ハプニング

健康面

共学校

埼玉

学習面

私国立中学受験対策

親の役割

大宮開成中【保護者】

Y.I さん 本庄校

Q:これから受験を迎えるご家庭に学習面でのアドバイスをお願いします。
A :いろいろな受験情報があり、どれも試してみたくなりますが、塾の先生の指導の通りに計画していくことが一番だと感じました。(親は初めてのことばかりなので、経験豊富な先生を信じて間違いないと思います)また、自習室を活用することで、まわりのお友達の頑張っている姿に良い刺激を受けていました。

Q:健康面や生活面などで気にかけたことはありましたか。
A :入試前は早起きを習慣にするように心がけました。その他は、普段と変わらない生活をし、スポーツ関係の習い事も継続することで、体を動かしてリフレッシュできたと思います。

Q:入試に関して保護者のかたはどのような役割を担いましたか。
A :あくまでもサポートに徹しました。スケジュール管理、過去問のコピー、採点、解答欄のマーカー引きなど、本人がすぐに取り組める環境をつくるようにしていました。スケジュールは、予定通り進まないことは想定していたので、途中本人と話し合いながら、修正していきました。

Q:学校説明会などではどのような情報を得ることができましたか。また、どのような目的で参加されましたか。
A :学校説明会は、校風や学習指導が我が子に合うかどうかを確認する意味で参加しました。模試もなるべく希望の学校で受けるようにし、通学のイメージを確認しました。

Q:受験校はいつ、どのように選定しましたか。また教室職員からはどのようなアドバイスがありましたか。
A :もともと地元の中学に行くことを想定していましたが、少し上を目指してみてはどうかということで、通える範囲の学校から選定していきました。

Q:入試を終えるまでさまざまな出来事があったと思います。印象に残るエピソードがあれば教えてください。
A :入試1か月前頃、自宅での学習が疎かになってきていたため注意しましたが、不機嫌になるばかりで、私(母)もさすがに怒り、壁に貼っていた年表や、算数の公式などを全部はずしました。広く空いた壁は虚しく、本人も何かを感じとったようでした。「自分で必要なものを選んで貼り直しなさい」と促した後、丁寧に貼り直していた姿は忘れられません。気持ちがリセットされたような瞬間でした。

Q:上記のテーマにあてはまらない内容で、伝えたい合格体験記があれば教えてください。
A :希望の学校の合格を勝ち取り、長い受験生活が終了したと思っていたら、「これでやっと俺はスタート地点に立てるんだね」と息子が言いました。「複数合格することでスタートする場所を選ぶことができた。今はスタート地点に向かって進んでいるんだ」と言った息子に成長を感じました。
複合機(コピー機)をレンタルしました。コンビニに行かずに、時間のロスなく過去問のコピーを取ることができました。A3タイプのインクジェットプリンタを購入しようかと迷いましたが、業務用のレーザープリンタは使い勝手もよく、結果的にコスパも良かったと思っています。

一覧へ戻る

関連情報

ジュニア

小学校の低学年では、まず「わかる」楽しさを体験することが重要です。ジュニアコースでは、低学年指導... 続きを読む

小学部グループ指導

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

小学部グループ指導

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

小学部グループ指導

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験は親の受験といわれるほど、保護者の果たす役割は大きいもの。合格に向けて親はどうサポートを... 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路更新日:2021/10/19 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えて… 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~更新日:2021/10/19 「中学受験を考… 続きを読む