エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2015.01.23(Fri)
2015 渋谷教育学園幕張 入試 算数 講評
(エクタス事務局)
2015.01.23(Fri)
2015 渋谷教育学園幕張中 入試 理科 講評
(エクタス事務局)
2015.01.22(Thu)
2015 渋谷教育学園幕張中入試 国語 講評
(エクタス事務局)
2015.01.22(Thu)
2015 渋谷教育学園幕張中入試 解答速報
(エクタス事務局)
2015.01.15(Thu)
2015 浦和明の星女子中 入試 社会 講評
(エクタス事務局)
2015.01.14(Wed)
2015 浦和明の星女子中 入試 算数 講評
(エクタス事務局)
2015.01.14(Wed)
2015 浦和明の星女子中 入試 国語 講評
(エクタス事務局)
2015.01.14(Wed)
2015 浦和明の星女子中 入試 理科 講評
(エクタス事務局)
2015.01.14(Wed)
2015 浦和明の星女子中 解答速報
(エクタス事務局)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
2015 渋谷教育学園幕張 入試 算数 講評

2015.01.23(Fri)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

○合格点予想 60点前後

大問3・4はスタンダードな問題でレベルも控えめでした。それに対して,大問1はやや難しく,大問2と5は例年になく難しい問題でした。とまどいを感じた受験生は多かったことでしょう。難しい問題をとばして早めに大問3・4に着手をし,確実に得点を固めることができたかどうかが成否を分けることになりそうです。


<各設問ごとの難易度>
(A:確実に得点したい問題 B:差がつく問題 C:合否に影響しない問題)

大問1(1)A (2)B※やや難
大問2(1)A (2)C (3)C
大問3(1)A (2)B (3)B
大問4(1)A (2)B
大問5(1)B (2)C

大問1は算数オリンピック系の,整数の和差に関する推理問題でした。(2)は手際よく試行を重ねていかないと時間を大いにとられてしまう問題で,ここでつまづくと心理的にも厳しい受験となります。
大問2は攪乱(かくらん)順列を含む場合の数の問題でした。(2)(3)は問題文の意味を理解して解きはじめるだけでもかなりの時間を取られるうえに得点が至難の問題でした。算数に自信がある子ほど,ここではまってしまった可能性があります。
大問3は図形上の2点の移動問題でした。落ち着いて取り組めば確実に得点できる問題ですので,合否を分けるポイントとなりそうです。
大問4は正方形が直角三角形に内接している問題でした。それほど難しくない上に解く時間もかからないので,落とすことはできません。
大問5は小立方体を4個ないし5個組み合わせた立体の種類を問う問題でした。立体の場合,線対称であっても,回転および裏返しによって重ならないことがあります。その点に気づくことができれば(1)は充分に得点可能な問題でした。(2)大問2(2)(3)同様に,回避しておきたい問題でした。

2015 渋谷教育学園幕張中 入試 理科 講評

2015.01.23(Fri)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

大問1[物理・地学:熱・太陽放射と地球放射]

 渋幕の理科の問題の大きな特徴として、テーマをひとつにしぼりそのテーマについて多角的に質問が進んでいく出題の形式が挙げられます。近年では、2012年度のサンゴ礁の問題がこれにあたります。真新しいテーマに対して文章、図、表で条件を与え、その条件から推理、推測、理論づけて高レベルな問題に答えていくつくりになっています。この中学の地学分野の出題には天体、気象、地形と様々な単元にわたりますがやはり、どれも正確に読み取る力をはかる問題、読み取った情報をきちんと整理できる力をみる問題、さらに加工し利用することができる力を判断する問題というようになっています。

物理分野では力学、運動、電気、磁石などのやや難易度の高い計算問題が出題されます。こちらも与えられた条件を用いての計算問題などが出題のメインです。今年の出題の太陽定数という言葉は高校地学の内容に当たり、また、電磁波の概念は高校物理の範囲です。今回はこれらをうまく融合した素晴らしい問題でした。太陽放射と地球放射に関する様々な「約束」「決まり」をリード文に散らばせ、それらを1つ1つ拾い上げ処理しながら、正解を見いだしていくという大変練られた良問です。

このように、この学校は「新しいテーマ」(近年ではワゴンホイールなど)を与え、情報、条件を自らの力で読み取り、計算し、解答しきることのできる受験生を欲していることがよくわかります。まさに、「真の理科力を問う」問題です。これからもこのようなすばらしい出題を続けてくれると思います。

