エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2012.09.27(Thu)
歴史学習の落とし穴...時代のつなぎめ (1)
(日暮里校:田島)
2012.09.21(Fri)
御三家の哲学⑥
(日暮里校:福井)
2012.09.13(Thu)
ノーベル賞 - 開成中学校の入試問題より
(自由が丘校:久道)
2012.09.08(Sat)
お彼岸っていつ?
(横浜校:堀)
2012.09.07(Fri)
アルゴ全国大会2012会場決定!
(吉祥寺校:高山)
2012.09.06(Thu)
入試まであと77.5時間・・・
(自由が丘校:中村)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
歴史学習の落とし穴...時代のつなぎめ (1)

2012.09.27(Thu)

●日暮里校:田島    ●カテゴリー:

 いろいろなできごとや人物を古い順に並び替えたりする問題が主流の今の中学入試では、「流れ」は絶対に理解していなければなりません。年代自体を問う問題は激減しているので、年代の暗記に腐心する学習は古い学習スタイルといえるでしょう。
 この「流れ」に気を配る際に気をつけていただきたいのが、時代と時代の『つなぎめ』です。
 授業では【奈良時代】など時代ごとに進めていくため『つなぎめ』の意識が薄くなってしまいがちです。
 時代が変わるとは,世の中の大きな何かがチェンジすることです。
 たとえば都が変わる(遷都)ということは、それなりの理由があるはずですし、公家社会から武家社会に変わるのも時代がそうさせる理由があるはずです。その辺りをあいまいにしていくと流れが詰まってしまいます。

 ここからは、原始時代から明治時代まで『つなぎめ』を例にあげていきます。歴史を初めて学ぶ小学生には難しい内容はあまり掘り下げずに進めることをご了承ください。
【原始時代】
 この時代はそんなに難しくはありません。基本的には使う道具で分けたり、稲作開始で分
けたりします。

【原始時代 ⇒ 古墳・飛鳥時代】
 このつなぎ目はあまりはっきりしていません。日本の歴史において4世紀は暗黒の4世紀といわれ、わかっていない部分が多くなっています。当時の日本を記録していてくれた中国が戦国時代に入っていたことが大きな原因です。

【飛鳥時代 ⇒ 奈良時代】
 都は飛鳥(現在の奈良県明日香村周辺)におかれていた時期がほとんどです。一時的に天智天皇(中大兄皇子)が近江に移しましたが、その後天武天皇(大海人皇子)が飛鳥に戻します。
 『飛鳥宮』
 この天武の飛鳥宮(飛鳥浄御原宮)までは天皇一代につき一つの都でしたから、小学生の学習ではつなぎめは形式的と考えていいでしょう。
 『藤原京』
 しかし、この天武天皇は飛鳥の隣に、一代限りにしない大きな都を建設する構想を持っていました。それが藤原京です。天武は完成を待たずに亡くなりましたが、天武の皇后であった持統天皇が完成させました。この都は持統→文武→元明の三代の都でしたが、694年に遷都してからわずか16年で廃都とされてしまいます。莫大な資金をつぎこんで建設した都だったのに。
 そして、この藤原京の次に遷都するのが『平城京』、奈良時代の始まりです。
 さて、藤原京から平城京へ都を移した理由(時代のつなぎめ)ですが、この辺りは中学入試レベルではあまり問われません。小学生にわかりやすい理由としては、水質の悪い河川が天皇の住まいのそばを流れていたため衛生状態が悪化したことでしょうか。もちろんそれだけが理由ではありません。
 藤原京の頃活躍した藤原不比等の夢は、自分の血統から天皇を出すことでした。藤原氏は娘を天皇の后にして、生まれてくる孫を天皇に即位させてという藤原氏が権力を握る方法は授業で学んだはずです。この不比等の夢は娘の宮子が文武天皇の皇后になり、産まれてきた子どもが聖武天皇になることで実現します。このかわいい孫が天皇としてデビューするための都として、当時としては空前絶後の建設を始めたわけです。それが奈良の都『平城京』でした。
 これだけでも、藤原不比等はかなりの権力を掌握していたことがわかります。
 この辺りは中学入試ではあまり触れられていませんが
、平安時代に絶頂期を迎える藤原氏の野望がこの時から始まっていたことは知っておいても損はありません。
 因みに平城京で流通する和同開珎がつくられたのは708年です。これは藤原京の時代です。つなぎめを超えて流通が始まったわけです。この流れも気をつけさせてください。
 次回に続きます。

