祥寺校:久道    ●カテゴリー:



 梅雨が明け、本格的な暑さとなり、受験生のみなさんにとっては天王山とも言える夏期講習がいよいよ始まりました。受験生のみなさんは朝早くから夜遅くまで必死に勉学に励んでいることでしょう。


 


 さて、本年度の開成中の大問3では、人体の消化に関する問題が出題されました。この大問3の本文の中に大変面白い内容が書かれています。


 


 16世紀までは、小腸で吸収された栄養が、肝臓で血液に変えられ、血液を心臓が全身に送り出し、体の各部に運ばれた血液は、体の各部で使われて、なくなってしまうと考えられていました。しかし、17世紀には、心臓から送り出された血液は、体をめぐり、また心臓にもどってくると考えられるようになりました。


 


 心臓から出た血液は全身をめぐり再び心臓に戻ってきます。このような「血液循環」の考え方が確立されたのは、なんと1628年のことです。何とそれまでは、心臓から出た血液は体の各部分で使われて消えてしまい、再び心臓に戻ることはない、とされていたのです。


 


 この「循環しない」血液の考え方は、ローマ時代のギリシアの医師ガレノスの考え方を前提として信じられてきたことです。このガレノスの考え方は、口から食べた食物が消化され、小腸で吸収されたあと肝臓に運ばれます。そして吸収された養分が肝臓で血液に変えられ、全身、各器官へと運ばれます。そして全身、各器官で生命活動に使用され、そのまま消滅する・・・というものでした。この循環しない血液の流れは「栄養配分系」と呼ばれていました。その後、現在で言う動脈血を全身に運ぶ「通気系」という循環しない血液の流れもあるとされ、「栄養配分系」と「通気系」の2つの循環しない血液の流れが存在する、と17世紀の初頭までは信じられてきました。今で言う「動脈」や「静脈」の概念はありませんでした。


 


 16世紀初頭、イギリス人のウイリアム・ハーベーは血液は肝臓でつくられているのではなく、血液の系統は1つで、血液は循環しているという仮説を立て、自分の腕を縛って血液の流れを確認したり、解剖学者の力を借りたりしい、1628年に「血液循環説」を発表しました。が、当時この説は激しい論争の的となりました。さらにハーベーは1649年に自分の説が正しいという説をまとめた冊子を発行しました。この時期から彼の考えが正しいということが実験、検証され、「血液循環説」は多くの人々に受け入れられ、後の心臓や血圧の正しい理解へとつながりました。ハーベーの勇気と努力が正しい考え方を生み出し、後の医学の発展へとつながったのです。


 


 同じような論争が様々な学問で繰り広げられてきました。新しい考えが古い考えが信じ込まれていることでなかなか受け入れられず、議論を重ね、でも批判され。それでも自分の考えが正しいと信じた科学者たちが屈することなく、実験、検証を繰り返し、正しいものとして確立され、新たな正しい考えが世に伝わっていく、ということを繰り返してきました。


 


 今のみなさんの生活があるのは、こうした科学者たちの努力の証であると言えます。


 


 伝えたいことは2つです。


 


 習ったこと、学習したことをただただ詰め込んでいくのではなく、なぜそうなるのかをきちんと理解しながら身に付けていきましょう。そしてもちろん、「なぜ?」のままにせず、わからないこと、納得がいかないことは自分で調べたり、先生に質問をしたりしながら一つずつ解決していきましょう。そうする中で、もしかすると新たな発見があるかもしれません。次に新たな学説を唱えるのはみなさんかもしれませんよ。


 


 もう一つは、自分が今取り組んでいる学習が本当に正しいかどうかを考えて見て下さい。


  誘惑に負けていませんか?


  集中して取り組んでいますか?


  やるだけになっていませんか?


  苦手なこと、嫌なことにきちんと立ち向かっていますか?


 


 天王山である夏期講習を終え、9月に入り夏期講習の自分の姿を振り返ったときに、


 


 「受験生として本当に正しい学習を終えた受験生」


 


 正しく学習をした受験生になれるよう、暑さに負けず努力を重ねて下さい。


 


 頑張れ!受験生!