 

大問2[化学:溶解度・結晶]

 渋幕の化学では濃さや中和、気体発生量のグラフや表を読み取った上での計算問題が多く出題されます。今回の問題はグラフを読み取った上での溶解度の計算と、リード文を読みながら、「大きな結晶をつくるための条件」を考えさせる問題でした。

いくつもの実験の比較から、結晶の成長について考えていきます。結晶の成長が温度変化によって左右されることなどに気づく事が大切でしたが、実は火山岩、深成岩の結晶の成長も「急に」「ゆっくり」というキーワードがありました。この火成岩のの結晶のでき方と今回のこの問題をもしつなげることができた生徒は、この問題の半分は知識問題だったかも知れません。

この<実験4>で出てきた大きな結晶をつくる装置は、モーターなどで水を循環させるものではなく、身近なものを利用してつくられたものです。このような「新しい工夫」のある実験装置からも、「水温が高いと溶解度が大きく、低いと溶解度が小さくなることで再結晶が起こる」ということに気づき、判断を下していけば正解にたどり着くことができたことと思います。ここは確実に得点しておきたい問題であったと思います。

 

大問3[生物:動物・魚類]

 渋幕の理科の問題に、カラー写真を利用したものがほぼ毎年みられるようになってきました。その中には生物の写真をもとに、比較し考えさせる問題がみられます。近年は、昆虫、水中の生物、貝殻などがあたります。今年は食卓に上がる魚類でした。サンマは姿焼きの状態、アジは開いて焼いた状態、サバは切り身にした状態で写真が出ています。普段これらの魚をどのように料理するかを知っていた受験生は名前を確実に当てることができたでしょう。こられを見ていくことが写真問題の醍醐味ですが、これらの写真を比較、分析することであとの問題を知らなくても答を出せるように作成されています。たとえば、Ⅳ群の選択肢の(て)は魚を上=背中側からみた様子です。Ⅰ群のひれのつき方を比較すると、サンマであることがわかります。また、Ⅰ群のサバの切り身の模様をよく見ると()の頭部の後ろに同じ模様が見られます。「気づいてほしい」「しっかり観察して欲しい」という渋幕の先生からのメッセージとして受け取れるのでは無いでしょうか。

ただ知識を詰め込むだけの理科ではなく、常に観察する姿勢、気づこうとする目を持ち続けこのような問題に解答していく必要があるでしょう。

 

 

 本年度の問題は全体的に難易度が高く、得点が取りづらい問題が多かったと言えます。特に、練るに練られた大問1で時間を取られ、比較的解答し易い大問2、大問3に時間をかけられずに得点が伸びなかった受験生が多かったのではないでしょうか。渋幕では、化学の難易度の高い計算問題、生物の生物同士を比較させる問題、一つのテーマを深く掘り下げる問題、地学の見慣れない図に関する問題、物理の真新しいテーマを題材とした難易度の高い計算問題の出題が頻出です。これらの問題で正確に得点を取るためには、しっかりとした基礎力、そして数多くの問題に取り組むことで養われる応用力が必要です。単純な知識や計算パターンの丸暗記の学習ではなく、原理原則を理解した上にあるさらなる高レベルな問題への取り組みが大切です。こうすることで培われる「真の理科力」が渋幕で求められる力であると言えます。

 

2015 渋谷教育学園幕張中入試 国語 講評

2015.01.22(Thu)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

 無形かつ言語化も困難な「気」の力ともいうべきものを,修行や時運をつかむことで茶道として確立した千利休の世界について語った大問1。楽しい夏のひとときを保つため,別荘主の子の機嫌を損ねぬよう偽りの媚びへつらいで応じた少年達のうしろめたさをテーマにした大問2。以上2つの大問で構成されています。

 

 問題数は,大問16問,大問29問。漢字,語句,文学史の知識・要点や心情を端的に問う選択式と記述式...をまんべんなく配置したオーソドックスな出題です。この点は,例年と大きな変化がみられません。

 大問1・問5において,一つの選択肢に4~5行が割かれています。このように重厚な選択式は,これまでに出題例がありません。短時間での,より精緻な要点の分析を迫るものになっています。また,大問1・2ともに,マス目のない2行枠の記述式が登場しています。複雑多岐な心情・要点の中から,最重要ポイントのみを絞り込んで端的に書ききる体裁は,男子最難関,筑駒中・開成中の入試問題を彷彿とさせます。本年の渋谷幕張中の国語科は,息つく間もない集中力・読解,分析力・記述力を要求しており,総じて難化したというべきです。

 

 当速報で復習し,油断なく,来るべき2月入試に備えてください。

 

2015 渋谷教育学園幕張中入試 解答速報

2015.01.22(Thu)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

本日実施されました渋谷教育学園幕張中の解答例をアップします!