御三家の哲学⑥

2012.09.21(Fri)

●日暮里校:福井    ●カテゴリー:

本年度、女子学院中の入試問題から。

 

シンポジウム等では、失敗を恐れず一時の恥を忍び勇気を出して、積極的に発言・質問しよう。講演者は、必ずきちんと答えてくれる。すると、それまでの小さな自分の殻から抜けだして視野を広げられ、新しい知的刺激と感動が得られる。結果的に、公の場で自分の考えを語れるプレゼン力や対人交渉力が養われ、人間的な成長も早い。

                                 (今北純一自分力を高める」による)

 

日本では、「黙して語らぬ」ことが、尊ばれる傾向にあったようです。

隣人との協調行動こそが生き延びる術であった古来の農耕社会の伝統に系譜を引く、「横並び社会」を無難に維持するためには、僅かな自己主張でさえ、"出る杭"として奇異な目で見られ、時に圧迫の対象となる。周囲の人々は、そんな存在を忌避するとともに、「自分だけはそうなりたくない」と思い、ますます本音を押し殺して、皆と歩調を合わせられる自分を演出することに努める。その結果、言葉数が減っていったのだろう。

翻って、近代化の波の中で、異文化や利害を異にする人と妥結し、平和的な調整を行う必要に迫られ、言語や論理性といった明示的な意思疎通手段の土俵に上らねばならぬ現実に直面した。このコミュニケーション方法こそ、日本人が最も苦手としたものなのかもしれない。しかし、自分の考えを、万人にわかる言葉で説明できなければ、国際化はもとより、日々の生活すら営めない世の中になってしまったのだ。

本年度の出題テーマには、こんな問題意識が背景にあるのかもしれません。

 

大人になれば、全く違う生い立ちを経て、今日、たまたま、あいまみえた自分と他人の利害が異なっているのは、むしろ当然ですね。相手を許せなくなることがあっても、不思議ではありません。そんな時、どうしましょう。現代社会は複雑です。「和」を重んじてひたすら黙し、忍従に徹する日本的伝統気風だけで貫き通せるほど、私たちは単純な世の中に生きていません。さりとて、感情剥き出しのけんかをするのは、児戯に等しいでしょう。やはり、妥協点を見つけ出すための、慎重かつ真剣な交渉を進めるべきですし、そのための対話力が求められるのではないでしょうか。つまり、相手が、集団・個人の如何を問わず、主張すべきことを単純明快に語りぬけるプレゼン力を磨かねばならないといってよいでしょう。出題文にみられるような会議等の場で積極的に発言する心がけや、人のお話の要所をメモする習慣づけ、一流の書籍に触れて「言葉」を磨くことなど、一人ひとりが、自分に合ったスタイルの伝達力習得法を考える必要がありそうです。貝のように押し黙っていても、もはや誰も助けてくれません。

 

多くの示唆に富む、今年の女子学院中の出題でした。

ノーベル賞 - 開成中学校の入試問題より

2012.09.13(Thu)

●自由が丘校:久道    ●カテゴリー:

