公立中高一貫校受検対策

共学校

東京

[2020年度合格] 都立桜修館中

Y.H さん 蒲田校

受験までの努力

 僕は、2月3日までの間に3つのことを続けました。1つ目は、適性検査の日のための早起きです。適性検査は朝早くから始まるので朝から頭を働かせる練習をしました。
 2つ目は、学校がある日でも3時間以上は集中して勉強をすることです。適性検査の日は45分のテストが2回あるので、その45分間を集中するために勉強をしました。
 3つ目は、わからない問題を塾の先生に聞くなどしてなくすことです。適性検査ではどのような問題が出るのかが全くわからないので、わからない問題をなくすことを頑張りました。この3つを行ったため、自分に少し自信がつき適性検査に挑むことができました。

ご家庭より

 合格おめでとう。絶対に合格する!という強い気持ちが勝因だったと思います。3年間楽しく通塾できたのは、魅力的な授業のおかげです。ありがとうございました。

合格校

都立桜修館中

一覧へ戻る

関連情報

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~ 「中学受験を考えると、塾に集中... 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること 「中学受験は親の受験」といわれるほ... 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えている保護者の方か... 続きを読む