エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2012.08.31(Fri)
社会科の入試問題解き直しって...その2
(日暮里校:田島)
2012.08.23(Thu)
御三家の哲学⑤
(日暮里校:福井)
2012.08.07(Tue)
夏の自由研究
(横浜校:堀)
2012.08.05(Sun)
河童先生の算数問題に挑戦!20
(エクタス事務局)
2012.08.02(Thu)
「壁」にぶつかったとき。
(吉祥寺校:高山)
2012.08.01(Wed)
「夢を編む」
(自由が丘校:中村)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
社会科の入試問題解き直しって...その2

2012.08.31(Fri)

●日暮里校:田島    ●カテゴリー:

 前回は,選択肢問題の解き直しの中で、正しくない選択肢の内容を正しく直すことで知識が増えていくことを記しました。
 今回は少し発展させて、選択肢問題の解き直しを記述の基礎的な訓練に活用する方法をご説明します。
 その方法とは、
 「解き直しの時に記号をアとだけ書くのではなく、その後の選択肢の文も書かせる
 大変と思うかもしれませんが、実際にはそんなに時間がかかるわけではありません。きちんとまとまった文を写すことを継続していくことによって、知らぬうちにコツを身につけられます。「習うより慣れよ」です。また、文で書くことによって必要な知識を、意味を理解した上での強固な記憶に繋げることができます。
 もちろん、誤答を選択する場合は、誤答を書き写すのではなく、それ以外の正しい選択肢を書き写すことは言うまでもありません。その場合、誤答を正しく直して記述することもひとつの方法だと思います。

 次に、文章(リード文がある場合)がある場合の解き直しの方法です。
 実際に問題を解くときに、このリード文を
 「しっかり読み込む必要がある」場合、
 「文中の(  )や下線部前後のみ読めばわかる」場合があります。
 実際には、ほとんどの学校が後者の場合だと思います。
 しかし、解き直しの時にはじっくりと読ませてください。読んでみたときに新しい知識を増やすことが出来るかもしれません。その場合は即「解き直しノート」にその言葉と意味を書きとりましょう。

 最後に資料(史料)やデータをどう活用するかについてご説明します。
 地理であれば統計のグラフや表。歴史であれば史料、人物や美術品、建築物などの画像が出題されていると思います。
 これらのデータや資料(史料)は、コピーしてから切り取って「解き直しノート」に貼っておきましょう。
 過去問題演習の時は問題をコピーして演習してるお子さまが多いと思います。それは同じ年度を複数回練習するので書きこみをしにくいことが理由だと思います。
 そこで、このコピーした用紙を活用してグラフなどを切り貼りするとよいでしょう。入試直前になっての総復習の時に、こういったグラフや資料(資料)を眺めることで自信がつくと思います。

 統計資料はあまり古いものですと直接は役に立たないかもしれません。しかし、現状で学習している資料などと比較して直せるものであれば、貼っておいてもいいかもしれません。その辺りの判断は塾の先生に聞いてみるといいでしょう。

 

御三家の哲学⑤

2012.08.23(Thu)

●日暮里校:福井    ●カテゴリー:

本年度、桜蔭中の入試問題から。

 

飛び立てぬ臆病心を、うぬぼれや他者を見下すことで覆い隠し、わが身を守り、安心感を得ていたメスのチドリ。しかし、ぶかっこうなオスのチドリの、気取りを捨てた優しさ、率直な誠意、そして求婚で、心にまとっていた保身の殻を少しずつ氷解させ、やがて一匹の鳥として、ありのままの力を呼び覚ますことができるようになった。気づくと、メスチドリは、大空に飛翔していたのだ。         (魚住直子「べっぴんさん」による)

 

自分の欠点を自覚したとき、人はどうするか。

 

それがさらけ出されることを極度に恐れ、自己正当化の論理をまとって、体面を保つのも一つの生き方。

他方、至らぬところを率直に認め、さらけ出し、ありのままの自分から再出発するのも一つの選択。

 

