埼玉

女子校

私国立中学受験対策

浦和明の星女子中【保護者】

N.T さん 赤羽校

Q:これから受験を迎えるご家庭に学習面でのアドバイスをお願いします。
A :受験期が来る前に、計算力、語彙力をきっちりと仕上げられるだけ仕上げてから受験期を迎えられるようにしてあげたかったと、常に後悔していました。6年生になって基礎的なフォローまで先生方にしていただかねばならず、時間的に常に厳しい日々が続きました。

Q:健康面や生活面などで気にかけたことはありましたか。
A :最後まで身体を動かす習い事を続けたことで、ストレス発散はできていたと思います。受験期は肉体的にも厳しいものでしたが、体力をつけていたので、勉強を続ける上でも有利に働いた面もあったと思います。

Q:入試に関して保護者のかたはどのような役割を担いましたか。
A :父親は娘が理解できなくなっていないか、時々問題を説明させたりして、説明できない時はもう一度先生に聞いてくるように促したりしていました。私は宿題のスケジュール管理を主にしていました。先生方は複数の校舎を受け持たれていましたので、それぞれの教科の先生が次にいらっしゃる時に質問ができるよう、宿題のスケジュールを曜日単位で組み立てていました。本人は得意なものをやりたがるので、残してしまった宿題を終わらせられるように組み直すのに苦労しました。また国語以外は一問一答式でやりたがったので、答えをコピーしてできるようにしたり、家事をしながら答え合わせに付き合ったりしていました。

Q:学校説明会などではどのような情報を得ることができましたか。また、どのような目的で参加されましたか。
A :コロナ前は、生徒さんの様子を見て、娘に合うかを想像していましたが、それも難しくなってしまいました。それでも、先生方とお話をすると、学校の雰囲気を押し測ることができますので、質問コーナーにいらっしゃる先生ではなく、順路案内のために立っていらっしゃる先生方にあえて授業の様子を伺ったりしていました。

Q:受験校はいつ、どのように選定しましたか。また教室職員からはどのようなアドバイスがありましたか。
A :6月の面談で提案していただきました。娘の成績からは思いもつかないご提案だったのですが、娘の力を信じていただけたことが嬉しくて、つい娘にその話を考えなしにしてしまいました。親以外から大きな期待を寄せてもらえたことが、とても嬉しかったようで、本人が「どうしても受けてみたい」とそれ以降最後まで譲りませんでした。ただ併願校をしっかりと組んでいただいていましたので、挑戦させてあげたいと、父親も迷いがありませんでした。私は成功だったと振り返ってもらえる受験にしたいという気持ちが強かったので、不安が大きい受験でしたが、結果は思わぬ大きな合格もいただいて、受験期も常に諦めずに挑む続けられるよう支えていただきましたので、本当に感謝しています。

Q:入試を終えるまでさまざまな出来事があったと思います。印象に残るエピソードがあれば教えてください。
A :一番最初の試験に落ちた後、先生方に精神的なフォローをいただいて帰ってきた娘が、「今日はとっても嬉しい日だった。明日の試験頑張れる」と言って明るく出てきた時にはただただ驚きました。先生方を本当に信頼していたことが、勉強面での伸びだけでなく、試験シーズンを乗り越える上でも大きな力になったと思っています。

Q:上記のテーマにあてはまらない内容で、伝えたい合格体験記があれば教えてください。
A :娘はこれまで人と勝ち負けがつくことは、自分が勝っても嫌だというところがあり、偏差値でクラス分けがあるのが嫌なようで、塾選びにも苦労しました。しかし、6年生になって、先生方の活気あるクラス作りのおかげで、いい意味で切磋琢磨する楽しさを経験できたようです。互いの得意を褒めあったり認め合ったりして、競い合える友達と一緒に勉強できたことで、楽しみながら努力を重ねることができていました。常に勝ち負けがつく受験勉強は可哀想だという気持ちがあったのですが、とても仲の良い子ども達の姿を見て、むしろ互いを認め合うものだったと、今は思っています。

一覧へ戻る

関連情報

ジュニア

小学校の低学年では、まず「わかる」楽しさを体験することが重要です。ジュニアコースでは、低学年指導... 続きを読む

小学部グループ指導

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

小学部グループ指導

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小学部グループ指導

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路更新日:2021/10/19 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えて… 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験は親の受験といわれるほど、保護者の果たす役割は大きいもの。合格に向けて親はどうサポートを... 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~更新日:2021/10/19 「中学受験を考… 続きを読む