公立中高一貫校受検対策

共学校

埼玉

さいたま市立大宮国際中【生徒】

K.K さん 東大宮校

Q:過去問題演習はいつから、どのようにおこないましたか。
A :6年生の9月・10月あたりに志望校ではない学校の過去問題演習行い、11月・12月あたりに志望校の過去問題演習を行いました。どちらも、行ったらすぐに間違い直し、そしてもう一度解く。これを繰り返しました。

Q:栄光の森について、いちばん印象に残っていることを教えてください。
A :朝テストの点数の伸びが表彰されたこと。

Q:志望校はいつ、どのように決めましたか。また、その学校を志望した理由を教えてください。
A :4年生の時に先生のアドバイスをもとに決めました。志望した理由は、将来の夢に近づくためです。

Q:入試を終えて、もっとも感謝したい人は誰ですか。また、その人への感謝の思いを教えてください。
A :塾の先生です。感謝の思いは、忙しいときときでも質問対応をしてくれたり、復習プリントをくれたり、アドバイスをくれたりしたことです。

Q:これから受験を迎える後輩に学習アドバイスをお願いします。
A :辛いときは楽しく学ぶ。今、自分がこうしている間にみんなは勉強していると思い、危機感を持っておく。成績が良いときは油断をせずにそのまま頑張り、成績が悪いときは危機感を持って頑張る。良い結果を得たいときは、何か(自分の好きなことなど)を捨てなければならないと意識する。

Q:上記のテーマにあてはまらない内容で、伝えたい合格体験記があれば教えてください。
A :生活がゲームによってくずれてしまっていたときに、塾の先生と話し合いました。「志望校に行きたい」という気持ちを確め、受験が終わるまでゲームをしないことを自分の意思で決め、実行したので受験が成功しました。

一覧へ戻る

関連情報

小学部グループ指導

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

小学部グループ指導

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小学部グループ指導

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

ジュニア

小学校の低学年では、まず「わかる」楽しさを体験することが重要です。ジュニアコースでは、低学年指導... 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~更新日:2021/10/19 「中学受験を考… 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験は親の受験といわれるほど、保護者の果たす役割は大きいもの。合格に向けて親はどうサポートを... 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路更新日:2021/10/19 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えて… 続きを読む