エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2012.07.27(Fri)
社会科の入試問題解き直しって... その1
(日暮里校:田島)
2012.07.24(Tue)
エクタス吉祥寺の自習室大盛況!!
(吉祥寺校:高山)
2012.07.20(Fri)
御三家の哲学④
(日暮里校:福井)
2012.07.19(Thu)
桜蔭中の入試問題より
(自由が丘校:久道)
2012.07.11(Wed)
夏の過ごし方について(低学年)
(横浜校:堀)
2012.07.07(Sat)
河童先生の算数問題に挑戦!19
(エクタス事務局)
2012.07.05(Thu)
「東京大学三四郎池とその界隈文学逍遥」
(自由が丘校:中村)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
社会科の入試問題解き直しって... その1

2012.07.27(Fri)

●日暮里校:田島    ●カテゴリー:

 今、夏期講習の真っ最中だと思います。
 2学期になると過去問演習なども始まります。算数であれば間違えた問題を解き直せと言われてもどうすればいいのかはわかると思います。
 では、社会科の問題で間違えた問題はどう対処しているでしょうか。今回から社会科の解き直しについて考えてみたいと思います。
 社会科の問題は、「選択式」「用語記述」「一行記述」「長文記述」などがあります。ごくたまに地図へ記入するなどの作図系の問題も出題されます。

 まず、この中でいちばん解き直しがおろそかにされがちな「選択式」について説明していきます。
 パターン例
  A  解き終わってから、自分で解答を見て丸付けをして、誤答を赤で直す。


  B  解き終わってから、自分で解答を見て丸付けをして、誤答については後で自分で調べて直す。


  C  解き終わってから、他の人に丸付けをしてもらい、誤答を自分で調べて直していく。
 
 Aは、解き直しではなく丸付けです。ほとんど意味がありません。
 Bは、調べるという能動的な行為をしていますが、自分で一度解答を見ているので効果の薄いやり方です。
 Cは、正解を知らない状態で調べていくので効果が期待できます。しかし、Cも当たり前の方法であり、このやり方が最低ラインだと思ってください。この方法をどうレベルアップしていくかを考えてみましょう。


 幕府の置かれていた鎌倉に関係する内容として正しいものを、次のア~エから1つ選び、記号で答えない。

 ア 三方が山で囲まれていて、切り通しというせまい道で外とつながっていた。
 イ 鶴岡八幡宮から朱雀大路がまっすぐに由比ヶ浜までのびている。
 ウ 足利学校がつくられ、武士が漢学を学んだ。
 エ 御家人を監視する六波羅探題は、まず鎌倉につくられ後に京都に移された。

 この問題の場合,4つのうち3つは正しくない内容です。
正しくない3つの選択肢を検討してきます。別のことが書かれているのであれば、それは何についてなのか。部分的に違うことが書かれているのであれば、正しくするにはどう変えればいいのかを考えて完成させていきます。
ア...正解
イ...鶴岡八幡宮から若宮大路がまっすぐに由比ヶ浜までのびている。
ウ...足利学校は栃木県足利市にある。平安時代ぐらいにつくられた。
エ...六波羅探題は朝廷を監視するため。最初から京都の六波羅につくられた。


イは部分的に違う言葉が入れられているパターン
ウは場所が違うパターン
エはほぼすべての内容が違うパターン

 

解き直しの心構え
  同じような問題では二度と間違えないように意味を理解した上で
記憶していくこと。
  この問題を通してさらに知識を増やそうと思うこと。

 

 めんどくさいと思われるかもしれせんが、その問題をいろいろな面から検証していける姿勢が必要です。量より質です!
 次回は、これらの解き直し方法に、さらにバリエーションを加えていきます。たとえば、記述が苦手なお子さまが選択式の問題をどう利用するかなど。

エクタス吉祥寺の自習室大盛況!!

2012.07.24(Tue)

●吉祥寺校:高山    ●カテゴリー:

夏期講習も始まり、3日目となりました。

受験生にとっては勝負の夏と呼ばれておりますが、エクタス生も例外ではありません。

特に小学5,6年生は気合いが入っているようです。

授業前後には自習室のブースはすぐに埋まり、個々の課題消化に励んでいます。

特に自習しなさい、勉強しなさい、と先生が声を張り上げることもありません。

皆、自分でやるべきことを自分で考えて勉強しています。

 

お家で勉強することと比べて、良い面を考えてみましょう。

 ①友達(ライバル)が頑張っていることで自分も頑張れる!

 ②先生にすぐ質問できる!

 ③TV・ゲーム・マンガなどの誘惑がない!(歴史マンガはありますが・・・)

 ④エアコン代がかからない!

 ⑤お母様がイライラしない!

