エクタス
最難関中学への最短ルート エクタス
最新記事
櫻井先生の本
2019.05.23(Thu)
入試で外来語? 語彙・一般常識を試す
(大宮校:佐藤)
2019.05.20(Mon)
試行力・記述力診断テスト
(渋谷校:蛯名)
2019.05.16(Thu)
改元の年に「色」を考える
(エクタス事務局)
2019.05.13(Mon)
カニとはどんな生き物ですか?
(自由が丘校:川島)
2019.05.09(Thu)
「続・続・続・続・続・続・続・続・算数よもやまばなし」
(大宮校:宮下)
2019.05.06(Mon)
『視野を広げる』
(吉祥寺校:小島)
2019.04.25(Thu)
2019 御三家の哲学②
(成城学園校:福井)
2019.04.23(Tue)
小1ジュニアコース開講
(たまプラーザ校:深川)
2019.04.23(Tue)
入試で出る統計データ ②乗用車保有台数
(成城学園校:髙原)
2019.04.18(Thu)
令和と梅と桜
(渋谷校:松井)
エクタス教室のご案内
体験学習
池袋校 吉祥寺校 大宮校 自由が丘校 たまプラーザ校 渋谷校 成城学園校
入試で外来語? 語彙・一般常識を試す

2019.05.23(Thu)

●大宮校:佐藤    ●カテゴリー:

先日、小5の国語授業で、知識問題のプリントを実施しました。

「語句の意味」というタイトルで、外来語を答えるというものです。

 

外来語とは、中国以外の外国からはいってきて、日本語として使われるようになった言葉をいい、カタカナで書き表します。

 

問題では、「キャリア」「オーナー」「キャンセル」「ハンディキャップ」「トータル」「ユニーク」「メリット」など、

日常生活でしばしば用いられる単語が出ており、耳にしたことがあれば、そこまで難しくないのですが、

いざ問題をやってみると、生徒によって差が出ていました。

漢字練習や文章読解だけではなく、その子の語彙や一般常識が差となったわけですね。

 

外来語を毎年出題している学校があります。灘中学校(1日目)です。

過去に出題された問題を紹介します。

 

2019年 大問1問3

次の1~5の外来語を漢字の熟語で表現するとどうなりますか。

 1プログラム 2プロジェクト 3プロセス 4プロフィール 5プロポーズ

  ア過程 イ企画 ウ求婚 エ人物紹介 オ番組表 

 

2017年 大問1 問5

次の1~8の    に入る適当な語をA~Hから選び、記号で答えなさい。

1熱心に練習するのはよいが、    ワークにならないように注意しなさい。

2彼は今    テンションでしゃべり続けている。

 3今日の新聞の    ニュースは、アメリカ大統領選挙の結果についてだった。

 4今日のフランス料理の    ディッシュは、鹿のローストだった。

 5私は酒が飲めないので、    ドリンクを注文します。

 6彼女は    トレーニングを積んで、一流選手になった。

 7インスタントではなく、手間ひまかけた料理は、    フードと呼ばれる。

 8再生紙を使えば、    コストで本を作ることができる。

  A オーバー B スロー C ソフト D トップ E ハード F ハイ G メイン H ロー

 

2015年 大問1 問6

「~ション」という形で、次の意味になる外来語をそれぞれ答えなさい。

 1電飾

 2話すときの声の上がり下がり

 3機械が自走的に仕事をすること

 4多様な変化

 5輪番・持ち回り

 

2008年 大問1問5

次の1~6の外来語を漢字で表すとどうなりますか。

 1ポジション     → □置

 2インフォメーション → □報

 3コレクション    → 収□

 4ディスカッション  → □議

 5リアクション    → 反□

 6セクション     → □門

 

2005年 大問1 問6

次のahの外来語の意味を、漢字一字で表す場合、適当な語をア~コから選びなさい。

 a チェンジ bコーナー cインフォメーション dリーダー eプラン fサイド g スペシャル hサポート

 ア録 イ側 ウ首 エ級 オ変 カ支 キ報 ク特 ケ角 コ計

 

どれくらいできましたか?

