その他

ハプニング

健康面

共学校

受験校

学習面

私国立中学受験対策

親の役割

説明会

青雲中学校【保護者】

S.K さん 麻布十番校

Q:これから受験を迎えるご家庭に学習面でのアドバイスをお願いします。
A:小学六年生のはじめまで他の塾に通い、偏差値で子供の学習を管理していましたが、不安に思い栄光ゼミナールに通わせることにしました。偏差値では見えない基礎力の不足を塾の先生に指摘していただき、一から勉強を始めさせました。その基礎力が最後の最後の受験で活かされました。その学校がどのような学力を求めているかを、把握して塾の先生のアドバイスを受けて、受験勉強することが大事だと思います。

Q:健康面や生活面などで気にかけたことがありましたか。
A:できることなら、受験が大変になるまで体を使う習い事で、体力をつけた方が良いかと思います。

Q:入試に関して、保護者のかたはどのような役割を担いましたか。
A:簡単な、新聞の朗読を聞いたり、計算問題をさせるくらいで良いと思います。あとは、風邪を引かせないように。

Q:学校説明会などではどのような情報を得ることができましたか。また、どのような目的で参加されましたか。
A:ネットでは感じることができない先生達の熱意や生徒の生の姿を見ることができるので、貴重な体験をすることができました。説明会では、なるべく一番前の席に座ると良いかもしれません。説明会後の個人相談も一番前の方から話すことができますし、何より顔を覚えてもらうことも悪いことではないかと思います。

Q:受験校はいつ、どのように選定しましたか。また教室職員からはどのようなアドバイスがありましたか。
A:夏休み前に大まかに受験する学校を選び、秋に日程や学力を考慮して、最終的に受験する学校を決めました。

Q:入試を終えるまでさまざまな出来事があったと思います。印象に残るエピソードがあれば教えてください。
A:塾の先生が最適な勉強や過去問のスケジュールを立ててくれますので、問題なくスムーズに受験することができました。

Q:上記のテーマにあてはまらない内容で、伝えたい合格体験記があれば教えてください。
A:私の子供は遠征での受験でしたが、受験前日に塾の先生から電話でいただいた激励の言葉がとてもうれしかったようです。偏差値から見えない子供の学力は、親よりも塾の先生の方がよく見えている場合が多いので、勉強についても志望校についても塾の先生のアドバイスを聞いた上で判断してみることが良いかと思います。

一覧へ戻る

関連情報

小学部グループ指導

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

ジュニア

小学校の低学年では、まず「わかる」楽しさを体験することが重要です。ジュニアコースでは、低学年指導... 続きを読む

小学部グループ指導

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

小学部グループ指導

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

中学受験を考えている保護者の方からよく聞かれるのが「習い事はやめたほうがいいですか」という質問。... 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路更新日:2021/10/19 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えて… 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験は親の受験といわれるほど、保護者の果たす役割は大きいもの。合格に向けて親はどうサポートを... 続きを読む