エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2013.03.25(Mon)
いよいよ春期講習!
(大宮校:田島)
2013.03.21(Thu)
2013御三家の哲学②
(吉祥寺校:福井)
2013.03.15(Fri)
筑波大附属駒場中学校・高等学校主催の講演会・公開講座(筑駒アカデメイア)
(自由が丘校:中村)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
いよいよ春期講習!

2013.03.25(Mon)

●大宮校:田島    ●カテゴリー:

 まもなく4月を迎えます。
 エクタス大宮校に通われているお子さまたちも、2月から新しい学年になり、学習量や家庭学習の取り組みにも少しずつ慣れてきた時期でしょう。
さて、エクタス大宮校は大宮駅西口にある「JACK大宮」という複合施設の中にあります。通われている皆さんはおわかりでしょうが、プラネタリウムもありますし、エクタス全校の中で唯一エスカレーターを使用して入室します!
 エクタスのあるフロアには、大学受験を目指す高校生が通う「NAVIO」、東大をはじめ最難関大学合格を目指す高校生が通う「NAVIO Z会東大マスターコース」があります。最難関中学受験合格専門校エクタスとは、目指す学校は異なりますが最難関を目指すという方向は一緒です。目的意識の高い生徒が集まる最良の環境です。

 栄光ゼミナールには『自分のトップ校へ行こう』というテーマがあります。それはお子さまひとりひとりが一番行きたい学校を目指し、合格という夢を実現するためのテーマです。
 エクタスに通う皆さんにとっては、自分のトップ校とは御三家をはじめとする最難関中学校でしょう。4月を迎えるこの時期に,この気持ちを今一度再確認してみませんか。
 まもなく春期講習が始まります。春期・夏期・冬期とそれぞれの講習には取り組むべき意味合いがあります。
 春期講習は、新しい学年が始まり、その期待感を持続しつつも、さらに高みを目指すための勢いをつけるための講習です。教科によっては復習だけでなく先取りの内容にも触れることで、さらに学力・気持ちを前進させてくれるでしょう。 さあ、8日間という短い期間でどこまで成長することが出来るかチャレンジしてください。

2013御三家の哲学②

2013.03.21(Thu)

●吉祥寺校:福井    ●カテゴリー:

 

本年度、麻布中の入試出題文から。

タウン誌編集記者の中塚さん。業務に追われ、また「いい話」の記事を書かねばねらぬと焦る。あるとき、"一人暮らしのおばあさんがカメを飼うも、成長しきりで手に負えず、近所の子供たちの世話で新たなもらい手が無事みつかり、一安心"といった美談を取材・掲載。しかし、彼女が、カメや子供たちに去られ、生き甲斐をなくし、寂しさに沈んで亡くなっていたという決定的事実は見落としていた!                  

                                                                   森絵都『竜宮』より

 

私たちは、とかく、大人も子供も忙しいですね。自分の意思をはっきり持つまでもなく、次から次へと、社会・組織からの、より複雑な要求にさらされ、それらに応戦することで一日、一年、そして一生...があっという間に過ぎ去ってゆく。必死に対応しているうちに、人の心を顧みる余裕さえ失ってしまう。それは、自分だけでなく、周りの皆も同じ事情だろう。すると、社会は益々、殺伐としたものになっていく。

 

やがて人は、本心を押し殺してでも、社会が要求するものに順応する習性を身に付ける。それが、暗黙のうちに「大人になる」ための自明の流儀として、肯定される。

 

人間が、組織的要請に押され、肌感覚を失い、窒息寸前に陥っている現代の世相を、象徴的に語っているといえそうですね。

 

学校や会社で、いきづらさを感じたら、まず、自分の心のうちのありのままの声と向き合ってみる必要があるのかもしれません。もちろん、唐突にその本心・本音を周囲に表明すれば、大きな軋轢を生じ、ますます緊張感を高めてしまう。さりとて、建前を述べ立てるばかりの日々の延長線上には、鬱憤の蓄積だけが待ち受けており、発展性はない。だから、本当の思いを日記にかきつけてみたり、気持ちを許せる友人や家族だけにこっそり吐露したりして、日頃の感情の軋みを直視し、腑に落としつつ、これを少しずつ軽減する方法を模索するところから始めるのがよいのではないでしょうか。自身の思いと社会の妥協点をどこに見出すかは、真情を吐き出して気持ちが軽くなってからでも、遅くないはずです。

恐ろしいのは、「正しい」とされる通念に引きずられるままで、自分の気持ちがどこにあるのかも分からず、大きな社会の部品と化した自分に何の疑問も持たぬまま過ごし続けることではないでしょうか。それこそ、人間らしさの喪失というべきでしょう。

 

「現代病」ともいうべきものへの処方箋まで想起させてくれるような、本年の麻布中の出題でした。

筑波大附属駒場中学校・高等学校主催の講演会・公開講座(筑駒アカデメイア)

2013.03.15(Fri)

●自由が丘校:中村    ●カテゴリー:

筑波大駒場中学高校で基本的にはどなたでも参加が可能な「講演会・公開講座(筑駒アカデメイア)

」があるのはご存知でしょうか。社会人のみを対象にしたもの、小学生のみを対象にしたもの、どなたでも参加可能なもの、と様々な講座が用意されています。

直近では3月23日(土)に開催されるようです。今回は以下の講座が用意されています。

ご都合のつく方はぜひ興味のあるものに参加されてみてはいかがでしょうか。

申込み方法等くわしくは、筑波大学附属駒場中学校・高等学校の公式ホームページでご確認ください。

 

「点と線で生物を描く」
 「身近なモノから見る世界の歴史」
 「Brush Up Your English -英語でコミュニケーション・入門編-
 「はじめよう! ジャグリング」
 「人と人をつなぐブラインドサッカー」
 「将棋を楽しむ」
 「筑駒LBC(3・1・2弁当箱実習)
 「親子でやってみよう 裁判員裁判」
 「『プラスチック』ってどういう意味?」
 「化石のレプリカを作ろう

 

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。