エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2013.06.27(Thu)
筑駒の入試問題より
(吉祥寺校:久道)
2013.06.24(Mon)
模試を受ける意味
(大宮校:田島)
2013.06.20(Thu)
2013御三家の哲学③
(吉祥寺校:福井)
2013.06.17(Mon)
「池袋リニューアル」
(池袋校:白田)
2013.06.08(Sat)
「よだかの星」
(吉祥寺校:福井)
2013.06.05(Wed)
学校説明会参加の極意 ~校風に合う?~
(エクタス事務局)
2013.06.04(Tue)
本物は、当たり前のことを徹底的に行える人
(自由が丘校:中村)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
筑駒の入試問題より

2013.06.27(Thu)

●吉祥寺校:久道    ●カテゴリー:

  近年の筑駒の理科では、ほぼ毎年電気回路の操作問題が出題されます。2013年は発光ダイオード、モーター、乾電池、リード線を使った回路に関する出題でした。発光ダイオードは、以前から入試で取り上げられている内容でしたが、近年は問題の題材として取り上げられることが大変多くなりました。御三家中学でも、2011年度に雙葉、2013年度に武蔵で題材として取り上げられています。

 私たちの生活の中で多く使われるようになり、入試でも頻出の内容になりつつある発光ダイオードとはどのようなものなのでしょうか。

 発光ダイオードは少ない電力で光を出すことができる光源のため、様々なディスプレイ(光を使った展示物です。看板やテレビ、信号、パソコンの画面など身近なところにたくさんありますね。)への応用が期待されていました。受験生であるみなさんは知っていると思いますが、光ですべての色を表現するためには、光の三原色、つまり赤色、青色、緑色の三色の光が必要です。もともと赤色発光ダイオードは実用化されていたのですが、青に近い色のダイオードは黄緑色までしか実用化されていませんでした。(虹の七色で考えてみましょう。青い色が無いと青色はもちろん、純粋な緑色のダイオードも作れませんね。)しかし、2001年に青色発光ダイオードが登場したことで、光の三原色がすべてそろい、今では、赤色、桃色、橙色、黄色、黄緑色、緑色、青緑色、青色、白色、紫といった様々な色の発光ダイオードが実用化されています。また、フルカラーLEDという赤色、青色、緑色の各色の光量を調整し、つくりたい色をつくることができるものまで実用化されています。こうしたことから、今では発光ダイオードは様々なディスプレイで活躍をしています。

 ではみなさんの身近にあり、また入試でもよく取り上げられる豆電球との違いを考えてみましょう。

 まずは光り方の違いです。みなさんは知っていると思いますが、豆電球は電球の中にあるフィラメントに電流を流すことによって発光します。これはフィラメントに電流が流れるとフィラメントの電気抵抗により熱が発生します。そして高温になることによって発生します。一方、発光ダイオードは半導体というものを使って発光します。半導体とは、電気の伝導体と絶縁体のちょうど真ん中の性質を持つ物質であり、周囲の環境によってどれくらい電気を通すのかを変化させることができます。発光ダイオードの両極にはP型半導体(電子がほしい。)とN型半導体(電子があまっている。)というものがついています。発光ダイオードはこの2つの半導体の間を電子が移動することによって発光します。N型半導体であまっている電子をP型半導体にわたすときに光のエネルギーができるのです。

 光っている豆電球をさわるととても熱いですね。これは前述の通り、フィラメントに電流が流れると熱が発生するからです。このように豆電球は電気のエネルギーを熱と光のエネルギーに変換しているため、使用した電気をすべて光に変えることができません。一方発光ダイオードは電気のエネルギーを直接光のエネルギーに変えているため、使用した電気をほぼすべて光に変えることができるのです。また、豆電球と比べると発光ダイオードはより少ない電気で発光させることができます。

 よく出題される問題として、豆電球や発光ダイオードに流れる電流の向きを逆にするとどうなるのか、というものがあります。これについて考えてみましょう。豆電球はフィラメントが左右対称のつくりになっていますので、どちらの向きにつないでもフィラメントに電柱が流れるので発光します。一方、発光ダイオードはN型半導体からP型半導体へと電子を移動させて発行していますので、電流の向きを反対にするとN型半導体からP型半導体へと電子を受け渡すことができなくなってしまいます。結果的に発光することができません。発光ダイオードは電流を流す向きが決まっている、というのはこのような仕組みからなのです。