 

⇒ 算数はこちら

 

⇒ 国語はこちら

 

⇒ 理科はこちら

 

⇒ 社会はこちら

 

解き直しにぜひご活用ください。

2015 浦和明の星女子中 入試 社会 講評

2015.01.15(Thu)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

  歴史(各時代の輸送・交通をテーマにした出題)

  地理(さいたま市の変遷をテーマにした出題)

  公民(グローバル化をテーマにした国際関係中心の出題)

 

 基本事項の正確な理解と定着が問われる出題が中心で,例年よりは少し難しい印象です。特には,埼玉県やさいたま市に関する出題が多く,地元の受験生に有利に働いたとしてもおかしくありません。

 では,選択問題でどれだけ失点を避けることができたかが勝負の分かれ目となりそうです。問1の律令制度についての正確な理解が問われる問題や,問11のシベリア出兵とはどのような出来事なのか把握できているか問う問題など,単純な語句や年号の暗記だけでなく,一つ一つを正確に学習し,周辺知識との関連づけの中で理解できているか,チェックしておきましょう。

 は,埼玉県やさいたま市をテーマにした出題で,例年の問題と比べて少し難度が上がっています。さいたま市内の小3・4が使う社会科副読本『わたしたちのさいたま市』に出て来る「井沢弥惣兵衛と見沼の開発」の章をもとにした出題と思われ,問1の地形図に関する問題や問9のさいたま市を塗り分ける問題などは,この副読本を使った学習の経験があれば有利だったと思われます。そのほか,問5の川口市に関する出題や問8の政令指定都市の人口を比較する問題も,埼玉県やさいたま市についての学習の習熟度を問う意図が感じられます(問5の残りの選択肢では,深谷市やさいたま市岩槻区についての説明や,川口市と戸田市・蕨市との広域合併が破談になったことにもふれています)。一方,問6では昨年100周年を迎えたパナマ運河の位置が問われており,基本的な世界地理の学習も求められています。

 では,国際連合やEU,TPPなど国際社会に関した出題が中心となっています。問5(日本国籍のない外国人の子女が公立学校に通える点)や問8(レファレンダムの一種である地方特別法についての住民投票)は,難問の部類に入りますが,それ以外の問題で選択肢を慎重に吟味して正解を導きだすことができたかどうか,一つ一つ確認が必要でしょう。

 ちなみにの問8で問われた,憲法95条に基づく住民投票(一の地方公共団体にのみ適用される特別法の制定における住民投票)は,今後の入試において注意が必要かもしれません。国政において直接民主的な手続きが憲法上明らかに認められるのは,①憲法改正の国民投票,②最高裁判所裁判官の国民審査,そして③地方自治特別法についての住民投票の3つだけです。昨年は,集団的自衛権の解釈変更についての閣議決定や国民投票法の改正などの動きがあったためか,栄東中A入試でも同様の出題が見られます。憲法95条に基づいて実際に住民投票が行われたのは戦後間もない時期に集中しており,この60年間はまったく機能していなかったのですが(そのため中学入試でもほとんど出題されていません),ここに来て出題が続いているため,最難関を目指す受験生は要チェックと言えます。

 

 

 

 

2015 浦和明の星女子中 入試 算数 講評

2015.01.14(Wed)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

〇受験者平均点予想 60点前後

 

小問数24題。例年よりも難度の高い問題が並びました。取りやすい問題と取りにくい問題がはっきりしていたため、試験中の立ち回り如何によって、差がついたと言えます。

 

<各設問ごとの難度 ABC と一部講評>

A:確実に得点したい問題 B:差がつく問題 C:合否に影響しない問題)

大問1(1)A (2)A (3)C (4)B (5)B (6)B (7)B

大問2(1)A (2)A (3)C

大問3(1)A (2)B (3)B

大問4(1)A (2)B (3)B

大問5(1)A (2)A (3)C

 

