ハプニング

健康面

公立中高一貫校受検対策

共学校

受験校

埼玉

学習面

親の役割

説明会

さいたま市立大宮国際中【保護者】

K.M さん 東浦和校

Q:これから受験を迎えるご家庭に学習面でのアドバイスをお願いします。
A :受験して通うのは子どもであって、親ではない。子ども本人が進学に向けてどのような目標を持って臨むのかが大事。極端に言ってしまえば、親の希望は一切関係ない。

Q:健康面や生活面などで気にかけたことはありましたか。
A :普段の生活の中で受験を意識した学習を取り入れていた。受験が近くなっても、夜遅くまで長時間受験対策の勉強をするということはせず、基本的にそのリズムを変えることはなかった。

Q:入試に関して保護者のかたはどのような役割を担いましたか。
A :本人が進んで学習するための環境を用意した。受験勉強ばかりにならないよう、学校の行事、普段の遊び、他の習い事などもそれまでと変わらないように過ごすように心掛けた。

Q:学校説明会などではどのような情報を得ることができましたか。また、どのような目的で参加されましたか。
A :実際の学校の施設や生徒の様子を本人が直に感じることができ、目標とする意識は高まったと思う。また、職員の説明を直接聞くことができたため、本人の進学後の学校での生活を想像することができた。

Q:受験校はいつ、どのように選定しましたか。また教室職員からはどのようなアドバイスがありましたか。
A :本人の希望が明確であったため、小4の時点で同市立の中高一貫校のみを受験するという方針を固めていた。受験する学校は決まっていたので、教室職員の方からは、同校の受験についてのより具体的な情報をいただくことができたと思います。

Q:入試を終えるまでさまざまな出来事があったと思います。印象に残るエピソードがあれば教えてください。
A :本人が受験勉強に取り組むと、姉弟も触発されて勉強に取り組む場面もあった。我が家では部屋にこもって勉強する環境ではなかったためだと思う。本人がより集中して取り組みたいときは、自習室を利用させていただいた。

Q:上記のテーマにあてはまらない内容で、伝えたい合格体験記があれば教えてください。
A :受験は本人が希望して、目標に向かって努力するものです。親の希望を押し付けてもうまくいかないと思います。また、本人に目標がなければ、合格したとしても、進学後の生活がうまくいかないのではないでしょうか。親としては、色々な情報を子どもに伝えて、その中で本人が明確な目標を持つようになったら、それを応援するという姿勢で臨むことが大事ではないでしょうか。合格することだけが目標ではありません。

一覧へ戻る

関連情報

ジュニア

小学校の低学年では、まず「わかる」楽しさを体験することが重要です。ジュニアコースでは、低学年指導... 続きを読む

小学部グループ指導

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小学部グループ指導

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

小学部グループ指導

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験は親の受験といわれるほど、保護者の果たす役割は大きいもの。合格に向けて親はどうサポートを... 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~更新日:2021/10/19 「中学受験を考… 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路更新日:2021/10/19 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えて… 続きを読む