2012年の開成中学校の入試問題では、キューリー夫人が1911年にノーベル化学賞を受賞してから100年を記念し、2011年を「世界化学年」とすることをテーマに取り上げた問題が出題されていました。ノーベル賞の受賞に関する問題は中学入試でも取り上げられるテーマであり、特に日本人が受賞した年には様々な学校でノーベル賞に関する問題が出題されていました。
日本人のノーベル化学賞・物理学賞・医学生理学賞受賞者には、
1949年 湯川秀樹氏 物理学賞 中間子の存在の予想
1965年 朝永振一郎氏 物理学賞 量子電気力学分野の基礎的研究
1973年 尾崎玲於奈氏 物理学賞 半導体におけるトンネル効果の発見
1981年 福井謙一氏 化学賞 化学反応過程の研究
1987年 利根川進氏 医学生理学賞 様々な交代遺伝子が体内で再構成される理論の研究
2000年 白川英樹氏 化学賞 伝導性高分子の発見と開発
2001年 野依良治氏 化学賞 キラル触媒による不斉反応の研究
2002年 小柴昌俊氏 物理学賞 素粒子ニュートリノの観測による天文学の開拓
2002年 田中耕一氏 化学賞 生体高分子の固定と構造解析のための手法の開発
2008年 小林誠氏 物理学賞 素粒子物理学への貢献
2008年 益川敏英氏 物理学賞 素粒子物理学への貢献
2008年 下村脩氏 化学賞 緑色蛍光タンパク質の発見と生命科学への貢献
2010年 鈴木章氏 化学賞 クロスカップリングの開発
2010年 根岸英一氏 化学賞 クロスカップリングの開発 
 以上の方々がいらっしゃいます。みなさんの記憶に新しいものですと、2008年、2010年の受賞時には様々なマスメディアで受賞の内容が取り上げられ、大変話題になりました。
 ノーベル賞とは、スウェーデンの化学者、実業家であり、ダイナマイトの発明者としても知られているアルフレッド・ノーベルの遺言に従って1901年から始まった世界的な賞のことであり、物理学、化学、生理学医学、文学、平和、経済学の6分野で顕著な功績を残した人物にあたえられるものです。2012年度は10月8日の医学生理学賞から順に発表されていきます。あと一ヶ月後ですね。
 様々な発見や、人のため、世界のために努力し続けたことが科学の発展へとつながっていきます。今みなさんが中学入試のために学習していることが、将来の世界へ大きく役立つかもしれません。6年生のみなさんは、受験の天王山とも言える「小6の夏休み」を乗り越えましたね。ここから更に努力を重ねていく中で受験勉強を楽しんでほしいと思います。もしかすると、今目の前で解いている問題で取りあげられていることを将来研究しているかもしれませんよ。ものごとに興味を持ち続け、「わかる!」ことの楽しさと、「もっと知りたい!」気持ちを持ち続けていきましょうね。
お彼岸っていつ?

2012.09.08(Sat)

●横浜校:堀    ●カテゴリー:

夏休みは終わりましたが、まだまだ暑い日が続きます。「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉を耳にすることも少なくなりました。お彼岸というとお線香のCMや、「おはぎ」「ぼたもち」を最初に思い出しますが、すこし由来を調べてみましょう。

「ぼたもち」は「牡丹餅」と書き、牡丹(ぼたん)の花をみたてたもの、「おはぎ」は「お萩」、萩(はぎ)の花が咲くころに食べるもの、基本的に同じものですが、食べる季節(春と秋)で呼び方が異なっているだけのようです。

「彼岸(ひがん)」を調べると、①煩悩を超越した悟りの境地。対して、私たちがいる側が「此岸(しがん)」だそうです。②春分・秋分の前後3日を含む7日間。③「彼岸会(ひがんえ)=彼岸に行う仏事」の略
おはぎやぼたもちを食べるのは③、お墓参りを行う時期ですね。暑さ寒さも彼岸まで、の場合は②ですね。秋分を境に夜が長くなりますので、気温も和らいでいくということです。正確には「春彼岸」「秋彼岸」があるということですね。

他にも「彼岸」のつくものとして、「彼岸花(ひがんばな)」という、すっと伸びた葉の無い茎に大きな花が咲く変わった植物もあります。(理科的には、多年生の球根性植物、6枚の花弁)
曼珠沙華(まんじゅしゃげ・まんじゅしゃか)、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)、捨子花(すてごばな)と別名が多いのも特徴ですが、その生長サイクルにも特徴があります。秋に成長・開花、冬に葉を茂らせ、夏に枯れます。彼岸のころに咲くのでその名がついたとされています。

名前の由来は諸説ありますので、どれが正しいと考えるよりも、その名のついた過程や背景を考えると共に、新たな発見・知識を得る楽しさを感じてください。今年の秋分は22日ですからあと2週間ほどでこの暑さも和らぐ...はずです。
アルゴ全国大会2012会場決定!