整数2017について②

2016.07.20(Wed)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

今回は,1週間前にあげた問題の解答編です(1週間前の記事は「整数2017について①」です)。
まず,問題を再掲します。

ある数を,連続する整数の和で表すことを考えます。例えば,15は4+5+6,1+2+3+4+5,7+8という3通りの表し方があります。
(1)2017には1通りの表し方があります。それを書きなさい。
(2)2017は素数であり,3以上の素数の表し方はみな1通りです。その理由を説明しなさい(長くなっても構いません)。

入試予想問題というよりは,素数について考えを深めておくことが目的でした。では,解答を載せます。

(1)1008+1009

(2)※解答例※まず,3以上の素数を奇数個の連続する整数の和で表すことはできない。15=4+5+6の場合,連続する整数の真ん中の数5に個数の3をかけると15になるように,真ん中の数×個数=もとの数が成り立つが,素数をこのような積の形で表すことはできない。

次に,2個の連続する整数の和で表すことはできる。3以上の素数は全て奇数であるから,2で割ると□.5となる。□.5×2=2×□+1=□+(□+1)より,□と□+1の和で表すことができる。

最後に,4以上の偶数個の連続する整数の和で表すことはできない。14=2+3+4+5の場合,連続する整数の平均3.5がちょうど4つの整数の真ん中の数となるように,真ん中の数□.5×個数=もとの数となる。4以上の偶数は2×△(※△は1より大きい整数)で表せるので,もとの数=□.5×個数=□.5×2×△となるが,□.5×2は整数なので,□.5×2と△がもとの数の約数となってしまう。これは,もとの数が素数であるという条件にあわない。

よって,3以上の素数はみな,2個の連続する整数の和でのみ表すことができる。


いかがでしょう。素数とは大まかに言えば「余計な約数を一切持たない数」です。そのために,素因数分解に表されるように,他の整数の「素材」として用いられることが多いのですが,素数自身にもいろいろと興味を引く側面があります。この夏,お子様と一緒にいろいろと調べてみるのも面白いかもしれませんね。

社会科よもやま話 号外

2016.07.15(Fri)

●自由が丘校:田島    ●カテゴリー:

夏休みが近づいています。今年の夏はどこへ出かけようか等,わくわくする時期が近づいています。
でも,受験生にとってはほとんど縁のない話でしょう。特に小6は,天下分け目の関ヶ原といわれるほど夏休みは成績向上に大事な期間ですし...。


今回はいつもの「よもやま話」をお休みして,夏に身近なところでお出かけできるところを考えてみました。関ヶ原のまっただ中にいる小6受験生も,1日ぐらい日帰りで出かけられる近場ならば,ちょっとした息抜きになるかもしれません。


都内に限定して,少々ためになるお出かけといえば博物館や科学館が思い当たります。特に東京や江戸についての知識を深める必要のある受験生には「ためになる息抜き」になるでしょう。
これらの施設を大雑把に分類すると,理科的なもの・歴史的なもの・鉄道関連・スポーツ関連・食品関連が考えられます。
この中から,鉄道に関するものと,サッカーや野球などに関するスポーツ,いわゆる工場見学系の食品関連を除外してあげていきます。
歴史的なものが手っ取り早い感じもしますが注意が必要にもなります。
小学生で歴史を学習する前に,予備知識として歴史に関する博物館へ足を運ぶことは悪くはありません。ただ,何の予備知識もなく見せても,何となくのイメージだけを残すだけで,その後の学習に大きなプラスになることは少ないようです。それよりも,一通り歴史を学習した後で見学すると,自分の頭の中に入っている「知識」がより立体的に,かつ,意味を持った存在として定着することが多いようです。ですから,歴史を学習していないお子さんには,日常生活に関連し,もっと目に見える形のものを選ぶといいと思います。これらの基準も考え,以下におもしろそうな施設を上げていきます。


☆ 王道!
1 東京国立博物館
 1872年に開館した日本最古の博物館。
2 国立科学博物館
 1877年開館。
1と2は上野にあります。2は恐竜の化石も常設されています。動物園はともかく,すぐそばには今年「世界文化遺産」に登録予定の国立西洋美術館もあります。これは建物が登録予定なので,外観を眺めるだけでもいいでしょう。


☆ でも歴史がいい!
1 東京都江戸東京博物館  ... JR総武線両国駅徒歩3分ぐらい
 言わずとしれた江戸時代と東京の歴史を学ぶことのできる博物館。開成中を受験するならばとりあえず行くことが必修でしょう。両国国技館の隣にあります。国技館でのお相撲は9月までありませんが,近くにちゃんこ鍋屋さんはたくさんあります。でも夏ですし...。
2 明治大学博物館 ... JR中央線お茶の水駅徒歩5分ぐらい
 漆器や金工品などを展示する商品部門もありますが,岩宿遺跡関連の考古学部門,江戸時代の刑罰や拷問具などを展示する刑事部門があります。いたってまじめな博物館ですが,低学年のお子さまには向かないかもしれません。


☆ やっぱり「お金」!
1 お札と切手の博物館  ... JR京浜東北線王子駅徒歩5分 
お札や切手を製造している国立印刷局の運営による博物館。お札の偽造防止などの技術はさすが日本!
2 日本銀行貨幣博物館  ... 東京メトロ半蔵門線 三越前駅徒歩1分
日銀が運営するだけあり,とてもまじめな博物館。昨年リニューアルしたばかりです。


