女子校

東京

私国立中学受験対策

昭和女子大学附属昭和中【保護者】

I.H さん 溝の口校

Q:これから受験を迎えるご家庭に学習面でのアドバイスをお願いします。
A :計画づくりが大切です。小学生には、まだ難しいと思います。いくつも受験を経験した親が適切なタイムスケジュールを作り、進捗状況や理解度をみながら、アドバイスし、スケジュールの途中修正も加えながら、ゴールを目指すことが必要ではないでしょうか。
 私のところは、2年生のころから朝勉でした。学校に行く時も6時起き。7時15分より30分弱、計算日記と漢字日記に取り組んでいました。土曜日・日曜日は、もちろん、午前中が中心。

Q:健康面や生活面などで気にかけたことはありましたか。
A :睡眠時間と体調には、細心の注意を払っていました。特に、コロナ。睡眠時間は、7時間半を死守し、12月よりは、7時間を確保するようにしました。

Q:入試に関して保護者のかたはどのような役割を担いましたか。
A :スケジュール管理と体調管理。もちろん。理解度の確認も。

Q:学校説明会などではどのような情報を得ることができましたか。また、どのような目的で参加されましたか。
A :最近はホームページでも紹介しているので、行く必要がないのかもしれません。しかし、申し込んで、実際に行ったということが好印象に残っているのかもしれません。訪問した時に、「本校に来られたのは、初めてですか?」と、聞かれたことがあります。

Q:受験校はいつ、どのように選定しましたか。また教室職員からはどのようなアドバイスがありましたか。
A :低学年の時から、決めていました。

Q:上記のテーマにあてはまらない内容で、伝えたい合格体験記があれば教えてください。
A :理社が苦手で、模試ではいつも算国の足を引っ張っていました。そのため、11月より二科目受験で行こうと決断しました。それがよかったと思っています。第一志望の昭和中も、押さえの実践女子中も、二科目受験でいけますから。合格が決まったいま、コンプリーションで理社の復習をしています。苦手科目なので大変です。

一覧へ戻る

関連情報

小学部グループ指導

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

小学部グループ指導

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

ジュニア

小学校の低学年では、まず「わかる」楽しさを体験することが重要です。ジュニアコースでは、低学年指導... 続きを読む

小学部グループ指導

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験は親の受験といわれるほど、保護者の果たす役割は大きいもの。合格に向けて親はどうサポートを... 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~更新日:2021/10/19 「中学受験を考… 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路更新日:2021/10/19 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えて… 続きを読む