2012.09.07(Fri)

●吉祥寺校:高山    ●カテゴリー:

いよいよ2012年度のアルゴ全国大会の会場が決まりました。

今年はお茶の水大学附属中学校体育館での実施です。

昨年度優勝ということで今年も気合いが入ります。

関東勢として初の優勝に輝いたエクタスチームから優勝旗を奪い返そうと関西のチームが必死に練習して挑んでくるそうです。

簡単に奪われるわけにはいかないですよね!

エクタスから参加できるのは3名のみというのは非常に酷なことですが仕方ありません。

今年は希望者が多くなることが予想されますので、エクタス6校から希望者を集めて予選会を行い代表を決定します。

エクタス代表選考会会は10月14日(日)、全国大会本戦は11月23日(金)です。

是非、積極的にチャレンジして、2連覇の偉業を達成して下さい。

皆さんの挑戦を心よりお待ちしております。

代表選考会への申込みは、各校舎で配布されるはずですのでご確認をよろしくお願いします。

 

①時間制限を意識する(公式ルールでは1回のアタックに使える時間は20秒です)

②待っている時間をきちんと予想に使う(ぼーっとしているのは禁物!)

③勝負に行くか、ステイするかを見極める(攻めるだけではだめ!)

④口に出さない、顔に出さない(全てがヒントになってしまいます!)

以上のポイントを意識して、お家でも練習してみて下さいね。

入試まであと77.5時間・・・

2012.09.06(Thu)

●自由が丘校:中村    ●カテゴリー:

長いと思っていた夏休みも、終わってみればあっという間だった、と大方の受験生、そしてご父母の皆さんは実感しているのではないでしょうか。

いきなり入試まであと77.5時間! と言われたら、何それ、と戸惑う人も多いと思いますが、こんな計算をしてみてください。

2月1日(金)を基準にすると、9月9日(日)から1月31日(木)まであと145日! となります。すべての小6生にとって入試まで学習出来る日が145日ということになります。これは誰も増やすことの出来ない学習日ですね。1月入試、12月帰国入試などのある生徒の皆さんはもっと短い日数で最初の受験に臨むことになりますね。

このうち塾に行かないで学習出来る日は何日あるでしょう。塾によってそれぞれでしょうが、エクタスの場合は9月以降は週4日の通塾となります。1週間で塾の授業がない日は3日、ということになります。実際は冬期講習、正月特訓などもあり、もう少し少ないかもしれません。145日×7分の3≒約62日、が塾に行かない日ということになります。その残りの62日を4教科で割ると15.5という数字が出てきます。入試まで塾に行かない日を科目で割ると、1教科の学習に残された日は、あと15.5日分くらいだ、ということになります。1日5時間勉強するとして15.5×5=77.5時間、1日5時間勉強する受験生が塾に行かない日で1教科に費やせる学習時間は約77.5時間、ということになります。

決してあせる必要はありませんが、思っているほど時間が有り余っているわけでもないことがわかっていただけると思います。

受験までの日数を増やすわけにはいかないのですから、あとは1日の学習時間を増やすほかはありません。もちろん量だけでなく質にこだわった正しい努力をしていかなければならないのは言うまでもありません。

ロンドンの目的地に行きたくて朝から晩まで歩いて探したとしても、もし持っていた地図がニューヨークのものだったとしたら、この人はロンドンの目的地に辿り着けませんね。1日中歩いているのですから、努力はとてもしているわけです。でも、成果にはつながりません。

皆さんの勉強が成果につながる正しい努力で行われているかどうか、もう一度この機会にぜひ振り返ってみてください。そして残りの1日1日を悔いなく過ごしていき、第一志望校合格をぜひとも成し遂げていただきたいと思います。

受験生にとってのこれからの正しい努力は「志望校対策」と「弱点補強」のあり方にかかっています。エクタスは、全力で受験生の皆さんをサポートしてまいります。

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。