☆ ライフライン等々を学ぶ
1 東京都水の科学館  ...  ゆりかもめ国際展示場正門前・りんかい線国際展示場駅徒歩8分
水の不思議と大切さを科学の視点で紹介する体験型科学館。

2 東京都水道歴史館  ...  JR中央線お茶の水駅徒歩8分
以前,このブログでも紹介した江戸時代の上水から近代水道,現在の水道の再現模型や映像資料で紹介する博物館。すぐ近くにサッカーミュージアムがあります。

3 がすてなーに ガスの科学館  ...  東京メトロ有楽町線豊洲駅徒歩6分
東京ガスの運営によるガスの役割や特徴を紹介する体験・参加型の科学館。豊洲にあるので,ここを拠点にいろいろ楽しめそうですね。

4 たばこと塩の博物館  ... 東武スカイツリーラインとうきょうスカリツリー駅徒歩8分
たばこはともかく,塩に関しての資料などが紹介されています。日本専売公社(現在の日本たばこ産業株式会社JT)により設立されました。地味に見られがちですが,なかなかおもしろい博物館だと思います。それよりも東京スカイツリーに近いので,そちらのついででもいいかもしれません。スカイツリー近辺には買い物をするところも豊富ですし,水族館もあります。この水族館はクラゲ展示に目を見張るものがあります。とてもきれいです。


お出かけになる際は,ホームページなどで休館日や入館料(無料が多いですが)などをご確認の上,楽しんで来てください。


社会科よもやま話 その6 御三家入試問題より

2016.07.14(Thu)

●自由が丘校:田島    ●カテゴリー:

社会科担当の田島です。
前回の続きを進めます。
前回までは,江戸の水運や坂道,水道について書き連ねました。
今回は火事について考えてみましょう。


よく落語で噺家さんが『江戸の名物』として「武士,鰹,大名小路,広小路,茶店,紫,火消,錦絵。伊勢屋,稲荷に犬のくそ。」をあげています。また,「火事と喧嘩は江戸の華」ともいいます。
江戸っ子は気が短くてすぐに喧嘩をするというイメージがありますが,「江戸っ子は皐月の鯉の吹き流し 口先だけではらわたはなし」等ともいいます。
江戸っ子は気が短くて,口が悪いのですぐ喧嘩になるが,お腹の中には何も残さないから,すぐ仲直りできるという意味ですね。あっ,これはお腹の中が空っぽの「鯉のぼり」の姿をたとえているというのはわかりますね。


さて,最初に書いた江戸の名物の中でいくつか見ていくと,まず「武士」ですね。
江戸に武士が多いのは歴史で学習したと思います。幕府直参の旗本や御家人,また参勤交代で江戸に滞在する各藩の大名とその家臣たちで江戸の街は武士であふれかえっていたようです。江戸は武家地,町人地,寺社地と住み分けられていた計画都市でもありました。
「鰹」は,江戸っ子が大好きな魚だったようです。特に初鰹の時期は大変な盛り上がりだったようです。
「紫」とは,俗に江戸紫ともいいますが,青みがかった紫色のことです。東京スカイツリーをライトアップする色の種類にもありました。
「錦絵」は,授業でも学習したと思いますが,当初墨色だった浮世絵を彩色したものが大流行しました。受験生の皆さんも知っている浮世絵画家がたくさん活躍したのもこの時期です。
「伊勢屋」というのは,江戸に多かった商店の屋号です。質屋さんの屋号にも多かったようです。由来は伊勢国の商人が江戸に店を開いたと考えるのが普通です。江戸には,伊勢屋の他に,越後屋や紀伊國屋など有名な屋号の店があり,現在でも続いています。
越後屋は,三井高利が「現金掛け値なし」の商法で大もうけしたことで有名ですね。三井高利の越後屋から現在では「三越」という名前になっていますね。ただ,三井高利は越後の人ではなく伊勢商人でした!
紀伊國屋は,江戸時代に紀伊国から材木とみかんを江戸に売り成功した紀伊国屋文左衛門が有名です。有名な紀伊國屋書店の創業者は紀伊国の材木商であったことからこの屋号を使ったようですが,この紀伊國屋文左衛門とはまったく関係ないそうです。話が脱線しました。
「稲荷」というのは,お稲荷様を祀った神社のことです。江戸にはたくさん稲荷神社があったということでしょう。