これらを解くためには幅広い語彙や、一般常識が必要になります。

机上の学習だけでなく、日常の会話やニュース、本で、知らない言葉が出てきたらぜひ調べてみてください。さらに豊かな語彙力や、一般常識が身につくでしょう。

もちろん、普段やっている漢字・知識の練習、文章読解でも同様です。

試行力・記述力診断テスト

2019.05.20(Mon)

●渋谷校:蛯名    ●カテゴリー:

 エクタスでは低学年向けに、筑駒・御三家をはじめとする最難関中学合格に必要な力を診断する
『試行力・記述力診断テスト』を定期的に実施しています。
最難関中学合格を目標とした学習に必要な力を分類し、小学校低学年生の現段階で求められる力を診断。
お子さまの強み・弱みを客観的に分析いたします。
繁雑な計算や高度な知識を要求する出題ではなく、思考過程を重視する作りとなっています。
結果はご面談で丁寧にご説明いたします。

ぜひ診断を受けていただきたいのですが、本日は初めて学校以外のテストを受けてみようと思う方に
アドバイスを差し上げたいと思います。

・テストの枚数の確認
 複数枚あるときに、うっかり解き忘れてしまうことも。きちんと枚数や裏面も確認しましょう。

・記名
 きちんと名前を書きましょう。記名欄が複数個所あるテストもあります。しっかり全てに名前を書きましょう。

・時間配分
 自分のペースで最後まで解き切れるかどうか判断しましょう。

・できない問題はとばす
 その問題は出来なくても次の問題はできるかもしれません。
 一つの問題にこだわらず、全体として高い点数を取れるようにしましょう。

・「ぬきだし」で答える問題は、本文の通りに答える
 漢字をひらがなにしたり、表現を変えたりしてはいけません。

・丁寧に書く
 答案は自分がわかればよいものではなく、採点者がわかるように書かなければいけません。

・見直しをする
 時間が余ったら空欄部分をもう一度考えたり、誤字をチェックしたりしましょう。

いかがでしょうか。大人からみれば当たり前のことも、お子様に取っては難しいこともあります。

実際にやってみて気づくことが多いはず。そして気づけば成長につながります。
無料でもありますし、お気軽にお問い合わせください。

改元の年に「色」を考える

2019.05.16(Thu)

●エクタス事務局    ●カテゴリー:

 

 皆さんはどんな色が好きですか?きっとその色は、皆さんの服や靴、身の回りのいろいろなものに使われていることでしょう。今は、様々な色の中から、自分の好きな色のものを選ぶことができるのが当たり前になっていると思います。しかし歴史を振り返ると、身分や官位によって身につけることのできる色が決められていたり、色が身分を表すのに用いられたりと、自由に好きな色を選んで身に着けることができなかった時代がありました。今回はそんな「色」についてお話ししたいと思います。

新しい元号「令和」が「万葉集」を元に考案されたことは皆さんも知っていると思いますが、「万葉集」にはこのような「色」に関わりのある歌があります。

「あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖ふる」(額田王)

ここで出てくる「紫野」とは、当時紫色を染めるのに使われていた「紫草(ムラサキ)」をとるための場所ですが、「紫草」は栽培が難しく、そこから採れる染料もとても希少なものでした。そのため、古代では紫色は神秘的で高貴な色とされており、一部の身分の高い人しか身に着けることを許されていなかったそうです。聖徳太子が定めた「冠位十二階」でも、紫色は最高位の冠の色とされていましたよね。他にも、「○○色を身に着けられるのは△位以上の者だけ」といった細かい決まりごとがあり、自由に色を選ぶことのできる現代とは程遠いことがわかります。

 改元の年となった今年は、こうした「古くからの色の決まりごと」を目にするチャンスがありそうです。例えば平成最後の日となった430日の午前、前の天皇陛下(上皇)は宮中三殿(天皇の祖先や神々をまつった場所)に退位のご報告をされましたが、そのとき身に着けられていたのは「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」という赤みがかった黄色の束帯で、これは平安時代から天皇のみが身に着けることのできる色とされているそうです。また、平成の即位礼正殿の儀では、女性皇族はいわゆる「十二単」と呼ばれる衣装を身に着けられましたが、一番上に羽織る「唐衣」に白を用いることができるのは皇后のみとされていますし、他にも年齢や立場によって細かな色の違いが見られました。1022日に予定されている即位礼正殿の儀を始め、今後の一連の儀式ではぜひそのようなところに注目してみてはいかがでしょうか。

カニとはどんな生き物ですか?

2019.05.13(Mon)

●自由が丘校:川島    ●カテゴリー:

 

カニとはどんな生き物ですか?

