エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2013.02.26(Tue)
エクタス大宮校リニューアル
(大宮校:田島)
2013.02.22(Fri)
2013御三家の哲学①
(吉祥寺校:福井)
2013.02.18(Mon)
2013筑駒中入試 解答・解説
(エクタス事務局)
2013.02.15(Fri)
中学入試日・合格発表日の思い出
(自由が丘校:中村)
2013.02.01(Fri)
桜蔭中入試 解答速報
(エクタス事務局)
2013.02.01(Fri)
開成中入試 解答速報
(エクタス事務局)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
エクタス大宮校リニューアル

2013.02.26(Tue)

●大宮校:田島    ●カテゴリー:

2月からエクタス大宮校に赴任しました田島です。教室責任者の白田と共に教室を盛り立ててまいります。どうぞよろしくお願いします。

 今月、エクタス大宮校がリニューアルしました。今までは栄光の他ブランドと同じ教室を使用していました。今月からは同じフロア内ですが場所を移動して独立したスペースとなります。これでエクタスのみの学習環境が整ったことになります。
こじんまりとした環境ではありますが、ここから最難関校を目指すお子様のプレミアムスクールとしての授業を展開して参ります。今後ともご協力をお願い致します。

エクタス大宮校リニューアル
2013御三家の哲学①

2013.02.22(Fri)

●吉祥寺校:福井    ●カテゴリー:

本年度、開成中の入試出題文から。

小4・ハナエの愛読書『はせがわくんきらいや』。

いわく、公害病に苦しめられて弱く、動作が鈍く、すぐ泣く、扱いづらい「長谷川くん」を、「ぼく」は嫌いつつも、憎めず、時に手をさしのべるという。

それは、両親に障害があり、見かけが汚くのろく皆から疎まれ、そして、かつて小1のときに自分を頼ってきた面倒なさっちゃんを、避けながらも愛おしむハナエ自身の気持ちと重なる部分がある。   華恵(はなえ)『本を読むわたし』による

 

結構、深刻な問題を扱っています。

ハナエの気持ちをわかりやすく言えば、「弱者への共感」ということになるのでしょう。ただし、そこには「醜い者への嫌悪感」が同居していることを見逃せません。周囲の身近な人間関係に置き換えて考えてみましょう。もし、自分が、「あいつはダメなやつだ、でも憎めないね...」と信じていた友人から評価されたら、うんざりですよね。

"見下し、嫌悪し、それでも何となく憎めない"そのように他者を評価している者が深く自覚しているか否かに関わらず、客観的にみれば、それは「上から目線」の傲慢な感覚と言わざるをえないでしょう。恐らく、他者の苦しみに想いを致すとき、相手のありのままを受容したり、自分とは異なる風格の者を許容できる器量が前提にあることが、「人権意識」の透徹した姿なのでしょう。正論はそうです。しかし、少なくとも、本文で扱われるハナエの感情には、それがありません。

では、なぜ、こんな出題になったのでしょうか。意図やメッセージを、どこに見出せばよいのでしょうか。

一つには、「自分の思いに正直に向き合うことの大切さ」を伝えているのかもしれません。

~私達は、戦後、必死に走り続けてきた。石油危機で、一旦、高度成長が収束して、またバブル景気に沸く。その後の長期に亘る不況を経ても、個人は大きな社会のシステムの論理に糾合されてこそ生き延びることができる、という価値観の大きな転換を図るには至らなかった。そして、震災と原発事故が起きた。もう、そろそろ、個人の本音やありのままの肌感覚から、出発してもよいのではないか。その是非善悪については、衆議に諮ったり、文化・歴史的背景も踏まえた専門的検討に委ねたりして、後付けで検証していけばよい。巷間、「正しい」とされる論理や客観的評価、抽象的イメージから一度、解放されて、今、あなたが感じ心に落とした、ありのままの思いと向き合おう。そして、周囲の人に伝えてみよう。

社会に閉塞感が広がれば広がるほど、こんな声が聞こえてきても不思議ではないでしょうね。逆説的な表現でありながら、忘れかけていた大事なことに思いを致させてくれる本年の開成中の出題だったと思います。

2013筑駒中入試 解答・解説

2013.02.18(Mon)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

2月3日に行われた筑波大駒中入試の解答例と解説をアップします。

問題の傾向分析と対策の研究にお役立てください。



⇒ 算数はこちら

⇒ 国語はこちら

⇒ 理科はこちら

⇒ 社会はこちら
中学入試日・合格発表日の思い出

2013.02.15(Fri)