 さて、豆電球と発光ダイオードの違いがわかりましたね。「違いがある」ということはどちらにもメリット(良いところ)とデメリット(悪いところ)があります。あえて書きませんが、最近入試で定番化しつつある発光ダイオードについて、ぜひ興味を持って調べてみてください。もしかすると調べた内容が、みなさんの受験校に出題されるかもしれません。

 受験の天王山ともいえる夏休みまであと一か月を切りました。暑い中での体調管理に気を付けて。

 頑張れ!受験生!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

模試を受ける意味

2013.06.24(Mon)

●大宮校:田島    ●カテゴリー:

 この時期になると様々なテスト団体や塾などで公開模試が開催されます。中学受験を考えている小学生には必須のイベントですし、特に6年生にとっては志望校を受験校に変えていくための大切なテストであるはずです。
 さて、この模試の受け方、結果の受け止め方を深く考えたことがありますか。もちろん、志望校判定である以上、最大の目的は自分のポジションと合格の可能性を知ることでしょう。
 でも、1学期と2学期で受ける模試の意味合いには違いがあります。
 1学期の模試は、志望校に対する自分のポジションを知ることも大切ですが、それよりも重要なことがあります。それは、現状での自分の弱点を知り、それを受験生にとっての天王山である夏にどう克服するかの指針を得るための絶好の機会であることです。
 6年生は皆一様に「夏は頑張る!」と言います。でも、何をどう頑張るのでしょうか?「全部!」というかもしれません。何をどう頑張るのかの優先順位を決めるのが模試なのです。
 ここで整理すると
 1学期の模試は、
  ①志望校に対しての自分のポジションを知るテスト
  ②現状での自分の弱点・課題を知り、それの対策を講じるためのテスト

 模試はテストですから、成績はいいに越したことはありません。でも、悪かったからといって諦める必要もありません。肝心なのは、結果に一喜一憂するよりも、しっかりと解き直しをすることです。その際、結果帳票には正答率や出題単元なども書かれているでしょうから、自分が劣っている単元を書き出し、それを克服するには「どんな教材を使って」「どのように取り組む」のかの具体的計画を立てるべきです。夏休みに入ってからでは手遅れですよ。今計画を立ててください。塾の先生に相談するのもいいでしょう。
 弱点データを得るにはさまざまな傾向の模試を受けてみるのもひとつの手です。問題を解く力の柔軟性も養えます。9月に入ってからの模試で望んだ結果が出せるように、模試を活用して大切な夏の指針を立ててください。
 なお、エクタスでは9月に筑駒模試や桜蔭模試を開催する予定です。
  詳しくは https://www.eikoh-seminar.com/echtas/course2013/index.html#tsukumosi

2013御三家の哲学③

2013.06.20(Thu)

●吉祥寺校:福井    ●カテゴリー:

 

本年度、武蔵中の入試出題文から。

異文化の国に対し、"外国"として外から眺め、観察者になっているうちは、不自然な認識や誤解・違和感しか湧かない。自国の文化基準や差異へのこだわりを捨て、彼の地の中に融け込み、生業生活者の感性に同じれば、その文化の根元にある豊穣な価値を堪能でき、より多角的な視点が得られるだろう。              (堀田善の文より)

 

本文前半では、むしろ、ときに、自分の定住の地と生業を離れて、たとえば旅先で出会う現地の人々が懸命に働き暮らすありさまを滑稽に感じられるほど無責任な観察眼で眺めることで、自身の生活をより客観的に見る新たな視点が得られる可能性についても触れています。つまり、対象に完全に同ぜず、第三者的立場を活かす大切さを提唱しているわけです。

 

これは確かに、一面の真実でしょう。たとえば、病気を治療するときに、思い入れの深い家族の慈愛だけを最優先することで、患者本人にとっては苦役ともいうべき過大な療法が選択される危険性もありえます。そこに、ドクターの冷静な専門的視座からのアドバイスの必要性が生じるのかもしれません。また、かわいい我が子の子育てにおいて、親の無条件の愛情だけでなく、地域社会の人々や学校等の指導者から社会性を要求されてこそ、人は健全な成長を遂げるのではないでしょうか。手元の課題に没入するあまり、自分自身すら見失いそうになったときは、ちょっと下がって全体を眺める心の余裕が大事なのでしょうね。