もっとも差がつくと考えられるのは一行問題の(4)~(7)で、女子難関校ではオーソドックスな出題。御三家をはじめとする難関校の入試問題に触れていれば一度は解いた経験があるでしょう。ここでの得点力が上位であった生徒は好勝負濃厚です。また、大問3・大問4の平均に関する問題(マルイチ算)と速さの問題では、得手不得手がはっきりと出る出題になっています。2/4入試においても浦和明の星を希望される場合には、上記難度B問題をきっちりと理解して臨むことをお勧めします。

 

2015 浦和明の星女子中 入試 国語 講評

2015.01.14(Wed)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

トキが生きられる農村の生態系を皆で守るべきことを語った説明文と、成績や進路・学習環境の相違をこえた人間的な絆に気づく田舎の中学生少年の友情をテーマにした物語文  以上2題の大問で構成されています。

 問題数は、大問112問、大問210問。漢字・語句の知識・脱語挿入・要点や心情を問う選択式・字数指定のある抜き出し・心情変化を問う長い記述...をまんべんなく配置したオーソドックスな出題です。内容と形式は、例年と大きな変化がみられません。

 本文からの抜き出し箇所をページ数まで指定したものがみられるのは、本年の特記事項です。これにより、受験生は大幅に演習時間の削減が可能となり、得点しやすくなったことでしょう。取りこぼしが許されない受験になったといえそうです。

 当速報で復習し、後の受験に備えてください。

 

2015 浦和明の星女子中 入試 理科 講評

2015.01.14(Wed)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

大問1 [物理 磁石]

浦和明の星の物理では力学、電気、熱などから実験方法や結果の考察、データを読み取る問題などよく練られた良問が出題されます。今回出題された磁石と電磁石・磁力線の方向に関する問題は、しっかりとした基本的な力を確認するための問題となっていたようです。ここでの失点は大きな差になったのでは無いでしょうか。

 

大問2 [化学 気体発生量の計算]

浦和明の星の化学では物質の性質、様々な化学反応から問題が出題されます。また、きちんと情報を加工し、処理しなければ稼ぐことのできない問題も、ほぼ毎回のように出題されています。いろいろな計算問題、情報整理の練習を行い、備えていきましょう。今回の問題は気体発生量の計算です。時間をかけず、確実に得点したい問題です。

 

大問3 [生物 日照時間と開花]

浦和明の星の生物では植物、昆虫、人体に関する実験、観察問題が出題されます。取り上げられるテーマはおもしろいものが多く、ただ単純に受験理科の知識を問うだけではなく、身のまわりの自然に対してどれだけ興味関心を持っているかが問われます。今回の問題はアサガオの日照時間と開花の条件に関するオーソドックスな出題でした。実験結果を正しく読み取ることはもちろんですが、問6の問題のように正しく分析、考察することも大切です。差がつくのはこのような問題なのかも知れません。

 

大問4 [地学 気象]

浦和明の星の地学では天体、地層、気象から様々な問題が出題されます。図やデータを正しく読み取ることができるかを問われることが多いのが特徴です。また、時事的な天体に関する問題や環境問題が出題されることもあります。一つ一つの現象を正しく理解しておくことが大切と言えます。今回の気象は、気団につての正しい知識と、その気団の特徴を理解しているかどうかだけで判断ができたのでは無いでしょうか。逆に言えば、知らなければまったく得点できないものとなっていました。

 

[総評]

今年度の問題はどの分野でも全体的に基本問題の出題が多いように見受けられました。このような出題では合格者の得点の平均は間違いなく上がることでしょう。そんな中でも合格を勝ち取っていくためには、絶対にミスをしないだけの力を積み重ねることです。出題される計算問題を得点とし、きちんと合格ラインを超えていきましょう。また、この学校の生物の出題は面白いテーマを取り上げることがあります。この学校のまわりには自然が多く、イチゴのハウス栽培やブルーベリーの摘み取りを行う場所も、オオバコなどが生えている空き地や公園もたくさんあります。このことからも、明の星の近くが出題テーマとなる可能性はこれからもあるのではないかと考えられます。昨年のオオバコを使った遊びやカエルのからだのつくりなど浦和明の星のまわりに生えている植物、観察される動物や地形に関する地形が出題されますので、入試過去問題をしっかり取り組み慣れておく必要があります。

2015 浦和明の星女子中 解答速報

2015.01.14(Wed)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

本日実施された浦和明の星女子中の解答速報をアップします!


⇒ 算数はこちら


⇒ 国語はこちら


⇒ 理科はこちら


⇒ 社会はこちら


解き直しにぜひご活用ください。

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。