K.Rさん

共学校

東京

私国立中学受験対策

[2021年度合格] 入試本番で先生の言葉を思い出し、ミスなく合格!

K.Rさん  麻布十番校 難関私国立中入試対策コース/慶應中等部合格

入塾のきっかけを教えてください。

もともとZ会の教材で勉強していましたが、周りのほとんどの子が受験をするので、自分も中学受験をしたくて小4から入塾しました。
栄光を選んだのは、自宅から近くて通いやすかったからです。時間割を見たら、終わる時間も早めで、夜暗い道を帰らなくていいのが良いなと思いました。

慶應中等部を志望した理由を教えてください。

自宅から近くて、学校の様子がいつも見てとれたことと、学祭を見学したときに先輩たちが優しくて良い学校だなと思ったからです。他の受験をした学校は、友だちから話を聞いたり、自分で調べたりしてから、先生に相談して決めました。
慶應中等部を受験するなら「この学校の入試問題が似ている」だったり、「この学校のレベルが解ければ安心」といった学校を先生からアドバイスしてもらいました。

得意な教科と苦手な教科は何でしたか?

得意なのは国語です。でも、好きなのは算数と社会。苦手なのは理科の生物の暗記でした。理科は、自分でテキストを解くだけではなく、「図鑑を見て覚えた方が良い」と先生が貸してくれた本を読んで勉強しました。
季節講習のセレクトテーマゼミも、苦手な「昆虫」や「植物」に関するものを先生にすすめてもらい、それを受講して対策をしました。

入試当日は実力を発揮できましたか。

最初に受験した学校は過去問でもやったような問題が出たので余裕をもって取り組めました。慶應中等部は算数が最後で、緊張しました。先生からとにかく計算のケアレスミスが多い、と都度注意されていたのですが、入試本番ではその言葉を思い出してミスは1つもしませんでした。

合格はどうやって知りましたか

一次の合格は、栄光の教室で先生と一緒にホームページで見ました。合格できてすごく嬉しかったです。一緒に見ていた先生も、びっくりするほど喜んでくれました!
中学校へ入ったら馬術部に入りたいと思っています。学習面では、どの教科も学年30位以内を目標に頑張りたいと思います。

保護者の方より

中学受験をするにあたって、方針は2つありました。1つ目は、子どもが自分でやりたいかどうか。本人のやる気を確かめるために、「中学受験をしたい」と3回言うまで待ちました。2つ目は、親が直接勉強を教えないこと。中学受験は両親ともに経験しているので、受験の事は受験のプロに任せるべきと考えていました。
栄光の先生と娘の間には、本人の性格やクセ、良いところも悪いところも含めて理解をして指導してくださっているような、良い関係ができていることが見てとれていたので、家庭でも強い信頼を置いていました。

一覧へ戻る

関連情報

公立中高一貫校受検は、複数教科の知識を横断的に活用する力が求められる特殊なもの。それゆえに、基礎... 続きを読む

小3から小4は、中学受験戦略のカギとなるとても重要な学年です。中学入試準備コースでは、周囲に差をつ... 続きを読む

小5・小6は多くのお子さまにとって、志望校を決め、明確な目標を持って学習を進める段階です。栄光ゼミ... 続きを読む

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~

敵か味方か習い事~中学受験との両立は可能?親が考えるべき選択とは~ 「中学受験を考えると、塾に集中... 続きを読む

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること

中学受験における親の役割とは?母親・父親がお子さまにできること 「中学受験は親の受験」といわれるほ... 続きを読む

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路

中学受験のための塾はいつから?小4という岐路 栄光ゼミナールにも、中学受験を考えている保護者の方か... 続きを読む