 

反面、本当の意味での他者理解が必要な局面においては、外からきて評論するような態度は禁物でしょう。大事な人の生命に危険が差し迫るようなときや、共感こそがその人にとって唯一の支えになるような場面では、自分のちっぽけなプライドやこだわりを一時的にでも差し置き、後先考えずに手をさしのべるべきなのかもしれません。信頼や絆というものの有難味は、そうした人間らしい振る舞いができる人に後からついてくるというべきでしょうか。 

 

私たちは、ときに眼前の問題に全面的に専心し、また、他方

冷静な観察眼を働かせつつ、長い人生行路を経てゆくも

なのでしょうか。両者を、臨機応変に使い分けられる人を

というのでしょうか。両者の理想的な按分比率はどのく

らいなのでしょうか・・・

 

答えは、自分でみつけていくしかないことだけは確かなので

しょうね。

「池袋リニューアル」

2013.06.17(Mon)

●池袋校:白田    ●カテゴリー:

池袋校の塾生の皆様はご存知ですが、いよいよ6/17から池袋校の改装工事が始まります。

今までの池袋校を気に入ってくれていた皆さんも、リニューアル後の池袋校での学習を楽しみにしてくださっていることと思います。

白田が思い出すのは、入学式のときの、あの新鮮な感覚。新しい制服・新しいカバン・新しい教科書をもらったときはワクワクするもの。

きっと皆さんも同じようにワクワクしてくれていることと思います。少しの間、お手間を取らせてしまいますが、7月からはじまる池袋校での生活を楽しみにしていてください。

きれいな環境で学習するのはとっても気持ちの良いものです。リニューアル後、先生たちも出来るだけ清潔を心がけます。皆さんも出来るだけ綺麗に使うようにしましょうね。

 

「よだかの星」

2013.06.08(Sat)

●吉祥寺校:福井    ●カテゴリー:

今、教室では、「名作で学ぶジュニア国語講座」として、塾生および一般生の方を対象に、宮澤賢治作「よだかの星」を扱っています。

身なりが醜いとされるよだかは、弱者が辛酸をなめねばならぬ理不尽さに直面し、最後は自ら「星」になることで矛盾を解消しようとします。頑張っても背伸びしても皆に認められないせつなさが、痛切に伝わります。

変化の激しい時代です。いつ、自分が世の中から疎外される苦境に陥るかもわかりません。周囲からの評価に左右されない自身の軸足を持ち合わせることが大切なのかもしれませんね。

7月は、夏目漱石作「吾輩は猫である」を扱います。幼少期に名作を通して、人生・社会への眼を開く機会を持つことには、大きな意義があるはずです。来月も、小2・3生の方のご参加をお待ちしています。

学校説明会参加の極意 ~校風に合う?~

2013.06.05(Wed)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

 1学期も後半になり、各私立中学でも学校説明会などが開催される時期になりました。
 志望校を決める際、偏差値だけで判断することはないと思います。その学校の校風であったり、方針などをよく吟味し、かつ通学時間や設備などにも目を光らせて、というのが一般的ですね。
 学校説明会で注目する最大の点は、学校の校風・方針を理解することです。非常に当たり前のことですが、学校側の説明を受け取るこちらの考え方しだいで大きく異なって聞こえてきますから注意が必要です。
 中学校は、校風にふさわしいお子さま・方針に沿ってくれるご家庭を求めているはずです。学校の先生方のお話をよくお聞きになって、6年間通わせたい学校なのかどうかをよく考えてください。
 保護者様から私たち塾の担当がよく聞かれることは「うちの子はあそこの学校の校風に合っていないのではないか」「どこの学校の校風がうちの子に合うのか」などです。
 ここで考えてみてください。たしかにごく稀にその学校の校風にぴったりだなと感じるお子さまはいます。でも,多くはそうではないことが多いと思います。
 大切なことは「お子さまが校風に合うかどうか」ではなく、ご家庭が「お子さまをどう成長させたいか」「どういう校風に染めたいのか」だと思います。合うのではなく合わせるのです。
 その学校に通うことで、その学校らしい生徒に成長していきます。入学前から校風に合っている必要はないのです。
 多感な思春期を過ごす学校です。その後の人生において大きな影響を与える人格を形成する大切な時期です。その学校に通わせることにより、どう成長していくのかを見極めることが、学校説明会での最大の目的です。
 入試日程であるとか、募集人数であるとかも大切な情報ですが、それは資料を読めば分かることです。大切なことは何度も述べたようにその学校が目指そうとしている方向性や雰囲気です。
 もちろん、校風というのは精神的な部分が多いかもしれません。しかし、学習面の校風も大切です。特に進学校では、大学受験に対してどう対応していくのかどうか。学校だけなのか。塾に通っているのか。いつから塾に通っているのか。また、理系文系の分け方。理系文系のどちらに力を入れているのかといった方針はしっかりと聞いておきましょう。
 