●自由が丘校:中村    ●カテゴリー:

塾教師にとって1年に1回の審判の時を今年もまた迎えました。受験生にとって中学入試は一生に一度の貴重な体験です。それぞれの進学する学校が母校になるわけです。すてきな友たちや頼れる先輩、尊敬すべき先生との出会いがきっと待っています。すべての受験生たちに最高の中学校生活が訪れますよう、心から祈りたいと思います。

毎年毎年の卒業生たちを思い出しながら、中学入試日の出来事や合格発表の出来事などふり返ると、もう何年も忘れていたことなどが、ふと脳裏に浮かんできたりします。

開成中は昔、2月1日筆記試験、2日面接試験と2日間入試をしていました。今では想像もできないですね。ある年、2月1日が大変な大雪に見舞われた年がありました。開成中の入試の激励に行っていたのですが、電車も遅れ、集合時間までに到着出来ない生徒も続出です。これは開成中に限ったことではありませんでした。開始時間を遅らせた学校もありで、1日の入試を中止にして2日に順延した学校もありで、大変な状況でした。すでに到着して校舎に入っていた教え子とお母様が、あわてふためいて校門から出てきました。「先生、開成の今日の入試が中止になり、明日に変更になりました」「そうみたいですね」「先生、私、開成受けるかどうか1月の結果で決めようと思って、実は駒東にも願書出していたんです。どうしましょう」「ええー、どうしましょうって、とりあえず向かってみてください。開始時間を遅らせて始める場合もあると思うので、間に合うかもしれません」というわけで、あわてて駒場東邦中に親子で向かいました。駒東の入試になんとか間に合い受験することが出来ました。2日にはもちろん開成中を受験しました。長い中学入試の歴史の中で、開成中と駒場東邦中を両方受験した生徒は、彼ぐらいかもしれません。結果はなんと駒場東邦中合格、開成中は不合格で、駒場東邦中に進学です。こんなこともあるんですね。小学生の時は国語が苦手科目だったのですが、中学高校時代は読書に熱中し、親からみてあまり勉強してないので、はらはら心配していましたが、最後は集中して勉強し、東京大学に合格しました。本をたくさん読んでいたのが、結果的に良かったんですかね、とお母様もほっとされてお話したことを覚えています。

この年は各中学校とも受験生から受験の機会を奪わないよう、献身的に努力されたことと思います。その中で、こんな素晴らしい対応をされた学校もありました。朝の5時半くらいにご家庭に電話を入れ、開始時間を遅らせるので、安心してきて大丈夫なこと、入試がお昼を過ぎるので、昼食の準備が出来るようならしてきてください、無理なら学校で昼食を準備してありますので、心配いりません、という連絡をされた学校があります。前日から教職員の皆さんが泊まり込みで準備されたのだと思います。その年の塾対象の説明会に参加しましたが、学校の先生方は一切そのようなお話を宣伝なさりませんでした。普連土中学を受験された教え子のお母様からのお聞きしたお話です。

今では入試の結果で号泣まですることはなくなりましたが、若い時は感情の起伏も激しく、受験結果の発表に本当に心揺さぶられたものでした。女子学院中を当時の担当校舎から8名受験して7名合格してくれた年がありました。JGの発表会場で確認した時は、本当に感激しました。血が逆流する感じ、という言葉がありますが、まさにそんな感じでした。反対に女子学院中に残念ながら合格出来なかった教え子ももちろんいました。あんなに頑張ったのに、なぜだ、と悔しくて悔しくて帰りの最寄りの駅前の居酒屋で一人飲んで、家までオイオイ泣きながら帰ったこともありました。今ではなつかしく、そして少し気恥ずかしい思い出です。

来年の入試に向けて、はや新学年の授業がスタートしました。生徒たちに悔いのない一年だった、と思ってもらえるよう、決意も新たに日々全力で臨んでいきたいと思います。

 

桜蔭中入試 解答速報

2013.02.01(Fri)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

本日実施された、桜蔭中入試の解答例をアップいたします!

⇒ 算数はこちら

⇒ 国語はこちら

⇒ 理科はこちら

⇒ 社会はこちら

解きなおしにぜひご活用ください。
開成中入試 解答速報

2013.02.01(Fri)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

本日実施された、開成中入試の解答例をアップいたします!

⇒ 算数はこちら

⇒ 国語はこちら

⇒ 理科はこちら

⇒ 社会はこちら

解きなおしにぜひご活用ください。
記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。