共学校

埼玉

私国立中学受験対策

開智中【保護者】

Y.H さん 流山おおたかの森校

Q:これから受験を迎えるご家庭に学習面でのアドバイスをお願いします。
A :先生からは、スケジュールの大切さを何度も教えて頂いていましたが、なかなか上手くスケジュールを組むことが出来ませんでした。修正を繰り返しながら組んだスケジュールをこなしていければ、自信を持って受験勉強を進めていけるのではと思います。

Q:健康面や生活面などで気にかけたことはありましたか。
A :夜型の子供でしたので必然的に遅くまで勉強していましたが、日中ウトウトしてしまうことも。睡眠時間を確保しつつ、いかに勉強させるかには気を遣いました。

Q:入試に関して保護者のかたはどのような役割を担いましたか。
A :父は休憩時間に子供がリラックスできるよう声がけをしていました。母は食事の用意や送迎、可能であれば勉強の際に側にいるようにし、一人で受験勉強をしている(やらされている)という気持ちにならないようにしました。

Q:学校説明会などではどのような情報を得ることができましたか。また、どのような目的で参加されましたか。
A :教育方針はもちろんですが、普段の学校でのエピソードや在校生に直に質問が出来る等、ホームページやパンフレットでは知ることのできない情報を得ることができました。校内見学がある場合時は必ず参加し、質問があれば必ず聞いてクリアにしてきました。

Q:受験校はいつ、どのように選定しましたか。また教室職員からはどのようなアドバイスがありましたか。
A :6年の秋に決めたと思います。チャレンジ校でしたので、「他に併願校をちゃんと用意した上で受験しましょう」というお話を頂いたように思います。

Q:入試を終えるまでさまざまな出来事があったと思います。印象に残るエピソードがあれば教えてください。
A :外部模試の申し込みをしたつもりができていないことがありました。操作の途中なのに申し込みが完了したと思ってしまったようです。自宅受験の申し込みだけは出来たので助かりました。息子は一人でキッチンタイマーを使って模試の問題を解いていましたが、家族の邪魔もあったようで申し訳なかったです。

Q:上記のテーマにあてはまらない内容で、伝えたい合格体験記があれば教えてください。
A :息子は6年の一学期が終わる頃までは、成績がかなり低迷していました。しかし夏休みからは新たな単元を習うことはなくひたすら復習となるため少し気が楽になったのか、がむしゃらに勉強を始めました。繰り返し解けるところはノートに解き、暗記ものが多い理科社会等は書く時間がもったいないので親が口頭で質問して子供が答えるということもしました。「栄光の森」にも参加し、少しずつ自信がついて行ったようです。秋になり過去問を解き始めましたが、本命の学校との相性が悪く苦労しました。先生に分からない問題を質問しつつ、どのように解いたら良いかも聞き、最後の頃はひたすら過去問と復習テキストを解いていたように思います。結果、息子は本命の学校に合格することが出来ました。諦めずに続けて来て良かったと、本当に思います。

一覧へ戻る

関連情報

小学部グループ指導

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

ジュニア

小学校の低学年では、まず「わかる」楽しさを体験することが重要です。ジュニアコースでは、低学年指導... 続きを読む

小学部グループ指導

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

小学部グループ指導

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験は親の受験といわれるほど、保護者の果たす役割は大きいもの。合格に向けて親はどうサポートを... 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路更新日:2021/10/19 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えて… 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~更新日:2021/10/19 「中学受験を考… 続きを読む