一時的な精神的バランスは保てるが、生涯、小さな殻の中に閉じこもり続けるであろう前者。

一時の恥を惜しまず、真実・等身大の自分を受容することで、翻って多くの人から手をさしのべてもらえる可能性が開ける後者。

 

皆、後者でありたいとは思う。

 

しかし、年齢や地位などを重ねるにしたがって、保身の壁は増幅していく。ありのままの自分に立ち返ることは、思いのほか勇気のいることにちがいない。人間のプライドは、言葉で語れるほど単純ではないのだろう。

 

さらに、私たちは、このメスチドリのように、誰かが胸襟を開いてくれるまで待ちわびているわけにもいかぬ。待っているうちに、人生は光陰矢のごとく過ぎ去ってしまう。あくまで、自発的に他者の胸に飛び込んでいかなければ、人生の歯車は回り始めない。

向上と成長の第一歩は、"無知の知"にあり。つまり、至らぬ自分に目覚めることから全てが始まる、というべきか。そして、積極的な自己開示が明日を拓く。

 

多くの示唆に富む、今年の桜蔭中の出題でした。

夏の自由研究

2012.08.07(Tue)

●横浜校:堀    ●カテゴリー:

8月1日は横浜みなとみらいで花火大会が行われました。今年は花火大会や浴衣姿ではなく、酷暑で「夏」を感じています。熱中症だけでなく、体調を崩さないためにも、規則正しい生活と、正しい水分の摂取を心がけましょう。

さて、花火といえば、尺玉(三尺玉、四尺玉など)と呼ばれる大きな花火がメインイベントですが、ご存じのとおり「尺(しゃく)」は長さの単位ですので、小さい花火は「寸(すん)」を用いて二寸玉などと表記されます。1尺は10寸で、約0.303メートル、およそ30㎝です。
...という文章で、知識を得ても残念ながらすぐ忘れてしまうことが多いようです。知識というのは不思議なもので、丁寧に得たものはしっかりと残ります。
まるで、吟味を重ねて選んだ一品を大切に扱うように、福袋で買ってきたものを結局使わずにいるように...。

「玉」はわかるけど、「尺」ってなんだろう。「縮尺」って聞いたことがあるな、「尺八(しゃくはち:楽器)」って関係あるのかな?教室に骨のポスターが貼ってあったな、「尺骨(しゃっこつ:人体)」もそうなのかな?→調べていくと、尺貫法(1間(けん)=6尺、1坪(つぼ)=6尺×6尺)、尺八は1尺8寸から、尺骨は長さが1尺など
ここまで自分一人で考え、調べられたら素敵ですが、なかなかそうもいかない場合、低学年の場合は一緒に考える一緒に調べるという取り組みが効果的です。

花火っていろいろな色できれいだな、どうやってあの色になるのかな?星の色もいろいろあったな、関係あるのかな?→調べていくと、炎色反応、アルカリ金属など
なかなか、元素となるとすべてを理解するのは難しいですが、「(今の段階で)完全に理解する(させる)こと」が目的ではありません、わからないこと不思議なことを調べていくこと、その過程が大切です。知識の定着や気づきにはある程度の時間をかけてあげる必要があります。

国立科学博物館(上野)では特別展「元素のふしぎ」を開催しています。体験展示ができる機会を有効に利用してはいかがでしょうか。みなさんにとって有意義な夏でありますように。

河童先生の算数問題に挑戦!20

2012.08.05(Sun)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

前回の解答:28面です。



それでは今回の問題です。
今回の問題は今年の灘中学校の1日目の問題
(灘中学校では算数は2日間にわたって2しゅるいの問題をときます)
をすこしかえてみました。


【問題】
A、Bの2人でじゃんけんを3回します

(あいこのばあいも1回にかぞえます)。

 

もしグーをだして勝つと、勝った人は10点、

チョキをだして勝つと8点、

パーをだして勝つと5点の得点がもらえます。


またグーをだして負けたとしても1点もらえ、

チョキをだして負けたとしても2点、

パーをだして負けたとしても3点の得点がもらえます。

 

