エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2014.09.24(Wed)
天体ショー2014 ③
(吉祥寺校:久道)
2014.09.19(Fri)
2014御三家の哲学③
(吉祥寺校:福井)
2014.09.09(Tue)
新たな伴走を共に
(吉祥寺校:福井)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
天体ショー2014 ③

2014.09.24(Wed)

●吉祥寺校:久道    ●カテゴリー:

前回のブログで案内をした通り、2014108日には日本全国で皆既月食が見られます。2014年は1年で2回皆既月食が見られる、という珍しい年ですが、415日には限られた地域でしか観測できませんでした。

月食は太陽、地球、月の順に並んだ満月のときに見られます。しかし、満月の時に毎回月食を観測できるわけではありません。2012年の金環日食のブログで、毎回の新月の時に日食が起こらない理由を説明しました。これは地球の公転面と月の公転面のずれによるものでしたね。月食が満月の度に毎回起こらない理由も同じです。公転面の傾きから、夜空を移動する太陽の通り道(黄道)に対して月の通り道(白道)が傾いているため、毎回月食にはならないのです。普段の満月は、地球の影の南か北を通過していることになります。

 今「影」と書きましたが、月は自ら光り輝いているのではなく、太陽の光を反射して光っています。太陽の反対側に地球による影ができ、この影の中に月が入り込むことで月の一部が欠けたように見えたり、月が暗くなって見えたりすることを月食といいます。地球の影の部分はまったく光が届かずに暗くなっているわけではなく、曲がりにくい赤い光が大気によって屈折され、弱まりながら集まっています。弱い赤い光がありますから、月食の時の月は赤黒く見えることになります。ちなみに、皆既月食の時の月の色はいつも同じではなく、大気中のチリの量により変化します。チリが少ないと赤い光が通りやすくなるので明るめの橙色、チリが多いと赤い光が通りにくくなるので暗い赤黒い色になります。

 また、太陽の反対側にできる地球の影は2種類あります。完全に太陽にさえぎられる「本影」と、本影のまわりにあるうすい影である「半影」です。月がどちらに入っているかによって月食の呼び方は変化します。

 本影のまわりに半影がありますので、まず月は半影に入り込みます。このことを半影食といいます。しかし、半影は大変うすい影であるため、肉眼でははっきりと影の様子が観察できません。次に月は本影に入り込みます。今度は欠けている部分がはっきりと見えますね。このことを本影食といいます。本影食のうち、月の一部が本影に入りかけていることが部分月食、本影に月がすべて入りこんだことを皆既月食といいます。まとめると、月が出ている状態から、満月→(半影食→本影食)「部分月食→皆既月食→部分月食」(→半影食)→満月と見え方が変化することがわかります。

 月の欠け方にも注目しましょう。地球の影に月は反時計回りに入り込んできますので、月は左から欠け、すべて欠けた状態から左側から見え始めることになりますね。また、月と比べると地球の影は大きいですから、欠ける部分の影と月の境界線が直線に近い形になります。

 また、今回の皆既月食では天王星が見られる可能性があります。天王星は約6等級であるため、暗くてなかなか見られることはありませんが、今回は皆既月食が起きている月の近くにありますから、双眼鏡などを使って天王星を探してみましょう。

 受験勉強の合間に夜空を見上げて学習への英気を養って下さい。

2014御三家の哲学③

2014.09.19(Fri)

●吉祥寺校:福井    ●カテゴリー:

 

2014 武蔵中の出題】

"新美南吉の文による"

~日暮れ、遠出から帰れない寂しさ。焦燥感。一大事にあっては、「うそつき」の太郎左衛門も親戚を紹介するなどして、皆を助けてくれた。極限状態で帰着する人間本性の同一性を知り、安心する久助君。

 

 傍目に"変なヤツ"と思える者も、存亡の危機に直面すると、皆と協力しあうようになる。危機感が個体間の絆を強めるのは、種を問わず、生物の本能的な特徴といえるのかもしれません。

 

 古今東西の人類史を学ぶと、他者と共通の土壌を見いだして手を携える場面より、人種・民族・宗教・言語・文化・社会的階級...等々の差異にとらわれ、対立・分断の悲劇の流転に沈んでいた局面のほうがはるかに多かったことがわかります。

 

 憎しみ合うより、心の壁を乗り越えて平和を実現したほうがはるかに幸せになれることは、誰しもが理解しています。しかし、この理想は、口で語るほど簡単ではありませんね。

 

身近なところに目を向けてみればわかります。人の個性は、十人十色。自分と全く同じ生い立ちで、思考も感性も同化できる人など、滅多にいるはずがない。そんなことは、よくわかっている。しかし、なんとなく許せない「あの人」の「あの態度」「あの言葉」。憤懣が鬱積して、ちょっとしたきっかけで爆発してしまい、お互いに傷つけあったことを深く悔いた...。こんな経験、誰しも一つや二つ、ありますよね。

 

まして、そこに国家や民族など、より大きな社会集団の政治力が絡んだりすれば、人類の存続すら危うくなる。

 

人間に本質的な「差異へのとらわれ」の感情は、理性の歯止めを突き崩してしまうのでしょうか。その一面は、決して否定できないでしょう。結果、不幸が訪れる。これは、人類の宿命というべきでしょうか?

 

だからこそ、少しでも学校・会社・地域...の隣人と、共通項を見いだす方途を考えられないものでしょうか? その人は私たちにとって、きっと少なからぬ縁のある、かけがえのない方であるにちがいない。ならば、ちょっとした勇気をもって、挨拶や声かけからはじめてみませんか!?

 

見えない勇気が、私を変える。

私が、いつもとちがう言葉を語る。

一言の思いやりが、猜疑の壁を氷解させる。

心の絆は、人を結ぶ。

むすびつきが、幸せを呼ぶ。

新たな伴走を共に

2014.09.09(Tue)

●吉祥寺校:福井    ●カテゴリー:

 

 夏の学習、お疲れ様でした。朝から晩まで、教室に入り浸って刻苦勉励した努力は、必ず報われていきます。

 小6の受験生は、いよいよ本格的に志望校別の対策や月例模試が始まりますね。

 次年度以降、受験を迎えるみなさんも、大きく成長した姿で、学習・進路の可能性の幅を広げられたことでしょう。

 どうか自信をもって、次のステージに臨んでください。

私たち教室スタッフは、塾生およびこれからエクタスに入塾して学習をはじめられようとしているみなさんの自己実現のため、大きく門戸を開いています。

 実りの秋に向け、勇気をもって伴走していきましょう。

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。