さて,火事のことに移りましょう。
江戸に火事が大変多かった理由は入試でも出題されていますのでご存じでしょう。
木造の建物が密集していたことや,炊事に使用した種火を残しておいたことから火災が発生しました。現在だったら火の不始末といわれるでしょうが,当時は一度種火を消すとまた火起こしから始めるのが大変だったのです。また,放火も残念ながら大変多かったようです。
当時は水で火を消すのではなく,家を壊すことによって類焼を防ぐ破壊消防でした。そのため,建物などがない区画(空き地)を計画的に配置していました。それは「火除地(ひよけち)」とよばれました。また,道路を広く取って火除けにすることもありました。それが名物にも出てきた「広小路」です。現在でも台東区上野に地名として残っていますね。

町人たちは,江戸では火災が起こることが当然のように考えていたふしもあります。それは,多くの町人は長屋暮らし(今でいうアパート)で,家財道具は布団ぐらいしかないような身軽さでした。たとえ家が焼けても自分の家ではないので,引っ越せばまた平常の生活に戻れます。
大きな店を開いている商人にしても,木場(現在の江東区に地名が残っています)にあらかじめ材木を買って用意していたようです。それも長さなどあらかじめ整えておき,焼け跡に持って来て組み立てるだけでいいように用意していました。焼けてしまうこと前提の準備ですね。


最後に「犬のくそ」...。これも名物になるほど多かったんですね(笑)。

読書感想文に困っている小学校2・3年生のみなさんへ

2016.07.13(Wed)

●ジュニア担当    ●カテゴリー:

みなさんこんにちは、はじめまして。
エクタス自由が丘で小2~6までの国語と、アルゴクラブを担当している齋藤初美と申します。


もうすぐ夏休みですね。
夏休みになると、小2・3年生のみなさんからよく質問されることがあります。


「読書感想文、どうやって書けばいいの?」


実はこの質問、小4以上のお兄さん・お姉さんからも聞かれます。その子の国語の成績が良い・悪いに関係なく聞かれます。エクタスに通っている、難関中学を目指す賢い子どもたちであっても、読書感想文とは悩みの種なのですね。読書感想文を書くのに求められる能力と、入試問題を解くに求められる能力は、根っこはつながっているとはいえ、ちょっと違うものですからね。おっと、話がそれました。

今日は「読書感想文の書き方のヒント」についてお話をしようと思います。
小2・3年生のみなさんにとって書きやすい方法を紹介していきますが、高学年のみなさんも活用できる内容を盛り込んでいきたいと思いますので、どうぞおつきあいください。


読書感想文の書き方ヒントその①
「本を選んだ理由を書いてみる」
「学校で推薦図書になっているから」「前に同じ作家の本(シリーズ)を読んでおもしろかったから」などがよくある理由でしょうか。
「本屋で見かけて表紙の絵がおもしろそうだったから」とか、「おうちのひとに勧められたから」とかでもかまいません。それも立派な理由です。正直に書いてしまいましょう。
余談ですが、私は小3の頃、「父の田舎に行ったとき、いとこのお姉さんの本棚にたまたまあった本」で読書感想文を書き、そのことを素直に書きました。


読書感想文の書き方ヒントその②
「本のあらすじを2~3行でまとめる」
良くない読書感想文の例として、あらすじをだらだら書いてしまう、というものがあげられます。それで、あらすじを書いてはいけないと勘違いしている人が多くいるのですが・・・・・・あの例で「よくない」とされているのは、本のあらすじだけで原稿用紙を埋め尽くそうとしているから。あらすじを数行にまとめて書くのであれば問題ありません。読書感想文を読んでくれる人が、その本を読んでいるとは限りませんから、あらすじが入っている方がむしろ親切なのです。
あらすじの書き方がよくわからない場合は、本の帯や裏表紙、カバーの折り返しのところに書いてある文を参考にしてみましょう。(丸写しはだめですよ!)


読書感想文の書き方ヒントその③
「おもしろかった場面について書いてみる」
みなさんがおもしろいと思ったところならどこでもかまわないのですが、「うまく書けない」「おもしろいと思った場面について書いたら字数がふくらまなかった」ときには、「山場」を探して、そこについて書きましょう。
お話の中には、かならず「事件」「盛り上がるところ」が作られています。これを「山場」「クライマックス」といいます。(このあいだエクタスでテストを受けた小2のみなさんは、まさにこの「山場」について考える問題にチャレンジしましたね)その部分について、書いてみましょう。
うまく書ければここだけで原稿用紙の半分以上~1枚分がうまると思いますが、書かなければいけない枚数が多かったり、思ったよりも字数が伸びなかったりした場合は、「おもしろいと思った場面は三つあります。一つ目は~・・・・・・。」というようにいくつか書いてみてもいいでしょう。
「どうしてもおもしろい部分がない!」「盛り上がるところが見つからない!」場合は、本を替えてみた方がいいかもしれませんね。