しかし、あいこのときはどちらも得点はもらえません。

 

いま、じゃんけんを3回したときに、

Aの得点の合計がBの得点の合計より 1点だけ高くなりました。


Bくん
「ぼくはグー・チョキ・パーのうち1つだけをだしつづけました。」


Bくんが3かいれんぞくで出しつづけたのはグー・チョキ・パーのうち、

どれでしょうか。

「壁」にぶつかったとき。

2012.08.02(Thu)

●吉祥寺校:高山    ●カテゴリー:

何かに打ち込んでいけば必ず「壁」にぶつかるときがあります。

いわゆるスランプと呼ばれる状態です。その状態を打破するために多大な努力し、工夫して、あれこれ試行錯誤しても結果が伴わない・・・。

とても辛い状態ですよね。でも、その時にこそどんどん養分はたまっているのです。

結果には表れないがその時が実は一番伸びており、結果が出るようになって調子が良いときは実はその時の養分を使って成果にしているのです。

しかし、一人で辛い状況を乗り切ることはとても難しいことです。特に色々な経験の少ない子供であれば、なおのこと先の見えない状況がとても不安に感じることもあるでしょう。

このような状態のときに何といって声をかけるのがもっとも良いのでしょうか。

答えは一つとは限りませんが、その辛いときに努力していることを認め、その努力を褒めることが最も効果的であることが多いようです。

努力を続ければ必ず結果が伴ってくると信じさせること。周りに出来ることは努力をあきらめないように認め、支え続けること。その心遣いこそ一番の力になるのです。

つまり、結果が出ていないときには、頑張っていることを認めて前向きな声かけを行い、逆に良い結果が出ているときに気になっている点を指摘することが良いサイクルを生み出すことにつながります。誰しも調子が良いときには気持ち良くアドバイスを聞き入れられるものですよね。

振り返ってみて、逆の働きかけを行っていたことはないでしょうか。

上記のお話しは、先日ある著名なプロ棋士のお話しを拝聴した際に出たお話しの一部です。

恥ずかしいお話しですが、私にも実は思い当たる節が多々ありました。

頑張る子供達の成長に追いつかれないよう、そして期待に応えられるよう、日々努力を続けていきたいと思います。

 

 

「夢を編む」

2012.08.01(Wed)

●自由が丘校:中村    ●カテゴリー:

本屋大賞という賞をご存知でしょうか。作家や文学者は選考に加わらず、新刊を扱う全国の書店員の方の投票によってノミネート作、受賞作を決定する賞です。全国の書店員さんが、もっとも読者の方に読んで欲しいと願って選んだ賞、ということになります。

どこの書店でも、もっとも目立つところに置いてあるので、気づかれた方も多いのではないかと思います。

今年の受賞作は三浦しをんさん作の「舟を編む」でした。「舟を編む」とは変わった題名なので印象に残り、興味を持ち、購入し読ませていただきました。

「舟」とは「辞書」のことで、「辞書」作りは「舟」の航海に似ている、多くの船員がそれぞれの役割に徹し、それを船長が束ね、気持ちを一つにして同じ目的地に向かう航海のように、辞書作りも多くの編集者の力を結集して初めて成し遂げられる、根気と執念と折れない心の必要な、壮大な作業であると伝わってくる物語です。

 

では、自分は何を編んだら良いのだろう、とふと考え、「夢を編む」ということばが心に浮かんできました

受験生にとっては、第一志望校合格がまずは当面の「夢」にあたりますね。その「夢」の実現に向けて、多くの編集者が厖大な時間と多大な犠牲を乗り越えて理想の辞書の完成に邁進するように、自分の持てる全力を尽くして、「夢」の実現に向けて突き進んでいきたいものです。

 

毎日猛暑が続きますが、すぐそこにさわやかな秋風が吹く日が来ることを想像できる人は、今日一日が惜しく、いとおしくてならないはずです。

「自分が一番努力した」と思える夏で、きっとありますように。

 

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。