N.Sくん 

東京

男子校

私国立中学受験対策

[2021年度合格] 本番を想定した過去問演習で、余裕を持って問題が解けるように

N.Sくん  雪が谷大塚校 私国立中入試対策コース/麻布中合格

栄光に入塾したのはいつからですか?

小4の春期講習からです。保育園の時の友だちが栄光に通っていたので体験しました。栄光の気に入っているところは、先生に気軽に話しかけられること、質問できることです。先生もどんどん声をかけてくれます。分からない問題があったときだけではなく、知識問題の覚えやすい方法や勉強の仕方も質問していました。

得意な教科はありますか?

得意なのは算数です。授業でやっている部分を待たずに、発展問題までどんどん進めていいよ、と先生から言われていました。問題を進めていけるのはとても楽しかったです。分からないときや、答えが違っているような気がしたときは、先生に確認しながら進めていきました。

志望校はどうやって決めましたか?

小4の時からお母さんがいくつか下見をしていて、その中から良さそうな学校を小5になって見学しました。得意が活かせる理数系の教育に力を入れている学校を中心に、自宅からの距離や偏差値から候補を絞りました。栄光の先生にも相談して「男子校が合っているよ」と麻布中をすすめられ、第一志望校に決めました。

過去問対策はどのように進めましたか。

学校別対策ゼミの宿題が過去問でした。その他の受験校も先生から毎週、次は何年度のどこをやります、と細かくスケジュールを出してもらって、それに沿って取り組みました。麻布中は記述の問題が結構あるので、添削のとき麻布ならではの国語の解き方をアドバイスされました。登場人物の心情の変化の書き方や、最後の長めの記述の解き方を教えてもらったのは入試本番でも役に立ちました。また、本番より時間を短めに設定して解いてみたり、入試問題と同じサイズに印刷した問題用紙と答案用紙でやってみたり、本番を想定した練習で、もし緊張しても余裕を持って問題を解けるようにしました。

合格発表はどこで見ましたか?

他校の入試から帰る途中、ホームページで見ました。そのまま手続きのために中学校に行って、掲示板でも見ることができました。次の日も入試があったので、結果は知らせないという約束だったのですが、母が先に見て教えてくれました。そうしたほうがいいと、先生からアドバイスをもらっていたそうです。
合格が分かった瞬間は、実感がありませんでした。でもかなり手ごたえがあったので、実は合格している自信もありました。中学校では、iPS細胞とか三角関数に興味があるので、その分野を深める勉強をしたいです。将来は理数系を生かせる職業につけたらいいなと思います。

保護者より

もともと本人は、積極的に受験に向かっていく感じではありませんでした。スパルタ系・体育会系の指導ではなくて、本人の気持ちを尊重して緩急つけながら指導していただいたことで、合格までたどり着けたと感謝しております。

一覧へ戻る

関連情報

ジュニア

小学校の低学年では、まず「わかる」楽しさを体験することが重要です。ジュニアコースでは、低学年指導... 続きを読む

小学部グループ指導

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小学部グループ指導

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

小学部グループ指導

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~ 「中学受験を考えると、塾に集中... 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えている保護者の方か... 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること 「中学受験は親の受験」といわれるほ... 続きを読む