そう問われれば皆さんはすぐに丸みのある体に細長い足が10本あるおなじみの姿を思い浮かべることでしょう。そんな皆さんの常識が大きく揺さぶられるかもしれないすごい発見がありました。

現在,見つかっているカニの仲間は約5000種類以上ともいわれていますが,おそらく皆さんの想像するカニから大きく姿形が違うものはそんなに多くはいないでしょう。では,カニはどのように進化をとげて今のような姿形になったのか,その進化を紐解く重要な化石がコロンビアで発見され,4月に発表されました。

今から約9000万年前のカニの化石が数十個ほどコロンビアで発掘されました。その保存状態はとても良いもので,とても珍しい発見だったそうですが,そのカニの姿がとても奇妙なものでした。大きな球のような目を持ち,足は今のカニのような細いものではなく,ボートのオールのように薄くて丸みのある足を持っていて,どうも泳いでいたようです。口も特殊な形をしていて,その不思議な姿形から,ギリシャ神話に出てくる複数の動物を合わせた想像上の生き物である「キメラ」という動物の名前を使って「不可解で美しいキメラ」という意味の名前がつけられました。ぜひちょっと調べてみてください。イラストを見ると驚くと思いますよ。とてもカニには見えませんから。

この発見により,エビやカニが入る十脚目という生物の仲間は,過去も現在も実にさまざまな姿形をしていてとても多様な生物であることが確認されました。そしてカニが,現在の姿になるまでにいろいろとその当時の環境に合わせて,迷いながらさまざまな姿になりながら進化してきたということが理解できます。生物が生き残るためにさまざまな進化を遂げてきたわけですが,その進化というものは,単純な道のりではないことがよく分かりますね。生物の進化については,いまだにわからないことだらけですが,それでも少しずつ新しい発見があり,研究者は一歩一歩ゆっくりとですが先へ先へと進んでいます。この研究への取り組む姿勢は,大いに学ぶべきところがありますね。

さて,皆さんはもちろんまだ研究者ではなく,中学受験をするための基礎的な勉強をしている段階にいます。受験勉強でこのような大きな謎に出会うことは,ふつうはないでしょう。しかし今勉強をしていることでもちょっと視点を変えてみたり,当たり前と思い込まないで自然な疑問を持つことができれば,受験勉強の中にも大きな謎が隠れているかもしれません。もし大きな謎に出会えたら,受験が終わった後,じっくりとその謎に挑戦してみるのもよいのではないでしょうか。実は学校によっては,そのような気づきのきっかけになって欲しい,と考えて作った問題を出しているところもあります。せっかく勉強したのですから,受験が終わったら終了ではなく,次につながるものを持って欲しい,と考えくれているのでしょう。受験生の皆さんは,受験が終わったらそのような中学校の先生たちの希望に応えるべく,まずはいろいろな疑問を持つことから始めてみてはどうでしょうか。

「続・続・続・続・続・続・続・続・算数よもやまばなし」

2019.05.09(Thu)

●大宮校:宮下    ●カテゴリー:

今年の算数の入試問題で多く目にしたのは【会話文による出題】でした。

もともと普連土学園中の定番で、最終問題が会話文形式で、その会話中の   を埋めていくというものでしたが、他の学校は、あまり見かけることがなく、普連土学園のオリジナルともいえる形式でしたが、今年は、複数の学校でこの形式の問題を目にしました。