読書感想文の書き方ヒントその④
「(主人公の取った行動に対して)自分だったらどうするか、書いてみる」
これを書くときには、物語の中で主人公がどういう行動を取ったのか、簡単にまとめる必要がありますね。説明した上で、自分だったらどうするか考えて書いてみましょう。
「主人公は勇敢に立ち向かっていったけれど、私なら見なかったことにして逃げ出してしまうかもしれません」とかでもいいのですよ。


読書感想文の書き方ヒントその⑤
「この本を読んで、これから自分がどうしたいかを書いてみる」
その本を読んで学んだことを最後に書くと、まとまりのある感想になります。
その④で例に出したような「自分よりも勇気があって立派な人物」が主人公だったら、「主人公の○○のように、困ったときにも勇気を出して立ち向かいたいです」とか書けそうですね。
うまくいくと調子にのりすぎて失敗してしまうような主人公のお話を読んだときは、「○○のような失敗をしないように」うまくいったときどうするかを考えてみるのもいいですね。


ヒント①~②までを原稿用紙半分ぐらいにまとめ、③と④で出来るだけたくさん書き、最後の数行を⑤に使う、というイメージで書き進めてみてくださいね。


みなさんが、読書感想文を少しでも早く書き終えて、楽しい夏休みを過ごせますように!


【高学年のみなさんへ】
①~⑤までのヒントに加えて以下の点を意識してみてください。
・最初の一文に自分の「驚き」「叫び」を入れてみる
→本を読んでびっくりしたこと、感動したこと、これを短いフレーズで、一行でまとめて冒頭に入れてみましょう。起承転結の「転」を最初に、しかも一行にまとめてぶつけて、読んでいる人が「え?なになに?」と思うように持っていければばっちりです。

・自分と主人公の違いについて書いてみる
あなたとは異なる時間・空間に生きる主人公とは、着ているもの・食べるもの・暮らす場所・習慣など、異なるところがたくさんあるはずです。それを比べてみながら、気づいたことを書いてみるとより理解が深まります。これは、国語での「物語文」を解く際にも役立つ視点です。


整数2017について①

2016.07.13(Wed)

●吉祥寺校:太田    ●カテゴリー:

次の御三家・筑駒中入試がは2017年ですね。そこで,2017という整数について1問。

(問)2017の約数は何個あるか,求めなさい。














(答)1と2017の2個

つまり,2017は素数ということです。2016が2×2×2×2×2×3×3×7に素因数分解されることと対照的です。この機に,素数について色々と調べてみるのも面白いでしょう。


例えば,次の問題はいかがでしょう(小学5,6年生向けです)。答えを仕上げるのに時間がかかる問題ですので,入試予想問題というわけにはいきませんが,じっくりと考えることで素数についての理解を深めることを狙っています。


ある数を,連続する整数の和で表すことを考えます。例えば,15は4+5+6,1+2+3+4+5,7+8という3通りの表し方があります。
(1)2017には1通りの表し方があります。それを書きなさい。
(2)2017は素数であり,3以上の素数の表し方はみな1通りです。その理由を説明しなさい(長くなっても構いません)。


1週間後に解答例をアップします。

第24回参議院議員通常選挙。与党大勝!

2016.07.11(Mon)

●たまプラーザ校:大野    ●カテゴリー:



安倍晋三政権への評価が争点となった、第24回参議院議員通常選挙は、7月10日投票が行われ、即日開票されました。その結果、与党(自民党・公明党)は安倍首相が勝敗ラインに設定した改選過半数の61議席を上回りました。一方、野党第一党の民進党は改選議席(43議席)から大幅に後退しました。なお、投票率は、約55%でした。


各党の獲得議席数は以下の通りです。

政党名

獲得議席

非改選

合計

自由民主党

56

65

121

民進党

32

17

49

公明党

14

11

25

日本共産党

14

おおさか維新の会

12

日本のこころを大切にする党

社会民主党

生活の党と山本太郎となかまたち

無所属・その他

10

14

合計

121

121

242

※非改選とは、2019年7月まで任期のある今回改選のない議席

2012年の衆議院選挙、2013年の参議院選挙、2014年の衆議院選挙、今回の参議院選挙と、安倍首相率いる自民党は、国政選挙で4連勝となりました。また、自民党、公明党、おおさか維新の会、日本のこころを大切にする党など、憲法改正に前向きな勢力が、改憲発議に必要な3分の2(非改選と合わせて162議席)の議席を超えました。これにより、発議に向けた議論が進展する可能性が出てきました。

