H.Fさん 

女子校

東京

私国立中学受験対策

[2021年度合格] 難しい問題も前向きな気持ちで取り組み、憧れの学校に合格!

H.Fさん  大山校 私国立中入試対策コース/女子学院中合格

女子学院中を志望した理由を教えてください。

小4の春休みに女子学院中が小学生新聞に紹介されていたのを見て、文化祭に見学に行ったのがきっかけです。校舎がとても綺麗で、そこで出会った先輩たちも優しくて「ここに通いたい」と思いました。ほかにも7~8校くらい見学に行ったけれど、女子学院中が一番良かったので第一志望にしました。

栄光の授業で、先生からのアドバイスなど印象に残っていることを教えてください。

国語の記述問題で、的外れな回答をしてしまったとき、先生から「こういう問題だったら、こう答える」という「型」から教えてもらいました。さらに、文字を丁寧に書くこと、記号にあわせて文字の大きさを揃えて回答をきれいに読みやすくする方法もアドバイスをもらいました。
栄光のアタックテストのほかに、外部の模試も受けていたのですが、確実に得点するために、最初から順番に解いていくのではなく、一度問題の難易度を見極めてから解く方法も教えてもらいました。

ゼミ・栄光の森の思い出はありますか?

ゼミでは問題を解くのに求められるスピード感が普段の授業と全然違って、普段なら10分くらいかける問題も5~6分で解かなくてはいけないのが大変でした。でも分からないところは公式から丁寧に教えてくれて、力になったと思います。
栄光の森に参加した時は、同じくらいの学力の人が集められたクラス編成になっていて、お互いをライバルみたいに捉えて勉強できたのがとても楽しかったです。

入試当日はどんな気持ちでしたか?

女子学院中を受験したとき、1科目目は、問題が難しくて不安でたまりませんでした。でも、先生に「午後も受験するなら、午前中が少し悪くてもポジティブにいこう」と言ってもらい、2~4科目目はポジティブな気持ちで受験することができました。難しい問題に出会ったとき「できない」と落ち込むのではなく「自分ができない、難しいと思ったことは、きっとほかの人たちも同じ気持ちになっているはず」、と前向きな気持ちで問題に取り組んでいけば、良い結果に繋げられると思います。

合格した瞬間のことを教えてください。

ちょうど家にいるときに、家族が結果を見て、教えてくれました。とても行きたかった学校だったので、家族全員で大喜びでした。その後、すぐに教室にも電話をして、先生に合格を伝えたところ、すごく喜んで「やったー!」と言ってくれたので、本当にうれしかったです。
いま、将来の夢は決まっていないので、これから中学校生活の中で見つけていきたいと思っています。通っていた小学校に運動系のクラブ活動がなかったので、部活動はバレー部に入部したいです。

一覧へ戻る

関連情報

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること 「中学受験は親の受験」といわれるほ... 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~ 「中学受験を考えると、塾に集中... 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えている保護者の方か... 続きを読む