栄東中東大Ⅰ大問2の『三角形の内部にある格子点の求め方』についての会話文を読んで結論の   にあてはまる数を答えさせ、設問に答える問題


獨協埼玉中第2回大問4の『買い物をしたときにもらうポイント(カード)のもらい方の違い』についての会話中の   にあてはまる数や言葉や理由を答えさせる問題


芝浦工大柏中第3回課題作文Ⅱ大問2の『スポーツの勝ち点制を新たなルールで考察する』会話文中の   にあてはまる数や言葉や理由を答えさせる問題


渋谷教育学園幕張中第2回大問3の『5人の通学距離や速さ・所要時間』の会話文を読んで設問に答える問題でかなり高度な考察が必要


渋谷教育学園渋谷中の第2回大問1(5)の『整数を2つ以上の整数の和で表す』ときの会話中の   にあてはまる数や言葉を答えさせる問題


城北中第1回大問5の『思い浮かべた2桁の数を当てるゲームで、その式を探り当てる』ときの会話中の   にあてはまる数を答えさせる問題


巣鴨中算数選抜大問5の『すべての位の数字が1であるNけたの整数の和を求める式を、変形して求める』ときの会話中の   にあてはまる数や理由を答えさせる問題


東京農大第一中第2回大問6の『ブラックボックスの規則』についての会話文中の   にあてはまる言葉や数を答えさせる問題


帝京大学中第3回大問3の『伏せて並べた5枚のカードの並びを当てる遊び』についての会話文を読んでその並びを当てる問題でその理由も答えさせる


富士見中第2回大問2Bの『思い浮かべた50以下の数を当てる』会話文を読んで設問に答える問題


桐蔭学園中等教育学校算数基礎の大問3の『1から始まる奇数の和を求めていく』ときの会話中の   にあてはまる数や言葉や理由を答えさせる問題


そして本家の普連土学園中第1回大問6の『マス目に規則にそった数を書き入れていく問題の考え方』の会話文中の   にあてはまる数や言葉を答えさせる問題


★さらに普連土学園中第3回大問6の『異なる重さの4色の玉の組み合わせ』の会話文中の   にあてはまる数を答えさせる問題


この流れは、次年度以降もさらに広がりそうです。

会話によるキャッチボールから、内容を推理したり、論理的に組み立てていくといった力が必要であり、将来の数学の論理性を見極める一助にもなっています。

特筆すべきは開成中の入試問題で、本年刷新されその体裁が大きく変わりました。その冒頭の大問1で純粋な会話文の適語補充の問題ではありませんが、【会話文による出題】というジャンルで出題されたことでしょう。速さの問題でしたが、様々な条件が付いており、距離が与えられていないため、速さのセンスの有無で出来不出来がきまったと思われます。もっともこの問題が解けなければ開成には合格できないと思いますが。

いずれにせよ、理由を述べることも含めて、受験生はこの形式に慣れておきたいですね。

『視野を広げる』

2019.05.06(Mon)

●吉祥寺校:小島    ●カテゴリー:

 

 GWも終わりました。今年は10連休、しかも元号も変わりました。受験生は連休といえども、勉強に追われたことでしょうが、受験学年以外の人は羽を伸ばした人も多いのではないでしょうか。受験生にとって「天王山」とも言える夏休みまであと2か月です。光陰矢のごとし、などと言われますが、月日の経つのは本当に早いものです。

 

 今月から元号が「令和」と改まりました。発表された当初は、「令」の漢字が「命令・指令・法令」など、上から押さえつけられるようなイメージを持った人も多かったようです。たしかに「令」には、「言いつける・命じる」等の意味があります。が、この漢字には「すばらしい・りっぱな」という意味もあるのです。「令名・令嬢」等の熟語の使い方がそれにあたります。当然「令和」の「令」はその意味でつけられています。『万葉集』の前文からとられたそうですが、日本の古典をもとにできた元号も初めてとのことです。何事も先入観で判断せず、視野を広げた結果とも言えるでしょう。

 

 皆さんも、問題を解くときに「先入観」にとらわれてしまうことはないでしょうか?たとえば記号問題で正解を選ぶ際、何の根拠もないままに「ウが多いはず...」とか、三問続けて同じ記号になった場合「こんなに同じものが続くはずはない...」とか。視野の狭い人ほど、余計な邪念が災いし失点しやすいものです。

 

 国語が苦手...という生徒を今まで何人も見てきましたが、本当に「出来ない」と思える生徒はほとんどいませんでした。では、なぜ苦手意識がつくのか...まさに、自分は国語が出来ないのだという「先入観」を持ってしまっているのです。そういう人は、そもそも国語の勉強をすることも「嫌い」であるだけでなく、成績が伸びなくても「当然」と思い、悔しさを感じることもないでしょう。そんな気持ちで勉強を続けても楽しくないでしょうし、成績向上は見込めません。

 

 「好きこそものの上手なれ」ということわざがあります。また「下手の横好き」などとも言います。意味としては違いますが、この二つに共通するのは「好き」ということです。今、国語が得意なのか不得意なのか、ということは一旦置いて、「好き」という気持ちを持ってほしいと思います。苦手だ...という先入観も捨て、楽しみながら勉強を続けることで、間違いなく成績も伸びてきます。是非、意識を変えていきましょう!

記事カテゴリー
エクタス教室ニュース

エクタス各教室の最新情報やイベントなど生の情報をお届けします。

きみは解けるか?エクタス厳選例題

エクタス講師陣が厳選してピックアップした過去問例題です。

有名・最難関 中学校紹介

最難関中学校をエクタスならではの視点でご紹介します。

知って得するまめ知識

好奇心をくすぐる豆知識をご紹介。
脳を活性化させましょう。