こんなにたくさんの良い面がある自習室、利用しない手はないですよね。

 

第一志望校合格に向けて、是非積極的に活用下さい。

でも、無理のしすぎは禁物です。体調管理も大切ですので、バランス良く勉強していきましょう。

エクタス吉祥寺の自習室大盛況!!
御三家の哲学④

2012.07.20(Fri)

●日暮里校:福井    ●カテゴリー:

本年度、武蔵中の入試問題から。

 

子どもの自立を待てず、すぐ介入したがる親。目標計画以外の、創造的業務を許さぬ企業。期待、先取り、効率第一・・・ちょっと視野狭窄で、不自然では?そもそも、疲れる。焦るのはやめ、一度、全部、手放したらどうか。自然、偶然に身をゆだね、機が熟すのを待つことが、ときには必要だろう。とにかく「待とう」。      (鷲田清一の文による)

 

今日、何らかの組織とかかわりを持たずに暮している人は、ほぼ皆無でしょう。そして、組織には目的があります。目的達成のための行動や計画があります。私たちは、それらから求められる指標に、どこまで順応し、かつ展開できるかによって評価される社会に生きています。人と人の中で生きるためには、ある程度、社会から求められるものに応えなければなりませんね。社会とのかかわりを脱して、やりたいことをやりたいときにだけする生活に、人間らしさがあるとは思えません。無分別な情緒と欲望を制御し、自己実現のためのヒントを与えてくれる集団性に、大きな価値があることは事実です。社会的要求への順応度を高めようと、現状に満足せず、新しいことを常に学び続ける自己刷新力は、有能な人材たるための条件の一つといえるでしょう。

 

では、この社会のシステムは、何のためにあるのでしょうか?古今、多様な意見が出されてきた、大きな命題です。それでも、自分や家族が、ごく普通のありふれた幸せを手に入れたいと思うのは、自然です。みんな、幸せでありたい。そのために組織を作って、共同作業で生産性を高めようとした。それは、一人ひとりへの、福利還元のためだったはず。

 

でも、あるときから、組織への忠誠度・順応度の高さや「成果」「数値」が、目的になってしまった。特に、社会が複雑になればなるほど、スピードが求められる。「もっとはやく、もっとみばえよく、もっともうかるように、もっと・・・」を繰り返すうちに、それが自己目的化して、本来の目標を見失ってしまった。本年の武蔵中の出題には、こんな問題意識が背景にあるのかもしれません。

 

私たちは、現実的に、社会的要求を完全に無視して生きていくことは不可能です。あくまでも、その範囲内で、自己実現を図るしかありません。しかし、個々の案件に対処する心がけとして、"ちょっと俯瞰してみる"、"行き詰まったら、押さずに引く"、"忙しくても、心だけは悠然と"・・・つまり、一旦、眼前の課題を手放して、等身大の自己に立ち返り、「待つ」心がけと態度も、時に肝要ではないでしょうか。

多くの示唆に富む、今年の武蔵中の出題でした。

桜蔭中の入試問題より

2012.07.19(Thu)

●自由が丘校:久道    ●カテゴリー:

今年も暑い日が続いていますね。気象庁が発表する解説用語として、気温による一日の分類をさすものがあります。例をあげると、
夏日 → 最高気温が25℃以上の日
真夏日 → 最高気温が30℃以上の日
熱帯夜 → 夜間の最低気温が25℃以上のこと(ただし、気象庁の統計種目にはありません。)
などがあり、2007年4月1日からは、
猛暑日 → 最高気温が35℃以上の日
が追加されました。この猛暑日が追加された年、岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市で40.9℃が記録され、日本の気象官署、アメダスにおける日本の最高気温が73年ぶり(1933年山形県山形市40.8℃)に更新されました。ちなみに世界の最高気温は1921年、イラクのバスラで記録された58.8℃です。
このように暑い日を乗り越えるために、様々な方法が考え出されました。
その一つに、「緑のカーテン」「グリーンカーテン」と呼ばれているものがあり、節電ブームとなった2012年度、桜蔭中をはじめとする様々な学校の入試問題でその仕組みや理由を問われる問題が出題されました。

 