 学校によっては、説明会の時に校内見学の出来る学校があります。私立中学校は設備を売りにしている部分もありますから、比較すべき所はしっかりと見ておきましょう。
 この説明会では、在校生がお手伝いで参加している場合もありますし、校内にいる生徒たちの様子も垣間見ることができると思います。
 ただ、その時の生徒たちは当然のことながらお客様がたくさんいらっしゃることを言い含められているはずですよね。
 もし、在校生の自然な姿を見て判断したければ、平日の下校時刻を狙って校門から出てくる生徒を見るか、最寄り駅辺りで待っているとその学校の校風の一端を在校生が示してくれるかもしれません。

 栄光ゼミナールでも学校別説明会の参加予約を始めています。受験する可能性のある学校は1校でも多く参加されてはどうでしょうか。
栄光ゼミナール学校別説明会→ https://eikoh-seminar.com/setsumeikai/eikoh/index.php
 

本物は、当たり前のことを徹底的に行える人

2013.06.04(Tue)

●自由が丘校:中村    ●カテゴリー:

 

6月2日(日)放送の「情熱大陸」で女流五冠王の里見香奈棋士(21歳)の特集を行っていました。1日10時間以上、男性プロ棋士によるタイトル戦の棋譜を見ながら、駒を動かし学習しているとのことでした。「奨励会」に参加して男性棋士とタイトル目指して戦う道も目指しているとのことです。

子どものころ、憧れの女流棋士とお話をする機会があり、毎日詰め将棋をすると良いとアドバイスをいただいたところ、それから10年間、1日も欠かさず詰め将棋をしているそうです。詰め将棋自体は昔からあるもので、私も小学生のころ何回かやったことがありますし、ごくありふれたものではあります。しかしそれを10年間1日も欠かさず行う、という徹底ぶりは、なかなか真似出来るものではありません。

努力したからすべて成功する、とは必ずしも言えないかもしれません。が、努力なしに成功は訪れないのもまた事実だと思います。

 

桜蔭中学は昔も今も中学生の英語の授業では「基礎英語」が、家庭学習課題として指示されています。「基礎英語」といえば、大人なら誰でも1度は触れたことのある、とてもオーソドックスでスタンダードな「ラジオ講座」ですね。桜蔭中学だから何か特別な取り組みをしているのかと思いきや、「基礎英語」を活用しているわけなのです。ただ、私の教え子たちもそうでしたが、それをしっかり、きっちり3年間聞き続けられる、活用し続けられる、そして成果につなげられるところが桜蔭生たちの意志の強いところなのだと思います。

 

「当たり前のことを徹底的に行う」、どの道でも一流と呼ばれる人、本物の共通点ではないでしょうか。

エクタス生の皆さん、1日10題の「計算トレーニング」は毎日欠かさず行えていますか。10日で100問、100日で1000問、1年間で3650問、3年間で10950問・・・目には見えない大きな差になりますね。

「当たり前のことを徹底的に行える人」でありたいものです。

 

ちなみに里見香奈棋士の子供の頃の憧れの女流棋士は高橋和さんでした。現在エクタス吉祥寺校と栄光キッズカレッジ自由が丘校で子供たちのための将棋講座を開講されています。将棋にご興味のある方は、ぜひ問い合わせてみてください。

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。