エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2018.08.02(Thu)
社会科よもやま話 その16 御三家入試問題より
(自由が丘校:田島)
2018.07.23(Mon)
夏のことば 季節感とイメージ
(大宮校:佐藤)
2018.07.19(Thu)
新しい発見
(成城学園校:川島)
2018.07.19(Thu)
夏休みをきっかけとした読書
(渋谷校:蛯名)
2018.07.16(Mon)
夏においしい郷土料理
(エクタス事務局)
2018.07.09(Mon)
「続・続・続・続・算数よもやまばなし」
(大宮校:宮下)
2018.07.05(Thu)
夏休みに向けて
(吉祥寺校:小島)
2018.07.02(Mon)
「連想」の抽斗を作る
(自由が丘校:齋藤)
2018.07.02(Mon)
2018 御三家の哲学①
(エクタス事務局)
2018.06.27(Wed)
もうすぐ1年の半分が過ぎようとしています
(池袋校:白田)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
うっかりミスだから大丈夫

2015.10.24(Sat)

●横浜校:高原    ●カテゴリー:

宿題をやって答え合わせをする。

模擬試験の答案が返却される。

みなさんはそのときに「どうして間違えたのか」を

自分に正直に振り返っていますか?

 

計算をミスした、最後に÷2をするのを忘れた、

漢字を間違えた...いろいろな原因があるはずです。

その中には「うっかりミス」というのもあります。

けれど本当にその間違いは「うっかりミス」なのでしょうか。

 

本当に「うっかり」してしまっただけですか。

うっかりしなければ正解できましたか。

あなたが気をつけたら、そのミスはなくなるのでしょうか。

入試本番で「絶対にそのミスをしない」と

自信を持って言えますか?

 

「どうして間違えたのか」と聞かれて「うっかりミスしただけ~」と答える生徒を、私たちは「まだこの子は入試の怖さが分かっていないな」というふうに見ています。なぜなら、自分が間違えた本当の原因を、しっかりとつかもうとしていないからです。

 

今年の中学入試でも、たった1点やたった2点足りなくて不合格になった生徒もいました。入試では、今まで何年間も努力してきた成果をたった一度の試験に全てぶつけなければなりません。今まで本当に真剣に取り組み、自分の弱点に正直に向き合い、血のにじむような努力をして入試にのぞんだ生徒でも、ほんのちょっとのミスや油断があれば、合格の二文字は無情にもその手をすり抜けていってしまいます。

 

残酷だと思うかもしれませんね。

けれど、それが中学入試というものです。

 

小6生のみなさんは,いよいよ21日の入試本番まで残り100日となりました。今まさに、いろんな楽しみを犠牲にして受験勉強に取り組んでいることでしょう。「たった100日しかない」と焦るのか,「まだ100日もある」と捉えるのか,一つ言えることは「すべての受験生に対して,平等に100日ある」ということです。

 

ですから、あえてこの機会に

改めて入試の怖さを知っておいてほしいと思います。

「うっかりミスをしなければあと10点とれていた」では、

入試を突破できません。

「うっかりミス」もすべてあなたの実力なのです。

 

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。