 「緑のカーテン」とは、植物を建物の外側で生育させることにより、建物の温度上昇を抑える手法です。建物の温度上昇を抑えることにより、省エネにもつながることになります。建物の周囲をカーテン状に取り囲む植物が適していますから、つる性の植物が適していることがわかります。よく取り上げられるものには、ゴーヤ、ヘチマ、アサガオ、ヨルガオなどがあります。(すべてつる性植物ですね。)
「緑のカーテン」を利用すると、なぜ温度上昇を抑えられるのでしょう?
 まず、カーテン状の植物で建物を覆うわけですから、建物内への直射日光を遮ることができます。いわゆる、普通のカーテンと同じ効果で温度上昇を抑えることができますね。
 次に、植物は蒸散をしていますので、水が水蒸気になる際に気化熱を奪います。これによりまわりの気温が下がりますね。いわゆる「打ち水」と同じ効果です。
 更には、これらにより建物に熱をためずにすむわけですから、建物からの熱の放出も防ぐことができます。このことから室内外へ少しずつ熱が放出され、暑くなることを防ぐことができますね。
 また、「緑のカーテン」は室内の気温を下げるだけではなく、他にも様々な効果があります。室内の温度が下がればエアコンの使用量を減らすことができますから、二酸化炭素の排出量を減らすことができます。二酸化炭素の排出量を減らすことにより、地球温暖化の促進を防ぐことができます。また、コンクリートでできた壁を植物で覆うことによって、ヒートアイランドを防ぐこともできます。ヒートアイランドは緑地が減少してコンクリート面が増加することで引き起こされますので、コンクリート面を減らして緑地を増やす「緑のカーテン」はヒートアイランドの予防として大変有効であるといえます。
 他にもまだまだ効果はあります。例えばゴーヤを育てればいずれできる実を食べることも・・・というのも、「緑のカーテン」の効果の一つだといえますね。
 暑さを乗り切る方法はたくさんありますし、最近ではそのためのグッズもたくさん見かけます。
 暑さに負けないように、ちょっとしたことでできる暑さの対策を工夫し、そこから自分の考えを広げることを大切に、この夏、たくさんたくさん学習して下さいね。

夏の過ごし方について(低学年)

2012.07.11(Wed)

●横浜校:堀    ●カテゴリー:

今回は低学年(小1~3)についてお話しします。

「普段はスイミングや習字などでなかなか継続的な学習ができないため、この長い夏休みを活用しよう思っている」というお問い合わせが増えてきました。夏の学習だけではなく、全体を俯瞰してみましょう。低学年における通塾時間は決して長くありません。40日間の夏休み中に、算数・国語それぞれ60分の授業が、前半に4日、後半に4日しかありません。通常授業も、週1回それぞれ60分の授業だけです。なぜこんなにも短いのでしょうか。この短い時間だけで飛躍的に成績が向上するのでしょうか。

残念ながら、そうとは限りません。学習をすれば出来るようになることは増えていきますが、塾で学ぶ時間とご家庭で学ぶ時間のそれぞれを活かして学習させていくことが必要です。ご家庭で出来ることすべきことを塾でわざわざやらせるのではなく(そういう必要がある場合もありますが)、塾だからこそ出来ること(気づきを与えてあげることなど)を短時間に集中して行うこと、そして「もう少しできそう」という気持ちのうちに終了させてあげ、次につなげてあげることが大切です。

この時期の学習とは何をすべきなのでしょうか。この先も学習は続きますので、算数嫌い・国語嫌いになってしまってはいけません。が、勉強嫌いの原因は「難しい問題に取り組ませること」という意見が多いのですが、「易しい問題しか取り組まない」ことも勉強嫌いの原因になります。知的好奇心の高い時期に、計算練習・漢字練習といった繰り返しのトレーニングだけでなく、知識を得る喜びを与えてあげること、失敗から学び次の成功へつながる体験を与えてあげること、つまりは適切な負荷をかけてあげることが必要だと私たちは考えます。

上記はあくまで一般論です。当然、ひとりひとりの状況は異なりますので、ご家庭との連携を取りつつ、さらなる成長に向けて、本人に対して働きかけていくことが一番大切なのではないでしょうか。

エクタス横浜では、ご要望により、低学年(小2・3)の夏期講習の日程を追加設置しております。
日程がうまく調整ができない場合がありましたら、教室まで直接ご相談くださるようお願い致します。

河童先生の算数問題に挑戦!19

2012.07.07(Sat)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

まずは前回の解答から。
今回は説明が長いのでこちらをご覧ください。→算数18解答.pdf

それでは今回の問題です。
すこし入試問題が続いたので、今回は日常生活からの出題です。

【問題】
ある朝、家にとどいた新聞(しんぶん)の中から1まい、新聞紙(しんぶんし)をぬきだしました。
その新聞紙(しんぶんし)の左がわには「9面(めん)」と書かれていて、その
右がわの面(めん)には「20面(めん)」と書かれていました。
この日の新聞(しんぶん)は、ぜんぶで何面(なんめん)まであるでしょうか。

「東京大学三四郎池とその界隈文学逍遥」

2012.07.05(Thu)

●自由が丘校:中村    ●カテゴリー:

東京大学本郷構内は、夏休み中も自由に入ることができます。三四郎池を訪ね、ひとときを過ごしながら、お子様とこれからのこと、将来の夢や希望のことなど、お話してみてはいかがでしょうか。

本郷三丁目界隈は、夏目漱石・正岡子規・坪内逍遥・樋口一葉・二葉亭四迷・石川啄木・宮沢賢治・川端康成などの作家のゆかりの地でもあります。その旧宅や石碑など訪ねてみるのもお子様の心に無形の何か豊かなものを与えるのではないでしょうか。

お昼時には東京大学構内の食堂も利用可能とのことです。(東京大学広報に確認しました)

この夏、心のパワースポットとして、「東大三四郎池とその界隈文学逍遥の旅」をおすすめ致します。

 

 

 

 

 

 

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。