エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2013.07.30(Tue)
今、教室が熱い
(吉祥寺校:福井)
2013.07.18(Thu)
2013御三家の哲学④
(吉祥寺校:福井)
2013.07.05(Fri)
夏期講習が始まります
(吉祥寺校:福井)
2013.07.01(Mon)
シ難の算数 ~灘中学の算数問題に挑戦~
(池袋校:滝澤)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
今、教室が熱い

2013.07.30(Tue)

●吉祥寺校:福井    ●カテゴリー:

 今、吉祥寺校は、自らをより高みに飛翔させんと努める受験生たちや、この夏期講習から初めて通塾される低学年のメンバーで、日々、情熱的な学習空間が醸成されています。

仲間や教師とのふれあいも、主体的に課題に取り組み解決しようとする者どうしの、切磋琢磨の関係性であると信じたい。

つまり、相応の覚悟のある者でなければ、はじき出されてしまうような、厳しくも温かい教場でありたいと願うものです。

本格的な講習はまだ始まったばかり。

実りの季節そして合格の栄冠獲得まで、ともに走りぬこうではないか。

体調には、十分、留意してください。

 

2013御三家の哲学④

2013.07.18(Thu)

●吉祥寺校:福井    ●カテゴリー:

 

本年度、桜蔭中の入試出題文から。

 

・生活が貧しければ、家の手伝いでもするのが筋。しかし、往時の少年達は昆虫や植物の採集という、実益を顧みぬことに熱中した。こんな純粋な探求心も、成長過程には必要だ。

                           (中島義道「孤独な少年の部屋」より)

 

・何の変哲もないありふれたひまわりや足形。そこには何も感じぬ。しかし、自分が盗んだひまわりのスクラップや、墨でとった自身の足形であれば、少なからぬ興奮を覚える。

                               (長薗安浩「あたらしい図鑑」より)

 

人間とは不思議なもの。自分と深い関わりのあることや興味・関心の赴くことなら、それが社会的にいかに評価されようとも、まっしぐらに突進していくことができる。逆に、どんなに「正しい」とされることでも、自身と直接の関わりが薄ければ、そこに価値を見出せない。

 

この点は、特に後輩を持つようになったり、何らかの世話係を任されたときに、心の隅に留めておく必要があるかもしれませんね。

 

"人は、あくまでも自身の関心事に正直に動く動物だ"、"等身大の相手を理解するためには、彼の行動原理の源ともいうべき動機に注視する必要がある"

のかもしれません。すると確かに、正論を前面に振りかざした教説や政治力などで、いつまでも人を動かせるはずがないことに気づくわけです。面倒見の立場に立ったら、とかく、傾聴をもって、相手が一番やりたいと思っていることを聞き出してあげたいものです。下手にフォローの手を差し伸べるより、可能な限り、やりたいことをやりやすいように条件を整える裏方役に徹したほうが、断然よい。自分も相手も楽しい。何より、お互いの可能性は伸びるし、成長も早い。

 

また、自身が社会から一旦、身を引いたときに、誰にも煩わされずに打ち込めるライフワークともいうべきものがみつかっていれば幸せでしょうね。少年時代の純粋な好奇心や興奮、わくわく感を味わうことで、人生に潤いと彩りが与えられるにちがいありません。定年退職後といわず、休日や退勤後のひと時を使って、何かを探してみたいものです。

 

「"正論"より"実感"」。

大事にしたい人生観の一つです。

夏期講習が始まります

2013.07.05(Fri)

●吉祥寺校:福井    ●カテゴリー:

 

梅雨が明け、暑い夏が始まります。

計画を十全に策定できた段階で、目的の大半を征したと言って過言ではありませんね。

何をめざし、そのため、いつまでに何をどのようにするかについて、今、じっくり熟慮しましょう。焦点の定まらない学習には、成果が望めません。

自分で腑に落ちる行程表ができたら、あとは、実践あるのみです。

また、何か新しいことに挑戦できるのもこの時期ですね。40日間、毎日、決めた時間にニュースを見る習慣をつけるだけでも視野は広がり、大人の会話に参加できるようになりますよ。

有意義な、実り多き夏休みにできるよう、ともに頑張りましょう。

教室でみなさんをお待ちしています。

 

シ難の算数 ~灘中学の算数問題に挑戦~

2013.07.01(Mon)

●池袋校:滝澤    ●カテゴリー:

 

はじめまして。今回からブログを担当することになりました、滝澤 幹と申します。

エクタスではスーパー講座として「筑駒への64題」「御三家算数講座」などを担当しています。長年担当していて痛切に思うことは、御三家・筑駒に合格する生徒は皆、難しい問題を楽しく解けること、わからない問題があるとよけい気合いが入ることなどが共通点としてあるなあということです。ならば関東の中学校にこだわっている必要はない。

ということで、エクタスでは9月から「灘中算数講座」を開講することになりました。

この講座では灘中学に出題されそうなオリジナル問題を中心に、短い時間の中で解ける問題を取捨選択し、確実に得点をあげることを目的にしています。しかし灘の問題は解けないからといって捨ててしまうのは算数の楽しさから言うと、たいへんもったいない!

 

そこでこのブログでは、灘中学の過去の問題から1問ピックアップして、翌月に解説を載せていこうと考えています。もしよろしければ、FAX 03-3980-4381 に住所・氏名・電話番号 および考え方や答えを書いてFAXしていただければ、添削して返信いたします。奮ってご参加くださいね。

 

それでは今月の問題です。

11で割ると小数第2位が3になり、13で割ると小数第1位が6になる整数を考えます。

このうち最も小さいものはで、2番目に小さいものとの差はです。

 

                               (平成22年 1日目 

 

 

わざわざ筆算をしなくても11で割った答えがどんな小数になるかは暗算でできますよね?笑

 

たくさんの挑戦者、お待ちしています。

 

 

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。