K.Hくん

[2020合格体験談]「がんばり過ぎない」ことで長い受験を乗り切りました

K.Hくん 麻布中 鷺沼校 私国立中入試対策コース

志望校に合格した感想を聞かせてください

栄光ゼミナールに入ったのは小学5年生の4月からでした。受験を考えて入塾しました。苦手だった算数や理科の単元も先生が丁寧に教えてくれたおかげで、理解を深めることができ、すべての教科でまんべんなく自信をつけることができました。どんな問題が出ても大丈夫という自信を持って試験にのぞむことができました。


夏期合宿「栄光の森」では、朝からずっと勉強をすることに始めは戸惑いましたが、行ってみたら授業がとても楽しく、長時間の学習でも辛くならないように自分自身で気持ちをコントロールすることができ、参加したことで勉強する力もついて成長できたなと思っています。


今は正直言って、合格した実感がまだありません。先生や家族といっしょに続けてきた受験が「気がついたら終わった」という感じです。今日は両親といっしょに発表を見にきましたが、早く塾の先生やゼミの先生、いっしょにがんばった栄光の友だちに合格を伝えたいです。


自分が受験勉強の中で心がけていたのは「がんばり過ぎないこと」です。集中する時は勉強して、家に帰ったら両親と話をしたり、好きな本を読んだり、友だちと話をしたりすることで、長い受験を乗り切れたと思っています。

一覧へ戻る

関連情報

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~ 「中学受験を考えると、塾に集中... 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えている保護者の方か... 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること 「中学受験は親の受験」といわれるほ... 続きを読む