今回の選挙で目標に掲げた「与党の改選過半数」を確保した安倍晋三首相は、「新たな強力な布陣をつくっていきたい。」と述べ、重要政策に取り組む体制を強めるため、内閣改造を行う方針を表明しました。また、改憲について与野党の合意形成に意欲を表明するとともに、経済政策「アベノミクス」を加速させるため、2016年度第2次補正予算案を編成する方針を示しました。

野党共闘で議席増を目指した民進党の岡田克也代表は「良い戦いではなかった。非常に残念。」と改憲勢力の伸長を阻止できなかった反省を述べました。


参議院議員通常選挙は、3年に1回行われます。これは、憲法で「参議院議員の任期は、6年とし、3年ごとに議員の半数を改選する。」と定められているからです。そのため、参議院議員は2つのグループに分かれていて、任期が3年ずれています。参議院議員の定数は242名ですから、今回の選挙ではその半数の121名を選びました。それに対し、衆議院選挙では毎回全ての議員が選挙されます。そのため衆議院選挙は「総選挙」と呼ばれ、半数ずつ選ぶ参議院選挙は、総選挙ではなく、「通常選挙」と呼ばれます。

参議院選挙は、2つの選挙制度によってそれぞれ議員が選ばれます。有権者には2票与えられ、それぞれの選挙制度に立候補した候補者に投票します。

1つは「選挙区選挙」で、候補者個人に投票する選挙です。242名の参議院議員のうち、146名が選挙区選挙で選ばれています。今回の選挙では、その半数の73名が選ばれました。選挙区選挙では、都道府県を基準に、全国で45の選挙区が定められています。今回から、鳥取県と島根県、徳島県と高知県は合区により1つの選挙区となりました。選挙区ごとの定数は人口によって決められていて、東京都選挙区は6名、神奈川県選挙区は4名です。このように複数名が当選する選挙区は、合計で13選挙区あります。残りの32の選挙区は、1名しか当選しない選挙区で、「1人区」と呼ばれます。この1人区の勝敗が全体の選挙結果に大きな影響を与えます。

もう1つが「比例代表選挙」です。242名の参議院議員のうち、96名が比例代表選挙で選ばれています。今回の選挙では、その半数の48名が選ばれました。政党に所属していないと立候補できません。有権者は、政党名か、政党が名簿にのせた候補者の名前を書いて投票します。政党名と各候補者の得票を合計 して、「ドント式」という計算方法で各政党に当選議席数が割り当てられます。そして、党の中では個人名の票が多い候補者から順番に当選します。これを「非拘束名簿式」と呼びます。この非拘束名簿式では、知名度が高かったり、集票力が非常に強い候補者がいたりすると、その政党から立候補している他の候補者にも有利に働きます。


また、今回の選挙は、公職選挙法が改正され、選挙権年齢が「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられた、初めての国政選挙としても注目されました。若者の政治への参加が期待されます。今週は、東京都知事選挙が公示になります。エクタス生のみなさんも政治への関心を持つとともに、入試に向けて、「選挙のしくみ」「国会のはたらき」などについて、しっかり復習しましょう。



天王山の戦い

2016.07.07(Thu)

●池袋校:白田    ●カテゴリー:

こんにちは、エクタス池袋校・大宮校の白田です。

すでに夏真っ盛りで、うだるような暑さが続きますが、受験生の皆さんはへこたれずに日々の学習に打ち込んでいることと思います。

 

さて、いよいよ夏期講習を迎えます。

受験生にとっての「夏」といえば「天王山」と昔から表現されてきました。

他の合戦ではなく、天王山の戦いのことです。まずは天王山の戦いのことを正確に知って頂きたいので、インターネットで調べてみました。

 

「山崎の戦い(やまざきのたたかい)は、15826月2本能寺の変を受け、備中高松城の攻城戦から引き返してきた羽柴秀吉軍が、613日に摂津国山城国の境に位置する山崎において、織田信長を討った明智光秀の軍勢と激突した戦い。古来天王山の戦いと呼ばれてきた合戦の現代的表現で、山崎合戦とも呼ばれる。」

 

すでに学習した山﨑の合戦の主戦場が天王山だったようですね。ここに表記はないですが、秀吉軍は天王山に陣取って、光秀軍を見下ろす環境を整えました。さて、夏の学習を天王山の合戦に例えてきていることについては、先生によってそのとらえ方も様々でしょう。そこで今回は、白田先生なりの解釈を披露したいと思います。

 

備中高松城を包囲していた秀吉軍は本能寺での織田信長急死を知り、いち早く京都に引き返します。ここで彼が重視したのは「スピード」。世に言う、中国大返しです。即断即決で行動に移し、さらには当時の合戦で明らかに有利となる山を占拠することに成功します。

夏の学習に当てはめて考えると非常に明快で、皆さんに求められるのはやはりスピード。

先手を打ってどんどん学習を進めることが肝要です。さらに、それをやりぬく精神力も問われます。のちに天下を取った秀吉は3日3晩、それこそ休息も最小限にとどめて走り続けました。受験生の夏期講習は40日、さすがに走り続けることは難しいですが、歩き続けることならば出来るでしょう。それが出来るか出来ないか、君の真価が問われる夏なのだ、ということを肝に銘じて、充実した夏を過ごして欲しいと思っています。

 

そしてもうひとつ。

皆さんご存知の通り、この山﨑合戦だけで秀吉が天下を取ったわけではありません。この合戦はその後の勢力争いを制していくことになるきっかけになった戦いです。

つまり君たちの真の勝負は、9月に入ってからです。この夏、君は入試に問われる基礎力をどこまで身に付けることが出来るのか。それを意識してくださいね。

指示内容の指摘

2016.07.06(Wed)

●たまプラーザ校:蛯名    ●カテゴリー:

 

 はじめまして。エクタスたまプラーザ校・大宮校で国語を担当しております蛯名政之と申します。よろしくお願いいたします。

 さて、今回は指示内容を指摘する問題についてお話しいたします。

 

 太郎は床から一枚の紙を拾い上げた。何も書かれていない。太郎は①それをくしゃくしゃに丸めてくずかごへ放り投げた。

 

問 下線部①「それ」とは何を指しますか。

 

小学生の皆さんはよく目にする問題だと思います。この問題、どのように解きますか? 授業で皆さんに問いかけてみて、返ってくる答えの中で最も多いのが「手前を探す」というやり方です。間違っていません。指示語の内容は、手前にあることが多いのは確かです。

 しかし、ちょっと工夫するともっとわかりやすくなります。その工夫とは指示語の前後、(特に後ろ)を読むというものです。そうすると、「それ」とは「太郎」が「くしゃくしゃに丸め」られるものだということがわかります。その上で手前を探します。「太郎」「床」「一枚の紙」「何も書かれていない」という言葉がありますが、「くしゃくしゃに丸め」られそうなものは「一枚の紙」しかありません。

 さあ、答えがわかりました、と言いたいところですが、ここでもうひと手間。答えだと思う「一枚の紙」を指示語「それ」の代わりに当てはめて文を読んでみましょう。

 

太郎は一枚の紙をくしゃくしゃに丸めてくずかごへ放り投げた。

 

意味が通りますね。「太郎」「床」を当てはめて読んでみればおかしいのはすぐわかります。この確認作業もぜひ行ってほしいものです。

 

 普段「なんとなく」理解している事柄でも、ちょっとしたコツで解きやすく、精度を高めることができます。上記はその一例です。エクタスではこのようなコツもお伝えしております。自然にこの動作ができるようになるといいですね。当てはめることによる確認作業を忘れる方が多いようですので気を付けましょうね。

 

『読む』ことの大切さ

2016.07.05(Tue)

●吉祥寺校:小島    ●カテゴリー:

 

 中学受験を目指す小学生なら、今まで何問も国語の文章問題を解いてきたと思います。テキストの問題、模擬試験、受験学年なら過去問を解いてみた人もいるかもしれません。

 どんな問題にも必ずといっていいほど書かれているのに、解く人があまり気にせず読み飛ばして?しまう言葉があります。

 

「次の文章をよく読み、後の問いに答えなさい。」

 

 こういうと、ほとんどの受験生諸君は「当たり前じゃない」「読んで解くことくらいわかってるよ」「読まずに解けるわけないじゃない」...と言うのですが、本当に「わかって」いるのでしょうか?

 

 この注意書きは、言い換えると「文章にはどのように書かれていますか?読み取りなさい。」ということになりますが、国語が好きであればあるほど、また読むことが好きであればあるほど、この注意事項を半ば無視して「自分勝手」な判断をしてしまいがちです。

 つまり、設問で聞かれている事柄について「君たちがどう思うか」ではなく、「本文にどう書かれているか」を答えなくてはいけないのです。が、国語が好きな人ほど「私だったらこう思うな...」「僕ならこう考えるけど...」と、本文に根拠を求めず答えてしまう傾向にあるように思います。

 

 受験生のしてはいけないことを、「モヒカン」と言うそうです・

 モ...妄想(モうそう) 

 ヒ...独りよがり(ヒとりよがり)

 カン...あて勘(あてカン)

この中の「モ」「ヒ」にあたる部分を、気付かぬうちにしてしまう受験生が多数いるということです。日頃、授業の解説で「根拠」「手掛かり」という言葉を耳にすることも多いかと思いますが、是非「よく読んで」答える習慣を身につけてほしいと思います。

 

 また、どんな文章問題であっても、その文章の作者とは別に「作題者」が存在します。そして、一つ一つの設問はその「作題者」が作成しています。ということは、例えば「...の部分で筆者は何を言いたいのですか?」という設問も、正確にはその文章の筆者の意見ではなく作題者が読み取ったこと、言い換えれば「何を答えさせたいのか?」がわからないといい点数にはなりません。昔、大学入試のそうした問題を見た本文の作者が、模範解答を読んで「私が言いたいのはこんなことではない!」と言った、なんてことが多々あったそうです。ちょっと穿った見方のようですが、「作題者の要求に沿って答えるのが得点できる答案」、これが事実なのです。

 

 いよいよ、長い夏休み。受験生はこの夏の成果が合否に直接影響するといっても過言ではありません。その大切な時期に、いまお話しした「読み方」「考え方」を意識して、実りある学習となることを祈っています。

ダンゴムシの入試問題について

2016.07.02(Sat)

●たまプラーザ校:深川    ●カテゴリー:


  2015年度入試の駒場東邦中の問題を解いていた時のこと。大問3にダンゴムシの出題がありました。

 ダンゴムシは節足動物の甲殻類で「エビ・カニに近い仲間である」というのは理科の教材にも通常出ている内容であり、ご存じの生徒たちも多いと思います。そして節足動物だからこそダンゴムシは脱皮によって成長するであろう事も予想することは易しかったと思います。(小問2と3の出題でした。)



5)ダンゴムシは住宅地などではよくコンクリートの上にいることがありますが、どのような理由でしょうか。最も適当だと考えられる理由を次のア~ウから1つ選び、記号で答えなさい。


ア、コンクリートをかじって石灰分(カルシウム)を

      補給している。


イ、白いところで目立つため、仲間をみつけやすい。


ウ、あたたかいコンクリートから熱をもらっている。




6)ダンゴムシの子育てについて述べた次のア~エの文のうち、正しいものを1つ選び、記号で答えなさい。


ア、卵は木に産み付けられ、卵からかえると

      子供(幼虫)はすぐに自分で餌をとる。


イ、卵は地面に産み付けられ、卵からかえると

      子供(幼虫)はすぐに自分で餌をとる。


ウ、メスは地面に巣を作って卵をかえし、

      子供(幼虫)に餌を与えて育てる。


エ、メスは卵をおなかの袋の中でかえし、

      子供(幼虫)をしばらくの間保護している。




 ダンゴムシといえば「同じ方向に2度曲がらない習性」があるため、迷路を歩かせる実験からその習性をみつけだす出題であるとか、森の落ち葉を食べて微生物に分解させやすくする「分解者」としての性質について聞いてくる出題は有名ですが、上記小問5と6の様な理由や性質を私は知りませんでした。よって私は次のように予想しました(間違いでしたが)。




5)ウ:ダンゴムシは変温動物であり、植物のロゼット葉やスプリングエフェメラル(早春に地面近くで花を咲かせる植物)の様な地熱の利用をすることがあるのではないか。

6)イ:ダンゴムシが子を育てるのは考えにくく、ダンゴムシが住んでいる所は落ち葉や石の裏なので、卵を産むなら地面だろう。




 ただし、自信が無かったため、調べたところ、(5)はアが正解。(6)はエが正解だと分かりました。

 ダンゴムシは体内の情報伝達や外骨格形成のためにカルシウムが不足しやすい動物だそうです。よって脱皮したカラも食べる様ですね。そしてダンゴムシがお腹で卵を守り、子供の状態で産まれてくる事に関しては「なぜカニの仲間であることを思い出せなかったのか」と反省しました。

 

 教師でも知らないことはたくさんあります。入試問題から学ぶこともたくさんあります。テキストで生物の知識を一生懸命覚える事もよいでしょうが、名前だけ覚えたものはすぐに忘れますし、「印象に残らない名称が何回読んでも覚えられない経験」は生徒さんたちにも覚えがあるのでは無いでしょうか。

 だからこそ「知識は問題から学ぶ」を併用すれば良いのです。「知らないこと」「知らない知識」が出てきた時に調べて「へ~!」と納得する。それこそが生きた知識の身につけ方なのではないか、楽しく勉強するコツなのではないかと思います。

 

 ところで「ダンゴムシ」をインターネットで検索してみると、NHKの「ダーウィンが来た!」という番組がヒットしました。201210月に放送されたダンゴムシの回は駒場東邦中のダンゴムシの出題とかなり近い内容だった様です。受験学年の生徒さんにはおススメできませんが、時間があるときにこの番組を少しずつ見ておくとかなり勉強になるのかもしれませんね。入試問題作成をされている難関中学校の先生方もきっと「出題ネタ」を探していらっしゃると思いますので。




記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。